WE ARE Xの作品情報・感想・評価・動画配信

「WE ARE X」に投稿された感想・評価

べりす

べりすの感想・評価

4.0
めちゃ英語で喋るやーんとおもったら海外の有名なドキュメンタリーの監督さんの作品なんですね。

Xを知らずとも泣いたという友人がいたので気になってはいたけどやっと視聴。

こりゃ泣くわ…w

海外進出に一度失敗していること
すらも知らなかったし
亡くなってしまったTAIJIさんが今も理由は言えないけど脱退ではなくクビだったこと
などは初めて知った。

そして、Toshlの洗脳に関しては日本だといろんな番組で特番があったしそこはスルーせざる負えないけどどういう状態だったとかより
「ラストライブでToshlがおかしいからヤバかったらマイク切ってくれとhideとYOSHIKIで話し合ったりしていた」「YOSHIKIさんがX復活に関してお金のためなのではと頭をよぎったけどどんなToshlでも受け入れようとした」
「今考えるとそのラストライブがhideと一緒に演奏したラストになってしまった(PATAさん)」
とかやはり音楽ドキュメンタリーとしてここらへんを軸にしてるのが逆に良かったなぁ。

hideは自殺ではない
絶対自殺してはいけない
YOSHIKIさんが言うとなんかほんと…

hideさんはやはり生きててほしかったね、すごいやん。

レコーディングの風景で音合わせをYOSHIKIさんがしててすごいと思った。
しかもToshlとYOSHIKIさんて普段から話し方優しすぎじゃない?
この二人ビックリした。

いろんな海外の有名なアーティストも出てきてすごかった!

日本が誇るべきアーティストじゃん
そう思いました。
lovyn

lovynの感想・評価

4.0
X JAPANのドキュメンタリーとして観るのなら大満足な内容。
もう少し過去のLIVE映像も観たかった。
Yusuke

Yusukeの感想・評価

-
Xの歴史をザックリおさらい出来るのとゆかりのある人物の貴重な証言とか、良い意味で情報量が多く疲れる。
シンバ

シンバの感想・評価

4.5
マディソン・スクエア・ガーデンでのライブのシーン。普通のライブでは撮らないであろうアングルでのショットが楽しめるのが、この映画での醍醐味でもある。
25歳でエックスファンのわたし。
これは是非、彼らを知らない人に見てほしい映画。
ただのうるさい破天荒なバンドではない、怖い集団じゃない。
そう1人でも多くの方に、世代を超えて知ってほしいなあ、と。
「彼らともう一度ステージに立てるのなら、全てを失ってもいい」。
地位も名誉もあ利、完璧に見える彼(yoshiki)が呟くその台詞に、もう時は戻らない事の残酷さを改めて痛感した。
まず、思い出すのは1stアルバムの衝撃。
映画みたいなBLUE BLOOD。

あと高校時代の友達、スズキくん、
髪の毛ピンク、ダイエースプレーで立ててた。
靴はとんがったヤツ。
ギターはモッキンバード。
元気でしょうか?
自称パンク少年のオレは興味ないふりして
隠れて聴いてた。
X JAPANのドキュメンタリー映画は
とても衝撃的で
泣けました。
誰かが言ってたけど、X以前のバンドは
ほとんどのセールスをレコード会社等に摂取されてて、その不条理を初めて変えたのがXだったらしい。
メンバーの中ではやはりhideが好きかな?

横須賀サーベルタイガーも好きだった。
映画的にはYOSHIKIの半生のドキュメンタリーって感じかな?

爆発的な成功と、その裏にあった死、別離、洗脳。そして今、老いた肉体をふりしぼって世界に挑む、生きのびた者達の姿。スクリーンに映る喪失と再生の物語は、紛れもないこの世の出来事である。

サントラはけっこう良いです!
ちか

ちかの感想・評価

5.0
ラストライブの時にはもうhideとYOSHIKIは TOSHI の異変に気付いててMCで変なこと言い始めたら音響の人にマイク切ってって言ってて、案の定本番で切られたって言うのがめっちゃ心に残ってる。切られた時のhideの反応がこころがいたいいいいい

このレビューはネタバレを含みます

Xの軌跡を辿るドキュメンタリー映画。
最高でした。

父親とメンバーの死、toshiの洗脳、バンド解散など壮絶な体験があったからこそ、世界で愛されるx japanがあるんだと思いました。

自分がもっと早く生まれてリアルタイムで追えてたらな...。
昔からファンの人が羨ましい。
hideやtaijiがいた頃のx japanのライブ行ってみたかった。

死ぬまでにはhideのお墓参り行こうかな。
mai

maiの感想・評価

4.0
最近XJAPANjの曲をなぜか聴き始めたのがきっかけで観た。
歴史を感じたし、誰でもは、できない。
やっぱりすごいと思った。

良かった!
マディソンスクエアガーデン公演の本番までの記録とそれに沿いながらXと YOSHIKIの歴史を時系列で追うという構造が良かった。
親の死やメンバーの死、友人との別れと再会を経て、伝説のバンドになっていく様は見ていて感動した。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品