バーニング・オーシャンの作品情報・感想・評価

バーニング・オーシャン2016年製作の映画)

Deepwater Horizon

上映日:2017年04月21日

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「バーニング・オーシャン」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

アメリカ史上、最悪の石油事故。

実話に基づく物語。
どのくらいの脚色があるのかにもよるけど、とにかく事故の凄まじさを体験できた。

正直、導入は好きではない。
これいるのか?って思うくらい。
でも、これから巻き起こる災害をより引き立たせるための演出だったんだなと考えると、確かに頷けた。

事が起きてからの緊迫感はなかなか。
パニック映画ではあるけど、無知が故に色々と勉強にもなる。
実話ということもあり、終盤に向けて失速気味になるのがちょっと惜しいけど。

こんな人災があったんだなと学び、その原因に腹立たしくもなる。
最終的には、エンドロールにて写真を拝むことができる11人。
彼らを追悼するためのものだったんだなと納得することにしました。
よしき

よしきの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

事が起きるまでずっと不穏な空気が漂っていて、ドキドキが止まりませんでした。
現場を知らない上層部。現場の雇われスタッフのずさんな整備。会社の規模が大きくなればなるほど、こういう問題が悩みのタネになりますよね。
だいたい故障してる装置多すぎるし、それを知っていながらも放置してるのはヤバイ。

爆発シーンや泥水の噴出シーンは圧巻。人が人形のように崩れ落ちるシーンとか怖かった。

実話だからとても説得力ある。
無事に生還しても残る心の傷。無念でいっぱいだろうな。
悲しいかな、こういう映画が世に出回っているのに油断するのが人間。本当安全第一です。

最近のピーター・バーグ監督、マーク・ウォールバーグのこと好きすぎか。笑
映画観てると監督のお気に俳優とか知れちゃうの面白いよね。リドスコ監督のマイケル・ファスベンダーしかりアントワーン・フークア監督のデンゼル・ワシントンしかり。
ところかわまずドッカンドッカン!で逃げ場無し。これどうやって脱出すんの?って最後まで緊迫感保ったまま観賞。
りの

りのの感想・評価

-
凄い迫力!!実際は本当に大変な現場だったんだろうと思うと同時に、よく映像化できたなぁと思ってしまった。年を重ねたジョン・マルコヴィッチの表情がよかった。
🔶

2010年4月20日メキシコ湾にて
海上に浮く石油掘削施設“ディープウォーター・ホライゾン
作業者は126人と表示されていました
ここで実際に火災が起きた出来事です


事故どころか心配するほどでもないとばかり軽視したのはありますが、まさかあんな火災まで起きるなんて信じられなかったでしょう
実際にあったとなったら見方もやはり変わってきます

お偉いさんと作業員
今回観る側はどうしても作業員の立場になるでしょうが、上の立場にもなると自然とああいう考えになるのは他人事じゃないよね
その考えを常に重視すれば100%とは言わなくても解決策はどこかにはありそうです
マイク(マーク・ウォールバーグ)とヴィドリン(ジョン・マルコヴィッチ)の会話でナマズの事もふくめて言ってたことがそうかなと

最後にはマイク本人や他の作業員達も見れます
亡くなられた方の映像もありました
____________________

マーク・ウォールバーグ♠マイク・ウィリアムズ(チーフ技師)
カート・ラッセル♠ジミー・ハレル(掘削施設主任)
ジョン・マルコヴィッチ♠ドナルド・ヴィドリン
ジーナ・ロドリゲス🔴アンドレア・フレイタス
ディラン・オブライエン♠ケイレブ・ハロウェイ
イーサン・サプリー♠ジェイソン・アンダーソン

ケイト・ハドソン🔴フェリシア・ウィリアムズ(マイクの夫)

1回目
ルル

ルルの感想・評価

4.2
2010年に起こったメキシコ湾原油流出事故をモデルにしたパニック映画。
最初から最後までハラハラさせるもので事故の酷さが身に染みてわかる作品。
Shu

Shuの感想・評価

3.5
50日じゃない!43日だ!
金の亡者が計算間違えをするとはな!
ローン・サバイバーのタッグは最高。
気がついたら終盤だった、時間が半分に感じるくらいのめり込んだ。
野太いボルト数本が吹っ飛ぶ程の自然の力は怖いな。

火災の中のカート・ラッセル…やっぱりあの映画を思い出す。

レンタル
vivaKAORIN

vivaKAORINの感想・評価

3.0
爆破するまで半分の時間が過ぎ、後半が盛り上がる的な…。
実話なので興味深いけど、映画としての魅力なし。いい俳優集めたのも無駄だったかなーと思う。
jun

junの感想・評価

3.0
実際に起こった原油流出事故をもとにしたパニック映画。

「大丈夫だろう」ではなく、「何かあるかもしれない」という感覚で物事を考えないと、どこに事故リスクが潜んでいるか分からないですね。
これは、自動車の運転など、日常でも同じですね。

映画としては、それほどの良さは感じなかったです。
2018.11.12鑑賞(2018年60作目)
>|