リディバイダ―の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

リディバイダ―2017年製作の映画)

Kill Switch/Redivider

上映日:2018年06月09日

製作国:

上映時間:91分

2.5

あらすじ

エネルギー枯渇問題に直面した近未来。人類はコピーしたもう一つの地球 ≒エコーワールドからエネルギーを得ることでその危機を脱しようとしていた。 しかし、二つの世界を繋ぐ巨大タワーの暴走により各地で異常現象が発生、 地球は崩壊の危機に陥ってしまう・・・。人類は存亡をかけ、元NASAのパイ ロット・ウィル(ダン・スティーヴンス)をエコーワールドへ送り込むが、そこには 戦争の後のような荒廃した世界が広が…

エネルギー枯渇問題に直面した近未来。人類はコピーしたもう一つの地球 ≒エコーワールドからエネルギーを得ることでその危機を脱しようとしていた。 しかし、二つの世界を繋ぐ巨大タワーの暴走により各地で異常現象が発生、 地球は崩壊の危機に陥ってしまう・・・。人類は存亡をかけ、元NASAのパイ ロット・ウィル(ダン・スティーヴンス)をエコーワールドへ送り込むが、そこには 戦争の後のような荒廃した世界が広がっていた―。

「リディバイダ―」に投稿された感想・評価

Shoichi

Shoichiの感想・評価

1.9
期待度 ★★★☆☆
OP ★★☆☆☆
設定 ★★★☆☆
脚本 ★★☆☆☆
配役 ★★☆☆☆
演出 ★★☆☆☆
編集 ★☆☆☆☆
映像 ★★☆☆☆
音楽 ★☆☆☆☆
ED ★☆☆☆☆
ErnieHoyt

ErnieHoytの感想・評価

2.5
原題は「キル・スイッチ」。パッケージを見たら、この話の元はビデオゲームじゃないのかなと思った。でもそうではなかった。元々はショートで作られた作品。ちょっと変わったSF映画だった。オランダ、ドイツ、アメリカの共同作品でした。地球がエネルギー不足である実験が行った。話の方向性はちょっと分かりづらいですが、SFファンなら楽しめる一本と思います。
近未来、人類はエネルギー問題を解決するために、とんでもないプロジェクトを実現する。それは、地球それ自体をコピーして、もうひとつの地球「エコーワールド」をつくり、そこからエネルギーを得るというものだ。冒頭から遠景として現れる、ふたつの地球をつなぐタワー。このタワーの暴走により、クライシスが訪れるが、当然の如く、主人公はその解決に乗り出す。複製された地球には、原則的に生物はいないはずなのだが、そこに乗り込んだ主人公の前には、とんでもない「もうひとつの地球」が存在していた。

印象的なのは、もうひとつの地球については、終始、主人公の一人称映像で描かれることだ。たぶん、そこにはつくり手の深謀遠慮が働いているのだろうが、いろいろな謎を残したまま、物語はクライマックスを迎える。元々、映画人というよりも、YouTubeなどを舞台に、動画を発表していた監督らしいが、映像の手触りがいつも観ている作品などとは異なるのは、そういった履歴によるものだろうか。象徴的に映されるタワーの映像が、どうしても脳裏の残ってしまう、ビジュアル・オリエンテッドな作品だった。
来夢

来夢の感想・評価

2.0
『リディバイダー』エコーユニバース(複製された世界)からのエネルギー供給の技術が確立したが、エネルギーを供給するタワーが暴走してしまう。問題解決の為に主人公は有機生物はいないというエコーに行くがそこで見たものは。ってSF好きならワクワクしそうな設定。マルチバースやパラレルワールドとは違った、「コピーされた地球」が舞台。映像はXboxのTPS、クォンタムブレイクなんかを彷彿とさせるようなクールさに、HALO辺りのFPSゲームを足したような感じ。要するに、めちゃくちゃゲームっぽい。普段そういうゲームをやらない人には良いかもしれないけれど、映像の演出も、音の使い方も、ストーリー展開も、全部ゲームっぽい。映画館のスクリーンで誰かのプレイ動画を観ているような感じで、コントローラーを持って自分でプレイしたくなる。魅力的な設定もストーリーに生かしきれておらず、ただ敵と戦いながら目的地を目指すだけになってしまっていて、ドラマがない。映像センスも設定も凄くいいだけにすごく勿体ない。いや、全然つまらなくないし、誉めたいところはたくさんあるんだけれど、なんか、足りないんだよ。ワクワク感とかドキドキ感とか驚きとか切なさとかそう言うのが。他人がプレイしてるゲーム画面をただ観ててもねぇ。
大阪

大阪の感想・評価

3.0
時系列コロコロしてて状況がだんだん明かされていく形だが正直それでも意味不明
フラストレーションがたまる会話になっていない叫び合い
エキサイティングなシーンがなく解消されないストレス
のっとふぉーみー
keso

kesoの感想・評価

1.6
ゲーセンでプレーしてる人の画面を後ろで見てる感じ?

