WE ARE X(2016年製作の映画)

We Are X

上映日:2017年03月03日

製作国:
  • アメリカ
  • イギリス
  • 日本
  • / 上映時間:96分
    監督
    スティーヴン・キジャック
    キャスト
    YOSHIKI
    TOSHI
    PATA
    あらすじ
    米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド<X JAPAN>。本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバイサウスウェスト)映画祭でデザイン部門観客賞を受賞するなど、これまですでに世界20以上の映画祭にも出品され、世界中のマスコミや評論家からも高い評価を獲得している。 世界への挑戦、脱退、解散、HIDEとTAIJIの死、Toshlの洗脳・・・バンドを襲ったあまりにドラマチックな悲劇の連鎖。結成後30年以上に渡って生み出されてきた、想像を絶するX JAPANの<熱狂>と<狂乱>の歴史。そこには精神的にも肉体的にも彼らが抱えてきた悲嘆と痛みがある。栄光と挫折、生と死、解散と復活。 日本の音楽シーンの頂点に君臨する彼らの挑戦の軌跡-。マディソン・スクエア・ガーデン公演での舞台裏を追いながら、クライマックスでは息をのむ圧巻のステージが待ち受ける。『WE ARE X』はこれまでにない近さで、心に深い傷を負いながらも走り続ける彼らの光と闇に迫る。 日本が世界に誇る唯一無二の“怪物”ロックバンド。なぜ今、X JAPANの音楽と物語は世界を熱狂させるのか。 HIDEとTAIJIの夢。逆境に立ち向かい乗り越えてゆく使命感と覚悟。今、世界中が共感する物語が、ここにある。

    「WE ARE X」に投稿された感想・レビュー

    てふ
    てふの感想・レビュー
    46分
    3.5
    X JAPANが歩んできた数奇な道のりがテンポよくまとめられているけど、それをよく知っているファンからしたら少しもの足りないかな。映像を通して振り返る良いきっかけにはなったけど。

    TOHOシネマズ六本木
    いなり
    いなりの感想・レビュー
    7時間
    -
    PATAさん、ビール飲む姿かっこよ笑

    YOSHIKIベースに結成、解散、現在に至るまで波乱のバンド人生を色濃く映してる。

    ファンでなくてもビジュアル系好きにはたまらない映画だと思う

    今度から乾杯の音頭は気合い入れてくぞーにしようYOSHIKIさん見習って笑
    まさみつ
    まさみつの感想・レビュー
    10時間
    4.0
    YOSHIKIメインで、もっとPATAとかにも喋ってほしかった。PATAが美味そうにビール飲んでる姿はさすが。

    TAIJIかっこ良かった。

    TOSHIが洗脳されなかったら・・と今でも思う。

    終盤、スマホ観てた女!ファンじゃないな⁉︎

    28本目
    Yasterize
    Yasterizeの感想・レビュー
    11時間
    4.6
    We are XではなくI am YOSHIKIな割合だったけどYOSHIKI is Xだし、X are YOSHIKI, ToshI, PATA, HEATH, SUGIZO, hide, TAIJIだからやっぱりWe are Xで合ってる。

    完全に海外向けのX JAPANよく知らない人用の作りになってるけど、古参や当時のファンも過去映像で色々思い出して高まること必至の逸品。

    hide関連のエピソードはほとんど泣いてしまった。
    やっぱオレhide好きだったんだなぁ…と再確認。

    YOSHIKIとToshIの幼馴染な絡みは色々と最高。
    (かけ算の好きな女性には特に)

