犯罪都市の作品情報・感想・評価

犯罪都市2017年製作の映画)

범죄도시/THE OUTLAWS

上映日:2018年04月28日

製作国:

上映時間:121分

あらすじ

2004年ソウル。強力班のマ・ソクトは、ナイフで向かってくるヤクザにもひるまず、張り手一つでなぎ倒すコワモテ刑事。ある日、ビリヤード場で刺傷事件が発生。被害者は毒蛇組の組員、犯人は対立するイス組の男だった。ソクト刑事は難なく犯人を捕らえ、それぞれの組のボスの仲を取り持ち、街のバランスを保っていた。しかしそんな中、中国から新興勢力の黒竜組が乗り込んでくる。ボスのチャンは、情け容赦ない手段で毒蛇組を…

2004年ソウル。強力班のマ・ソクトは、ナイフで向かってくるヤクザにもひるまず、張り手一つでなぎ倒すコワモテ刑事。ある日、ビリヤード場で刺傷事件が発生。被害者は毒蛇組の組員、犯人は対立するイス組の男だった。ソクト刑事は難なく犯人を捕らえ、それぞれの組のボスの仲を取り持ち、街のバランスを保っていた。しかしそんな中、中国から新興勢力の黒竜組が乗り込んでくる。ボスのチャンは、情け容赦ない手段で毒蛇組を乗っ取り、次第に勢力を拡大していく。縄張りを荒らされたイス組や、最大勢力の韓国人暴力団も黙っておらず、一触即発の事態に。ついに強力班は組織の一掃作戦を立てるが…。

「犯罪都市」に投稿された感想・評価

たけし

たけしの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

おもしろかったー!
マ・ドンソク サイコーやな。
一人でガーディアンズ全員分くらいの笑わせスキルあるんちゃうかな?
新感染は感染パニック映画だったので笑いは少なめでしたが、本作はガッツリ笑えて相撲ばりの迫力の肉弾戦に感嘆しました。

良くも悪くもマ・ドンソクのための作品ですが、実話ベースのフィクションとのことで、韓国のヤクザ事情の雰囲気が少しはわかった気もします。

凶悪で情け容赦なく残忍に人を殺す中国ヤクザをソウルの とある刑事課の刑事たちが、バックの組織を(仕事を横取りされない様に)騙しながら韓国ヤクザを操りつつやっつける話。

たった3人だが中国ヤクザの残忍さは半端なく、とてつもない嫌悪感を抱けます。
武器はナイフ、鉄パイプ、斧!
銃は微塵も出てこない。
もう、見ていて痛いのなんの!

笑えるシーンもたくさんあり、見ごたえ抜群でした。
期待通りの骨太爽快韓国ノワール。「県警対組織暴力」や「狐狼の血」を観たばかりだったので、いつの間にか警官の暴力に何も感じなくなってしまった。笑える台詞も多くて、緊張と緩和のバランスが素晴らしかったけれど、この笑いがリズムとなって「さ、次いきましょか」と更なる暴力へと加速していく。緊張が持続できているのは、カッコ良いショットばかりだからなんだろうけど、「哀しき獣」にも出てきた朝鮮族というバックグラウンドに、何かしら感じてしまう面もあると思う。銃の無い暴力は痛い。日本でこういう映画取れないのかな。とりあえず新感染観たい。
ムメ

