カメラを止めるな!のネタバレレビュー・内容・結末

カメラを止めるな!2017年製作の映画)

上映日:2018年06月23日

製作国:

上映時間:96分

4.2

あらすじ

とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。そんな中、撮影隊に本物のゾンビが襲いかかる!大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。映画史をぬり変えるワンカットゾンビサバイバル!……を撮ったヤツらの話。

「カメラを止めるな!」に投稿されたネタバレ・内容・結末

フィルムの長回しが素晴らしいっ!間違いが許されないという意味で緊張感のある映画である。

ただ面白ろさは長回しが終わってからであり、制作に携わる者のドタバタ劇が非常に興味深い。前フリで低価格ゾンビ系ホラー映画だと聞いて見たがある種の人間ドラマのように感じた。

映画は人の人生を模擬体験できる。そこが私の映画を見るポイントであるが、日頃調整役にまわっていた監督が本音を結果的ではあるがさらけ出したが故に素晴らしいノンストップゾンビ映画が出来た事が非常に考え深い。
そう言った意味で、冒頭のシーンが始まりであり、映画のクライマックスなのであろう。
評判ほどではなかったように思う。
舞台やってるとこういうの日常茶飯事だし、そういう裏側を見たことない人はほんとワクワクなんだろうなとは思った。
伏線とかはきっちりしてた。
全くの予備知識なく観賞。

おそらく世間の皆様には、後半起きる大どんでん返し伏線大回収大会が面白い、意外だ、ということで高評価なんでしょう。

自分も同じです。
前半のストーリーが、あまりにチープでよくわかんない映画だなーと思っていました。

でも個人的には、後半の伏線大回収大会よりも、前半のチープなゾンビ映画の方が感動を覚えました。

というのも、1シチュエーションとはいえ、あれだけ激しく動き回り、激しく小道具が行き来する映画を1カットで撮るなんて、相当綿密に計算し、打ち合わせや場当たりをやり込んだんだろうなと。

しかも、屋上でもあれだけ激しく動き回ることを考えたら、カメラマンの動きをサポートする制作ないしCAなど必要だろうし。

最近、松居大悟監督の「アイスと雨音」という全編1カットの映画を観たときも驚いたけど、1カット映画としてはそれに並ぶクオリティではないでしょうか。
低予算だけどアイディアと見せ方で面白くなるというお手本のような作品。後半事情が解ってから観るシーンは全部面白かった。ただ僕は正直、周りの社会現象並みの熱量には至らなかったです。後半は文句なしに面白かったが・・・前半はその分を差し引いてもただただ退屈だった。次2回目に観たらまた感想は変わると思うし、そういう構造の映画だからなのもわかるけどねぇ。あと、これは映画のせいではないけど、事前情報はほぼ何も入れず、ゾンビものの映画と思って観に行ったので、観終わった時何を観に来たんだっけ感に苛まれた。カレー食べに店入ったらチョコレートパフェ出てきちゃった。まぁ美味しかったんだけども、みたいな
ひとつのものを作り上げるのにいろいろなドラマや苦労があり、自分は映画を座って観てただけだけど、ああよかったねー!って言いたくなった。なんだかドキュメンタリーを観てるみたいだったな。伏線の回収がスッキリしてた。私はメイク役の人の戦闘力が半端なさすぎて、ツボに入ってしまいずっと笑ってました。
映画館では極力静かにして、じっと心の中で噛み締めたい派なんだけど、これは無理だった。

最初の30分、オキマリ程度の怖さを超えれば、そこからは笑いまくり。乾いた笑いから、大爆笑まで…映画館でみんなでゲラゲラ笑うって、すごく貴重な体験だったな。
人間ピラミッド作ってるところ、そしてADちゃんが何度も転がり落ちるところ、あのリズム感がサイコーすぎた。私たちはその後の展開をなんとなくわかっているんだけど、過程が本当に面白い。

映画が好きな人が、映画への純粋な気持ちだけを込めて作ったような映画。面白さで言えば今年イチかも。
めちゃくちゃ面白かった、、、序盤のこれは劇中劇だろうなって気づくけど、それだけがトリックじゃない、その後からが面白い、そこに至るまでの伏線と回収の仕方に思わず声を出して笑ったし、序盤では恐怖の演出だったものが 後半になると笑える演出になるのすごい。小さな違和感(ヒロインの唐突な説明的すぎるセリフとか)が回収されて気持ちがいいし、普通にゾンビ映画としても面白い。
特に好きなのは「怪我はない?」って確認するシーンで何度も何度もお互い確認するの、最初はパニックになってるからか…演出が細かいな…って観てたけど、尺を持たせるためだったのかー!!ってところ。
ほかにもダサカメラワークとかも好き。
初めに何も知らない実際の生放送視聴者目線で映像をみせ、その後その裏のメイキングを見せる、という展開がお見事としか言いようがない!

笑える場面が続くと思いきや、バラバラの方向を見ていた役者、スタッフたちが最後には皆生放送を成功させるために一丸となって頑張る姿に感動させられた。
冒頭、手持ちカメラで撮っているつまらないゾンビ映画で始まるんですよ。
役者の演技は棒だし、ゾンビの動きも変だし、やたらカメラ目線だったり妙な間はあるし、そんなに簡単に人の頭は飛ぶ訳ない!とツッコミどころ満載だけど、す〜ごくつまらない。
先が思いやられると思っていたら、一応映画は終わり、エンドクレジットからの〜
タイトルコール。

そういえば、まだタイトル出てなかったんだ〜。
そこから、時間は先ほどの映画の1ヶ月前に遡り、この映画を撮ることになった経緯、
製作開始、リハーサル、本番と、話が進んで行きます。

本番と言っても、ライブ中継のワンショット一発撮り。

リハーサルの時には考えもつかなかったアクシデントが起こるわ起こるわ。
中継は待ってくれないので、アドリブやカンペの急場凌ぎで繋いでいきます。
それが冒頭の映画の、訳の分からない間だったり、下手な演技だったりの理由となっているので、冒頭の映画にツッコミ捲ってた方が後半笑えるという仕組み。

『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』(未見)とか『クローバーフィールド/HAKAISHA』とか、そういう類の映画かと思っていたのに全く違いましたね〜。

映画の制作現場の苦労だとか、親子愛だとか、ゾンビと全く関係のない話がメインで、実はホラーではなくコメディドラマでした。

おかわりする方が多いの理由が分かりました。
2回目の方が面白いかも〜。

キャストはほぼ知らない方でしたが、観終わるとそれぞれ良い味をだしてました。
奥さん役のしゅはまはるみさんが持っていった気はしますが。( ̄∇ ̄)ニヤッ

エンドクレジットの実際の撮影風景も面白かった。
スタッフTシャツ、一石二鳥だなって思いましたよ。( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

最初怖かったけど最後楽しかった〜!
え、最初怖いですよね??

フィルマークスのあらすじがしょーもなかったので、自分だったらどう書くか考えたんだけどむずかしい
なんも見ずに見て〜〜としかいえない
>|