アシュラ(2016年製作の映画)

아수라/Asura : The City Of Madness

上映日:2017年03月04日

製作国:
  • 韓国
  • / 上映時間:133分
    監督
    キム・ソンス
    脚本
    キム・ソンス
    キャスト
    ファン・ジョンミン
    チョン・ウソン
    チュ・ジフン
    クァク・ドウォン
    チョン・マンシク
    キム・ヘゴン
    キム・ジョンス
    ユン・ジヘ
    ユン・ジェムン
    キム・ウォネ
    あらすじ
    刑事のハン・ドギョン(チョン・ウソン)は、利権と成功のために各所で犯罪に手を染める悪党市長のパク・ソンべ(ファン・ジョンミン)の悪事の後始末を対価に金を受け取っている。末期癌の妻の治療費を言い訳に、金になることはなんでもするようになり、次々に悪事に手を染めるようになるドギョン。ドギョンの弱点を握る検事キム・チャイン(クァク・ドウォン)と検察捜査官ド・チャンハク(チョン・マンシク)はドギョンを脅迫、利用し、パク・ソンべ市長の不正と犯罪容疑を明らかにしようとする。それぞれの利益と目的のためにハン・ドギョンを追い詰める検察とパク・ソンべ。台風の目のようになってしまったドギョンは自分を実の兄のように慕っている後輩の刑事ムン・ソンモ(チュ・ジフン)までも巻き込みパク・ソンべ市長の手下にしてしまう。生き残るために血眼になった悪人たちの地獄の闘いが繰り広げられる・・・。

    「アシュラ」に投稿された感想・レビュー

    前谷しんたろう
    前谷しんたろうの感想・レビュー
    23分
    -
    先週、何気なく入った映画館で。
    初体験 韓国映画
    torisan
    torisanの感想・レビュー
    6時間
    4.3
    とにかく役者陣の半端ない個の力と、迫力満点のバイオレンス映像でぐいぐい引っ張られる。コクソンのファン・ジョンミンとクァク・ドウォンの二人は今作でも凄い存在感!市長がフ◯チンでヤクザとやり合ってるシーンはほんと最高でした笑
    Hotten
    Hottenの感想・レビュー
    8時間
    4.2
    凄い映画でした。
    とにかく、いい人が1人も出てこない。主役が何となくいい人そうに見えますが、やはりクズで小物で悲しかった。
    市長はなんかもうモンスターじみてまして、あのメガネが狂気を感じました。
    検事もかなりのワルではあったのですが、ランクとしては市長には至らない。小物でした。ただかなり憎たらしい顔でとってもグッドな感じでした!
    あの勝負に出るシーンはアツくなりました。コップ痛い、、、、

    基本的に、イヤーな感じしか残らない映画ではありますが、私は堪能しました!
    Taro
    Taroの感想・レビュー
    8時間
    3.0
    悪人vs悪人vs悪人みたいな作品かと思ってたら思ってたのと違ってみんな割と情があった。最後、引き合わせて何か策があるのかと思ったらそんな事もなく本人の言う通り板挟み限界でヤケ糞なだけだったのがある意味斬新だった。
    さめ
    さめの感想・レビュー
    9時間
    5.0
    最高。
    パクソンベという、イモータンジョー以来のヒーローを見つけました。
    これが本当の全員悪党。
    最高。
    うに
    うにの感想・レビュー
    10時間
    4.0
    最高でした。
    本当に全員が救いようのない悪。ウソンさんの血みどろの笑顔にゾッとしました。ウソンさんがコップ噛んでからが本番

    こーいうスーサイドスクワッド観たかったなあ〜〜〜!!!
    SonosukeKozuki
    SonosukeKozukiの感想・レビュー
    11時間
    4.0
    20170323 飛行機
    いの
    いのの感想・レビュー
    12時間
    3.9
    暴力祭りじゃいー!
    ぶっ殺しまくり。
    JUNICHI
    JUNICHIの感想・レビュー
    14時間
    2.5
    17/03/23:初鑑賞 新宿武蔵野館

    こめかみにタバコ。
    気まぐれロビン
    気まぐれロビンの感想・レビュー
    14時間
    4.3
    血と暴力!
    終始バイオレンス!
    封筒で顔を何度も叩かない!
    部下のコーヒーは灰皿じゃない!
    コップは食べ物じゃない!!!


    出て来るやつらがどんどん悪事を重ねていき、奥底へと沈んでいく。
    気がつくと正義のかけらもない。悪で悪を洗い流していく。
    感覚が麻痺して気づけばそこには狂気しかなく 本能のままに殺しあう!
    本当に同情の余地がないまさに地獄展開。
    人間の汚さを当てつけのようにゴリゴリにみせてくる。最終的には観てるこっちも情緒不安定になり、命をかけた死闘の末、気づけばニヤニヤしてしまった。
    顔が引きつってニヤニヤしてしまったんだ。またしてもいい映画を観たという気分にしてもらった。

    カーチェイスシーンも迫力があるだけじゃなくて意地でも一発食らわせてやるっていう執念だらけだったのが良かった。
    極悪市長も検事も主人公も素晴らしい演技。ちょっと経ってからもう一回観たい。

    コクソンに続き、韓国映画がキテる
    >|