バーニング・オーシャンの作品情報・感想・評価・動画配信

バーニング・オーシャン2016年製作の映画)

Deepwater Horizon

上映日:2017年04月21日

製作国:

上映時間:107分

3.6

あらすじ

『バーニング・オーシャン』に投稿された感想・評価

全てが徹底的に作り込まれていてリアル!鑑賞後にメイキング映像を一部見せていただいたんだけど、施設のセットを一から作っているうえ、大量の泥水はCGでなく本物を使用しているんだと。俳優の服に数秒だけマジの火を付けたりもしたらしい。いや〜、良くも悪くも恐ろしい作品ですね。
あまり期待していなかった人間関係も魅力的で。個人的にとても良い映画だった。
アイス・ロードのような陰謀要素はなく、純粋な災害パニックもの。爆発シーンは大迫力で、テレビで見ても楽しめる作品でした。

ストーリーそのものはシンプルですが、爆発シーンの迫力や、近隣の船に油まみれの海鳥が飛び込んできて暴れ回ってガラスを割るシーンなど、災害の重大さを伝える演出も効果的でした。


”石油は恐竜が長い長い間、押しつぶされて出来たもの。手なずけられないモンスターなんだ”っていう序盤の伏線があり、後半、実際にコントロールできないモンスターによって海上基地は大混乱に陥ります。

一刻も早く利益を得たい大企業の経営陣が検査を省略した結果、判断を誤って大爆発。

アメリカ史上最悪の石油災害事故は人災の可能性が高そうですが、眼の前で不測の事態が起きていても上司の許可がなければ装置をOFFにすることも出来ないなど、指示系統の問題もありそうです。


利益と安全のバランスはいつでも問題になる問題。鉄道やトンネル、エレベーターなど、身近にもこういう問題はありそうで、怖くなります。。
YasTkg

YasTkgの感想・評価

5.0
“人災” 事故による、史上最悪の環境破壊。
地獄だ。

日本人はこのスケールで
3.11 の福島原発を描けるのか‥
もち

もちの感想・評価

3.5
実際に起きた石油掘削事故の映画化

その名の通り海が燃える大惨事...最後の実際の映像、関係者達の写真が響く
K

Kの感想・評価

1.1
パニック映画としては緊張感が少ない。

事故というよりも事件に近い。災害やパニック系の作品は多いんだから、利益を優先した人災事件としてもっと深く描いた方が良い。
nico

nicoの感想・評価

3.7
バタフライ効果のように、小さな波紋が大きな事件に、、、
被害は人や動物の命も奪い、地球の環境まで汚す…
この事故で一体いくつの命が失われてしまったのだろう。
お金や数字に惑わされず、正しい判断をしてもらいたい…
下僕

下僕の感想・評価

3.5
アメリカ史上最悪の石油災害事故と言われる2010年メキシコ湾原油流出事故をベースとした災害パニック映画
王道的な作風でパニック映画の満足度を満たしてくれる
遺族との葛藤や苦悩はもう少し演出されててもよかった

wikipediaなどで事故の原因やその後の経過までわかる作品
4744

4744の感想・評価

4.0
実際の事故がもとになった話
全員生還なんてドラマチックな展開じゃないのがこの事故の悲惨さを物語ってる
この作品が事故の悲惨さをどれだけ描けているかは現場にいた人しか分からないだろうけど、家族が従業員を心配する気持ちは描かれている以上だろう
あの状況で自分よりも他人を優先できる人が上に立つべきだよね

2010年にメキシコ湾沖で発生し、日本でも大きく報道された海底油田爆発事故を映画化。

2010年4月20日。電気技師のマイクは、メキシコ湾沖に浮かぶ石油掘削施設ディープウォーター・ホライゾンへと向かう。現場に着くとすぐに設備の点検に取りかかったマイクは、トラブルや故障の多さに懸念を抱く。上司のジミーが雇い主であるBP社の管理職ヴィドリンに抗議するが、彼は利益のために経費削減を優先するのは当たり前とまるで意に介さず、ついには工期の遅れを取り戻そうと重要な安全テストを無視してしまう。その夜、マイクたちの不安は現実のものとなり、大量の原油が漏れ出し、大爆発を引き起こしてしまうのだった。

人為的ミスの連鎖…小さな原因の積み重ね。
まだ記憶に新しい2010年に起きたメキシコ湾原油流出事故の映画化。

予告編からも派手な爆発映像が伺えるが、これらはあくまでも人災ミスによる事故というのがポイント。
天災は防ぐのは難しいが、人災は防ぐことができる。
そういったミスから世界中の海岸に原油が広がる事態を招くことに。

この映画は石油掘削施設ディープウォーター・ホライゾンのみで起きた顛末だけで、そこに滞在する採掘員や経営者たちが火災から脱出していく。

感動を抑え気味な点は評価できるし、火災映像はド迫力。
でもこれはアクション映画でもないし、事故の経過を見せるだけに止めている。
マーク・ウォールバーグも見せ場があるとはいえ、採掘員の一人であるだけ。

それにしてもB級アクションみたいな邦題のセンスのなさはいかがなものか。
>|

あなたにおすすめの記事