ストーリーはいまいちわからない
映画ドラマ体感型とかいうわけのわからない触れ込みで宣伝されたSF映画。

エネルギー資源の枯渇した地球に危機感を感じ、人類はトンデモ技術を結集させ地球の無機物を地球ごと丸々全てコピーし、そのエネルギーを吸い取ることで資源問題を解決する事に。

当然上手く行くわけもなく、問題解決の為、コピーした地球「エコーワールド」に主人公が送り込まれる…ってな内容。


特筆すべきは映像ドラマ体感型と名乗っている通り、現実世界では通常の三人称視点、エコーワールドでは主人公の一人称視点で話が進むことである。

一人称視点の映画といえば、イリヤ・ナイシュラー監督の「ハードコア」が記憶に新しいところだが、今作「リディバイダー」は主観視点のアクションを期待すると肩透かしを食らう事になる。

そもそも主人公ウィルは宇宙飛行士であって派手なアクションするわけでもなく、敵もほとんどが機銃を積んだドローン。
アクションシーンも全体の数分程度だろう。


むしろ藤子F、星新一的なSFショートな展開を見せる物語。
せっかくのダン・スティーヴンスが主観だから見えない(身も蓋もない)
ダン・スティーヴンスの視点に写るキャスト達にも魅力がないわけではないが、やはりダン・スティーヴンス当人のオーラには敵わないわけでガッカリ感が残る。


脚本は粗があるが展開的には面白くなる要素はあったし完全に駄作というわけではない。
まるで主観アクションが売りなゲーム的な映画かと思わせる配給の宣伝方法に疑問が残る一作であった。
観終わってからポスター観て驚きましたが完全にネタバレしてる!笑
主人公目線のシューティングゲームのような映像は新鮮でしたが、ずっと観てたら少し疲れるかも(^^;)それからストーリーもSFである事を考慮しても分かったような分からないような感じでした(^^;)
一番驚いたことは土曜の朝イチの映画館が貸し切りだったことです(^^;)
複製世界、というお題を中学生マインドたっぷりの盆暗に与えたならきっと皆一様に、それこそ複製したみたいに同じ内容の物語を書き上げるだろうと思うんですよ。

詰まり物語なぞは二の次、表現方法をこそ楽しむ作りなのかしら、でもそれってもう疾うの昔に手垢塗れになっちゃっていて映画でやっても新鮮味も面白さも感じさせてくんないよね一っ欠片も、と思い退屈しながら観ていましたところ。

主人公の走馬燈的な回想シーンが三人称視点で描かれるという本末転倒な逆転現象が起こっておりまして、この突っ込みどころを再現する為の本作は壮大な仕掛けだったのであればこれはもう作者のアイデアに100億点差し上げる。
POV映画といえばハードコアを思い浮かべますが、リディバイダーはPOVだけの映像ではなく、客観視点と一人称視点の混合シーンで構成されており、よりドラマ要素が描かれていて、観ていて飽きさせない仕上がりになっていました。
客観視点でよりドラマティックに、一人称視点でよりゲーム感覚に没頭できる作品です。
POVシーンでのハードコアとの違いとしては、画面の切り替えしというか、カメラがハードコアほどコロコロ向きを変えないので酔いにくいというところでしょうか。
あと、常に主人公のステータスが表示されていたり、敵の出現でスコープが出たり、ゲームをプレイしているかのような画面構成になっているところでしょうか。

なんといっても私の愛するダンスティーブンス主演なのでそれだけで最高です!
この作品の噂を聞きつけた当初は、POVってことなので、ダンたんの美しいお顔が全く拝めない作品になるのでは…と心配しましたが、客観視点シーンも多く、その心配は無用でした!
POVシーンでもダンスティーブンスのステキな声がずっと聞けるのでどこを取っても最高です!笑