カメラを止めるな!のネタバレレビュー・内容・結末

カメラを止めるな!2017年製作の映画)

上映日:2018年06月23日

製作国:

上映時間:96分

あらすじ

とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。そんな中、撮影隊に本物のゾンビが襲いかかる!大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。映画史をぬり変えるワンカットゾンビサバイバル!……を撮ったヤツらの話。

「カメラを止めるな!」に投稿されたネタバレ・内容・結末

脚本がすんごい
前半に違和感を感じたシーンすべて後半で回収してくのが気持ちいい
ゾンビ映画生配信の裏側。エンドロールではその裏側も流れる制作愛たっぷりの作品。ネタ回収が完璧。笑いっぱなしの90分。
なのに監督と娘の写真にはホロリ。

前情報なしで観に行って大正解だった!
最初はワンカットで撮るための役者の配置が凄いなぁと感心していたらすぐ終わってしまってこんなもんかぁと思っていた。しかしそこからの伏線回収が最高だった。脚本すごすぎ。初めてこんなに楽しめながら映画を観れたような気がする。みんな見るべき。
#138 映画を作る映画って基本的に面白い(というかズルい...)けど、後半の捻り具合というか前半感じた違和感を解消してくれる後半が良いね。物を作りたくなる映画。『地獄でなぜ悪い』と似た空気を感じた面も。
最初の37分、ん?なんだ?と少々頭に?が浮かぶシーンがあったが、後半で一気に!!!!合点!!!、スッキリ爽快爆笑で、ものすごく愉快な気分で終わりました。
エンドロールでなぜか、泣きそうになった。
もういっかい見に行きます。次は最初からすごくニヤニヤしちゃいそう。
ネタバレはしないけど一応ネタバレにしといた。低予算だから悪いと思う要素が一つもない。逆にそれを裏目にとった。前半30分をまず耐えられるかどうかが鬼門。なんだこの映画。と言わずに見れるかどうかが問題。後半は本当に素晴らしい。ものづくりに対する愛だとか、家族の絆だとか、短い時間に全部詰まっている。笑えて泣けて、万人に受け入れられる映画
そうそう、映画ってそういうのが楽しいんだよねーーーーー!!と監督とハイタッチしたい。

サメやゾンビとかB級映画だってさ、B級映画にしようと思って作ってるんじゃないんだよ。でも、なーんか変な事になっちゃうのは作ってる側の中で何か 理由があるんだよね!?私はB級映画のそういうところが大好きなんだよ!!

でも、この映画はそのB級らしい映画の中の綻びを上手く紡いでくれて、スッキリ爽快に構成されてる。映画はね、プロデューサーや配給会社のものじゃなくて、作ってる皆の物なのだーーーー!!個人の個性の集大成じゃーーーー!!
あー映画は楽しい!!
『カメラを止めるな!』鑑賞。前半の目も当てられぬ大振りなワンカットは壮大なフリで、中盤からネタバレ上映。とにかく笑えるし、エンドロールで撮影裏をガッツリ映すのもスタッフに対する愛を感じる。
文化祭感は拭えないものの、最後にキャストさんたちが挨拶に出てきたのも和気藹々とした撮影現場なのだと直感するし、応援もしたくなる作品だ。
冒頭15分ぐらいで「この監督、下手くそじゃない…?」と思ったときには、すでに監督の魔術にどっぷりはまっていたんだなぁ、と見終わってから気づいた。
裏舞台を描くといえば木更津キャッツアイとか決して新しい企画ではないけど、250万っていう予算と37分長回しの根性にスタンディングオーベーション。
これは生き返り必至。
名作!
って感じの映画じゃないけど、微笑ましい佳作だな。
って思いながら観ていたら、最後に娘が差し出した写真でちょっと泣いてしもーた。
>|