アシュラ(2016年製作の映画)

아수라/Asura : The City Of Madness

上映日:2017年03月04日

製作国:
  • 韓国
  • / 上映時間:133分
    監督
    キム・ソンス
    脚本
    キム・ソンス
    キャスト
    ファン・ジョンミン
    チョン・ウソン
    チュ・ジフン
    クァク・ドウォン
    チョン・マンシク
    キム・ヘゴン
    キム・ジョンス
    ユン・ジヘ
    ユン・ジェムン
    キム・ウォネ
    あらすじ
    刑事のハン・ドギョン(チョン・ウソン)は、利権と成功のために各所で犯罪に手を染める悪党市長のパク・ソンべ(ファン・ジョンミン)の悪事の後始末を対価に金を受け取っている。末期癌の妻の治療費を言い訳に、金になることはなんでもするようになり、次々に悪事に手を染めるようになるドギョン。ドギョンの弱点を握る検事キム・チャイン(クァク・ドウォン)と検察捜査官ド・チャンハク(チョン・マンシク)はドギョンを脅迫、利用し、パク・ソンべ市長の不正と犯罪容疑を明らかにしようとする。それぞれの利益と目的のためにハン・ドギョンを追い詰める検察とパク・ソンべ。台風の目のようになってしまったドギョンは自分を実の兄のように慕っている後輩の刑事ムン・ソンモ(チュ・ジフン)までも巻き込みパク・ソンべ市長の手下にしてしまう。生き残るために血眼になった悪人たちの地獄の闘いが繰り広げられる・・・。

    「アシュラ」に投稿された感想・レビュー

    RYUP
    RYUPの感想・レビュー
    12時間
    -

    「登場人物全て悪人!」の触込みにどれ程のカオスな展開が待受けるのか?
    が、まず先に。
    鑑賞中ずっと思ってた事がある
    「これは”阿修羅”と言うより”修羅場”やな…」
    それを踏まえて後々パンフに目を通すと、
    題名決定の通過点で
    『修羅場』→『阿修羅』の連想が存在したらしい。これには納得。

    今まで心を鷲掴みにされた韓流作品と比べても一定のノワール感と殺伐としたアクションは垣間見られたが、このキャストや脚本なら更に高みを目指せたのではないかとも思えてしまう。
    韓流得意の抗えない”縦のしがらみ”から描かれる踠きは見応えあるが、傑作に至るその筋書きを輝かせる従来の仲間や友情の”横の繋がり”に欠けた。
    売りの「悪」に対しても市長以外の”悪”に絶対悪を感じられず、
    ドギュン、ソンモ、チャインには極描写ではあるが、寧ろ人間が上手く立ち振舞おうとする中での葛藤が見えてしまう。

