WE ARE X(2016年製作の映画)

We Are X

上映日:2017年03月03日

製作国:
  • 日本
  • アメリカ
  • イギリス
  • / 上映時間:96分
    監督
    スティーヴン・キジャック
    キャスト
    YOSHIKI
    TOSHI
    PATA
    あらすじ
    米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド<X JAPAN>。本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバイサウスウェスト)映画祭でデザイン部門観客賞を受賞するなど、これまですでに世界20以上の映画祭にも出品され、世界中のマスコミや評論家からも高い評価を獲得している。 世界への挑戦、脱退、解散、HIDEとTAIJIの死、Toshlの洗脳・・・バンドを襲ったあまりにドラマチックな悲劇の連鎖。結成後30年以上に渡って生み出されてきた、想像を絶するX JAPANの<熱狂>と<狂乱>の歴史。そこには精神的にも肉体的にも彼らが抱えてきた悲嘆と痛みがある。栄光と挫折、生と死、解散と復活。 日本の音楽シーンの頂点に君臨する彼らの挑戦の軌跡-。マディソン・スクエア・ガーデン公演での舞台裏を追いながら、クライマックスでは息をのむ圧巻のステージが待ち受ける。『WE ARE X』はこれまでにない近さで、心に深い傷を負いながらも走り続ける彼らの光と闇に迫る。 日本が世界に誇る唯一無二の“怪物”ロックバンド。なぜ今、X JAPANの音楽と物語は世界を熱狂させるのか。 HIDEとTAIJIの夢。逆境に立ち向かい乗り越えてゆく使命感と覚悟。今、世界中が共感する物語が、ここにある。

    「WE ARE X」に投稿された感想・レビュー

    むろみ
    むろみの感想・レビュー
    6日
    4.0
    切なくて今にも壊れそうで。でもものすごく強かった。
    櫨山
    櫨山の感想・レビュー
    2017/05/12
    3.9
    俺はX JAPAN知らないから面白かったけど……ファン的にどうなんだろう?

    なんか門外漢感があるので感想言いづらい
    豚
    の感想・レビュー
    2017/05/08
    4.0
    日本の誇るモンスターロックバンド、X JAPANの軌跡を追ったドキュメンタリー。
    テーマとしてはXならびにX JAPANではあるが、リーダーであるYOSHIKIの半生記と言い換えても問題ない内容。
    それほどYOSHIKIが誰よりもこのバンドを愛してやまないのだということが、ひしひしと伝わる90分だった。

    ファンならば必見、というかそもそもファンであることが前提の内容であるため、バンドを知らない人が観てもあまり感想を持たなそうな気もする。
    ただ、日本を代表するがゆえのアイコニックな彼らの情報はセンセーショナルなものが多く、hideやTAIJIの死、ToshIの洗脳等、事実として知れ渡っているものについてより深く知りえるという意味では、ファンじゃない人でもかなり興味深いのではないかと思う。

    個人的にもっとも印象深かったのは、TAIJIの脱退についてYOSHIKIが語るシーンと、一台のピアノを前にYOSHIKIとToshIが子供のころのエピソードを語るシーン。
    前者はあまり見たことのない、YOSHIKIの非常に複雑そうな表情と、「(脱退した理由は)死ぬまで言うつもりはない」とひどく悲しそうに呟いていたのがとても印象的だった。
    後者は、洗脳や仲間の死など、バンドとして、人としてさまざまなものを抱え、乗り越えた末にようやく見せたお互いの笑顔が交わされるシーン。
    無邪気な話題で楽しそうに話している二人を見て、X JAPANのYOSHIKIとToshIではなく、林佳樹と出山利三という幼いころからの友達にようやく戻れたのではないかなと思わず感動させられた。

    全編を通じて、おもにYOSHIKIの口から語られるため、YOSHIKI視点のエピソードが多く、どれだけYOSHIKIがバンドを大事にしていたか、どれだけ苦労をしてきたのかがよく分かります。
    正直に言えばもうちょっと他メンバーの話も聞きたかったですが、XといえばYOSHIKIのプロジェクトという一面もあるので、これはこれで良い作りだったのではないでしょうか。
    hideについて語るシーンでは、やはりというか胸が熱くなります。
    93分と非常にコンパクトながら、語られるエピソードのどれもが濃密であるため、満足感は高いです。

    過去のお宝映像やバックステージ映像なんかも多くあり、恐らく初出しのものもいくつかあるのではないだろうか。
    色んな意味で貴重な作品です。
    YutoOnji
    YutoOnjiの感想・レビュー
    2017/05/05
    5.0
    素晴らしかった
    MaruyamaRyo
    MaruyamaRyoの感想・レビュー
    2017/05/04
    3.5
    X JAPAN、特にX時代が好きだが、熱狂的なファンでも無い者です。
    なので、冷静に鑑賞することができるのだが、節々に出てくるYOSHIKIかっこいいでしょ演出が一周回って、面白く感じた。YOSHIKIの満身創痍アピールが、もはや可愛い。筋肉注射するシーンだらけ。

    手首の痛みを訴えるYOSHIKIに医者が「フォーム変えた方がいいよ」って言われるシーンは笑った。

    ざっくり歴史を知るのにいいと思う。昔のXの映像も多くインサートされていて、それがやはり最高だった。
    YOSHIKIが墓参りするシーンが3回もあるので、ある意味墓参り映画でもある。

    後は、Toshiが戻ってきてYOSHIKI嬉しそうなのと、Toshiが結構英語喋れるのと、PATAが打ち合わせ中ずっとビールを飲んでいるのが見所。

    でもやっぱり再結成を同窓会で終わらせないで、上に行こうとしてるのは流石。新曲はあれだけど。ていうかアルバムは!?
    しょーや
    しょーやの感想・レビュー
    2017/05/03
    4.0
    全てが事実だってことが、何より痛烈。
    dorakoo
    dorakooの感想・レビュー
    2017/05/03
    3.7
    X JAPANのファンではないけれどラストではYOSHIKIとTOSHIの友情に泣けた。
    便所虫
    便所虫の感想・レビュー
    2017/05/02
    1.0
    何故外人に作らす訳?✖️を否定している訳ではありません。制作側の批判、及び評価です。日曜日の「ノンフィクション」のスタッフに作らせた方、絶対、面白いはずだ。このドキュメントなら普通のライブ版の方、数百倍良いはず。ヨシキの英語が.........,ヨシキの英語が.....まっいいか。
    ヨシキのえいごが......残念です。世界は遠いいです。ベビーメタルに期待します。
    >|