バクマン。の作品情報・感想・評価

バクマン。2015年製作の映画)

上映日:2015年10月03日

製作国:

上映時間:119分

3.6

あらすじ

「バクマン。」に投稿された感想・評価

はな

はなの感想・評価

3.5
主役の2人が好きなので視聴。
ストーリーも展開も想像つくけどそれがいい。役者の演技よし。
間の漫画書いてるところが、ちょっと飽きた。全体的にはよし。

このレビューはネタバレを含みます

原作が好きだったから、素直に面白かった。

基本的に原作者のこれまでの経験を基に作られているから、リアリティは抜群。原作と作画を分担するという発想は、小畑健さんは勿論、大場つぐみさんも漫画家を志す過程で経験したことなんだと思う。そうやって成功してきた二人だからこそ、あそこまで上手く出来た作品なんだと思う。

今回の最大のライバル「新妻エイジ」はデスノートのLにそっくり。また、主人公は「ヒカルの碁」の進藤ヒカルみたいなイメージ。これまでの作品に対するオマージュもちらほら感じられる。

あと、「バックマン」なんか見てると「とっても!ラッキーマン」を思い出す。もしかして「大場つぐみ」の正体は…なんて思うのは自分だけ?

でもやっぱり、小畑健さんの作品なら「ヒカルの碁」が一番好き。実写化するならやっぱりこの作品だと思う。
Nana

Nanaの感想・評価

3.0
神木隆之介と佐藤健目当てで鑑賞。
戦うシーン長すぎだった。
小豆さんの話が原作と違いすぎてビックリ。
シュージンの方も恋愛要素が無かった。
りょう

りょうの感想・評価

3.4
つい最近原作をメルカリを売りましたが、これもまたよかったです。
小松菜奈可愛すぎ!
全く期待していなかったけどいい出来だと思います。

何よりBGMが素晴らしい

佐藤健と神木の配役は逆だろ
最初から最後まで違和感
rui

ruiの感想・評価

3.7
バクマン。原作好きヨ
これも好きネ
編集音楽はすごい
再鑑賞
3年ほど前に見た、小松菜奈ちゃんが出ていて嬉しかった可愛かった
見終えてもやっぱり「神木隆之介と佐藤健の配役逆だよな」と思う
周りの漫画家仲間のキャスティングはよかった
でも小松菜奈はマジでない、イメージ乖離しすぎ
内容はよかった
unOtAKasHi

unOtAKasHiの感想・評価

3.5
真城最高と高木秋人の2人の高校生が、それぞれ作画と原作を担当してコンビを組み、少年ジャンプでの漫画掲載と掲載後の人気漫画化を目指して一喜一憂する様を描いた同名漫画の実写版です。

原作の漫画への情熱という要素一点にフォーカスし、それ以外の要素をこそぎ落とすことで映画サイズに練り上げられたストーリーを、CGを駆使したバトル風の執筆シーン映像演出や、場面場面を盛り上げるサカナクションによる音楽によって盛り立てる見応えのある作品。

世の多くの少年が憧れる漫画家という職業に対して、それを夢のままで終わらせず、圧倒的な才能を持つライバルに対してひたすらに努力で突き進む、スポコン顔負けのアツいサスセスストーリー。やるかやらぬか、人生にある岐路で『やる』を選んだ少年たちの生き様に心打たれます。
マリサ

マリサの感想・評価

3.4
途中まで面白かったけど最後の方なんか冷めてしまった、、佐藤健はプライド高い役合うね
>|