特別捜査 ある死刑囚の慟哭の作品情報・感想・評価

特別捜査 ある死刑囚の慟哭2016年製作の映画)

특별수사: 사형수의 편지/Proof of Innocence

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:121分

3.6

あらすじ

元警官のピルジェは、暴力事件で警察をクビになり、今では犯罪者たちに弁護士を紹介する法曹ブローカーとして名を上げていた。そんな中、一人の死刑囚からピルジェの元に無実を訴える手紙が届く。その死刑囚スンテは、仁川を牛耳る財閥企業デヘ製鉄の夫人が殺害された「ユン・ジャリム事件」の犯人として逮捕されていた。その事件を担当していたのは、ピルジェを騙してクビに追い込んだヤン刑事だった。ピルジェは、ヤンに復讐す…

元警官のピルジェは、暴力事件で警察をクビになり、今では犯罪者たちに弁護士を紹介する法曹ブローカーとして名を上げていた。そんな中、一人の死刑囚からピルジェの元に無実を訴える手紙が届く。その死刑囚スンテは、仁川を牛耳る財閥企業デヘ製鉄の夫人が殺害された「ユン・ジャリム事件」の犯人として逮捕されていた。その事件を担当していたのは、ピルジェを騙してクビに追い込んだヤン刑事だった。ピルジェは、ヤンに復讐するために事件の真相を暴こうとするが、その背景には想像を絶する闇が潜んでいた・・・。

「特別捜査 ある死刑囚の慟哭」に投稿された感想・評価

ゆう

ゆうの感想・評価

4.0
どシリアスなのかなと思ったら
たまに古臭いコミカルな音楽と薄い笑いも有りで戸惑う。でも韓国映画の巨悪退治のストーリーにはハズレ無し。テンポも良く観れた。
娘には幸せになってもらいたい。
nagata

nagataの感想・評価

3.6
設定にやや無理があるなぁと感じつつも
引き込ませる魅力があるのは流石の韓国映画…
韓国によくある冤罪からの大逆転劇映画。

ストーリーもわかりやすく、
善人と悪人がキッチリ分かれており
テンポよく進んでいくので見やすい。

途中から ある女が出てくるのですが、
自分の利益のためなら何でもやるような
とことんクソ野郎で、
こっちはヤラれまくりますが…

そこからは見てのお楽しみです。
Lieechan

Lieechanの感想・評価

3.4
唐沢寿明似の元警官のピルジェVS極悪財閥の女帝。

死刑囚の頭が個性的なホワホワな髪型だったりピルジェの相棒の弁護士がズラだったりちょいちょいハゲネタで笑えます。

ストーリーは予想ができる感じですが、ハラハラさせる感じはやっぱり韓国映画は上手い!

面白かった。
最近、立て続けに韓国映画を観たせいか、韓国って善人と悪人しかいないのかな、普通の人はいないのかな、と錯覚に陥ってしまう。韓国人の友人は極めて普通なのに。
本作自身は、綺麗事抜きに始まり、熱い正義感で終わる。男前感たっぷり、ドロドロ感たっぷりの極めて韓国映画っぽい韓国映画だった。
天狗

天狗の感想・評価

3.1
ピルジェという韓流映画ではこれまた珍しい名前の主人公(元刑事、今は弁護士ブローカー)。昔の宍戸譲みたくほっぺがぷっくりしてますがな。

仁川を牛耳る一大財閥を支配するおばはんやその手下相手に頑張る話。

冤罪の死刑囚と残された娘、その娘にかつての自分をかすかに見てしまい、無謀な戦いを仕掛け..

韓流にありがちなどろどろ感は薄く、茶の間?でも安心して観れる作品に仕上がっております。

財閥おばはんが最後まで理解出来なかったこと、それは自分の利益につながらないことでもやろうとする人間が世の中にはいるということ。

佳作だと思います。
諒

諒の感想・評価

3.0
暴力事件を起こし警察をクビになったピルジェは、今は犯罪者に弁護士を紹介する法曹ブローカーをしていた。
そんなピルジェの元に無実を訴える死刑囚スンテからの手紙が届く。
その事件を担当していたのが自分をクビへと陥れたヤンであった事から、ピルジェは復讐の為にスンテに手を貸す。

オチがわかり易すぎてハラハラ出来なかった。
主人公の過去をもう少し描いて欲しかった。
ひろ

ひろの感想・評価

3.8
よくある隠蔽系殺人事件。韓国は本当にこういうジャンルが良い(о´∀`о)本能のまま暴力暴力暴力、そして権力の絶大ぶりと賄賂の飛び交いぶり、清々しいです。テンポがめちゃくちゃ速くてラストも爽快なので見やすい!
サスペンス!
韓国映画でありそうな暗ーい重ーい感じではなくテレビドラマとかみたいな雰囲気。
家族愛もあり悪という悪が本当にゲスなので怒りもかなりあり。

ちょっとごちゃごちゃしてるのはあるのですが全体考えると話はいたってシンプル。
正義と悪がはっきりしているので見やすかったです。

家族。巨大な悪。構図がザ・映画でした。
あーぁ

あーぁの感想・評価

3.9
韓国を牛耳る一大財閥の鬼畜ババアvs元警察官のアウトローな法曹ブローカー!

シリアスになり過ぎず所々コメディ感あってテンポ良かった。

韓国の社会を牛耳るババアの鬼畜っぷりに口だけ達者な悪徳キザブローカーが立ち向かうっつうストーリーが最早カッケー

血のにじむ努力でどんなに証拠を見つけようとも簡単に捻り潰されるババアの権力と韓国社会の闇、流石にコレ無理ゲーじゃね?と思ったラスト10分の怒涛の巻き返しが爽快やった!

ラストは父と娘の絆にスンスンなったり今年一発目で良い作品に出会えましたわ(´∀`)
>|