WE ARE Xの作品情報・感想・評価

WE ARE X2016年製作の映画)

We Are X

上映日:2017年03月03日

製作国:

上映時間:96分

4.2

あらすじ

米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド<X JAPAN>。本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバ…

米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド<X JAPAN>。本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバイサウスウェスト)映画祭でデザイン部門観客賞を受賞するなど、これまですでに世界20以上の映画祭にも出品され、世界中のマスコミや評論家からも高い評価を獲得している。 世界への挑戦、脱退、解散、HIDEとTAIJIの死、Toshlの洗脳・・・バンドを襲ったあまりにドラマチックな悲劇の連鎖。結成後30年以上に渡って生み出されてきた、想像を絶するX JAPANの<熱狂>と<狂乱>の歴史。そこには精神的にも肉体的にも彼らが抱えてきた悲嘆と痛みがある。栄光と挫折、生と死、解散と復活。 日本の音楽シーンの頂点に君臨する彼らの挑戦の軌跡-。マディソン・スクエア・ガーデン公演での舞台裏を追いながら、クライマックスでは息をのむ圧巻のステージが待ち受ける。『WE ARE X』はこれまでにない近さで、心に深い傷を負いながらも走り続ける彼らの光と闇に迫る。 日本が世界に誇る唯一無二の“怪物”ロックバンド。なぜ今、X JAPANの音楽と物語は世界を熱狂させるのか。 HIDEとTAIJIの夢。逆境に立ち向かい乗り越えてゆく使命感と覚悟。今、世界中が共感する物語が、ここにある。

「WE ARE X」に投稿された感想・評価

ysak

ysakの感想・評価

3.7
Xというか、YOSHIKIはどう考えても生き物として興味深い。かなりクレバーでもあるんだろうけど、尊王な感じとか含めどういうバランスなんだろう。海外にこうやって伝わってんだというのは門外漢的には新鮮。
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

4.3
世界への挑戦、脱退、解散、HIDEとTAIJIの死、Toshlの洗脳、YOSHIKIの決意――そして復活。 
バンドを襲ったあまりにドラマチックな悲劇の連鎖。 
結成後30年以上に渡って生み出されてきた、想像を絶するX JAPANの<熱狂>と<狂乱>の歴史。そこには精神的にも肉体的にも彼らが抱えてきた悲嘆と痛みがある。 
栄光と挫折、生と死、解散と復活。日本の音楽シーンの頂点に君臨する彼らの挑戦の軌跡――。 
マディソンスクエアガーデンでの舞台裏を追いながら、クライマックスでは息をのむ圧巻のステージが待ち受ける。 
『WE ARE X』はこれまでにない近さで、心に深い傷を負いながらも走り続ける彼らの光と闇に迫る。 日本が誇るモンスターバンドXJAPANの激動の歴史とマディソンスクエアガーデンのライブの裏側を追った傑作音楽ドキュメンタリー映画。
幼い頃から喘息に苦しみ、父親の自死をきっかけに「死への誘惑」に取りつかれ怒りと絶望を吐き出すためにYOSHIKIはドラムを叩き始めた。YOSHIKIとTAIJIのXJAPANの中での対立と仲間意識。頸椎が歪み、腱鞘炎に苦しみ、手首の靭帯がズタズタでも「死への誘惑」と戦いながら音楽を作るYOSHIKIが、GLAYたち後輩バンドに与えた影響。HIDEは、XJAPANでYOSHIKIの最大の理解者でおふくろさん的なプロデューサー的な役割だった。XJAPANが最初に崩壊したきっかけは、海外進出だった。YOSHIKIとToshiが仲違いしたきっかけは、海外進出のためにアルバム制作中にボーカル録音でYOSHIKIがToshiに完璧な英語の発音を求めて何度もダメ出しして、ToshiがYOSHIKIに怒りを感じ自分のボーカリストとしての才能に自信を無くしたため。Toshiは、その心の隙を突かれて自己啓発セミナーに洗脳された。XJAPAN解散ライブにメンバーが、何を思っていたのか。HIDEの死で悲しみのあまり自分を責め、心が麻痺していたYOSHIKIが立ち直るきっかけは、天皇のために制作した曲作りだった。Toshiが洗脳から脱出するきっかけは、XJAPAN再結成そしてYOSHIKIとの食事会だった。XJAPANのファンでも初めて知る人でも、XJAPANの音楽の中にあるものを知り、より好きになれる傑作音楽ドキュメンタリー映画。
X JAPANの全盛期の時代は知らないけどTVで見るYOSHIKIが美しくて興味があった。有名な曲は聴き覚えがあった。YOSHIKIの幼少期からバンドの苦労と様々な経験を経てからの再結成。NYマディソンスクエアガーデンでのライブを追う。
「痛みは僕の友で敵で恋人」体を酷使しながらドラムの演奏をし続ける。ToshiとYOSHIKIが10年後に再会し打ち解け合い、バンドメンバーの2人の死を背負いながら再びライブをする姿に感動した。

