犯罪都市の作品情報・感想・評価

犯罪都市2017年製作の映画)

범죄도시/THE OUTLAWS

上映日:2018年04月28日

製作国:

上映時間:121分

4.1

あらすじ

2004年ソウル。強力班のマ・ソクトは、ナイフで向かってくるヤクザにもひるまず、張り手一つでなぎ倒すコワモテ刑事。ある日、ビリヤード場で刺傷事件が発生。被害者は毒蛇組の組員、犯人は対立するイス組の男だった。ソクト刑事は難なく犯人を捕らえ、それぞれの組のボスの仲を取り持ち、街のバランスを保っていた。しかしそんな中、中国から新興勢力の黒竜組が乗り込んでくる。ボスのチャンは、情け容赦ない手段で毒蛇組を…

2004年ソウル。強力班のマ・ソクトは、ナイフで向かってくるヤクザにもひるまず、張り手一つでなぎ倒すコワモテ刑事。ある日、ビリヤード場で刺傷事件が発生。被害者は毒蛇組の組員、犯人は対立するイス組の男だった。ソクト刑事は難なく犯人を捕らえ、それぞれの組のボスの仲を取り持ち、街のバランスを保っていた。しかしそんな中、中国から新興勢力の黒竜組が乗り込んでくる。ボスのチャンは、情け容赦ない手段で毒蛇組を乗っ取り、次第に勢力を拡大していく。縄張りを荒らされたイス組や、最大勢力の韓国人暴力団も黙っておらず、一触即発の事態に。ついに強力班は組織の一掃作戦を立てるが…。

「犯罪都市」に投稿された感想・評価

ずん

ずんの感想・評価

4.0
マ・ドンソク最高や!
その場に彼が居れば何とかしてくれるだろうと思わせてくれる頼もしさと唯一無二の存在感
お茶の間のアイドル!

にしても朝鮮族の野蛮っぷり!見えてないシーンも色々想像してしまって強烈だった

母親の誕生日を盛大に祝ってあげるヤクザ可愛い
なべ

なべの感想・評価

3.7
今作を鑑賞した方々のレビューを見てみると驚いた事に殆どの人が活き活きとしたレビューを書いている…いや「驚いた」というのは建前で、今作を鑑賞した人であれば活き活きするのも理解できる筈です。『新感染』でお馴染み《マ・ドンソク》主演、実話をベースにして作られた韓国ノワール映画…と言いながら序盤から中盤にかけてはシリアスな場面とは裏腹にコメディチックな内容が多分に盛り込まれているというバランスの良い作品仕様になってます。

パッケージのコピー通りどいつもこいつも悪党ばかり!警察、チンピラ、朝鮮族・中国マフィアにヤクザ、資本家まで、荒くれ者達の小さな火種から巻き起こった抗争は次第にヒートアップしていく…。

《マ・ドンソク》は圧倒的存在感と言うか、その恰幅の良い成りからしても完全に悪人面の強面からしても兄貴刑事役との相性抜群で、爆走する時もあれば、ド迫力の格闘シーンもあり兄貴の見所満載です。

そしてなんと言ってもやはりこの映画を語る上で外せないのは、大いに魅力のあるヴィランを演じた立役者《ユン・ゲサン》の怪演ですわ。長髪が却って存在感や壊さを倍増させ、加えて警戒心の強さとキレたら止まらないアグレッシブな性格にただひたすら恐怖を感じました…素晴らしい。

他の方がレビューで書かれているように、今作では一切銃火器が使われず、斧・鉄パイプ・角材・折りたたみナイフ・素手等々、主に肉弾戦が一種の確定条件となって戦闘が繰り広げられいたので、アクションは総じて見応えがありました。
2018.7.9 KBC
カメラワークとか構成とかもう完全にハリウッドだなー。コミカルなパートの挟み方が気持ちよくて楽しかった。マ・ドンソク最高〜。
yondu

yonduの感想・評価

3.5
話の分かるハルク。傷が見えない腕。内容と最後のテロップのギャップ。圧倒的ロバート秋山。
2004年に韓国で実際にあった中国マフィア摘発を元にしたバイオレンスアクション…我らがマ・ドンソク兄貴が主演なんだが最初から最後までカッコいい兄貴の姿をキュンキュンしながら観るのが正しい映画w いやでも映画としても良く出来てる…全盛期のジャキーチェン映画っぽい。時折見せる兄貴の笑顔がぁ♡
え、嘘、これ実話ベースなの…こわ…
でも一番怖いのはドンソク兄貴の腕の太さ!
この丸太みたいな腕にフルスイングで殴られたら非道なマフィアも一発KOよ。グリズリーかよ。
強く頼もしく部下に優しい理想の上司かつ腕が太すぎて自分の肘の怪我が見えないとかいう萌え属性も備えてて完璧。ドンソクかわいいよドンソク。
ありこ

