バーニング・オーシャンの作品情報・感想・評価・動画配信

バーニング・オーシャン2016年製作の映画)

Deepwater Horizon

上映日:2017年04月21日

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「バーニング・オーシャン」に投稿された感想・評価

世界最大の油田での爆発事故が人災で起こされた!

とんでもない爆発事故!

最後に実話なのだとしっかり亡くなった人の写真が出てきてる
KotaroKudo

KotaroKudoの感想・評価

3.9
こーいうパニックものはダラダラなるパターン多いかと思うんやけど、事故からラストまでのテンポがとても良く描かれていたと思う。
迫力凄い。
ただ実話だと思うととても怖いね。
泰征

泰征の感想・評価

4.0
ピーター・バーグ監督とマーク・ウォールバーグのコンビ好き。
お金のかけ方が違って、泥水とか炎とか出来る限り本物を使ってるからこそリアリティがある。
迫力満点。
RyoTakada

RyoTakadaの感想・評価

3.6
We all work very hard to ensure those moving parts are functioning as a means to a very profitable win for all of us.
実話という事で、胸が痛みます。
スリリングで緊張しました。
もし自分だったら…とついつい考えちゃいますね。
勝沼悠

勝沼悠の感想・評価

2.4
 2010年のメキシコ湾原油流出事故を映画化。

 油田火災シーンの迫力は確かに満点。ウォールバーグやカート・ラッセルの顔も迫力があって良い。
 なのだが、ストーリーとしてはいまいち中途半端か。実際がそうだからしょうがないが、事故後の展開であの会社の安全配慮義務違反にもっと切り込んでほしかった。
ピーター・バーグ監督×マーク・ウォルバーグ主演コンビ2本目、アメリカ史上最悪の原油流出事故を描く。

正しい表現かはわかりませんが監督は男たちの正義に対する"純度の高い"勇気を描くのが本当好きだなぁ!!

本作ではエネルギー関連事業を行うBP社の手がけるメキシコ湾の石油掘削作業を請け負うトランスオーシャン社で働く作業員らの決死の生還がリアルに描かれ、これのほとんどが大規模なセット、CGもあまり使用していないというから驚き。

この映画が、あくまで事故当時現場にいた彼らの地獄のような脱出劇に焦点をあてて描いている一方で、この事故の本質に繋がるその後の事故検証を含む一連の裁判や、何万ガロンもの原油流出による自然界への影響についてはほぼ描かれない。
エンドロール直前で後日談を少しだけ触れるため、観る人によっては妙なシコリが残る。
また、事故現場である『ディープウォーター・ホライズン』そのまま原題にしているのに対し、邦題が若干B級映画感を醸してるため、そのあたりが監督作前後にあたる『ローン・サバイバー』『パトリオット・デイ』に比べ評価がいまひとつになっているのかな。

ただ、自分はめちゃ感動した!!
jacky612

jacky612の感想・評価

3.3
現実に起こってしまった事故と考えると本当に悲しい。犠牲になってしまった方がいることも金や工期の遅れでテストを不完全なまま進めたことによる人災ということが悲しい。
それも大昔の話ではなく、ほんの10年前のこと。劇中にマネーマネーマネーと歌うシーンもあったが、金が命より大事な訳はない。テストや訓練、万が一のことが起こらないようにするためで、そこをケチると惨事になることもある。それをあらためて認識させられた。
あと、あの状況下で逃げずに人を助けるという選択肢ができる人間は本当に尊敬する。
shosan1225

shosan1225の感想・評価

3.5
事故とは言え、自然の力に人間の抵抗は本当に力ないもの。その中で生き残るための選択肢や生命力、判断力が無いと命を落とすことになる。実際にそのような現場がある事や、この話が実話に基づくものであることに衝撃を受けた。
t800

t800の感想・評価

3.4
悪者をきちんと描いて、そいつのせいだ!って書き方だけどあのじいさんだって事故を起こしたくて起こした訳じゃない。結果一部分を伏せて報告したり、不具合の警報を目で確認したりせずに進めた人間も出たし、起こるべき事故であって人災。

工事責任者がみると胸が痛くなる映画です
>|