このレビューはネタバレを含みます

映画としての評価はできないし、ドキュメンタリーとしてもまとめ方ははっきり言って下手。
でもこれこそが現実だしX JAPANの歩んだ歴史だと感じた。
現実だからこそ丁寧なまとめ方なんて必要ないんだと思うけれど……

ファンだから知っている事ばかりだけれど、改めてみると辛いし重い。
当然スコア評価なんてできない。
mさん

mさんの感想・評価

4.7
好きなバンドなので最高のひと言に尽きますが、ドキュメンタリーとしての出来が素晴らしいです。

映画館で観なかったことを後悔しました...。
ネル

ネルの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

映画館で観れなかったのが悔しい…

当時「君の名は」か何かを観に行った時の上映前に流れていて、「え!マジで!?X??やるの!?」みたいな感じで絶対観に行こうと思っていたのだが、田舎だからか予想以上に早く終了してしまったようで、観に行こうとした時には近所の映画館ではすでに上映していなくて諦めたのだけど…県外に行ってでも観に行けば良かったと後悔…

小学生の頃に始めて買ったCDがXの紅で、それ以来ずっとXのファン
特にHIDEに憧れて15からギターを始めて今でもXの曲を聞いたり、映像を観たりしているし、いまだに頻繁に家などでも弾いているので、Xの曲や映像自体には懐かしさを感じるはずはないのだが、ドキュメンタリーとしての映像のせいもあると思うが、時代の流れというか…なんかそういう感傷に浸るような感動が押し寄せてきた

20くらいの頃はLUNA SEAのコピーしていた事があり、その頃からHIDEと並んでSUGIZOも同じくらい好きだったので、HIDEを継いだのがSUGIZOになった時は個人的にとても嬉しかった

TOSHIの声のセクシーさは異常であり、Xの曲を構成する上で必要不可欠

僕は昔からのファンなのでHIDEとTAIJIの名がメンバーとして含まれている事が嬉しかった

最後の方、色々な国の人達がXを讃えているシーンは感動

とりあえず泣いた
RyoShirai

RyoShiraiの感想・評価

4.0
ファンにはたまらんドキュメンタリー、今と過去の断片・言葉のつなぎ方とライブの見せ方が凄くカッコ良い。ただ、背景を知らない人には言葉の重さとかがあまり伝わらないかも
なな

ななの感想・評価

4.0
とくにファンでは無い私が見てもとってもいい作品で泣いてしまった。
ドキュメンタリーはあまり見ないけどこれは集中して見れた。バンドとしての今後や未来、そしてメンバーの過去が凄くよくわかった。それと同時にメンバー同士の固い絆を垣間見れてとてもよかったです。
T

Tの感想・評価

4.1
とてもよくまとまったドキュメンタリー。惹き付けられる。バンドの特性としての「色」が画面を映えさせる。ライブ風景がネオンのようだし、YOSHIKIは天使でも悪魔でもあった。
>|