ムメの感想・評価

4.8
ユンゲサンもマブリーも最高!最高!!
面白かった〜
チョジヌン出てくるシーンも良かったし
チョジェユンでてくるとクスっとしてしまうのよねw
ゲサンとの絡みはドラマ「LAST」を思い出した
hachi

hachiの感想・評価

4.5
マ・ドンソクの剛腕好きにはたまらない。
期待通りの展開。

中国からきた朝鮮族の新興ヤクザと地元組織の抗争。それを取り締まる警察が入り乱れる。

銃じゃなくてナイフと鈍器での抗争は韓国アクションの持ち味になってきてる。
粗暴な朝鮮族など韓国作品ならではのネタも確立されてきてる。

コメディリリーフもしっかりいて、ノワールアクションとしてよくできていてホントに面白い。
chang

changの感想・評価

4.2
マドンソク強すぎ。
ついて行きたい、、、!
しかしみんな無茶苦茶しよる、、
飲食店するの、命がけやん。

ファン社長?の髪型はコントみたいで
最後まで気になりました。
hymasumin

hymasuminの感想・評価

4.0
やっと観に行けました。強さとユーモアと優しさを備えた役は、やっぱりマ・ドンソクssiが一番だと改めて思った内容でした。
破壊的なシーンも痛いシーンも露骨な残虐さがないので女性でも観れる映画だと思います。
斧って^^; 横溝正史くらいのアイテムかと思ってました^^;
各所、今最も不快な人物を思い浮かべながら殴り倒されるのを妄想してスッキリしました^ ^
なべお

なべおの感想・評価

4.0
新感染ファイナルエクスプレスのムキムキおじさんことマ・ドンソク主演の暴力系クライム映画。

中国系ヤクザと韓国ヤクザと韓国警察の三つ巴がすごい。
銃が一切出てこず、鉄パイプやら斧やらナイフやらで殴り合うので本当に痛そう。

マドンソクは素手。張り手で暴力団員倒せるぐらい強い。
腕が太すぎて、二の腕を見ることができない姿は笑ってしまう。

敵の中国人も暴力の雰囲気が漂っていて狂気ですね。
実話を基にした映画らしいけど、こんなやつ本当にいたのかよ…って思わされますね。

適度に笑いもあるので2時間がっつり楽しめた。
難点は関東の上映劇場がめちゃめちゃ少ないことですかね。
新感染のマ・ドンソク兄貴がまたもや無双!
ドンソク張り手で大抵の事は何とかなってしまう安定感は異常

俳優陣が豪華で、松本人志、窪塚洋介、朝青龍、石井彗(に激似な方々)が出演しており、韓国俳優界に馴染みがないワイでも問題無く映画に没入出来ました(適当)

暴力・拷問、何でもアリのフリースタイルポリス映画でしたが、特筆すべきは銃がほぼ全く出て来ない点!
ドンソク張り手はじめ、ミニアックスやモップ、ビール瓶やら灰皿等々、多彩なウエポンであくまでも肉弾戦に徹する描写が最の高

バイオレンス映画なのに銃社会を完全否定するとかいう離れ業を実現しており、銃規制啓蒙作品指定待ったなしと思った次第です(小学生並の感想)
マ・ドンソク目当てで観に行ったら、マ・ドンソクが最高の映画だった。
全体的にヒールが魅力的じゃない感じは否めないけど、コメディ要素が強くて、マジで痛い!みたいなシーンはそこそこ控えめだし、楽しい映画だった〜。
じょり

じょりの感想・評価

4.0
①ヒートアクション劇場feat.マ・ドンソク兄貴度 100%
②情報屋2人?根性あるよな!度 99%
③映画とはいえ在韓中国人の方の反応に興味が湧く…度 80%

サスペンス要素は最初から求めず、兄貴が暴れるアクションものとして鑑賞。イチ所轄で抱える案件じゃない気がしましたが(実話とかほんまかいな?)銃不在の乱闘はヒリヒリして良いものです。

グロ耐性の無い方へ配慮あるステディでこなれたカメラワーク・バイオレンス描写に疲れた頃カットインされるユーモアなど、本作が初監督作品だとは思えない完成度でした。何というか体感的には、捜査と戦闘=サウナ、小ネタな笑い=水風呂って言うんですか、それを5〜6回繰り返してスカッとする感じですね。違うか^^;

取り調べからは昭和の刑事物の匂いも多少して懐かしさを覚えました◎韓国映画はがんばってんなぁ。
>|