犯罪都市のネタバレレビュー・内容・結末

犯罪都市2017年製作の映画)

범죄도시/THE OUTLAWS

上映日:2018年04月28日

製作国:

上映時間:121分

4.1

あらすじ

2004年ソウル。強力班のマ・ソクトは、ナイフで向かってくるヤクザにもひるまず、張り手一つでなぎ倒すコワモテ刑事。ある日、ビリヤード場で刺傷事件が発生。被害者は毒蛇組の組員、犯人は対立するイス組の男だった。ソクト刑事は難なく犯人を捕らえ、それぞれの組のボスの仲を取り持ち、街のバランスを保っていた。しかしそんな中、中国から新興勢力の黒竜組が乗り込んでくる。ボスのチャンは、情け容赦ない手段で毒蛇組を…

2004年ソウル。強力班のマ・ソクトは、ナイフで向かってくるヤクザにもひるまず、張り手一つでなぎ倒すコワモテ刑事。ある日、ビリヤード場で刺傷事件が発生。被害者は毒蛇組の組員、犯人は対立するイス組の男だった。ソクト刑事は難なく犯人を捕らえ、それぞれの組のボスの仲を取り持ち、街のバランスを保っていた。しかしそんな中、中国から新興勢力の黒竜組が乗り込んでくる。ボスのチャンは、情け容赦ない手段で毒蛇組を乗っ取り、次第に勢力を拡大していく。縄張りを荒らされたイス組や、最大勢力の韓国人暴力団も黙っておらず、一触即発の事態に。ついに強力班は組織の一掃作戦を立てるが…。

「犯罪都市」に投稿されたネタバレ・内容・結末

とにかくロン毛のチャン・チェンがとても手強かったですね。

クライマックスシーンのトイレのバトルは素晴らしかったです!
おもしろかったー!
マ・ドンソク サイコーやな。
一人でガーディアンズ全員分くらいの笑わせスキルあるんちゃうかな?
新感染は感染パニック映画だったので笑いは少なめでしたが、本作はガッツリ笑えて相撲ばりの迫力の肉弾戦に感嘆しました。

良くも悪くもマ・ドンソクのための作品ですが、実話ベースのフィクションとのことで、韓国のヤクザ事情の雰囲気が少しはわかった気もします。

凶悪で情け容赦なく残忍に人を殺す中国ヤクザをソウルの とある刑事課の刑事たちが、バックの組織を(仕事を横取りされない様に)騙しながら韓国ヤクザを操りつつやっつける話。

たった3人だが中国ヤクザの残忍さは半端なく、とてつもない嫌悪感を抱けます。
武器はナイフ、鉄パイプ、斧!
銃は微塵も出てこない。
もう、見ていて痛いのなんの!

笑えるシーンもたくさんあり、見ごたえ抜群でした。
「マ・ドンソクじゃけぇ、何してもええんじゃ」映画

うむ、分かりやすい勧善懲悪映画ですな
「ベテラン」のように素晴らしい出来であります

筋肉か脂肪か最早よく分からないマ・ドンソクの奇跡の肉体を堪能できます
ピストルを一切使わない演出も良い

ボスと地元組長がちょっとキャラ弱いかなー
てか3人にあっさり屈するヤクザってどうなのかと
とても面白く楽しかった!!
テンポ良くストーリーが進み、いくつもの組織が出てきてもごっちゃになることなく物語に入り込んでドキドキできた。
ヤクザ達をうまく回し、わりとグレーゾーンな捜査もやっちゃう刑事達がかっこよかった。

完全に強いソクト刑事の張り手が最高に好き。
腕が太すぎて日常に支障をきたしている様が可愛い笑
明らかに若くてナヨめの刑事も好き。
強烈な逮捕劇を経て最終的に性格変わってたのには笑えた。

絶対に銃は使わず、棍棒とナイフと斧の肉弾戦で突き通す所に並々ならぬこだわりを感じた。
観てるだけで相当痛いんだけど、そのリアルな描写が堪らなく好き。

何組ものヤクザと警察が入り乱れて話が進んでいくけど、それぞれの目的がはっきりしていて分かりやすいのが良かった。
毒蛇とイス社長が好き。毒蛇があっけなく殺されたのにはショックだった。

黒竜組は完全に狂気を帯びていた。
金の為というより、何かとイチャモン付けては人を傷付けたり殺したい欲望があり、人を自分の下に置きたいんだろうなと思ってしまった。
特に同情する点もなく純粋な悪役として相当キマッていて好き。

マ・ドンソクを筆頭にカッコ良い男達を存分に堪能できて、重量感はあるけど思いっきり楽しめるエンターテイメント映画だった。
とにかく好きな要素が多くて満足感が半端じゃない。
面白かった〜!いい顔揃い!
マ・ドンソクの安心感って凄い。そう簡単にやられなそうだし、刺されても平気そうだし、パンチの圧が重い!
そしてユン・ゲサンもよかった〜!こいつはヤバイ感が出てて!初めて演技するの見たなーと思ってたら、「最高の愛」に出てのか。全然別人…
トイレで並んでたら後ろのおばさまたちが「ユン・ゲサンの役はイマイチだった。彼はもっと複雑な役が合う。」と仰ってたのが面白かった。十分魅力的でしたよ〜

あと小峠さんに似た人、なんか親近感わいて、死なないで…!ってなったわ。( ; ; )

シリーズ化してほしい映画。
マ・ドンソクを愛でるために鑑賞。
基本的に攻撃がパンチとか跳び蹴りじゃなくて平手打ち一発で仕留めるところが最高だった!
これはさすがのマブリーも太刀打ちできないかも…と心配になるくらい悪役の朝鮮族三人組が凶悪なのも良かった。
(他の韓国映画でも凶暴な殺し屋として朝鮮族が出てきたけど、韓国ではどんな存在なんだろう?
あの三人組に同情の余地はないけど、かなり差別されているような描写があって気になった。調べてみよう。)
警察ってことで主人公たちはかなり威張ってるけどそういう場面はギャグ演出になってて、あと子供には思いっきり優しいところでバランスとってるのかなと思った。
かっっっっっっっくいぃいいぃぃい
マ・ドンソクたまらん!!!!

「警察が殴るのか?」
「人殺しは殴っていいんだ」

最高!

先にこっちに迷惑かけてきたやつを殴って話させて何が悪い?
殴られたくなかったらやらなきゃいいじゃん?うっとうしい!!!
って思いますよね?
ありがとう、マ・ドンソクの兄貴がスカッとさせてくれますよ!
(`_´)ゞ
マ・ドンソクの魅力爆発!

悪役が狡猾で、かつマ・ドンソク側の駒不足によりフラストレーションが溜まって溜まりきった所でのラストバトルが、燃えるのです。
何なら、マ・ドンソクが、もっと圧倒的に勝利しても良かったくらいです。
肉弾戦メイン。痛そうなのが画面越しにも伝わってくる。マ副班長の格好良さが冒頭から光る(笑)。冗談も面白くて笑ってしまった。
とにかく笑いました。笑ったんだけど、あとを引く笑いじゃなくてメリハリがある。

各シーンの豪快さには多々心臓ぶち抜かれました。エンディングの音楽が印象的で、これをここに持ってくるんかって意外だったのと、合わないようで合ってるなーと思えたので終わったあと静かに拍手を送りました。

私はマソクド派に入りたい。

役名を思うと、マドンソクさんのイメージを崩さずそのまま使ったなと、今だからそれがまた良かったんかな。数年後にこれを見るならそこがマイナスに働いてしまうような不安感も覚えました。期待通り!
>|