WE ARE Xの作品情報・感想・評価

WE ARE X2016年製作の映画)

We Are X

上映日:2017年03月03日

製作国:

上映時間:96分

4.1

あらすじ

米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド<X JAPAN>。本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバ…

米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド<X JAPAN>。本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバイサウスウェスト)映画祭でデザイン部門観客賞を受賞するなど、これまですでに世界20以上の映画祭にも出品され、世界中のマスコミや評論家からも高い評価を獲得している。 世界への挑戦、脱退、解散、HIDEとTAIJIの死、Toshlの洗脳・・・バンドを襲ったあまりにドラマチックな悲劇の連鎖。結成後30年以上に渡って生み出されてきた、想像を絶するX JAPANの<熱狂>と<狂乱>の歴史。そこには精神的にも肉体的にも彼らが抱えてきた悲嘆と痛みがある。栄光と挫折、生と死、解散と復活。 日本の音楽シーンの頂点に君臨する彼らの挑戦の軌跡-。マディソン・スクエア・ガーデン公演での舞台裏を追いながら、クライマックスでは息をのむ圧巻のステージが待ち受ける。『WE ARE X』はこれまでにない近さで、心に深い傷を負いながらも走り続ける彼らの光と闇に迫る。 日本が世界に誇る唯一無二の“怪物”ロックバンド。なぜ今、X JAPANの音楽と物語は世界を熱狂させるのか。 HIDEとTAIJIの夢。逆境に立ち向かい乗り越えてゆく使命感と覚悟。今、世界中が共感する物語が、ここにある。

「WE ARE X」に投稿された感想・評価

zaki

zakiの感想・評価

3.8
Xのヒストリーは粗方知ってるのでそれを踏まえた上で観ました。toshiの洗脳、hideと元メンバーtaijiの死、そしてYoshikiのリーダーとしての思いや苦悩を綴った素晴らしいドキュメンタリーでした。
小学生の頃ファンになり、当時買ったCD達を今はあまり聴くことはありませんが、Xが日本のロック界のパイオニアであり、レジェンドである所以も改めて感じました。感動もあり、世界的に支持される姿は本当にカッコいい!
『シュガーマン』の製作陣が撮ったX JAPANのドキュメンタリー。冒頭『「JADE」ってこんなカッコよかったのか』と驚かされるオープニングのヴィジュアルは素晴らしい。

Xの音楽は物語と不可分で、本人たちもテレビとかで喋りまくってるから基本的に知ってる内容しか無かったが、海外の人からしたらそれこそ「シュガーマン」ばりに数奇なものなんだろう。
ただ、YOSHIKIがここまでシリアスな内面について語ったことは無かったと思うし、昔のYOSHIKIやXのパンクで無軌道な演奏や振る舞いは他の日本のロックバンドには無いものだし、HIDEのくだりは何度さらっても悲しい。

ToshIが仕事選ばずテレビに出ていること、代わりにHYDEがヴォーカルを務めていることなど、不穏な噂が絶えないが、それも物語にならないことを願う。
「X JAPANとは」
外国人監督が撮るX JAPANのドキュメンタリー映画。
ToshlとYOSHIKI、天才2人が実は幼馴染だという事を初めて知った。
全身全霊という言葉の重みを感じた。
悲しみを原動力にして輝き続けるX JAPANこそオンリーワンでナンバーワンだ。
nuruko

nurukoの感想・評価

3.9
まさに「WE ARE X」な内容で、私のようなほぼ楽曲しか知らないファンにとってはわりと突っ込んだところまで語ってくれていて見応えがあったし分かりやすかった。TOSHIが洗脳について語るシーンではドキドキしたし、hideのシーンでは泣いてしまった…。YOSHIKIに対して労りの気持ちしかおきない…。良いドキュメンタリーでした。
JUN

JUNの感想・評価

5.0
YOSHIKIによるYOSHIKIの為のYOSHIKIの映画。
やっぱりX JAPANを語るにはYOSHIKIを語る必要がある。
それにしてもオープニングでJADEを採用するあたり監督のセンスが抜群。
XmasStory

XmasStoryの感想・評価

3.5
Xの熱烈なファンではないけど曲は昔から耳にしていたしhideの死やTOSHIの洗脳騒動はリアルタイムで見ていて最近はバラエティでもYOSHIKIやTOSHIを見ることもありドキュメンタリーに興味がわきました。大変面白かったです。演出的な部分もあるだろうけど良かった。ふたりが車から降りて夜の道で分かれたり御墓参りやスタジオでのやり取りも惹き込まれましたね。何より過去映像含めて登場する方々がやたらと豪華!スタン・リーやデヴィッド・リンチ監督もいたよ。
YOSHIKIの父親、HIDE、TAIJIの死、TOSHIの洗脳、解散という壮絶な体験があったからこそ、今の世界から愛されるXがあるんだと思いました。
X JAPANはある意味宗教みたいなものだなと…
YOSHIKIとTOSHIの男の友情がかっこ良かったです!
100本目ということで、一番好きなバンドX JAPANのドキュメンタリー映画

当方大ファンなのでこの評価だが、出てくる情報は正直ファンは知ってることばかり。ただそれでも涙が出るくらい壮絶なのは間違いない

なぜ日本人が監督したhideの映画はあんなことになってしまったのか

お願いだからそろそろアルバムだして。。
yoshis

yoshisの感想・評価

3.7
トシとYOSHIKIがメンバーの墓参りに行く映像はファンにはたまらん。洗脳からは脱したが、バライティーに出まくってるのは気になる。
エックスを知らない人でも退屈せず観れると思う。ファンのための映画に留まらず、ここまでストーリーとして成り立つのは、エックス、そしてメンバーひとりひとりの人生が壮絶なものであったから。しかし例えドキュメンタリーであろうと、映画はこうあるべきだと思う。エックスのファンじゃないからこそ、そういう視点で観れたのかもしれないが。感動。
>|