バーニング・オーシャンの作品情報・感想・評価

バーニング・オーシャン2016年製作の映画)

Deepwater Horizon

上映日:2017年04月21日

製作国:

上映時間:107分

3.7

あらすじ

2010年4月20日、メキシコ湾沖約80kmの石油掘削施設“ディープウォーター・ホライゾン”が、海底油田より逆流してきた天然ガスの引火により大爆発を起こした。その後も未曾有の被害を出す大事故となり、施設だけでなく海上一面が火の海と化した。この事故は、世界最大級の“人災“でもあった-。施設内に閉じ込められた作業員126名の運命は?被害の拡大を食い止めようとする現場作業員と彼らの決死の脱出を壮大なス…

2010年4月20日、メキシコ湾沖約80kmの石油掘削施設“ディープウォーター・ホライゾン”が、海底油田より逆流してきた天然ガスの引火により大爆発を起こした。その後も未曾有の被害を出す大事故となり、施設だけでなく海上一面が火の海と化した。この事故は、世界最大級の“人災“でもあった-。施設内に閉じ込められた作業員126名の運命は?被害の拡大を食い止めようとする現場作業員と彼らの決死の脱出を壮大なスケールで描いた、実話に基づく海洋ディザスター。

「バーニング・オーシャン」に投稿された感想・評価

キャブ

キャブの感想・評価

3.6
えらいこっちゃ、えらいこっちゃ。

常に大事なのは安全確認…どんな事があっても、確認の工程を飛ばしちゃいけないと感じる映画。

人物描写は主要キャストしか描けてなくて、誰がだれ?感はあったけど、その分、事故発生から被害拡大の過程は「あなた現場にいました?」ってくらい緻密だった。

手持ちカメラで臨場感を出しつつ、師匠のマイケル・マン氏が出来ないカット割りを多用しテンポよく仕上げてる。

でも、師匠と同じく空撮がやたら多く長いのはご愛嬌。笑
akiRa

akiRaの感想・評価

3.7
デカデカと実話って書いてるけど、ほんと?ってなる現実味のないめちゃくちゃな事故だった。

アメリカ史上最大にして最悪の人災油田事故。

事故が起こる迄にどんだけの責任があったのか。
金儲けしか考えていない人はまさか、自分の手で最悪な事故が起こるなど夢にも思ってないだろう。
マルコヴィッチの熱演。
このさりげなくイヤな金の亡者をやりきり、人災後の一言も喋らない感じ、、
リアルだった。

カートラッセルも相変わらずカッコいい。
バックドラフトまた見ようかな。

話としてはしっかり事故前に現場組とクライアント側の軋みがわかりやすく描かれている。
事故起こってからはあっという間。
このスピード感もリアルなんだと思う。
ドラマとかだと、取り残された人達の自己犠牲と名ゼリフ見たいのがあるんだけど、
辺り一面火の海でそれを演出。
早々に逃げなくてはという感覚が違和感のない仕上がりで、ぼくは満足です(*´ω`*)ゞ
迫力も満点だしね
dasao

dasaoの感想・評価

4.0
テッドも出てこないし、下ネタなんて一切言わない、本当にあった怖い話。
BIGMAC

BIGMACの感想・評価

4.0
2010年4月の実話。人災による大事故、希望的観測をするべからず。エンディングで本人の写真が出てくる、すきなパターンでありました。
迫力あります。さすがアメリカ映画です。特に火災シーンはどの映画も素晴らしい。日本でこの手の海洋映画を作るのは無理でしょう。
実際に起こった事故。

どういう現象だったかという説明はわかりやすかった。

リアルに描かれていて脱出シーンはドキドキ!
スッと終わって少し物足りなかった。
数樹

数樹の感想・評価

4.5
この事故が事実とは恐ろしいです。自分は水を扱う仕事で泥水の圧力がかかり吹き出すシーントリハダものでした。
Raul

Raulの感想・評価

2.9
実話。。
こんなことが現場では現実に起きていたんだとショック

ただ、映画としてはストーリー性がなく、「あー、もう終わりなんだ」って思ってしまった
夏茄子

夏茄子の感想・評価

3.0
地学
映像が凄い!
メイキング見たけど、凄すぎる
みんな体張ってるし、セットが豪華
滝和也

滝和也の感想・評価

3.8
地水火風…。
すべての元素が
人を襲う。

だが、最も愚かで
怖いのは…人である。

破裂し吹き出す汚泥、周りは全て海、爆発し吹き上がる炎、破片を撒き散らす爆風。その全てが事実であり、失われし尊い命、それもまた現実である。
その重さたるや…。

海上油田探査基地、ディープウォーターホライズンに起こった史上類を見ない災害の事実…。邦題バーニング・オーシャンです。

火災ならタワーリングインフェルノ、海上油田基地なら北海ハイジャックですが、何れもケレン味たっぷりな作品でした。事実を意識した今作は比較的ケレン味を抑え、リアルに徹して来ているので、セリフや緊張感が伝わる作品でした。事故前は、緊迫感を高めるべく、目立つシークエンス(コーラとかね)がありますが…。

まあ爆発、炎、破片のリアルと言ったらもう…。一気に押しまくるスピード感はやはり、実際の災害とはこうなのでしょう。また人災であるが故に、責任を取るべき人物にも、敢えて何も言わない無言のシーンがあり印象的です。

やはり事実の重みにはどんな創作も映画もきっと敵わない…。エンドロールであれをやられたら…。重みが違いますね。

英雄的な行為をする主人公にマーク・ウォルバーグ、その上長にカート・ラッセル。カート・ラッセルは良い年のとり方をしていますね。最近はワイスピ含め個性的な良い役で登板している気がします。

この監督さん、バトルシップ以来なんですが、良作でした(バトルシップも嫌いじゃないんですよ(^^))他作も見たくなりました…。
>|