ピンポン THE ANIMATIONの作品情報・感想・評価

「ピンポン THE ANIMATION」に投稿された感想・評価

YK

YKの感想・評価

5.0
本当に本当に大好きな作品!原作も実写も大好きだけど、特にアニメ版が良い。


女子高校生だった当時、新宿ロフトプラスワンで開催されたファンイベントにも行ったし、原画展も行ったし、Blu-rayBOXも買ったし、ペンケースも買った……

サントラも素晴らしい。

彼らの青春でもあり、自分の青春…!
ひろし

ひろしの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

登場人物全員のバックボーンを細かく描写してみんないい選手なので全員応援したくなる作品。絵で好き嫌い分かれるけど個人的には嫌いじゃなかった。
途中コンウェンガが最初見下していたチームメイトとクリスマスイブに一緒にカラオケに行くシーンが最高。
最後にスマイルの成長が見られて満足。ぺこのいつでも強気な姿勢がとにかくかっこよかった。
Luke

Lukeの感想・評価

5.0
めちゃくちゃ良い
最近見たヒーローの中で一番好き
少し泣いた笑
Shingo

Shingoの感想・評価

3.7
ピンポンの知識が全くなくても楽しめる。
友情とは少し違うようなスポーツ漫画。
絵のタッチも味があり、迫力がある。
ワンクールで完結なので、見やすくてよかった
福徳

福徳の感想・評価

4.0
時々涙出そうになった
卓球のルールなんて知らないけど、それでも見入っちゃうくらい面白い
Masafumi

Masafumiの感想・評価

4.1
2014年、松本大洋原作のアニメーション

神奈川県藤沢市を舞台に、卓球に魅了された5人の高校生によるスポーツアクションや才能を巡る青春が描かれている。

星野裕(通称ペコ)と月本誠(通称スマイル)は、幼馴染であり共に片瀬高校の卓球部。
ペコは卓球の才能がありながら、努力することが嫌いで自らの才能に自惚れており、誰に対しても傲慢だった。
また、スマイルも才能がありながら、卓球を死ぬまでの暇潰しとしか考えておらず、勝利への執着がない人間であった。
やがて開幕したインターハイ予選、ペコの準々決勝の相手はもうひとりの幼馴染、佐久間学(通称アクマ)。以前はアクマ相手に圧倒的な実力を見せつけていたペコだったが、この対戦では地道な努力を重ねたアクマに終始優勢を握られ、あえなく敗退してしまう。
様々な人の言葉で一念発起したペコが一年後のインターハイ予選で優勝を目指すというストーリー。

王道なスポ根かと思いきや、魅力的なキャラクター達の苦悩を描くシーンが多く、卓球を通して才能ある者の憂鬱・不幸・恐怖・栄光・悲嘆。
逆に才能なき者の苦悩・諦念・挫折・悲惨・逃避が垣間見える。

自分の才能に自惚れたことがあるし、自分の才能の無さに落胆したことがある。
かつてヒーローに憧れた大人たちにおすすめ。
double

doubleの感想・評価

4.5
映画からこっちへ。

ゆるくて、青春で、
本当に好きな映画。
ずっと気になってはいたけどなかなか見ずにいたことに嫌悪感すら抱く名作
松本大洋ファンと一緒に1から見たんやけど松本大洋はもちろん、湯浅政明って天才だなー!となりました。
azusa

azusaの感想・評価

-
とても良い。このユルさ、一生懸命さ、青春だなぁ…。ペコの軽い口調が癖になる。ウェンガの笑い方好き〰️〰️。
こまつ

こまつの感想・評価

4.8
原作もアニメも映画も大好き。
初めてDVDBOX買った作品です。
>|