特別捜査 ある死刑囚の慟哭の作品情報・感想・評価

特別捜査 ある死刑囚の慟哭2016年製作の映画)

특별수사: 사형수의 편지/Proof of Innocence

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:121分

3.5

あらすじ

元警官のピルジェは、暴力事件で警察をクビになり、今では犯罪者たちに弁護士を紹介する法曹ブローカーとして名を上げていた。そんな中、一人の死刑囚からピルジェの元に無実を訴える手紙が届く。その死刑囚スンテは、仁川を牛耳る財閥企業デヘ製鉄の夫人が殺害された「ユン・ジャリム事件」の犯人として逮捕されていた。その事件を担当していたのは、ピルジェを騙してクビに追い込んだヤン刑事だった。ピルジェは、ヤンに復讐す…

元警官のピルジェは、暴力事件で警察をクビになり、今では犯罪者たちに弁護士を紹介する法曹ブローカーとして名を上げていた。そんな中、一人の死刑囚からピルジェの元に無実を訴える手紙が届く。その死刑囚スンテは、仁川を牛耳る財閥企業デヘ製鉄の夫人が殺害された「ユン・ジャリム事件」の犯人として逮捕されていた。その事件を担当していたのは、ピルジェを騙してクビに追い込んだヤン刑事だった。ピルジェは、ヤンに復讐するために事件の真相を暴こうとするが、その背景には想像を絶する闇が潜んでいた・・・。

「特別捜査 ある死刑囚の慟哭」に投稿された感想・評価

DHのマダムは
ムカつくタイプ!

娘を思う父親の気持ちが
痛いほど伝わるね!

でも、良かった!良かった!
GEN

GENの感想・評価

3.2
SHUZO MATSUOKA似?
の元刑事が...
無実の男のため?
に立ち上がる...

ちょっと違うか...?笑

ジャケットの印象とは全く違い
随所に笑いを入れ、カラッとした作品。

やはりVS 財閥💴はアガりますね~‼️

ご都合主義に目をつぶれれば
気軽に観れる良作です。

ファン・ジョンミン主演「ベテラン」
あたりが好きな方には超オススメです!!
シノ

シノの感想・評価

3.5
元警察官のピルジェのもとに大企業の娘の殺人で捕まった囚人から無実を訴える手紙が届きます。
事件を調査しようとすると大企業という事で色々なところから妨害が入ります。

韓国映画に意外と多いパターンで、無実を証明する系の映画です。
シリアスな内容かと思いきや、意外とポップな内容。はじめは主人公の金の事しか頭にないゲスさが頭に来たが、物語が進むにつれて、主人公の生い立ちが関係してるんだなと納得できた。今回も韓国映画お得意のとことん突き詰めた悪役の鬼畜さが健在。クライマックスのラストは容易に想像出来るシーンだったのが残念。
Ham

Hamの感想・評価

4.0
韓国映画特有のバイオレンスや血生臭さは無いですが、韓国映画特有のスーパーゲス野郎の横暴とスーパー不憫で世知辛すごるだろ…っていうのは存分に堪能できます。怖し…

主人公が大泉洋チックな間の抜けた感と飄々とした雰囲気がありながら切れ者であり、しかも血の気が多いっていう所も好きでした。結構ゲスいかと思いきや熱血な所とか気持ち良いキャラだったな~。

大浴場で割と偉いクズ野郎と話すときに盗聴器を疑われた主人公がスーツのジャケットだけ脱いで躊躇無く入浴するシーンが好きです。一度でいいからああいう感じで啖呵切ってみたいです。

グイグイストレス溜めていって最後は…
良作でした!
Aya

Ayaの感想・評価

3.8
序盤からそっこー泣いたw
警察を辞めてブローカーになった男が、死刑囚から無実の訴えの手紙を受け取る
派手なアクションや血みどろ描写はあまりないけど、人間の欲やドス黒さはよく表現されていた
冤罪をきさせられたお父さんが娘を思う気持ち、病室でのあの苦悩のシーンもまた泣いた…

韓国映画はおもしろい作品が多いからこれは普通かな(´-`).。oO
最近、韓国映画を観たい衝動でレンタル。
重そうな内容かと思いきや、あるあるの笑える要素も入れつつのシリアスさ。
観てて、ラストをどーおとすのかなぁ?と思ってましたけどまさかの始末屋の録音テープだったとは。そもそもあの習慣と記録がなかったら完全にダメだったっていうwまぁオチとしては綺麗でしたけど。
で、こーゆー系で思うのは、実際問題として韓国では財閥の力が強いってのを知ってても我々はイマイチ実感してないので実際韓国に住んでる国民はどー感じるんだろ?ってのと、財閥絡みで事故事件に巻き込まれたら完全に無実でも詰んでるって生きづらいぜ韓国!っていうw
風来坊

風来坊の感想・評価

4.0
パッケージは重そうな感じ、扱うテーマも死刑囚に韓国社会が抱える闇や財閥問題等という事で重さを覚悟してというスタイルで観てみました。しかし、この手の韓国映画にしては珍しく軽いタッチで軽快で風刺も取り入れて描かれていて肩の力を抜いて観れるので個人的には助かりました。終始に軽いタッチな訳でなく、暴力的な描写はあり締める所は締める感じで強弱が巧妙。

主人公は自己中の嫌な奴ですが、生い立ちに苦労があり納得が出来ます。寸での所で情に厚い部分もあって人間臭い魅力があります。。言われているように主人公役の俳優さんは松岡修造に似てる…。主人公以外のキャラクターも祖父、元検事、警察の班長やクセの強い人が多く物語を盛り上げていますね。クソだと思っていた人が良い人だったり、権力に溺れたという人に良心の欠片があったり印象深い演出が光ります。

ストーリーは前年から中盤までは主人公や様々なキャラクターの視点で描かれて謎を追う感じがあるが、終盤は無理が強く強引な気がします。そこまでミステリー色が強かっただけに残念。胸糞悪い救いようがないダークな韓国映画(それも韓国映画の良さですが)が多い中で貴重な作品。爽やかで余韻があるラストは良かった。いつものダークな韓国映画がお好みの方は物足りなさがあると思いますが、個人的にはスゴく楽しめた映画でした。
NAVY

NAVYの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

最後に4年前のエピソードを持ってくるとは、なんて斬新なんだ・・・

冤罪って本当に怖いよね
実際にあるみたいだし

この映画は最後がハッピーエンドたったから、安心した

ピルジェ役の人は、松岡修造にしか見えなかったよw

あのお父さん、なんか可愛いなぁ
>|