劇場版 あしたのジョー2の作品情報・感想・評価

劇場版 あしたのジョー21981年製作の映画)

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

3.8

監督

脚本

「劇場版 あしたのジョー2」に投稿された感想・評価

今まで何度も観たが、いつ観ても感動の嵐
力石亡き後脱け殻に成りかけながらも、次々と出てくる強敵に立ち向かう姿に感動した。
ラストなんでこんな悲劇に…子供ながらに泣いてしまったが…
ジョーたつんだ!
カーロスリベラ
ホセメンドーサやな!
コークスクリューパンチ
mmm

mmmの感想・評価

4.5
真っ白に燃え尽きた矢吹丈の止めで終わる有名なラスト。
ラストは絶命したと考えるのが妥当だが、荒地を1人歩く矢吹丈のカットバックを挟むことで、実は今もどこかで生き続けていると示唆してくれる優しい編集に泣いた。
RYO

RYOの感想・評価

4.5
生きててよかった。
4K恐るべし、凄い、鮮やかに蘇った。原作ファンとして大変感慨深く感動した。久しぶりに号泣。汗、吐息、伏し目がちな瞳の熱いまなざし、ジョーのカッコよさ時代を越えて天下一品😭
ホセとの最終戦、ゴロまき権藤とかウルフ金串とかのチラ見せ、いいな〜☺️
本当におススメします、チャンスがあったら4Kで是非、鑑賞してみてください。

もうラストシーン号泣してた…
ここまでカッコよくてスマートなアニメなかなか無いですよ!
男たちの汗が画面から伝わってきます!

小学生の頃、昼のテレビで放送されていたのを偶然見て、そのまま目が離せなくなってしまった。

力石の追悼ゴングから始まり。

そしてオープニングのジョー山中の「明日への叫び」が流れる中、黒背景の上をゆっくり、ゆっくりと上手からスライドしてくる「あしたのジョー2」のタイトルロゴ。

時間をテンポで埋めるのではなく、10カウントギリギリで不屈の闘志で立ち上がる男のようなスピードで。

衝撃的だった。

たしかにロッキーのタイトルロゴと一緒だ。ただ、ロッキーと違うのは、ジョーは殉教者のような側面がある、ということ。
それをこのタイトルロゴだけで表現できていたのが出崎演出の凄さ。

そして永遠のラストシーンまで。神話のような男のストーリー。
やはり白木葉子の告白シーンは(原作漫画と同様に)涙

原作漫画を、少年マガジン連載時から読んでいて、講談社コミックス(全20巻)でも繰り返し繰り返し読みまくったので、この物語に対する思い入れは強い。

ただ、映画版は、やはり時間的制約もあって、端折っているエピソードも多々あるので、原作との比較は難しいが、結構頑張ったアニメーション映画だと思う。
highland

highlandの感想・評価

4.5
やっぱり白木葉子の、「きっとこれから何もかも始まるのよね」という台詞が。夕陽を背に歩き去っていくジョーの姿をラストにインサートすること(もちろんそれは成仏なんかでは決してない)で、出崎の名はこの作品に刻み付けられた。
ボクシング漫画はやっぱりコレ。
はじめの一歩より命をかけてボクシングに取り組むジョーの本気度が伝わってくる!
オリジナルのアニメも漫画も読んでるけど、
劇場版の感じが一番好き。

最後のシーンなんて何回観たか…

おっちゃんのデリカシーのなさも必見。

声がみんなすげぇ良い。
ホントに良い。