犯罪都市の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

犯罪都市2017年製作の映画)

범죄도시/THE OUTLAWS

上映日:2018年04月28日

製作国:

上映時間:121分

4.1

あらすじ

2004年ソウル。強力班のマ・ソクトは、ナイフで向かってくるヤクザにもひるまず、張り手一つでなぎ倒すコワモテ刑事。ある日、ビリヤード場で刺傷事件が発生。被害者は毒蛇組の組員、犯人は対立するイス組の男だった。ソクト刑事は難なく犯人を捕らえ、それぞれの組のボスの仲を取り持ち、街のバランスを保っていた。しかしそんな中、中国から新興勢力の黒竜組が乗り込んでくる。ボスのチャンは、情け容赦ない手段で毒蛇組を…

2004年ソウル。強力班のマ・ソクトは、ナイフで向かってくるヤクザにもひるまず、張り手一つでなぎ倒すコワモテ刑事。ある日、ビリヤード場で刺傷事件が発生。被害者は毒蛇組の組員、犯人は対立するイス組の男だった。ソクト刑事は難なく犯人を捕らえ、それぞれの組のボスの仲を取り持ち、街のバランスを保っていた。しかしそんな中、中国から新興勢力の黒竜組が乗り込んでくる。ボスのチャンは、情け容赦ない手段で毒蛇組を乗っ取り、次第に勢力を拡大していく。縄張りを荒らされたイス組や、最大勢力の韓国人暴力団も黙っておらず、一触即発の事態に。ついに強力班は組織の一掃作戦を立てるが…。

「犯罪都市」に投稿された感想・評価

wada

wadaの感想・評価

-
面白くてキュートなマ・ドンソク兄貴のアイドル映画(ただしすごく痛くて血生臭い) 
やっぱり韓国映画は最高笑!
ドンソク兄貴が本当にかっこよくてこんな上司がいたら危険だと分かっていても付いてくだろうな笑
韓国映画らしく決してイケメンでは無い俳優たちが抜群の演技力で映画を引き締めていく感じが素晴らしい。
おっさんの坂道ダッシュ、笑っていいのか分かんないギリギリのユーモア、どしゃ降りの雨そして定番の武器は刃物、ハンマー、鉄パイプ(今回の主役はもちろん手斧笑)という韓国映画の文法が最早愛しいレベル笑
まあ、刃物は痛さ分かるから苦手なんですけどね笑
坊主のヤクザ沢山いたけど明らかに小峠に似てるやついたと思う笑
とにかく、韓国映画に親しんできたおかげで『しばらま~』は聞き取れるようになりました!
渋くて本当にかっこいい映画でした!
いや、もうメチャクチャで凄え面白い。
どいつもこいつもイかれてるし怖すぎてあの街には行けない。悪役メイン装備、つね斧という怖さ笑
新感染でコワモテ優しいおっちゃんを演じたマ・ドンソク兄貴がめちゃシブくてカッチョいい。武器を持たずムキムキの腕でなぎ倒すというのも男らしいし、コワモテなんだけど、優しい一面もある。男でも惚れる男らしさ。
やっぱり韓国はアクションが素晴らしいし何よりユーモアが交えてて面白く見やすい。えげつないほど暴れてて、犯罪都市からの崩壊都市化するのであった。
本編鑑賞中、ただただマ・ドンソクの魅力に酔いしれる映画。
本作で彼が演じたマ・ソクト刑事はヤクザを張り手一発で倒す程の強面で屈強な体格の人物だ。しかしそんな彼にも負傷した部下を思いやったり不慣れではあるが礼儀正しくする場面があるなど、優しくチャーミングな一面もある。
この「強面だけど実は...」みたいな設定はよくあるし特別新鮮でもないが、これが演者であるマ・ドンソクと絶妙にマッチしており、マ・ソクトというキャラクターを完璧に作り出している。だからこそ、私は本編鑑賞中は彼が現れる度に心の緊張が和らぎ、非常に安心することが出来た。私は男だが彼に抱かれてもいい。「彼のキャラを味わう」というだけでも鑑賞料金の元は取れると思う。
マ・ドンソクの話ばかりになってしまったが他にも魅力はあるし、ちゃんと面白い映画なのでまだ未見の方は是非。
ねこ

ねこの感想・評価

3.8
ユンゲサン、ロバート秋山か、とある宗教団体のボスにしか見えないがさすが巧い。誕生会の馬乗りで刺す場面、見せ場を3段階で表現。うまい。空港での対決で最後、声を上げ殴られ倒れる場面、倒れ方がうますぎる。ユンゲサンあってのマドンソク。ドンソクは普段からアクション慣れしているのでアクション中の表情が余裕。
JellyCarlo

JellyCarloの感想・評価

4.1
飛行機の中でみた。字幕は英語と中国語だった。言葉がわからなくても,観れた。面白いってことでしょ。
ぐろ

ぐろの感想・評価

-
ただただマ・ドンソクの掌底の素晴らしさを実感する映画!!!
あんなお巡りさんが町に1人いたら素敵だろうなー!

坊主の方を見たらイス組かな?ってなる笑
Takashi

Takashiの感想・評価

5.0
登場する犯罪組織の人間の外道ぶりに対するマ・ドンソクの頼れる兄貴感!マ・ドンソクかっこよすぎ。腕の太さと身体の厚みがすごい。
最高!
登場人物のキャラクタ性を過去では無くユーモアで呈示する事で、展開に停滞を感じさせない。小峠似のヤクザや定食屋の少年等、立場の異なるキャラクタにも親近感を抱かせる事で、「都市とそこを脅かす者」という単純明快な構図をより強固に確立させる。アクションそのものは凡だがノれる。
花心

花心の感想・評価

3.8
マ・ドンソク兄貴かっこいいよマ・ドンソク兄貴。 
マサ斎藤のようなビュジュアルのマ・ドンソクが苦戦しつつも悪党共を次々にやっつけちゃうお話です。 
でも一般市民や子供にはとっても優しいマ・ドンソク兄貴。やっぱりかっけー 
一家に一人は欲しい存在ですw

2018年 劇場鑑賞 78本目(通算169本目)
>|