カメラを止めるな!スピンオフ「ハリウッド大作戦!」の作品情報・感想・評価・動画配信

「カメラを止めるな!スピンオフ「ハリウッド大作戦!」」に投稿された感想・評価

michiko

michikoの感想・評価

2.5
今回もネタバレ厳禁という宣伝文句の為、前作の視聴者を唸らせるどんな方向性のトリックがあるのかとワクワクしたが、やっている事は前作と同じであり、しかも全てにおいてチープである。

前作は幾重にも重なる面白さがあった。
まずは一本のゾンビ映画として緊張感と絶望感はしっかりあった。だからこそその裏に隠されたアクシデントやキャストの様々な想いが昇華されていた事実に驚くのである。最小限の違和感のバランス、カメラワーク、複雑性、そのどれをとっても素晴らしかった。ムカつく奴も全て一丸となる最後はクリエイティブ職の面白さを非常に熱く表現していた。それが今作では全てスケールダウン。

そして最もやってはいけない事としては、本編の映像とワンカット側の映像で異なる点があった事だ。「え!?本当にこんな撮影してたの?気付かなかった!」とワクワクして見返したらガッカリしたのである。
ネタが割れてるのにしっかり楽しんでしまった
相変わらず撮影現場が過酷そう

このレビューはネタバレを含みます

「タクシードライバー」の名台詞や「プラトーン」の名場面など、ハリウッドへのオマージュもあるが、そのハリウッド行きを断ってまで自分たちの低予算映画を選択する主人公。

今回も制作者さん達のプライドと映画愛に溢れた素敵なスピンオフでした。
TJ

TJの感想・評価

3.4
カメ止めのスピンオフで単体の映画としては評価し辛い
一作目を踏襲したファンサービスはしっかりしていたけど、それ以上のものはない
見てられない。一作目は話題になるだけあってチープだが面白い、観て飽きない作りになっていた。
今作ではわざとらしいチープさが前面に出ていて、斬新さもなく、飽きてしまう。

そもそも劇中で撮ってる映画「ワンカットオブザデッド」がめちゃくちゃだったので、そこは大事なのでは?と。

前作とは監督が違うようで、作品観のすり合わせが足りなかったように思う。
Bluebird

Bluebirdの感想・評価

2.6
スピンオフなので、こんなものかな?

本家をちゃんと踏襲してます。
ワンカットB級映画を舞台裏の騒動と合わせて見せる秀作メタフィクションコメディ『カメ止め』https://filmarks.com/movies/76912/reviews/52763312 の続編。今回の舞台はハリウッドだ!──と意気込むも、海外ロケの予算など出るハズもなく。肝心のネタは割れた状態で前作と同じ事をやるので1時間足らずの短尺でお気楽に縮小再生産。とはいえB級映画愛の次世代への継承が軸足で良い話にまとめる。ネスレ日本の全面提供で作ったらしく、なるほど、印象的な場面でコーヒーが出てくる。
カメ止めが父と娘の話だとすると、こちらは娘の成長譚。かな。撮影現場、どこへ行ってもクビになっちゃう真央ちゃん。お父さんの現場でもトラブルを起こしている。そんな真央ちゃんに、ロサンゼルス出身の彼氏が、一緒にハリウッドへ行こうと。と、そこへワンカット・オブ・ザデッドの続編の話が…

前半は、カメ止めと同じくゆるーいゾンビ映画。後半は解決編。セルフオマージュってことっ。難しいですね。一作目よりもインパクトというか笑いをとるのは。もちろん、ところどころ爆笑ポイントはあります。

カメ止めを映画館で見て、会場大爆笑!はいつだっかかなー。
2021.6.19 視聴完了。

前作好評につき、ハリウッドを舞台に・・・という作品。
前作を視聴してから見ることをすすめます。

前作は驚きがあったけど今回はわかった上で見ている分、評価は下がってしまうが楽しめました。
kjm

kjmの感想・評価

2.8
「カメラを止めるな」の縮小再生産。
ネタが割れている以上それより面白くなりようがないが、作り手も受け手もそんな事百も承知だという前提のもとに評価すれば、及第点なのかもしれない。
>|