カメラを止めるな!の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

カメラを止めるな!2017年製作の映画)

上映日:2018年06月23日

製作国:

上映時間:96分

あらすじ

とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。そんな中、撮影隊に本物のゾンビが襲いかかる!大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。映画史をぬり変えるワンカットゾンビサバイバル!……を撮ったヤツらの話。

「カメラを止めるな!」に投稿された感想・評価

ネタバレ回避のため多くは語りませんが、これだけは言える…!

「最高っ!!もっかい観たいっ!!」
まゆ

まゆの感想・評価

3.5
なんじゃこりゃあ…からの全部すっきり回収!面白かった〜。私も声出して笑ったけど、映画館の皆さんが思った以上に笑っててビックリした。笑
なんという『アメリカの夜』
ラストの組体操で創るクレーンのシークエンスが素晴らしい。感動した。そこにはまぎれもなく愛があった。
作品を観て、映画っていいな映画制作っていいなって多くの人が感じたんじゃないだろうか。そしてまたすこし日本の映画の裾野が広がったとしたら作品に関わった方々(ワークショップはもとよりクラウドファンディングも含めて)は映画人冥利に尽きたね。

後半ゲラゲラ笑いっぱなしだったんだけど何気にこの作品緻密につくられてるから、これから観る方々には後半までの展開も気をぬかないほうがいいと言っておく!
yutonishio

yutonishioの感想・評価

4.5
めちゃくちゃ面白かった。最高。

友人と観たが、劇場は満席。鑑賞中劇場内は終始笑いに包まれていたし、エンドロールの後、拍手してる人もいたりして、これ以上ない映画体験をしたなと思った。

情報ゼロでこれから観に行く人が、本当に羨ましい。予告編すら観ない方がいい。
しばらくは人にはコレを薦めることにする。
tazy

tazyの感想・評価

5.0
邦画史に名を刻むと言っても過言ではない超々々名作!
リアルタイムで劇場で見られたのが本当に良かった。監督・キャストの皆さんにサインを貰ったパンフレットとTシャツは一生の宝物です。

1秒たりともダレることのないハイテンションなテンポの良さ、それでいてインテリジェンスを感じるほどの練りに練られた脚本。
『映画』というエンターテインメントならではの面白さをこれでもかと詰め込んでます。

前半のワンカットゾンビサバイバルもかなり奮闘していてそこそこ見ものだけれど、それはすべて後半への布石。次から次へと伏線が回収されていく様が本当に痛快で楽しくて楽しくて。SAWやユージュアル・サスペクツなどにも匹敵する(あるいはそれ以上の)『してやられた感』が連続し、エンドロールに到達する頃には多幸感で胸がいっぱいに。

登場人物も全員キャラが立っていて、誰一人として影の薄い奴がいないのもすごい。役者当て書きの脚本故か、一人一人確固たる人格を持った、ステレオタイプから脱却した人物像が描かれているのが素敵です。

これからもっと上映館も全国に拡大して、何かデカい賞取って欲しいです(少なくとも日本アカデミー賞にはかかるだろうけど)。エネルギッシュかつハートウォーミング、もう何度でも見たい!
なんの情報も入れずにこの映画を観る。
それだけで2018年のあなたの映画ライフは満たされる。
断言できる。
あなたはこの映画を好きになる。


見終えた僕は、
まだこの映画を観ていない誰かを連れて
この映画を観に行くだろう。
その誰かのリアクションを横目で見ることを想像するだけで、
絶対に楽しめると確信してるから。


キャストやスタッフの舞台挨拶の様子、Twitterでの呼びかけ。
とてつもない青春。
いい意味で文化祭のノリが続いてる。
ものづくりの原点なのかもしれないな、と思った。

もうひとつだけ言うと、
パンフレット、
買った方がいいですよ。
tagomago

tagomagoの感想・評価

4.5
最高です。満員の劇場は笑いに包まれていました。最後は両隣の人と肩を組合い一杯どうですかと酒を酌み交わしたくなるほど劇場が一体になっていたと思います。まぁ2割ほど誇張してますが映画館で観る楽しさを感じれた映画でした。

秀逸なアイデアと練りに練られた脚本、この映画を完成させるために準備を重ねたと思われる役者さんの頑張り。頑張りが見えた時点でシラける映画も多いですがこの映画は不思議と嫌にならず。むしろハートフルになってしまいました。
この映画に関わってる人と一緒に仕事をしたら楽しいだろうなとそう思わせる魅力があります。

低予算のインディー映画なんだけどこれがしっかりと万人に受ける映画になってることが驚き。タイトルが出たところでこれから何が起こるのとワクワク。しかも失礼ながら役者さんは誰も知らないのに終わった後はみんなが愛おしくなってしまう。映画への愛がここまでダイレクトに伝わってしまうともう参りましたね。
メチャクチャ調子が良かったときの三谷幸喜とワンカット撮影に飽くなきこだわりを見せる白石晃士を思い出すけど違った味わいを残す新しさ。なんであんな屈託のない笑顔ができるんですか。

些細なことですがテンポやリズムを優先して切ってるところもあってそこも見せてくれよとは思いました。あともっと腹がよじれるぐらい笑いたかった。もっと飛距離イケると思います。
内田けんじ監督のブレイク作『運命じゃない人』が好きな貴方なら、間違いなく楽しめる傑作!有名なキャストやスタッフがひとりもいなくても、面白ければ人々は映画館に集まる!そんな当たり前すぎるくらいに当たり前のことを再確認させてくれた。
リョウ

リョウの感想・評価

4.0
スゴイの一言に尽きる!
後はとりあえず見て下さい!そして語りましょう☆
shinooooo

shinoooooの感想・評価

5.0
ここ最近、周りがこの映画の噂でもちきりだった。
ただただ面白い!!やられた!
全ての伏線を回収する気持ち良さと愛に溢れた物語に、誰もが観てよかった、もう一度観たい!と思うこと必至。爆笑、爆笑でクライマックスまで駆け抜ける。
満席の場内は初見の観客の期待と、リピーター愛が充満して熱気ムンムン。上映後、サプライズでのキャスト登場にみんな大喜び。この映画の感染力、すごいぞ。
>|