    「登場人物全て悪人!」のアウトレイジ的売り文句に引っ張られてしまい結果想像していたイメージと異なり若干消化不良…


    監督 キム・ソンス
    CAST チョン・ウソン ファン・ジョンミン  チュ・ジフン クァク・ドウォン チョン・マンシク etc

    原題 『Asura: The City of Madness』
    2016年 韓国 133分

    パソコンhttp://asura-themovie.jp/

    Robert Plant
    『Satan Your Kingdom Must Come Down』
    https://youtu.be/Zgtyr1UrdDc
    sssu
    sssuの感想・レビュー
    1日
    3.8
    記録
    レスリー
    レスリーの感想・レビュー
    1日
    3.9
    やはり韓国ノワールは、面白い。
    ウソン様(その昔、「武士」を見に行ったときに後ろの見知らぬおばちゃんたちが、ウソン様、ウソン様とうるさかった)も悪役が似合うようになりましたね。
    ただ今回は、中途半端な悪人ですよね。まだどっか人間的な部分が残ってる。例えば、病気の奥さんとか。
    しかし、ファン・ジョンミンとクァク・ドウォンは、濃い!この二人「コクソン」の二人ですが、葬儀場での直接対決は、濃い&凄い。
    ウソン様も一瞬どうしようと素の顔が見えた気がする。
    ラストシーンは、なんと表現して良いかわからないが、ハッピーエンドなのか?、そうじゃないのか?
    爽快感はないが、気分は悪くない。
    ケロケロみん
    ケロケロみんの感想・レビュー
    3日
    4.0
    上映前の解説によるとキム・ソンス監督は不安定な時代に育ち、見える暴力と見えない暴力そしてそれに翻弄される弱い人々を沢山みてきたそうです。本作では暴力のありのままを映画で表現するために殴るシーンでは本気で殴っているそうです。殴った音も本物です。怪我をしないようプロテクターをつけて演技し、それをCGで消すという手法をつかっています。暴力シーンの角度にもこだわり見る者に痛烈さを伝える努力に余念がなかったようです。ちょっと血の気が多すぎる気もしますけれども。

    ストーリー
    ドギョンは刑事の身でありながアンナム市の市長の手下となって金をもらう代わりに市長の悪事をもみ消すという闇の世界にどっぷり浸かっている。市長逮捕にやっきになっている検事チャインはドギョンの弱点を掴み、市長の不正の証拠をドギョンから掴もうとする。そんな中ドギョンを慕う後輩刑事のソンモは刑事を辞め、ドギョンと同じ道を歩みだす。


    全編にわたり、暴力とどうしようもない行き詰まり感、救いようのない暗さに満ちていて気が滅入りました。しかし、時折笑わせるエピソードが入るところが韓国ノワールの良いところ。それに食べるシーンが沢山出てくる。人間、どんな過酷な状況に置かれても、どん底の気分でも、お腹は減ります。闇の中でもがく登場人物が自分と同じ生身の人間であることを再確認できる部分でもあります。

    余談ですが「ふぐ料理がよかったなぁ」というセリフがあり、ソウルで食べたフグを炭火で焼いて食べる料理がとてつもなく美味しかったことを思い出しました。韓国行きたいな。
    よんよん
    よんよんの感想・レビュー
    3日
    5.0
    チュ・ジフン目当ての鑑賞だったのですが。。。
    再認識!? ファン・ジョンミン大好きだわ~~!!

    パク・ソンべ! パク・ソンべ!!
    kei
    keiの感想・レビュー
    4日
    3.6
    『お嬢さん』の次の日に今作と『スプリット』を観賞。あまりに濃く異なる内容に僕の人格が崩壊しそうです。

    阿修羅[asura]
    正義の神であったアシュラは娘を力の神インドラに奪われた怒りで、戦いを挑み続けた。しかし、幾度の戦いの中で阿修羅は善を失い妄執の悪へと堕ちた。その終わりなき戦いの場が、修羅場と呼ばれたーー(パンフ参照)


    舞台は架空の犯罪都市「アンナム市」。主人公ドギョンは、警察であると同時に、金を稼ぐため市長の裏の仕事にも加担していた。
    そんなある日、市長との関係を嗅ぎつけていたファン班長ともめている所、〝うっかり〟殺してまう。

    実はここまで冒頭の10分間で起こった事なのだが、今作がどんな映画か端的に表現されている。
    「俺は強い方につくだけだ。」と言う主人公の強気なセリフから始まる今作は、本来主人公になり得ない用な、〝中途半端な悪人〟「ドギョン」が、〝圧倒的な二人の悪人〟敵対関係になる「市長」と「検察」との間で両者から利用され、圧力をかけられ、押しつぶされて行く映画なのだ。
    今作ほど観終わった後に、疲労感を感じた映画は無い。(いや、あるかもしれないけど)(良い意味で)

