アシュラ(2016年製作の映画)

아수라/Asura : The City Of Madness

上映日:2017年03月04日

製作国:
  • 韓国
  • / 上映時間:133分
    監督
    キム・ソンス
    脚本
    キム・ソンス
    キャスト
    ファン・ジョンミン
    チョン・ウソン
    チュ・ジフン
    クァク・ドウォン
    チョン・マンシク
    キム・ヘゴン
    キム・ジョンス
    ユン・ジヘ
    ユン・ジェムン
    キム・ウォネ
    あらすじ
    刑事のハン・ドギョン(チョン・ウソン)は、利権と成功のために各所で犯罪に手を染める悪党市長のパク・ソンべ(ファン・ジョンミン)の悪事の後始末を対価に金を受け取っている。末期癌の妻の治療費を言い訳に、金になることはなんでもするようになり、次々に悪事に手を染めるようになるドギョン。ドギョンの弱点を握る検事キム・チャイン(クァク・ドウォン)と検察捜査官ド・チャンハク(チョン・マンシク)はドギョンを脅迫、利用し、パク・ソンべ市長の不正と犯罪容疑を明らかにしようとする。それぞれの利益と目的のためにハン・ドギョンを追い詰める検察とパク・ソンべ。台風の目のようになってしまったドギョンは自分を実の兄のように慕っている後輩の刑事ムン・ソンモ(チュ・ジフン)までも巻き込みパク・ソンべ市長の手下にしてしまう。生き残るために血眼になった悪人たちの地獄の闘いが繰り広げられる・・・。

    「アシュラ」に投稿された感想・レビュー

    バロン加藤
    バロン加藤の感想・レビュー
    9時間
    4.3

    このレビューはネタバレを含みます

    2017春の韓国映画祭り!二本目!

    昨日観たコクソンの謎の祈祷師をしていたファン・ジョンミンが某「孤独のグルメ」な人にしか見えない悪徳サイコパス市長!底知れぬ市長の悪に関わっていく人間みんなが落ちていく韓国ノワール!

    最後の斎場が血まみれで人間性もドロドロになっていく様子はもう突き抜けていて笑うしかなかったよ。

    それにしても迫力のカーチェイスやら圧倒的な暴力描写やら韓国映画はホントにパワフル。
    NatsukiTakada
    NatsukiTakadaの感想・レビュー
    1日
    5.0
    戒め。武蔵野館は後ろに行けば行くほど見づらい。前目の席を事前に予約するように…!


    韓国ノワールの世界はとてつもない。終始、いやーな気分が続いて落ち着かせてくれない。救いのない世界に引き込まれ、終盤にむけて心臓の脈が次第に早くなっていくような印象だった。
    ぴよはち
    ぴよはちの感想・レビュー
    1日
    4.5
    円盤待ちかなと思ってたけど
    観たすぎて遠征してきた。

    久々にヤバイ韓国映画を観た。
    コップバリバリ食べるシーンは
    痛いってよりはヤバイって感じ。
    全体的にヤバイ。

    こうなるってわかってたよ……
    なんとなくだけどね……。

    ウソンさん脚なっがい
    黒い服が似合う
    血塗れも似合う
    みやぎ
    みやぎの感想・レビュー
    3日
    5.0
    ひたすら騙す殴る殺すの清々しいほどの血みどろ映画。全部主人公ドギョンの自業自得。コップ食べるシーンはイカれすぎてもはやかっこいい。
    RYUYA
    RYUYAの感想・レビュー
    3日
    4.5
    善人なんか探すだけムダ。
    そこのあなた、諦めなさい。

    まぁすごいね、すごい。
    中華料理屋の厨房みたいなアブラ臭さとムサ苦しさと愛しさと切なさと心強さと...

    ナ・ホンジンが「スクリーンに映る全てが素晴らしい」とコメントしていたけどまさにその通りで、まぁ自分のヨダレで泳げるくらいヨダレ出たよね。

    ヤクザ市長とヤクザ検察の板挟みに遭うイヌ刑事の血まみれの決断。
    『仁義なき戦い 広島死闘篇』や『スカーフェイス』を思い出すクソやばいラスト。
    血がお祭り騒ぎした。

    悪もここまでくると清々しすぎ。
    もうみんなでポカリスエットのCMやればいいと思う。

    ファン・ジョンミン社長もクァク・ドウォン社長も当たり前にヤバいのだが、主役のチョン・ウソンは「ちょ、うそ〜ん」って声に出るほど渋かった。
    もう、文太さんやん。

    でも映画全体のイキフン(雰囲気)を通して『MOZU』を思い出したから、ひょっとしたら日本でもイケるかも?と思ったり。
    浜ちゃんとかすっげぇハマりそう。

    あとカーチェイスのシーンは発明ね。
    『ララランド』より解明不能なカメラワークかましてきやがった。
    クソ韓国め、最高です。
    r1kyaneko
    r1kyanekoの感想・レビュー
    4日
    4.5
    コップバリバリからの怒涛の展開に、ウヒョー!となりました。極悪市長が好きです。
    S
    Sの感想・レビュー
    4日
    -
    2017.4.22
    2017.4.25
    ガンビー教授
    ガンビー教授の感想・レビュー
    4日
    -
    熱気を放ち、緊張感を保ちながら飽きさせない。
    久々に全シーンニヤニヤし続ける体験をしました。

    韓国製アウトレイジなんて表現もありましたが、北野映画の完全にキャラクターを突き放した虚無的な感じよりは分かりやすく、取っつきやすいです。バイオレンス映画的な意味での情緒もきちんとありますし。
    北野映画が虚無的で冷たい死のにおいがたちのぼってくる感じだとしたら、こちらは怒りと痛みを通した屍の山の向こうにギラギラした生が浮き上がってくる感じ、といえば良いのでしょうか。色々な意味でこちらの方が若いです。

    アクションやバイオレンスも、ぼーっと見てると「えっ、今のどうやって撮ったんだ」みたいな表現をきちんと入れ込んできているのが素晴らしい。

    人間同士のブチ切れ合戦が頂点に達したとき主人公がいわゆる「プッツン」してしまい、そこから先がたまらねーですね。

    アドレナリン全開、という表現がまんま当てはまる快作だと思います。
    なのはな
    なのはなの感想・レビュー
    5日
    4.5
    2017.4.21
    どうしようもなく痛い。
    故に、非常に面白く悲しい話だった。
    これよこれこれ的コリアンなバイオレンスの真骨頂。

    カーチェイスのシーンはテイストが違う様な気がしてむむむ、という感じ。
    ちゅんじ
    ちゅんじの感想・レビュー
    5日
    -
    まともなやつが誰一人いない(笑)
    韓国映画らしいバイオレンスの嵐だけど、どこかボーダーラインみたいな善悪の基準というか(まぁどっちも悪なんだけど)、そこにアプローチしていってる。
    ただキャラ設定がどちらもぶっ飛んでるからなんとも(笑)
    コクソンに出てた役者も出てて相変わらず演技力すごい。
    >|