アシュラの作品情報・感想・評価

アシュラ2016年製作の映画)

아수라/Asura : The City Of Madness

上映日:2017年03月04日

製作国:

上映時間:133分

3.9

あらすじ

刑事のハン・ドギョン(チョン・ウソン)は、利権と成功のために各所で犯罪に手を染める悪党市長のパク・ソンべ(ファン・ジョンミン)の悪事の後始末を対価に金を受け取っている。末期癌の妻の治療費を言い訳に、金になることはなんでもするようになり、次々に悪事に手を染めるようになるドギョン。ドギョンの弱点を握る検事キム・チャイン(クァク・ドウォン)と検察捜査官ド・チャンハク(チョン・マンシク)はドギョンを脅迫…

刑事のハン・ドギョン(チョン・ウソン)は、利権と成功のために各所で犯罪に手を染める悪党市長のパク・ソンべ(ファン・ジョンミン)の悪事の後始末を対価に金を受け取っている。末期癌の妻の治療費を言い訳に、金になることはなんでもするようになり、次々に悪事に手を染めるようになるドギョン。ドギョンの弱点を握る検事キム・チャイン(クァク・ドウォン)と検察捜査官ド・チャンハク(チョン・マンシク)はドギョンを脅迫、利用し、パク・ソンべ市長の不正と犯罪容疑を明らかにしようとする。それぞれの利益と目的のためにハン・ドギョンを追い詰める検察とパク・ソンべ。台風の目のようになってしまったドギョンは自分を実の兄のように慕っている後輩の刑事ムン・ソンモ(チュ・ジフン)までも巻き込みパク・ソンべ市長の手下にしてしまう。生き残るために血眼になった悪人たちの地獄の闘いが繰り広げられる・・・。

「アシュラ」に投稿された感想・評価

強烈なハードボイルド映画!!
なのは確かなんだけど、他の2本と比べると(良くも悪くも)全然まともに見えちゃう不思議
とりあえず怒りのあまりコップかみ砕いちゃうのは韓国ならではやね
r1ace

r1aceの感想・評価

4.0
「アシュラと言うか修羅場やん…」

見終わってすぐの感想。
仁義もへったくれもない、
容赦なき暗黒世界を楽しませてもらいました、
もう市長のクズっぷりがもう最高!
こんだけインパクトのある
悪役、ひさしぶりやわー\(°∀° )/
全員仁義なさすぎ
クライマックスの超痛々しい血みどろバイオレンスの畳み掛けは最高。
刺されたり、斬られたり、撃たれてもみんななかなか死なないのがリアル。

ラストの着地も韓国バイオレンスらしくてよかった。
mats5050

mats5050の感想・評価

3.0
暴力シーンメインで後からストーリーを作ったんじゃないかと、思うほど ちょっと薄っぺらな感じがした
nori

noriの感想・評価

-
最初から、もう悪の部分から始まる。
こんなことしてまで、無罪になりたいのか。
だが、こんなの序の口。

一度、落ちた人間は、上がってくることは、蜘蛛の糸でも降りてこない限り上がれないようになっている。
落ちた人間が、また落ちる人間を作り、困ると殺し、お金を渡す。
どこまで行っても、落ちていくばかり。

最後は、蜘蛛の糸1本でも降りてくるのかと思ったが、全部終わってしまった。
この結末、一体、どうやって判断されるのか、そこも見たかった。
判断した人が、落ちるようになっている気もするが。
もね

もねの感想・評価

3.0
韓国版「アウトレイジ」と呼ばれてるらしい。だったらチョン・ウソンじゃなくてハ・ジョンウだわ。

「アウトレイジ」より遊びはあるかな。
イケメンばかり演じてきたチュジフンが市長の犬になって叩かれたりしてる。いい感じのクソ小物感。プライベートでは麻薬とかメンヘラの彼女が別れた後に騒いだり散々な彼だけど変わって欲しいわぁ。

韓国では正義エリート扱いされる検事に勝手に韓国の中村梅雀と名付けてるクァク・ドウォン。て、日本でやったら小日向さんあたりがやりそうだけど。柔和な顔で市長を追い詰めていきます。

最終的にはストーリーそっちのけでバカスカ殺しまくってる。とにかく殺す殺す。
たけしの「バカヤロー」ばりに「シーバル」やら「ケセッキ」が聞けます。

なんじゃこりゃ。
私の数少ない韓国人男優ですんなり名前を言える男優二人の主演しているので期待しての鑑賞でした。


悪党市長にファン・ジョンミンが演じ、その利権に絡んだ悪事の後始末を金で請け負う悪徳刑事にチョン・ウソンが扮しています。更に不良検事まで絡んで韓国映画の売り物である残虐なシーンのオンパレードの作品です。たくさんの韓国映画を鑑賞してきましたが、この作品が一番激しいのではないのでしょうか?


特に最後のヤマ塲の葬儀塲のシーンは本当に血の海と言った表現が適しています。そんなアクション作品が好きな方は是非どうぞ!!


しかし、チョン・ウソンもすっかり歳をとりましたね。‘私の頭の中の・・・’の時はかっこいい青年だったけど・・・・
ゆう

ゆうの感想・評価

4.2
全員悪人なんてレベルじゃない。これぞ阿修羅…これぞ韓国バイオレンス。
キム・ソンス監督作品。

悪徳の限りをつくす市長、そのパシリの刑事(主人公)、市長をなんとしても挙げたい検察の三つ巴の地獄絵図を描いたバイオレンス映画の傑作。
ホント、どこまでいっても修羅地獄ですよこの映画…そして、その地獄を抜けるため主人公が画策した葬儀場での終盤の展開は本当によかった。
北野武のこれ系の映画が好きな方には特にオススメですね。
それにしても韓国の映画俳優は骨太な感じの良い役者さんが多いですね…こういったバイオレンス系作品では特に説得力が生まれます。

日本の映画界もヒョロガリイケメンの俳優ばかりじゃなく、こんな感じの味のある俳優さんをもっと増やしてほしいです。
昔はこの映画に出ている俳優さんに負けないくらい個性的な俳優がたくさんいたんだけどなぁ…。
ファンジョンミンとチョンウソンの演技が凄かった。
汚い人間ばかり出てくる。
韓国の検察と警察はよくあんな風に描かれるけど、実際もそうなのかと思ってしまうほどリアル。
韓国映画らしい作品。
>|