アシュラの作品情報・感想・評価

アシュラ2016年製作の映画)

아수라/Asura : The City Of Madness

上映日:2017年03月04日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

刑事のハン・ドギョン(チョン・ウソン)は、利権と成功のために各所で犯罪に手を染める悪党市長のパク・ソンべ(ファン・ジョンミン)の悪事の後始末を対価に金を受け取っている。末期癌の妻の治療費を言い訳に、金になることはなんでもするようになり、次々に悪事に手を染めるようになるドギョン。ドギョンの弱点を握る検事キム・チャイン(クァク・ドウォン)と検察捜査官ド・チャンハク(チョン・マンシク)はドギョンを脅迫…

刑事のハン・ドギョン(チョン・ウソン)は、利権と成功のために各所で犯罪に手を染める悪党市長のパク・ソンべ(ファン・ジョンミン)の悪事の後始末を対価に金を受け取っている。末期癌の妻の治療費を言い訳に、金になることはなんでもするようになり、次々に悪事に手を染めるようになるドギョン。ドギョンの弱点を握る検事キム・チャイン(クァク・ドウォン)と検察捜査官ド・チャンハク(チョン・マンシク)はドギョンを脅迫、利用し、パク・ソンべ市長の不正と犯罪容疑を明らかにしようとする。それぞれの利益と目的のためにハン・ドギョンを追い詰める検察とパク・ソンべ。台風の目のようになってしまったドギョンは自分を実の兄のように慕っている後輩の刑事ムン・ソンモ(チュ・ジフン)までも巻き込みパク・ソンべ市長の手下にしてしまう。生き残るために血眼になった悪人たちの地獄の闘いが繰り広げられる・・・。

「アシュラ」に投稿された感想・評価

かか

かかの感想・評価

3.3
全滅だったね(^_^;)チョンウソンは監視者の時より絞られててかっこよく見えた。
ファンジョンミンの悪役もチョンウソンの泥臭い感じもすごかった。
荒んだ街の風景も世界観に入りやすくて良い。
まークソみたいな悪人ばかりだけど、かっこ良かった。
斧こわい~。
いつもは弱っちいけど追い詰めらたら死ぬ覚悟で噛んでくるぞこいつは!関係性が変わる瞬間のあの暴力性 、本作は外連味ありまくりで最高 。やり過ぎぐらいなんやけど。で、飯のやり取りの演出 上手い!さり気なくかつ分かりやすい面白い。

元ネタあるみたいやけど、コップのとこ本当格好良い 。
こういうさクズな奴が奴なりの意地を見せる映画、格好良い大好き
YooMee

YooMeeの感想・評価

3.8
「こうなると思った」とドギョン(チョン・ウソン)が最期に言った。私もそんなラストを予想した。誰が生き延びるかなんて考え様もないほど腐り果てた世界で「いつか死ぬ」日を待つだけ。
kotchan

kotchanの感想・評価

4.1
《愛すべきクズどもの狂宴》

好きな俳優さんばかりなので「愛すべき」と表現したけれど、人としては最低のクズ野郎ばかりなのは間違いない 笑。
金と権力の魔力に取り憑かれたアンナム市長パク・ソンべ(ファン・ジョンミン)。市長の悪事を暴き逮捕に躍起になる悪徳検事キム・チャイン(クァク・ドウォン)。市長の飼い犬でありながら検事に利用される汚職刑事ハン・ドギョン(チョン・ウソン)。ドギョンの後輩ムン・ソンモ(チュ・ジフン)は、市長の下で悪事に手を染め闇に堕ちていく。

再選したパク市長は表向きは人気のある市長なのだろうな。アンナム市都市化計画のプレゼンテーションやセルフプロデュースは芝居臭いとは言え見事だし、不祥事があれば謝罪会見で深々と頭を下げ、弔問の際にはしっかりと号泣してみせる。これらが本心ではないにしろ、政治家としては市民から高い支持を得られるのも当然なのでしょう。裏の顔さえ知らなければ…。パク・ソンべはいつからこんなにも強欲な人間になったのだろう。

その市長を逮捕したいがためにドギョンを利用するキム・チャイン検事。違法捜査もなんのその、盗撮動画でドギョンを脅し市長の不正行為の証拠を掴もうとする。リンチとも思える無慈悲な暴力行為は、法と秩序を守るべき検事のあるべき姿とは著しく乖離する。高い志を持って検事になったはずだろうが、違法な手段を使ってまで市長逮捕に必死になる理由はなんなのだろう。

市長vs検事の争いに巻き込まれるドギョンとソンモ。二者の間で板挟みになり苦悶するドギョンは痛々しいが、妻のためとは言え市長の悪事に加担しているのだから同情なんてできない。市長の下での裏稼業にソンモを誘っておきながら、悪に染まっていくソンモを心配したり頭角を表すソンモに嫉妬したり。それをいちいち言葉に出して突っかかるドギョンが無様でカッコ悪い。

「兄貴は器が小さい」
「兄貴、嫉妬はみっともないですよ」

"後輩から言われたくないフレーズランキング"ならかなり上位に食い込んでくるであろうセリフたちが、ドギョンの負け犬感をより一層強めている。

こんなクズキャラたちの凶演であり狂宴の今作は"とても潔い映画"だと思う。登場人物の過去や背景には一切触れず、ソンモを除いたほぼ全員がはじめからクズ。およそ感情移入なんてできようもなく、クズ同士の残酷な潰し合いを側から見つめるだけの作品性は非常に潔いと感じる。この距離感は『アウトレイジ』に近いかも。ヤクザ同士の抗争を圧倒的な暴力と少しのユーモアで綴ったバイオレンスムービーに感情移入する人は少ないでしょう。今作もそれに負けないくらいの暴力に次ぐ暴力は韓国ノワールらしい凄惨さを極めている。ただ、ほとんどが公務員なんだよね、ヤクザ以上にヤクザだけど 笑。

個人的には良くも悪くも期待通り。
クライマックスの惨劇は確かに盛り上がる。朝鮮族の御一行様が手斧や鉈を持って現れた時点でどんな血まみれパーリーかはある程度は予想できそうなもので、実際その予想を超えなかったのが残念。『哀しき獣』での牛骨バトルくらいのインパクトがあればもっと盛り上がっただろうし、『新しき世界』のように感情移入できるキャラが今作では皆無だったので、気持ちのどこかで冷めてしまっていたのかもしれない。しかしながら決して期待を下回ったわけではなく、韓国映画のパワーが漲っていて見応え充分だし、役者さんたちの演技レベルは相変わらず高くて皆素晴らしい!
残酷血まみれパーリーの終焉とともに終幕となる構成が、あたかも何の余韻も残させない意図的な作り方にも思える。そんなところも実に潔い。
Kou

Kouの感想・評価

4.5
個人的にはよかったです、特に最後の大人数での殺しあいは見所です、
DVD鑑賞。最後まで凄まじい作品だけど苦手です。劇場で観なくて良かった。
主人公以下誰にも感情移入出来ない
あの市長なんか岩井ジョニ男さんに見えて仕方ない
ガラスコップを食べるシーンは今から40年前に我らが渡瀬チンピラ恒彦が大阪電撃作戦で披露済み!とはいえ日本の暴力映画が持っていた、あの時分の熱量とでたらめさを韓国はここ何年もキープしてるわけで、いやはや参りますな。
但し東映グラインドハウスが90分を超えることはほとんど無かったことは、見習ってほしいなー。この内容にしてはちと長すぎるぜ。
コクソンとお嬢さんの間くらいの満足度
お腹いっぱいになる!コクソンコンビも最高。
>|