バーニング・オーシャンの作品情報・感想・評価

バーニング・オーシャン2016年製作の映画)

Deepwater Horizon

上映日:2017年04月21日

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

3.7

あらすじ

2010年4月20日、メキシコ湾沖約80kmの石油掘削施設“ディープウォーター・ホライゾン”が、海底油田より逆流してきた天然ガスの引火により大爆発を起こした。その後も未曾有の被害を出す大事故となり、施設だけでなく海上一面が火の海と化した。この事故は、世界最大級の“人災“でもあった-。施設内に閉じ込められた作業員126名の運命は?被害の拡大を食い止めようとする現場作業員と彼らの決死の脱出を壮大なス…

2010年4月20日、メキシコ湾沖約80kmの石油掘削施設“ディープウォーター・ホライゾン”が、海底油田より逆流してきた天然ガスの引火により大爆発を起こした。その後も未曾有の被害を出す大事故となり、施設だけでなく海上一面が火の海と化した。この事故は、世界最大級の“人災“でもあった-。施設内に閉じ込められた作業員126名の運命は?被害の拡大を食い止めようとする現場作業員と彼らの決死の脱出を壮大なスケールで描いた、実話に基づく海洋ディザスター。

「バーニング・オーシャン」に投稿された感想・評価

Bom

Bomの感想・評価

3.1
ガスの勢いが凄すぎて青い塔みたいになってて更に恐ろしさ倍増。救助の船で見えない目で必死に点呼を行うリーダーシップの強さ、ホテルで泣き崩れ安堵のシーンなどたまらんですね。お馴染みタッグのピーターバーグ監督とマークウォルバーグのノンフィクション作品。

2018年初観作品166本目
Hana

Hanaの感想・評価

3.5
起こるべくして起きた人災。
これまた 実話ベース。
本当にこんな感じになると
さすがに怖い。
迫力が凄かった!
pongo007

pongo007の感想・評価

3.9
 迫力ありました。海上油田で働く人たちって、ひとたびああいう事故が起きると、本当に命がけなんだなあと改めて思いました。
XmasStory

XmasStoryの感想・評価

3.5
劇場で観逃したので。アルマゲドンと海猿とタイタニックが一瞬過ぎりつつもドキュメントタッチにぬるりぬるりと爆発までの過程を映しいざ惨劇となると容赦無し。無音の衝撃の迫力ね。実際にあの状況で懸命に助け出す勇気。生き残っても深く残る傷跡。…あの施設浮いて動くんだね。 紅一点ジーナ・ロドリゲスも良かった。
むく

むくの感想・評価

3.5
やっぱり、もしもを想定していろんなことをしていかないとダメだね。絶対なんて存在しないのね。

爆発の予兆から爆発が起こった後までずっと緊迫感があった。前半にじっくりと事故が起こるまでを描いていたことが良かったのかも。
もちろん主人公メインではあるけれども、いろんな作業場の作業員の名前を呼んだり、作業員同士の和気あいあいとした雰囲気も描かれていて、誰ひとりとして亡くなってはならなかった、事故の悲惨さがより感じられた。
2010年メキシコ湾石油流出事故をモチーフにしたパニック映画。
火災のシーンは臨場感と迫力があって、災害の怖さや惨状が映像を通して物凄く伝わってきたきた。
実話なのでヒーローはいないけれども、生き残ることの必死さが伝わる作品。
利益第一主義による人災の怖さも感じた。
はま

はまの感想・評価

3.7
劇場で観たかった〜〜!(これに尽きる)

実際にあった石油流出事故を基にしてはいるけど、完全にパニック映画の作り方で、事故の発生から解決までを描くというよりは「事故」を描いてました。

ということはやっぱり画面は常に炎やら飛散物やら…登場人物は血まみれだし焦げてるし。
ちゃんと人間ドラマもあったけど、あの迫力を味わうにはやっぱり劇場で観るのが一番だなぁと少し後悔。


ここ最近の私の中のマーク・ウォールバーグという存在はだんだん(体つきが人間離れしていってるせいで)人間じゃない感が溢れてきてたので、今作で涙を見せるシーンはこっちまで泣いてしまった…
お、お前が泣くとかこっちも泣くわ……

上述の通り本編の殆どが「事故」のシーンなので、本編時間も短いしサクッと終わった印象はありましたが、事故の怖さは十分わかりました…。


もーディラン君かわいすぎ( ◠‿◠ )
メガネすると元々特徴ある鼻が余計目立つからめっちゃ好きです。
ぶん

ぶんの感想・評価

3.0
実話って知らないで観てたから、なんてつまらない内容なんだろう、よくある設定だしせめて劇場だったら迫力味わえたのに…
と思ってたらエンディングのショック!
物語だから生き残れたと思ったから…

でもやはり実話というのはストーリー性を求めてはいけないんだなと思った。
MURANO

MURANOの感想・評価

4.0
うぉぉ、ものすごい臨場感!!

実際に起こった石油事故が題材ということで、実は序盤では「事故が起こるフラグ」がちょっと露骨すぎ?と嫌気を感じていた。

でも、事故が起こるまでの大企業と現場の対立など、起こるべくして起こった人災の様子に時間を割き、だんだんと丁寧な描写でいいかも、と気持ちが変化してきた。

そして、大火災が発生してからは、息つく暇なしの緊迫の展開。

この事故は人災ではあるが、必要以上に誰かを責め立てる切り口にはしていない。あくまで現場を淡々と描き、それだけでも大いに説得力があった。

同監督の『パトリオット・デイ』を先に観ていたが、妙なメッセージ性がない分、本作の方がシンプルで圧倒されました!
かわせ

かわせの感想・評価

3.0
実話が元なのでそこまでドラマチックな演出はなし。当時の事故はいつ終息するかとモヤモヤしていたけど、事故原因はよくある話なので何とも言えない気分になった。
演技や迫力は凄いあったけど、作品全体で見た時にはあまり印象に残らなかった。
>|