マトリックス リローデッドの作品情報・感想・評価

マトリックス リローデッド2003年製作の映画)

The Matrix Reloaded

上映日:2003年06月07日

製作国:

上映時間:138分

ジャンル:

3.5

あらすじ

「マトリックス リローデッド」に投稿された感想・評価

リク

リクの感想・評価

4.7
1が一番面白いのは周知の事実ですが、マトリックス2これも負けず劣らず面白い作品となっております
よりスタイリッシュに、より過激になっていく世界観は今でも最高です
SAKAS

SAKASの感想・評価

-
1の世界観が好きです
なんか哲学的で
マトリックスの概念

そこから比べるとSFアクション性が高いですね
でもマトリックス内のなんとも違和感のある
カクカクとした無機質なアクションは好みです


セラフかっこいいです
あの拳法アウター白!ほしくなります
アクションが拳法をベースにしてるのもいいですね
ジョン・ウィックとは真逆(ウィックのガンアクションも大好きです)

なんだかネロがものすごく覚醒してる感があるのは気のせいか
1からの飛躍がちょっと驚き、悟りまくってる雰囲気

立て続けに観た方が良かったかな...

それでもベースとなる世界観が好きなので最後まで堪能しようと思います☺︎ つづく
スト0.5
演技0.5
独創0.5
テン0.5
オチ0.5

【評価基準】
ストーリーの良さ
演技が良い、演出
独創性がある
テンポの良さ
オチの意外性

完璧1.0
ややよい0.8
普通0.5
やや悪い0.2
残念0
pmpmmmk

pmpmmmkの感想・評価

3.4
アクションは相変わらずかっこいいけど、話が複雑でわかりづらい。。
一作めよりレトロ映画感なかった。
昔は全く理解せず、アクロバティックな闘い方する映画程度にしか思ってなかったので、シリーズ上映から20年経ってやっとストーリーを理解。
【I need you】

ネオの成長と共になぜかラブシーンも増えた第2弾。

当時は圧倒的な戦闘美とスタイリッシュな演出に厨二心をくすぐられた。

大量のクローンもそうだが、本作はやはり半透明化する金髪?2人の敵もカッコいい(髪型はダサい。)

Gを考慮しないバトルは必見。
すぐ飛ぶ。すぐ横移動する。

過去鑑賞
普通3部作の2作目って、スター・ウォーズとかもそうだけど後々活きる作品で、リアルタイムや2作目が最新作の状態だと、つまらない作品が大半の中でもリローデッドは良かった。
何ならアクションシーンだけなら、レボリューションズより個人的に好き。
特に高速道路のバトルシーン。
ホントに好き。
1作目に続いて鑑賞。もはや説明不要な作品なので率直な感想を一言だけ。ネオが強すぎる。スミスが無尽蔵化して大量発生しても無双状態で笑える強さ。改めてキアヌ・リーヴスがかっこよい。

このレビューはネタバレを含みます

「アクションシーンは圧巻」「キアヌリーブスが」というレビューは方々で拝見しているので、個人的メモを。

キーメイカーとスミスが同様に
アノマリー(プログラムのバグ?)として
話が展開するところにとてもぞくぞくした。

公園での預言者の説明から、大量のスミス(!)の登場の流れが完璧だと思う。ましてやどちらも存在意義が明確化しているところはきっちりプログラム然している。

やはりクリエイターの件はむずかしかった。1回でしっかり理解できなかったのであと何周か視聴し噛み砕きたい。

ネオが元々ハッカーだった故にプログラム系の理解がすんなり済むところもおもしろい。
#よくよく考えたらトリニティもモーフィアスもハッカー界では名を馳せていたんだっけ。

マトリックスという仮想現実の設定自体が面白いが、超常現象をバグとして片付けるのも好きです。デジャビュもそうでしたね。

最後に
トリニティが街の冗長化された予備電源を落とすときに扱ってたPC、すこし知識があったのでちゃんと画面眺めてみたら、パスワード上書きしてroot(管理者権限)でログイン接続してるんですね。
その時のパスワードが「z10n0101」
これ、どうも6代目ザイオンの伏線らしいです。こういう細やかさがあると興奮します。
「z10n」 = 「zion(ザイオン)」
1をi、0をOに見立てる、人がパスワードを作る時に単純な単語にしないためのよくある手法ですね。
「1010」 = 「5」
2進数を10進数に変換してます。
Semb

Sembの感想・評価

2.0
またお金にまかせてしょうもない映画をつくったものだなあと思う。稀に見るつまらなさ。80'sと勘違いさせに来るSF要素、ネオ無双(設定は別に良いけど演出が超ダサい。胸に手刀打つ瞬間に、不意にアップになるのめっちゃ笑える)

この手の一昔前のCG映画は、撮ってる最中のグリーンバックを想像して少し笑いながら観るのが吉。

754本目。
>|