犯罪の女王の作品情報・感想・評価

犯罪の女王2016年製作の映画)

범죄의 여왕/The Queen of Crime

上映日:2017年07月18日

製作国:

上映時間:103分

3.5

「犯罪の女王」に投稿された感想・評価

息子の下宿先の高額な水道代に疑問を抱いたアジュンマ=パクチヨンが思わぬ事件に辿り着くサスペンスフルコメディ。暗くてジメっとした空間の中で繰り広げられる緊張感溢れる展開はこれぞ密室劇の醍醐味。そこにブラックな笑いを誘発するパクチヨンのキャラ設定や、下宿生たちとのおかしみある掛け合いが違和感なく溶け込んだ不思議な世界観の作品でした。

2016/10/05 鑑賞
marmalade

marmaladeの感想・評価

2.7
途中寝てしまったけど、サスペンスのようなコメディのような...不思議な映画だった。母ちゃんが綺麗だった。
息子の下宿先で起こった騒動を解決しようと、お節介で勘が鋭い母親が奮闘する韓国サスペンス。
学生専門の下宿だからか、水道メーターが2室で1コの設置っていうのには驚いた。料金を折半させられる。120万ウォンの水道料金が請求されたことが事件の発端なのだが、すごい理不尽で迷惑なシステムだと思った。
韓国のお母さんは、皆、揃ってパワフルだけど、ホントにこういうお母さんがいたら、迷惑だけど、楽しいかも知れない。
笑ってしまうシーンもしばしばある。例えば、お母さんの職業が闇美容院経営とかいう設定。お国柄と言っていいのか、ブラックだなぁと苦笑い。そこで繰り広げられる日常も、お客さんがピビンバプを食べてたり、泣きながら愚痴こぼしてたり…と、よくある風景。
社会的に弱そうな感じの人達が協力して、日常に潜む闇と対峙する世直し活動もお決まりで爽快感がある。
いち麦

いち麦の感想・評価

4.0
司法試験を控えた息子の金銭トラブルから大きな事件解決に挑むことになった愛嬌あるオバちゃんの度胸良さ。コミカル塗した愉快なサスペンス。ゲーテ君の癖顔も妙に惹きつける。エンドクレジット後の小編も小粋…センスいい。
sato4

sato4の感想・評価

3.6
『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017』にて鑑賞。
母親の"愛する息子へのお節介"が事件を解き明かしていくという筋は面白かったけれども、観客視点からは肝心の謎解きがほとんど無くてガッカリ。主人公である母親を指す「犯罪の女王」という表現も大げさ過ぎて、劇中とのギャップを感じてしまった。サスペンスよりコメディ作品として鑑賞した方が評価が上がるかも。
めちゃめちゃ愛らしい映画でした。
jホラー表現ぽいのもあって、怖さもあるし、笑いもあるけど。
全体的にキュート
sanpakugan

sanpakuganの感想・評価

4.0
コメディよりのサスペンス?2時間サスペンスな雰囲気。「(妙に色っぽい)田舎おばちゃん探偵純情派」。オープニングが結構ワクワクして好き。韓国映画独特のばっちい感じもしっかりあって楽しんだ。
hidebo

hideboの感想・評価

2.1
受験勉強のシーンがあるだけで怖いよ、韓国映画💦