メキシコ湾原油流出事故の真実の作品情報・感想・評価

「メキシコ湾原油流出事故の真実」に投稿された感想・評価

たくや

たくやの感想・評価

2.6
自分が思っていた映画の内容とは違った。事故の本質は一部だけ。爆発事故以降の石油掘削関連ビジネスの行方がメインみたいな感じでとても真実を語っている感じには思えない。ディープウォーターホライゾンの爆発事故で損害を受けた地域住民や漁業で生計を立てていた漁民の生活がとても気の毒に思えた。リーマンショックのドキュメンタリー、インサイドジョブと同じ感じで強い者はより強く、弱い物はより弱くなっていく感じであまりいい気分では見れない。
今の国務長官のレックス・ティラーソンが当時のエクソンモービルのCEOだったことに驚愕。ティラーソンが政府にいる限り、石油業界は安泰なんだろうなあ。
この映画とインサイドジョブを見て、さらにアメリカへの見方が変わった。
感想川柳「儲けるなら 社会に還元 してください」

レンタル店でパッケージ借りでした。φ(..)バーニングオーシャンと一緒に。

2010年4月20日、メキシコ湾沖合の石油掘削施設「ディープウォーター・ホライゾン」が爆発。大量の原油がメキシコ湾へ流出するという、アメリカ史上最大級の事故が発生する。本作では、多数のアカデミー賞®受賞作や映画『バーニング・オーシャン』を手掛けた名プロデューサー陣が、石油会社の責任者や生存した作業員、また、事故現場の周辺で暮らす市民などのインタビューを通し、事故の真実と、それにともなう代償を浮き彫りにする…というお話。

これにはバーニング・オーシャンに出てきた人達はほとんど出てきません。(゜ρ゜)ディープウォーター・ホライゾンにいた人は二人、あとは主に沿岸地域の人達で、事故後のことがメインですかね。

ていうか、漁業しかやってこなかった人達が失業に追い込まれたのに、賠償金が1500〜2000ドルってあり得ないでしょ((((;゜Д゜))一応まだ話し合いはしてるみたいだけど絶対ムリだろうな。

流出した原油も三分の一しか回収出来なくて、海底に沈んでるらしいし(´Д`)それでいて新たに掘削してるって…( ; ゜Д゜)国が許してるんだから文句も言えない。その上メキシコ湾は国の所有で企業の掘削場所は競りで決まり、ロイヤリティまで入るんだから国はウハウハだわな。(´д⊂)‥

企業だけでなく国まで利益>安全なわけだ。ι(`ロ´)ノ結局安全を軽視して事故が起きても、有能な弁護士が出て来て何とか丸め込むんだろ。その弁護士費用はどこから?(`Δ´)

儲けるのは自由だけど、そのお金の使い道は社会に還元して欲しいもんですな(´ 3`)