リディバイダ―の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

リディバイダ―2017年製作の映画)

Kill Switch/Redivider

上映日:2018年06月09日

製作国:

上映時間:91分

2.5

あらすじ

エネルギー枯渇問題に直面した近未来。人類はコピーしたもう一つの地球 ≒エコーワールドからエネルギーを得ることでその危機を脱しようとしていた。 しかし、二つの世界を繋ぐ巨大タワーの暴走により各地で異常現象が発生、 地球は崩壊の危機に陥ってしまう・・・。人類は存亡をかけ、元NASAのパイ ロット・ウィル(ダン・スティーヴンス)をエコーワールドへ送り込むが、そこには 戦争の後のような荒廃した世界が広が…

エネルギー枯渇問題に直面した近未来。人類はコピーしたもう一つの地球 ≒エコーワールドからエネルギーを得ることでその危機を脱しようとしていた。 しかし、二つの世界を繋ぐ巨大タワーの暴走により各地で異常現象が発生、 地球は崩壊の危機に陥ってしまう・・・。人類は存亡をかけ、元NASAのパイ ロット・ウィル(ダン・スティーヴンス)をエコーワールドへ送り込むが、そこには 戦争の後のような荒廃した世界が広がっていた―。

「リディバイダ―」に投稿された感想・評価

大阪

大阪の感想・評価

3.0
時系列コロコロしてて状況がだんだん明かされていく形だが正直それでも意味不明
フラストレーションがたまる会話になっていない叫び合い
エキサイティングなシーンがなく解消されないストレス
のっとふぉーみー
keso

kesoの感想・評価

1.6
ゲーセンでプレーしてる人の画面を後ろで見てる感じ?

ストーリーはいまいちわからない
映画ドラマ体感型とかいうわけのわからない触れ込みで宣伝されたSF映画。

エネルギー資源の枯渇した地球に危機感を感じ、人類はトンデモ技術を結集させ地球の無機物を地球ごと丸々全てコピーし、そのエネルギーを吸い取ることで資源問題を解決する事に。

当然上手く行くわけもなく、問題解決の為、コピーした地球「エコーワールド」に主人公が送り込まれる…ってな内容。


特筆すべきは映像ドラマ体感型と名乗っている通り、現実世界では通常の三人称視点、エコーワールドでは主人公の一人称視点で話が進むことである。

一人称視点の映画といえば、イリヤ・ナイシュラー監督の「ハードコア」が記憶に新しいところだが、今作「リディバイダー」は主観視点のアクションを期待すると肩透かしを食らう事になる。

そもそも主人公ウィルは宇宙飛行士であって派手なアクションするわけでもなく、敵もほとんどが機銃を積んだドローン。
アクションシーンも全体の数分程度だろう。


むしろ藤子F、星新一的なSFショートな展開を見せる物語。
せっかくのダン・スティーヴンスが主観だから見えない(身も蓋もない)
ダン・スティーヴンスの視点に写るキャスト達にも魅力がないわけではないが、やはりダン・スティーヴンス当人のオーラには敵わないわけでガッカリ感が残る。


脚本は粗があるが展開的には面白くなる要素はあったし完全に駄作というわけではない。
まるで主観アクションが売りなゲーム的な映画かと思わせる配給の宣伝方法に疑問が残る一作であった。
観終わってからポスター観て驚きましたが完全にネタバレしてる!笑
主人公目線のシューティングゲームのような映像は新鮮でしたが、ずっと観てたら少し疲れるかも(^^;)それからストーリーもSFである事を考慮しても分かったような分からないような感じでした(^^;)
一番驚いたことは土曜の朝イチの映画館が貸し切りだったことです(^^;)
複製世界、というお題を中学生マインドたっぷりの盆暗に与えたならきっと皆一様に、それこそ複製したみたいに同じ内容の物語を書き上げるだろうと思うんですよ。

詰まり物語なぞは二の次、表現方法をこそ楽しむ作りなのかしら、でもそれってもう疾うの昔に手垢塗れになっちゃっていて映画でやっても新鮮味も面白さも感じさせてくんないよね一っ欠片も、と思い退屈しながら観ていましたところ。