ありこの感想・評価

3.9
ポスター見ただけで分かると思うんですけど最高なんですねこの映画。マドンソクの兄貴が極悪非道の中国マフィアをしばき倒す韓国ノワールです。(ノワールじゃない気も..)韓国マフィアは銃火器使わないので兄貴が拳や張り手で悪人たちをボッコボコにします。泥臭いバイオレンスシーンは残しつつ、笑いも交えたエンタメ映画になってるので観た後超元気。マドンソク兄貴の丸太みたいな二の腕にヘッドロックかまされて失神したい。
宇宙太

宇宙太の感想・評価

3.6
KBCシネマにて鑑賞

劇画の世界からそのまま飛び出してきたかの様なマ・ドンソクのビジュアルとキャラクター、清々しいくらいの外道っぷりを惜しみなく発揮する敵役と想像以上にエンタメに特化した作品でした(予告編の真実の部屋のシーンに惹かれて観に行った身としてはもうちょい毒効かせてもいいとは思ったけど)

こういう刑事ヤクザ物で一切銃器が出てこないのは斬新で良かったけどどうせならもっとゴア描写に力入れて欲しかった・・・

鍋の蓋を皿代わりに即席麺食べてるシーンが超美味そうでそれだけでもまぁチケ代分は回収できたかなw
初日にして今年下半期ベスト5くらいには入るかも、みたいな映画を観られて満足。期待以上に面白かった。全て筋肉(
そのうちだいたい掌底打ち)で解決するパワー系刑事を演じるマ・ドンソクが暴力とコミカルを絶妙に兼ね備えていて最高。色んな組織の思惑が絡んで寝返ったり裏切ったりとわちゃわちゃするものの、キャラが立っているからか不思議と分かりやすかった。凶悪な人を凶悪だー!と十分に見せつつもエグいほどの描写もなく(勿論あってもいいんだけど)、この手の韓国映画にしてはいたって健全だと思いました。鑑賞後いろいろ調べてたら中文字幕の予告編なんかが出てきたんだけど、はたして大陸でノーカットで公開出来たんだろうかと気になった(特に「公安の汚職は日常茶飯事」みたいなくだりとか…)
msy

msyの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

どいつもこいつも悪党ばかり

ってコピー見て
アシュラをなんとなく想像してたから
違うじゃんってなりました。

マ・ドンソクさん、
絶対的な正義の味方じゃあーりませんか。

それに、
彼の強烈なビンタはネタバレです。
知って見ると知らないで見るとじゃ
大違いです。
多分知らずに見た方が喜び倍増する!

そんで、
あんなに素手のまま強い怪物なのに
根っからのいい人みたいで
犯人をビンタで気絶させた後
さりげなく回復体位にしてあげてたのには
悶えました。

そんで脱いだら極太の二の腕が現れて
さらに喜びました。この場合
ポスターはあの結婚式帰りの
こぎれいな背広姿で隠してくれててありがとう。
腕出てきた時は心の中で
黄色い歓声を上げました。

ハルピンのチャン・チェンは
凄まじい絶対悪で
真っ黒ゆえに超絶かっこよく
髪、ザンバラでもオールバックでも可!
ユン・ゲサンさんヤッバ!
めっちゃええ顔してはる。

チェ・グイファさんは、
刑事の血が眼を覚ますか?って
ちょっと期待してしまって
結局腰の引けた中間管理職のままだったので
残念でした。

新人刑事の成長譚は最高。
さらっと分かりやすくて一服の清涼剤。

このレベルの作品を
安っぽくならずいとも簡単に
(そんな余裕を感じる)量産できる
この国の映画には、本当に参ってしまいます。
>|