キツツキと雨の作品情報・感想・評価

「キツツキと雨」に投稿された感想・評価

Halcyon

Halcyonの感想・評価

3.0
初盤なかなか話が進まないのが辛かった。 役所さんの役どころは良かった
正反対の二人が出会い、歩み寄りながら成長する物語がとても好きで、そのきっかけをくれた映画でした。主演のお二人のほか古舘寛治さんや嶋田久作さんなどクセの強いキャラたちが脇を固め、コメディー要素が強いながらも感動させてくれる、人間味あるれる温かい映画です。エンディング曲として書き下ろされた星野源さんの「フィルム」も、映画の余韻によりどっぷり浸れる素敵な曲です。中でも役所さん演じる勝さんのあのシーンは…かなりインパクト大です!
ふと役所広司を好きなのか考えた事がある。気がつけば役所広司が主役をやってる映画をよく観てるのだが、そんな事を考えた時があった。黒沢清監督の一連の作品に出てる役所広司があまり好きでなかった事からなんだけど、まあどうでもいいやと、この問題は棚上げしておいた。(大層に言うな)

この映画の役所広司が一番好きかも知れない。素朴で真面目でシャイで。なんともいえない良い演技だと思う。

間を置く事で面白さを醸し出す事に、命をかけてるような監督の演出はちょっとやりすぎ感もあった。特に序盤の小栗旬の間が長い事このうえない。役所が話しかけてもすぐには答えない。もう答えない。トイレに行って戻ってきてもまだ答えてない。お家を聞いてもわからない。試しに入浴してみたが、まだ答えてなかった。シャンプー二度洗いしたのに。

嘘だけど、そのぐらい間が長い事を言いたかったのだ。作品的には面白かったから誤解しないでほしい。エンドロールを観ながら、星野源なんかが小栗旬の役やったら案外いいんじゃなのかなんて考えた。小栗に罪はないのだけれど。

あと一切ロマンスをからませなかったのも楽しめた要因だと思います。

りりィさんが、この頃まだ元気なのがかえってなんか悲しい。
通常なかなか出会うことのない二人の組み合わせが面白い。
クスッと笑っちゃうシーンが散りばめられていて、間もすごく大事ですね。

沖田監督の作品は、日常に溶け込むというか、ちょっとどこか共感したりできる作品が多い。
この作品も特別緩急が激しい訳では無いけど、気づいたら登場人物をちょっと応援しちゃったり静かに熱くなったり、緩やかに心を引っ張られる。

星野源のフィルムは主題歌で大正解だと思う。
ほどよい。思ってたよりスローペースで深すぎないのが良いのかも。ほどよい。
adu

aduの感想・評価

3.7
星野源の歌が聞きたくて
見始めたのだけど
温かい気持ちになれる映画でした。
終わりもすごく好き
笑えるところが多くて個人的に好きやった。こういうのんびり映画も悪くない
人との出会いでいいふうに変わることってあるよねぇ。和む映画。
malu

maluの感想・評価

2.9
沖田修一監督らしいゆったりとした作品。ゆったりというか…悪くいうと完全に間延びしてる。 こういうストーリーの作品て結構好みなんだけど、なんだかな… 人間の描き方なのかな、なんか入り込めない。
横道世之介は凄く良かったんだけど、他の作品はあんまりピンとこない。
ももも

もももの感想・評価

3.9

「死ぬよ?すぐ死ぬよ?」

役所広司の役がハマりにハマってる。

クスッと笑えてほっこり出来る映画でした。
>|