ジョン・ウィック:パラベラムの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

上映館(13館)

ジョン・ウィック:パラベラム2019年製作の映画)

JOHN WICK:CHAPTER3 PARABELLUM

上映日:2019年10月04日

製作国:

上映時間:130分

ジャンル:

あらすじ

「ジョン・ウィック:パラベラム」に投稿された感想・評価

コロシノタツジン!!

こんなキアヌが観たかったんだ。

本で人を殺め、
オーバーキル気味にナイフを投げ、
ニューヨークを馬で駆け抜け、
悪女ばりのバイクアクションをこなし、
砂漠でカラカラになり、
そしてまたニューヨークで暴れるキアヌ。

素敵だ。

全てが素敵だ。
3作目でもまだまだストーリーの風呂敷を広げるのも、逆に良い。

ニューヨークが素敵だ。
少しその辺の建物に入れば
部屋中にナイフが飾ってあるし、
その辺の人にコンチネンタルのコインを差し出せば何でも手に入る。
そこら中に殺し屋が歩き回っているし
独自のネットワークを気付いたホームレスが秘密裏に社会を動かしている。

ニューヨークすげえなあ。

店でにんじゃりばんばんを流して
カウンターに猫を置く
殺人寿司職人も粋で素晴らしい。

後半、
敵の全身防弾スーツ部隊の襲撃を迎え撃つキアヌ。
日夜進歩している防弾技術の前に苦戦するも、キアヌまさかのヘルメットとスーツの隙間に銃口をねじ込んで撃つというパワープレイ。
更には「とにかくデカい」銃を調達して、もはやヘルメットごと敵の頭部を吹き飛ばすというハイパーパワープレイ。
素敵過ぎる。
完璧過ぎる。

永久にこのシリーズ続けて欲しい。
コロシノタツジンをもっと観たいぞキアヌ。
Hina

Hinaの感想・評価

3.8
勝手に完結編だと思って観てたら全然完結してなくて笑いました。
相変わらずもはや爽快感しか感じないレベルで敵を殺していく映画。
日本人役の日本語が異様に下手なのは洋画あるあるですね
cleopink

cleopinkの感想・評価

4.4
📝鑑賞記録
【No.74
JOHN WICK: CHAPTER 3 - PARABELLUM】
martedì 15 ottobre
2D字幕。

勝手に完結編だと思ってたけどまだ続くんかーい。

もう序盤からずっとクライマックス。
ハル・ベリーと犬との連携殺戮シーンは無茶苦茶カッコ良すぎた。
ホテルの防衛戦も同じくらいヤバかった。硬い武装した相手をショットガンで蹴散らして。
他にも本で戦ったり、馬使ったり、複数の銃を1つに組み立てたり興奮しっぱなし。

ゼロ役には当初、真田広之がキャスティングされてだけど怪我で断念したらしくて割と残念。
寿司屋のBGMが「にんじゃりばんばん」だったのは少し笑った。

合ってるかはわからないけど一作目で76人、2作目で129人、そして今作で94人とたった2週間弱で300人近く殺してるってヤバすぎでしょ😅
aaaa

aaaaの感想・評価

4.1
記録。1月半前に鑑賞。
厨二心をくすぐる展開、演出、アクションの数々。もうとにかくアクションが凄い。
Chip

Chipの感想・評価

2.0
国際便の中で観たので臨場感が足りなかったのかもしれないけど、アクションや殺傷能力の高さはすごいと思うものの、まだやるの……?とちょっと思ってしまった。いぬがしななくてよかったです。
さめ

さめの感想・評価

3.8
字幕忘れるくらい戦いのシーン多い。そして強い。ジョン・ウィックのかっこよさにやられました。
でももう痛そうとか超えて、馬使って戦うのとか笑っちゃった。
観てたらこっちも痛くなってくる。ジョンはなんであんなにやられても動けるの?爽快に倒していってくれてね
なんかいつもよりぐろいーーーけどかっこよかった。
ファッキンブックって感じだった
本当は11月上旬に観てたんですけど。
忙しさにかまけてしまい…。いかんいかん。

みんなジョナサン大好きすぎですやん。私も好きです。ちょっかいかけたくなっちゃう。爆笑とかさせてみたい。
>|