    ToshIの洗脳エピソードは金スマのスペシャルの時のが詳細かつハードだったかなぁ。

    PATA, HEATH, SUGIZOのしゃべるシーンもっと欲しかったなぁ。

    YOSHIKIの英語めっちゃわかりやすいので、英語教材としても使えそう。

    とりあえずMASAYAは絶対に許さない。


    P.S.
    今後乾杯の音頭は「気合入れていくぞーーーーーーー!」にします
    mami
    mamiの感想・レビュー
    13時間
    4.0
    年齢層高かった。
    Xは当時そこまですっごいバンドだったてことさえ知らず、歌だってほんの少ししか知らなかったけどみていてほんと凄かった。こんな波瀾万丈なバンドはXだけだろうな。
    F.Masashi
    F.Masashiの感想・レビュー
    17時間
    4.5
    XというかYOSHIKIの映画。ファンにとっては真新しいとこはあんまり無く、知っていることが多いが、あえてカッコよくないところも映しているのは良かった。メンバーにもっとフォーカスしてもいい気がするがそれはファン心理。時系列的で無い編集は、ファンには分かるけどそうじゃない人はどうなんだろう。どれもインパクトあるから問題ないのかな。アルバムが楽しみ。
    惡
    の感想・レビュー
    1日
    3.6
    本作はX JAPANの映画ではない。
    「YOSHIKI」の映画だった。
    本作ではTAIJIやhide、PATA、toshiでさえもあくまでサブとして扱われていた。
    もちろんYOSHIKIこそがXであり、そこにフォーカスを合わせるのは当然で、復活後の大舞台となるマディソン公演に至る過程をバンドの歴史と共に振り返っていく構成は見事であった。
    しかし日本では一種の様式美としてある意味ファン公認の元で扱われているドラム破壊、倒れるという行為、YOSHIKIの病弱(ネタ)が、バックストリートボーイズやストーンズといった超大御所(そのどれもが一様にウェルメイドな構成で拝金主義との二律背反を孕んでいるように見える)の作品を手かげてきた監督によって大仰に虚飾されると映えるのか(映えてしまうのか)。
    Xはよく考えると洗脳と2人の自殺という、歴史上類を見ない壮絶な変遷を歩んできたバンドだ。それだけにどうにもこの派手な作りには納得しつつも、どこか空虚な、その過熱ぶりと数多の有名人によるコメントを並び立てるほどに空しさが引き立つ。どれほど偉大な人にインタビューしたところでYOSHIKI以外にクビの理由はわからない。そしてそれは語られない(本作は"語られない"ということを描いているのがすごいが)。
    Xがこれだけ面白い題材であったにも関わらず日本でこれが作られなかったのが何だか不思議に思う。今からでも遅くない、YOSHIKIに父の死や呉服屋エピソードといった半ば語られすぎているパーソナルな面だけではなく、よりスキャンダラスな面について直撃して決定的瞬間を収めてほしい。本作はライブフィルムとしてもドキュメンタリーとしてもよくできている。しかし中途半端だ。本作は何も明らかにされてないし、どの曲も1分以上演奏されていない。



    ・X JAPANのライブの看板から後ろの交差した鉄骨に徐々にピントがズレてそれが『X』になっているところ、めっちゃよかった。
    ・hideの死のところでは劇場内が去年のサインオブザタイムスばりにギャン泣き。両隣のババアがベロベロ泣いていた。






    テレクラキャノンボールのあのおばちゃんも今頃これを観ているのだろうか。それだけが気になる。
    リッチーpurple
    リッチーpurpleの感想・レビュー
    1日
    4.7
    hideの死を語るシーンでは、映画館のあちこちですすり泣きが聞こえた。

    あとTAIJIの墓参りのシーンでtoshlが「でも生きてるから」っていうところが凄えよかった。
    湯呑
    湯呑の感想・レビュー
    1日
    4.3
    最終的に、YOSHIKIとTOSHI、HIDEの友情物語に収斂してしまう事に不満を覚えはするのだが(何しろ、ここまでバンド内のゴタゴタが大っぴらになったバンドは他に無いのだから、もっと下世話な暴露話を期待してしまうのが人情というものだ)、結局バンドというのはそういうものなのだ。いみじくも、YOSHIKが語っているとおり、人間同士の繋がりこそがバンドとしてのグルーヴを生み出しているのである。しかし、人間同士の繋がりはショービジネスという巨大な産業に巻き込まれ、ズタズタに切断されてしまう。その痛みを創作の源として新たな音楽を生み出していくYOSHIKの姿には求道者としての面影がつきまとう。X JAPANの音楽に興味の無い人にもぜひ見て欲しい1本。
    ミライ
    ミライの感想・レビュー
    1日
    4.5
    YOSHIKIの生い立ちから攻撃的であり悲しみの刹那さの曲が生まれてくるんだなと思うと
    紅 . WEEK END も凄く悲しく聞こえてくる。
    >|