カメラを止めるな!のネタバレレビュー・内容・結末

カメラを止めるな!2017年製作の映画)

上映日:2018年06月23日

製作国:

上映時間:96分

4.1

あらすじ

「カメラを止めるな!」に投稿されたネタバレ・内容・結末

最初の30分がかなりつまらないということは、カメラを止めずに最後までテレビ放送されてめでたしめでたし☺️となってるそのゾンビドラマは実はかなりつまらなかったということになってしまう
散りばめたフリを回収していくタイプの漫才に似ている。わざとらしいホラーのあとに、コメディと家族愛ヒューマンドラマ。
わざとクオリティの低いゾンビ物をやる必要がある作品だから、なんかずるい。
めちゃくちゃ良いじゃん!!!!!!!!!!!!!!!
冒頭おそよ30分と伏線回収・解説の後半、両方テンポ良しで凄い好みの進み方。どんなことでも裏話みたいな物見るのが好きだから後半ワクワクしたな!!!時間さえあれば全員に見て欲しい。解説みてからの冒頭も楽しめる
とことんネタバレの状態で観てしまった泣
ネタバレしなかったら満点!!!
でも、めちゃくちゃ面白かった!!!
最後のみんなでひとつになる感じ最っ高!!!
エンドロールまで楽しめちゃうのもいいなぁ〜。

スキンヘッドの人の「ちょっと」のセリフだけの演技大好き❤

うんこしながらメイクされて泣くのとかも面白かった〜。。

全部見たらスカッとする感じがもう!

見る人を選ぶスプラッター系にひとひねりいれたオシャレ映画かと思ったら、家族で楽しめるスーパーファニー映画だった!!
いやーーーー、おもろかった!!

最初の30分のワンカットシーンも見ものなんだけど、

このワンカットドラマの数多い違和感を、最後の30分くらいでプワーーーーっと爽快に疾走して解消していく。
サスペンスみたいにミスリード誘って、伏線回収とかじゃなく、制作側が意図していた通りに違和感を抱かされ、それを回収していく。

見てて気持ちが良い!
キャラクターもみんな良かった!
そして低予算感がすごい笑。

うんちしながらメイクされて泣いてるシーンには腹がよじれた。。笑

コメディ好きにはたまらない!
大満足!

たまにはこういう難しいこと考えずに笑える映画もいいね!
なるほど、そりゃ観た人なんも言えないわな笑

「ネタバレ厳禁」て言うこと自体ネタバレやん、てのもあるけど、まあそれでも問題ないレベルに楽しめた。

最初の30分で普通にイライラして、「いやいくら低予算でもさすがにこれは楽しめないわ」って思ってた自分が恥ずかしい。
(でもここまでネタバレを完封できた自分は誇らしい。)

今年全然邦画観てないうえに、超時代に乗り遅れておいてこんなこと言うのあれだけど、個人的には邦画ベストかな笑

作り手の皆さんの、創意工夫と情熱にあっぱれ。

劇場で見ていたら、もっともっと良かったに違いない。。。
カメラマンのカメラマン、音声さんの音声さん、とかがたくさんいて面白い!
みんなほんまにいい顔してる!!
ポン!が何回見てもじわじわくる(笑)
もー一回見たい!
前半は、ゾンビ映画を撮っていたクルーが本物のゾンビに襲われるという作品が流れる。
その設定の斬新さと、ワンカット故のリアリティと臨場感があって、それだけで終わっても及第点。

寧ろそういう作品だと思っていたので、そこからの展開にはまた一段と引き込まれた。

後半は、その撮影の裏側が描かれる。

見ていて心配になるキャストと準備だったので、それがよくまとまったなと思わされる。

首が飛ぶシーンなど、どうやっているのだろうと思っていたようなことの種明かしや、スタッフの苦労などが見られて、映画そのものに対する理解さえ深めてくれるような作品。

96分という決して長くない時間ながら、正に一粒で二度美味しいというような充実感のある映画だった。
最初の方はメタ的セリフがあったりただ奇を衒うだけの映画かなと思いきや、そこからどんでん返しの応酬でタイトルの「カメラを止めるな!」の意味合いが変わっていくのが痛快だった。チープ加減も映画の世界観にピッタリ収まったりと素晴らしい映画でした!
開始まもなく、展開が読めてしまったので期待以上とまではいかなかったけど、笑いありでゆるく見れる映画!
>|