    スペイン映画『刺さった男』等、で失業者が描かれるように、どんなジャンルの映画でも撮影する場所によって国柄が映るわけで、韓国映画で腐敗した政治家や公務員が描かれるのは既に王道のジャンルとして確立している。
    ナ・ホンジン監督作『チェイサー』では、元警察の売春宿経営者が、従業員を誘拐され、犯人は目の前に居るのに逮捕されない、そんな状況に対するぶつけようの無い〝怒り〟が表現されていた。
    事実、今年の韓国の腐敗認知指数は過去最下位。どうやら現実問題として笑えない状況にあるようだが、今作はその問題をある意味自虐的に(笑)エンタメ映画として振り切って描いているのだ。

    まず主人公のドギョンは、悪人になりきれてないだけで決して善人では無い。
    裏の仕事までして金を稼ぐのは、病気の奥さんの最後の手術に、「夫として手を尽くしたい」と言う思いからだった。しかしその裏では、別の女に手を出し、またそれを脅し材料として使われている。
    劇中何度、「こいつ何がしたいの?」と思ったことか。今作に感情移入することなど、期待するだけ無駄なのだ。主人公は最後まで利用され、堕ちるとこまで堕ちて行く。神話で描かれる「阿修羅」の様に。

    エンタメ映画にいくら振り切ったとしても、残念だったのが今作のリアリティの無さだ。今作ではドギョンの周りに「市長」と「検察」と言う二人の悪人が存在するのだが、特に「市長」の行動にある笑いどころが、今一自分には笑えなかった。
    演出上あえて〝笑えない笑い〟にしてるのか、そこは不確かだが、あまりにもリアリティの無い演出だった。

    ノワール映画として、シリアスな作風を期待したのは事実だ。もしブラックな笑いを期待して観に行っていたら、違う感じ方だったかもしれない。
    MarkAKG
    MarkAKGの感想・レビュー
    4日
    4.0
    この手の韓国映画が多いのは確かだが、安定のエグオモ。
    韓国国民の政治、財閥への不満がモロ。 アジョシ インサイダーズには及ばずか…
    baumkuchen
    baumkuchenの感想・レビュー
    6日
    -
    韓国映画はよくガラスのコップを食うなと思った
    Hiros
    Hirosの感想・レビュー
    6日
    4.9

    このレビューはネタバレを含みます

    満点つけても良いくらいオモロかったがとりあえず2回目観るまで保留。
    公開時からずっと気になりつつもキングコングやらララランドやらハードコアやらデカいスクリーンで観る意義のある映画を優先してもう、DVDてええかと諦めかけてた作品。
    劇場鑑賞して良かったと思えた。
    ファンジョンミンは今作ではまったく伊原剛志ぽくなかったが記憶に残る怪演。
    あの手の軽いキャラは他でも割とみるが、あの軽いノリでラスト腕落とそうとするところなんかはある意味基地外キャラよりも狂気。
    紙で頭ハタキまくるところや、革手袋つけての顔面パンチ、ラストの集団での斧しばき合いとかもツボ。
    チョンウソンは西島秀俊似、たまに仲村トオル似。
    珍しく上映後にパンフレット買った。
    ゆめ
    ゆめの感想・レビュー
    2017/05/19
    3.6
    どうも、ノワール映画は苦手なのに評判に乗っかって韓国ノワールを見てしまう私です。
    ラストの地獄絵図、噂に聞いてた通りの地獄!
    でも救いようがないんだけど、ドギョンが吹っ切れてて後悔もないから逆に爽快感があった… 破滅への道を色んな人を道連れにしながらひた走って盛大に散るという美学。しかも主人公のドギョンが大した才能もなく、何ができるわけでもなく、組織の犬以下の人間というところが新しい。
    インサイダーズといい、アシュラといい、さすがに韓国の公権力ヤバない?って思うけど、本国の人はどこまでリアリティを感じられるのだろう。
    突き抜けたバイオレンスはギャグだなと思える映画でした。韓国ノワールの原点、甘い人生なんかは虚しさと切なさが残るけど、全然違ったな。突き抜けがクセになる感じ。
    ドギョンとソンモヤのやり取りは萌えた。正直言うと、もっとその辺を深掘りして欲しかった(笑)
    >|