アシュラの作品情報・感想・評価

アシュラ2016年製作の映画)

아수라/Asura : The City Of Madness

上映日:2017年03月04日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

刑事のハン・ドギョン(チョン・ウソン)は、利権と成功のために各所で犯罪に手を染める悪党市長のパク・ソンべ(ファン・ジョンミン)の悪事の後始末を対価に金を受け取っている。末期癌の妻の治療費を言い訳に、金になることはなんでもするようになり、次々に悪事に手を染めるようになるドギョン。ドギョンの弱点を握る検事キム・チャイン(クァク・ドウォン)と検察捜査官ド・チャンハク(チョン・マンシク)はドギョンを脅迫…

刑事のハン・ドギョン(チョン・ウソン)は、利権と成功のために各所で犯罪に手を染める悪党市長のパク・ソンべ(ファン・ジョンミン)の悪事の後始末を対価に金を受け取っている。末期癌の妻の治療費を言い訳に、金になることはなんでもするようになり、次々に悪事に手を染めるようになるドギョン。ドギョンの弱点を握る検事キム・チャイン(クァク・ドウォン)と検察捜査官ド・チャンハク(チョン・マンシク)はドギョンを脅迫、利用し、パク・ソンべ市長の不正と犯罪容疑を明らかにしようとする。それぞれの利益と目的のためにハン・ドギョンを追い詰める検察とパク・ソンべ。台風の目のようになってしまったドギョンは自分を実の兄のように慕っている後輩の刑事ムン・ソンモ(チュ・ジフン)までも巻き込みパク・ソンべ市長の手下にしてしまう。生き残るために血眼になった悪人たちの地獄の闘いが繰り広げられる・・・。

「アシュラ」に投稿された感想・評価

もぉ出とる奴ら
クズばっかやな!

あんなど汚い市長
イヤやねぇ〜〜
真っ黒やね!!!

ラストの葬儀場のシーン
エゲツないね!!!
壮絶でした

ここ最近の韓国モノ3本
アタリばかりでしたね
これはアウトレイジの韓国映画版っていうくらいにほぼ登場人物全員が悪人!
この迫力は韓国映画にしか出来ひんわ!
2018-3 また、開発、政治、賄賂かよと思うなかれ。肩こる映画ナンバーワン!美術さん大変やろ、これ。
きん

きんの感想・評価

4.5
ファンジョンミンのあの眼
たまらん
西島秀俊と太賀みたい、、
IPPO

IPPOの感想・評価

4.4
久々に見応えある骨太な韓国映画。
楽しかったー。

Vシネヤクザ抗争ものは苦手なんだよなぁ…と避けていましたが、この作品は違うのね。シンプルに表現すればこの作品は、ストーリーより韓国映画界のスターたちの魂の熱演を楽しむような作品。

ヤクザや財閥やスパイものじゃなく、
「悪徳市長vs検事 時々 両方からパシられる刑事」という、分かりやすい図式。
全員公務員でありながら、悪、というなかなかオモロイ設定です。
演出がシリアスなだけで、割とコミカルな作品に映りました。

正義は勝つ!という誰からも好まれる作品じゃないけど、韓国映画らしくて好き。
映像も音楽もカッコいい。

個人的なポイントは、中堅の域に入ったチュ・ジフンがこの作品では「ひょっこ、小僧」とたしなめられる若造を演じたこと。
彼の役が一番切ない。そう、君は兄貴にそそのかされただけなんだ。

地獄へ行くなら どいつもこいつも道連れだ

という、市長(ファン・ジョンミン)のセリフがこの作品のコンセプトにも思えてニヤリしました。
MTAK815

MTAK815の感想・評価

3.8
最後までエグい
ジョンミンのアニキ狂ってた
ハラハラしかしないw
ファンジョンミン演じる悪徳市長の演説とノーパンが「グッド」だった。

このレビューはネタバレを含みます

どこまでも突っぱねるような根性を見せつけてくるのではなく、狼狽えるのも折れるのも跪くのもとても現実として、ひとりの人間の板挟み状態への反逆。なにかを理由に正当としなければならないとして、事情がどうとかあれこれ補強してとかもうどうでもよくて、どんなんだろうが追い込まれたら不当でもなんでもやるだけやりますし、あんたらもそんだけやってくださいよ、と投げつけるような報いかたが熱い。最後までは保ちきれずに崩壊した検事に対し、ファン・ジョンミン演じる市長は追い込まれて狼狽える姿すら信用ならない眼をしていて、死んだところで自分の死すら意に介さないのでは、と思うほどだった。
とにかくここまで血みどろにやりきるものだとは!
面白かったが、正月休みが終わるのと相まって、どんよりしたきもちになった。。。
まる

まるの感想・評価

4.9
韓国人はこういうの撮ったら世界一かも知れないな。
極限に至っては人間性、善性など吹き飛ぶのだと突きつけられる。
心に地獄を宿している人間でないと作れないだろう。すごすぎる。しかし悲しい。耐え難い。
>|