カメラを止めるな!の作品情報・感想・評価

カメラを止めるな!2017年製作の映画)

上映日:2017年11月04日

製作国:

上映時間:96分

あらすじ

とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。そんな中、撮影隊に本物のゾンビが襲いかかる!大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。 37分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイブムービー!……を撮ったヤツらの話。

「カメラを止めるな!」に投稿された感想・評価

meg

megの感想・評価

5.0
勉強させて頂きました...。脳がバコンと刺激を受けました。
bubbly

bubblyの感想・評価

-
すげー面白かった!
あんなに映画館で声出して笑ったのは久しぶり!そして笑いながら涙が出てくる感じ大好きです。
爆笑したのに、泣きそうになった。
監督、キャスト、スタッフが文字通り1つになった映画の魔法を目撃するような映画でした。見られて幸せ。
めちゃめちゃ面白かったです!出演している役者さんも個性的で、みんなそれぞれの持ち味を感じたし、市原さんの演技に笑った!ホントに良かったなー。
映画を見るだけで、絶対この映画を作るの大変だろうなー!って、そこに熱量とエネルギーを感じて、まるで、舞台を見ているような、映画でした。
2017 10月 鑑賞

「カメラを止めるな!」面白かった!

ゾンビパニック映画の撮影中に本物のゾンビに襲われるクルー達のドラマ、
を撮影するクルーたちのドタバタを追った映画。

ややこしいです笑
観ながら途中で頭こんがらがりました笑

その分後半でじゃんじゃん伏線回収していく際の快感と笑いがすごい。
パズルのピースがパチパチはまっていくような気持ち良さ。

ティーチインでの上田監督の話によると、先に37分ノンカットの映像(物語上でのテレビドラマ用の映像)を撮り、
それを撮影中に起きたトラブルもアドリブ的に演出に入れ込んで後半の映像(そのTVドラマを撮影しているクルー達の映像)を撮ったそう。
どうりで前半と後半が鮮やかにつながるわけだぁ。

ぜひ劇場公開してもっと多くの人に届いて欲しい!
6日間だけではもったいない。
触れ込み通りの「ワンカット37分のゾンビドラマ」が終わるや否や、ドタバタコメディが始まる2段構成。
単純にめちゃくちゃ面白い。
小難しく考えずに、ただただ個性的なキャストたちが、ひたすらに面白い方面に倒れていく、振り切ったやり方を楽しめる。
何重にもなったメタ構造で見せる最高の娯楽映画。この監督はポスト三谷幸喜かもしれない
冒頭37分のワンシーン・ワンカットで撮影されたゾンビ映画のシーンは正直何がなんだかさっぱりなんだけどその映画の舞台裏を描く後半は全部前半の伏線回収。それがもう怒涛のテンポのドタバタ劇で爆笑をかっさらってた。
余計なメッセージやテーマは一切なし、画面から感じるのは監督の映画に対する愛と情熱だけ。この監督絶対タランティーノ好きだ。
クラウドファンディングに参加してたのですが
参加して本当に良かったと思える作品

長文感想書きたいですがネタバレしちゃいそうなんで
ほとぼり冷めた頃に追記しますが

一言だけ
ものすごく挑戦的な内容
とくに前半は、一歩間違えれば大変な事になる
もう1回見に行きたいが
もう1回見たら前半部分から大笑いしてしまう
それは初めて見る人にはネタバレに通じるので
我慢しないとならない、それは辛い

初見の方は、前半のワンカット部分は
自分がカメラマンになって撮影してるつもりで見ると
色んな違和感に気がつくかも
いとち

いとちの感想・評価

4.5
巧みに練り上げられた脚本と、監督の演出が合致した最高のエンタテインメント!