フード・インクの作品情報・感想・評価・動画配信

「フード・インク」に投稿された感想・評価

生産者と消費者の間にはカーテンが引かれている。
洋服にせよ食品にせよ、どのようにして消費者の目前へ至るのか。
何となく知ってはいたが、鶏肉の極めて集約化された生産過程などは改めて見るとなかなかインパクトあるわ。
O157がフードシステムの産物ってのはビビる。
まぁ仕方ないとはいえ、このような事実を目の当たりにすると食品選び気をつけようとか考えちゃうね。

急速に育てるから内臓とか骨が成長に追いつかなくて、ちゃんと立てない牛とか、きつい、、
オーガニック馬鹿になるわな
そりゃそうだ
国産を選ぶママの気持ちが分かった
Masashi

Masashiの感想・評価

3.0
在米経験があるので、何となくあの国の食生活が想像出来るが…。金に余裕があれば、やれビーガンだ、オーガニックだと。その気待ちも分かる。低所得者こそファーストフードを選ばざるを得ず。家族に糖尿病がいる人?との質問にほぼ全員が挙手している様子に驚愕した。
日本で良かった…と楽観できない。ただ知らないだけ。
Yuta

Yutaの感想・評価

3.6
アメリカの食品問題を扱ったドキュメンタリー。ものが作られるプロセスが見えないことは、恐ろしいことだという、当たり前のことに気づく。
temmacho

temmachoの感想・評価

3.5
食は工業製品…というドキュメンタリー。

こんなん観たら食べられなくなるやん!
特に「肉」
そりゃ身体に悪いはずだ。

オーガニックって無農薬だと思ってた。
けど、そんな単純なことじゃなかったんだね。

この作品から12年。
もう変わってると信じる。
日本は違うと信じる。
Ramen

Ramenの感想・評価

3.8
アメリカの大規模農業でどのように食品が作られているのかが分かる。
TOBE

TOBEの感想・評価

3.5
2020-22
アメリカで大きなシェアを持った食品が、どうやって作られているかのドキュメンタリー。

まさしくフードインクだ。
日本はどうなんだろう。

2008年の映画。今になってSDGsとか言われるようになったけど、10年以上も前から、こんな環境で安い食べ物が生産されていたのか。
大量生産、大量消費の成れの果てって感じ。こんなの、到底持続可能じゃないよね、、、。
消費者の選択って大切。食事は毎日の事だから、尚更。
Marume

Marumeの感想・評価

5.0
これはみんな観た方が良いですね。
この映画をきっかけに食に対しての考え方がガラリと変わりました。
ヴィーガン、菜食主義など食への価値観は人それぞれですが、この映画を見て現実を受け止め、自分の食の在り方についてぜひ考えて頂きたいです。
>|