犯罪の女王の作品情報・感想・評価・動画配信

「犯罪の女王」に投稿された感想・評価

高額な水道代を請求された息子を救うために奔走するお母さんの話。

ボロボロのアパートが舞台のサスペンスで、ホラーっぽさも感じさせる雰囲気だけど(そしてなんかお洒落でセンス感じた)、かなり軽いコメディタッチな作品。

なぜ水道代が高額になったか調べようとする序盤はストーリーの展開が読めずワクワクドキドキしたけど、後半は失速。

後半判明していく事実をもう少し深掘りして、そちらにフォーカスしたらサスペンスとしてかなりおもしろくなったのでは??

お母さんとゲーテの男女バディ感はよかったです。
エンタメサスペンスの中に、社会問題や猟奇ホラーの要素を巧みに織り込んだ作品。
理屈抜きの楽しさは『パラサイト』にも比肩する。
「好奇心と押し出しが強い」、「性器でなく胃袋を掴む」、「包容力がある」といったおばさんの武器を、フル活用していくヒロインが痛快。

セットだがリアリティを湛えた舞台美術に、努力の跡が見える。
静かに主張する撮影も良い。
いくつか取りこぼしもあったが、伏線をなるべく回収しようとする脚本は丁寧だ。
また遊び心を覗かせる画面加工のポップなセンスは、南米の新進監督に通じるものがあった。
asquita

asquitaの感想・評価

3.5
高額な水道料金をきっかけにオンマが事件解決に大活躍。ドロドロな話かと思いきや、楽しくみられる。お母さんの前向きな感じも良いし、エンドロールもよい。
私のが一番高評価な映画でした😅
他の方々は3点くらい。
サスペンスコメディ。
地方で美容院を営む母に検事を目指している息子から高額な水道料金の請求がくるところから話しは始まる。
母親は納得がいかない高額な水道料金をどうしても払う事に事務所に赴く…そこで知らさせたのは、なんと隣と一緒に払うシステムになっていたのです。
それからが執念の捜査が始まります。
肝心の隣が何時も不在。
そこで住人を巻き込んでいくと…まぁ何となく、そうであろうと先が分かるのですが、そこまでから面白いですね。
ド派手な母親が息子の為に翻弄する過程で、韓国受験の過酷さを見させられました。
ここまでとは!流石に驚きましたね!
息子は合格したのかな?
エンドロールでは劇中に出た物が流れて出て来ました😆
母は強しです❗️❗️
なんか私に行動パターンが似ている〜
一人暮らしをしている息子から、12万円もの高額な水道料金を請求されたとの連絡を受け、独自に調査を開始する母親。

息子と同じアパートの住人に片っ端から事情を聞き出し真相を知ろうとする。

すると別の事件が浮かび上がり…。

と、ここまでは面白そうなんだけど、
最初から犯人が割れてるし特に謎解きもないし、お母さん大活躍ってだけで終わってしまうので少し物足りない。
ジーハ

ジーハの感想・評価

3.2
💿HDDの録画ステイ作品を観る
〜韓国映画編⑥

なんか惜しい感じ?(笑)

始まりとか、それを増長してくれる
演出や映像にワクワクしたのですが、
謎が解けていくうち、何だか少しず
つ気持ちが失速。。

2017年日本公開作品。

息子の司法試験前、
その息子から突然多額の水道代を
払ってくれと母親(パク・ジヨン)に連絡
が入る。請求金額に納得いかない彼女は、
その真相を突き止めるために息子のアパ
ートまで行き探りをいれるうち、
不可解な事実が次々と発覚し…

ここに一癖ある住人や管理事務所の人間、
ちょっとポンコツな手下がおもしろく
絡んでる。特に手下のゲーテくん(チョ・
ボクレ)が母親とつるんで謎を追っていく
んですが、この辺はけっこう面白かった(笑)

でも息子を溺愛する母親とそれをうっとしがる息子との絆や親子の関係性がちゃんと描けてないせいか、後半の母子の感情が盛り上がる感動的な展開に今いち賛同できず、、普通にスルッと傍観しちゃいました💦

途中まで良かったんだけどなぁ。。
少々とっ散らかった感じ?
設定とか詰めもちょっと甘かったかも。

とはいえB級のユルいサスペンスだし😁
多くを望まず普通にサクッと観るなら
十分OKなのでは?★
yoruichi

yoruichiの感想・評価

2.8
パク・ジヨンさんが 綺麗で可愛いから観れた。題名に釣れてしまった。
yayodon

yayodonの感想・評価

3.4
息子想いのお母さんの事件解決です。
受験生の息子が国家試験の為に借りてるアパートの水道料が異様に高く、これはおかしいと母が調べる。
アパートの管理人も酷いし、息子も直ぐ払えと言ったり、皆自分勝手。
特に息子に腹が立ちます。
色々調べるととんでもない事件だった。
まあ、展開が面白かった。
なかなか今までにないポップでダサい味を出していて悪くないと見続けてみたのだが。最後まで観ての正直な感想は“惜しい”これに限る。

主人公のオンマのキャラは絶妙に設定されていて、特に料理や服装の何とも言えない趣味の悪さ、例えば料理は絶対に美味しいし、やけに色っぽかったりもするのだが、料理だったら盛り付け、ファッションだったら色感覚が尋常ではない。息子が嫌がる母親のパターン。

ロケーションとセットも良い。おんぼろアパートを絵にかいたようだし、何より不潔だ。ここにリンクしたオープニングもよくできてる。実家の美容院などの散らかりようもいいセンスだし。

部屋番号で区分したアパート住人のキャラ付けもキャスティングも独特で良し。

とここまでで韓国映画におけるオリジナリティを持った、なかなかの傑作が完成するはずだった。ある程度予想できてしまうとはいえストーリーも脚本も悪くなかったのに、ラストの本当に大事なシーケンスが失敗している。(以下ネタバレ)


犯人との対決シーンのアクションの撮り方が絶望的に失敗している。犯人を決定付けるナイフの存在と、上手く行ったらびっくりするような伏線回収になっていた注射器があまりに唐突で論理構築ができていないのだ。各人物の位置配置描写も曖昧な結果、そこで何が起きているかよくわからない。このシーケンさえうまく撮れていたらと思うと、本当に惜しい。
ゴリラ

ゴリラの感想・評価

3.0
ソウルに住む司法試験を控えた息子から「水道代120万ウォン請求されたから払っといて」と電話を受けた母
何か事件の匂いがすると思った母が息子の住むボロアパートに乗り込むと…
お節介で世話焼きな親バカママが事件解決に挑むサスペンスコメディ

仁王立ちで腰に手をあてたおばちゃんのジャケに惹かれて観たが、ちょっと期待外れかな…

普通のオバサンというほどでもなく、ちょい美人ぐらいの絶妙な感じのママさんっていう珍しい主人公像に期待が膨らむ
次々出てくる個性的な登場人物たち
怪しい人物、深まる事件の謎…

と、ワクワクしながら見ていたら後半失速…

サスペンス、スリラー、コメディどれもそこそこで普通
2時間ドラマを映画的なルックスで豪華にした印象

いい感じのパッケージ、開いてみたらそれぞれきれいに小包装にされて期待するも、肝心の味が普通…みたいなスナックかな(笑)
>|