主人公の走馬燈的な回想シーンが三人称視点で描かれるという本末転倒な逆転現象が起こっておりまして、この突っ込みどころを再現する為の本作は壮大な仕掛けだったのであればこれはもう作者のアイデアに100億点差し上げる。
POV映画といえばハードコアを思い浮かべますが、リディバイダーはPOVだけの映像ではなく、客観視点と一人称視点の混合シーンで構成されており、よりドラマ要素が描かれていて、観ていて飽きさせない仕上がりになっていました。
客観視点でよりドラマティックに、一人称視点でよりゲーム感覚に没頭できる作品です。
POVシーンでのハードコアとの違いとしては、画面の切り替えしというか、カメラがハードコアほどコロコロ向きを変えないので酔いにくいというところでしょうか。
あと、常に主人公のステータスが表示されていたり、敵の出現でスコープが出たり、ゲームをプレイしているかのような画面構成になっているところでしょうか。

なんといっても私の愛するダンスティーブンス主演なのでそれだけで最高です!
この作品の噂を聞きつけた当初は、POVってことなので、ダンたんの美しいお顔が全く拝めない作品になるのでは…と心配しましたが、客観視点シーンも多く、その心配は無用でした!
POVシーンでもダンスティーブンスのステキな声がずっと聞けるのでどこを取っても最高です!笑
Naoya

Naoyaの感想・評価

2.3
近未来、深刻なエネルギー枯渇問題に直面した人類は、コピーしたもうひとつの地球≒エコーワールドからエネルギーを供給を行っていたが、各地で異常な現象が起こり始め、世界は崩壊の危機に陥る。SFアクション作。客観映像で描かれる現実世界と、FPS映像(一人称)で描かれる複製世界という設定はアイディアが光る内容。ゲーム感覚もあり、それぞれでSFアクションとして見どころはあるが、斬新さが感じられない、惜しさが目立つ物語。現実世界と複製世界を交互に描いてはいるが、上手く物語を際立たせるに至っていない感が強い。出演のダン・スティーヴンスの演技は良いが、FPS映像では活かされない、伝わらないのが残念。
せっ

せっの感想・評価

3.3

ゲーム実況映画。
過去の映像は普通の撮り方で今がゲーム画面みたいな主観アングル。しかもご丁寧に打たれたり怪我を負うとちゃんと警告してくるあたりほんとゲーム(笑).
.
主人公何回脳しんとう起こして気絶するの(笑)何から何までゲームだった。これは映画にするよりゲームとして発売した方が売れるよ。うん。
実之

実之の感想・評価

3.0
劇場 字幕版

・短編映画を元にした作品。FPS、複製世界(エコーワールド)、ダン・スティーヴンスで絶対好きなやつ!と思い、滑り込みになってしまいましたが観ました。

元宇宙飛行士の主人公がコピーされたもうひとつの地球に向かい、そちらの世界ではFPS(一人称視点)で進むという面白い設定。

しかしそのわりにはあっさりした展開で、主人公やその家族の設定もあまり生かしきれていないため物足りなさを感じました。
良く言えば静かな近未来SFドラマという印象なんですけど、個人的にはキャラクターでもアクションでも音楽でも何でもいいのでもう少し突き抜けるような、ぶっ飛んだ部分が欲しかったです。いや、ドローンの派手なシーン等あるにはあるし見所にはなってるんだけど。

FPSの映像は悪くないし、好きな要素が多いだけに色々と惜しい作品。同じFPS映画『ハードコア』のようなものを期待してしまったのがいけなかったのかも…。

FPSなのでダン・スティーヴンスの出演は冒頭くらいかなぁ、とほとんど期待してませんでしたが、現実パートとFPSパートが交互に展開するので思っていたよりは出てたかな。あくまで“思っていたよりは”です。

原題は『Kill Switch』ですがそのタイトルはちょっと…。もうひとつのタイトルで邦題にもなっている『Redivider』の方が左からも右からも読める遊び心もあって好き。
ちなみに監督がティム・スミットさん(Tim Smit)なんですけど、自身の名前が右からも読めるからこういう作品(対称的な二つの世界)を作ったのかなぁ、と妄想しました。

元になった短編『What's in the Box?』
https://youtu.be/IU_reTt7Hj4

シネマカリテでは初鑑賞。ミニシアターはあまりいい印象なかったのですが、雰囲気もいいし結構行きやすい場所なので今後カリコレなども行ってみたいです。
ai

aiの感想・評価

3.0
ダン・スティーヴンスのイケメンぶりを堪能するために観たのに、活躍シーンはほぼPOVなので顔が見えない…。複製世界というアイデアが面白いので、隠れんぼや追いかけっこだけではなく、エコーと元の世界の違いをもっと掘り下げてほしかった。
>|