WE ARE X(2016年製作の映画)

We Are X

上映日:2017年03月03日

製作国:
  • 日本
  • アメリカ
  • イギリス
  • / 上映時間:96分
    監督
    スティーヴン・キジャック
    キャスト
    YOSHIKI
    TOSHI
    PATA
    あらすじ
    米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド<X JAPAN>。本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバイサウスウェスト)映画祭でデザイン部門観客賞を受賞するなど、これまですでに世界20以上の映画祭にも出品され、世界中のマスコミや評論家からも高い評価を獲得している。 世界への挑戦、脱退、解散、HIDEとTAIJIの死、Toshlの洗脳・・・バンドを襲ったあまりにドラマチックな悲劇の連鎖。結成後30年以上に渡って生み出されてきた、想像を絶するX JAPANの<熱狂>と<狂乱>の歴史。そこには精神的にも肉体的にも彼らが抱えてきた悲嘆と痛みがある。栄光と挫折、生と死、解散と復活。 日本の音楽シーンの頂点に君臨する彼らの挑戦の軌跡-。マディソン・スクエア・ガーデン公演での舞台裏を追いながら、クライマックスでは息をのむ圧巻のステージが待ち受ける。『WE ARE X』はこれまでにない近さで、心に深い傷を負いながらも走り続ける彼らの光と闇に迫る。 日本が世界に誇る唯一無二の“怪物”ロックバンド。なぜ今、X JAPANの音楽と物語は世界を熱狂させるのか。 HIDEとTAIJIの夢。逆境に立ち向かい乗り越えてゆく使命感と覚悟。今、世界中が共感する物語が、ここにある。

    「WE ARE X」に投稿された感想・評価

    こんな映画にし甲斐があるバンドがあるのかと言わんばかりの内容。
    96分の短い時間でありながらXの歩んできた歴史を知れる。
    自己啓発セミナーに洗脳されて山田邦子みたいな風貌になってしまったTOSHIが見所。
    生意気なようですが、本場の手打ち饂飩(うどん)を識らずにインスタントから食べた人には誤魔化しは効くので、そういった聴衆向きのバンドの域を越えないように想われます。
    サウンドは単調。機器エフェクトに頼り過ぎで職人の追求さに欠け、センス及びテクニックは下の中。ヴォーカルは声が未熟で単調。ギターワークは練習不足。曲装も可成り子供じみている。人気(ゲテモノ好みの日本人に)は受けても後代に残るグループではあり得ないほどに中途半端と看受けます。
    掃いて捨てるほど居るレベルのドラミング。独創が問われるドラマーとしては初歩的範疇を越えない。Jazz界と較べる必要はないにせよ、ロックの中での重要性の乗りに甘さを禁じ得ません。
    昔の曲から最新曲まで聞けたし、洗脳時のことをめっちゃ知れた。涙腺もやられたのはビックリ。
    それよりもdirの京めっちゃ可愛かったwwすんげぇいい笑顔やったww福山県まで来た甲斐があった
    ……アルバム今年出るのかな…
    今まで見た映画の中で1番泣いた、文句なしで1番感動した

    周りはみんな親世代の人達ばかりで、映画中も映画が終わったあとも大人たちも泣いてたなー笑

    Xの今までの軌跡についたり、メンバーの死だったり、脱退や、父の死

    彼らの成功の影にあった苦しみや痛みだったり

    X JAPAN がファンからどれだけ愛されているかが映像でも映画館の雰囲気でも感じた

    やっぱかっこいいよなー

    いまだに鼻水止まらん笑
    映像作品として見ても良くできていたと感じた
    Xの画面に映るだけでドキドキするような存在感
    めっちゃファンなわけではないけど凄まじい
    いつまでもかっこいい
    ロックやるには英語力が不可欠だと思い知らされる

    個人的思い入れ。
    観ました
    TOSHIの洗脳やHIDEの死、TAIJIの自殺まで全てを包み隠さずに語っていたことが印象的だった。

    主にYOSHIKIの精神世界を中心に、国内外問わずいろいろな人からのコメントを基に構成されていて、飽きずに楽しめた。
    Xのファンはもちろん、ファンでは無い人も楽しめる作品だと思う。
    XJAPANは永遠ダァー
    メンバーの想いも伝わって涙がとまりませんでした。
    >|