ダーウィンの悪夢の作品情報・感想・評価

「ダーウィンの悪夢」に投稿された感想・評価

先進国の繁栄は、第三世界の犠牲で成り立っているのがよくわかる。軍事支配から経済支配に移行しただけでアフリカの植民地のような状況は今もなお続いている。皮肉に満ちたドキュメンタリー映画。
Asaka

Asakaの感想・評価

3.8
脆弱な貧困国はより脆弱性を持つようになり、先進国はより権力を有するようになる。世界や社会の不条理な原理や縮図がここに詰まっている
私たち先進国の人間、客観的に俯瞰できる人間にとってはまさしく負の連鎖
一方、富む人、救われる人、闇に飲み込まれる人、利用する人
見ないとわからない
世界中の人に見てほしい、他人事ではない

あなたが食べている魚、それはなんですか?
お弁当の白身魚、なんの魚ですか?
まさしく負の連鎖。見せられた問題は数多く、とても書ききれない。ドキュメンタリーのヒロイン的存在が、撮影中に亡くなることもあの地域では普通なのだろうか。地域ごとに普通のレベルが異なっている事実から目を背けたくなる。あんなに魚があるのに飢餓が人々を苦しめている…バランスを失った地球の姿を見ている感じ。15年程経ったけど未だに問題は山積みだ。地球市民として、私にもできることをやらねばならないと思った。
隠れた現実を見ることが出来た。何から何まで衝撃的で中盤からは口を開けたままだった。
ウジが湧く魚や、子供達が野生の様にご飯に手を突っ込み奪い合っている場面が印象的。
インタビューまで観ないと理解が難しいのでは、何度も見直してもっと深く考えたいと思えるような現実的な映画だった。
ザン

ザンの感想・評価

2.9
貧富の差が生じてしまったことより、自然の生態系を乱してしまったのが残念だ。米映画を見慣れてるのでこのペースのドキュメンタリーはつらい。
ナイルパーチという外来魚が放流された為、固有種が激減→魚を出荷し経済が生まれるが高価で買えない→お金の為に売春→HIVが蔓延…など、負の連鎖と貧困状況が2時間いっぱいに見せつけられる。中でも、一握りの食料を殴りながら奪い合う子供の姿は辛いものがあった。

日本でも給食やレストランで使われる白身魚の中にナイルパーチが使用されていて全くの無関係では無いので、何も出来なくてもまずは知って欲しいと思う。
戯連堂

戯連堂の感想・評価

5.0
もしこれが100%事実でも、デフォルメであっても、普段何気なくファーストフードの白身魚フライを口にする我々も、この悪循環の一端に荷担していると思えば、ホラー作品並みにゾッとする。特に終盤のビニールと子供たち!
まりも

まりもの感想・評価

3.3
予備知識を得てから見てしまった。

なので、半信半疑。


「戦争があれば金になるのに……皆、戦争を望んでるはずさ」


恐ろしいけど、この言葉は本心だと思った。
内容が偏りすぎているものの経済格差を考える上では良いドキュメンタリー
>|