カメラを止めるな!の作品情報・感想・評価

カメラを止めるな!2017年製作の映画)

上映日:2018年06月23日

製作国:

上映時間:96分

あらすじ

「カメラを止めるな!」に投稿された感想・評価

menn

mennの感想・評価

3.5
コメディとしてとても面白かった。
伏線というかネタのタネを
ひょいひょい拾っていく爽快感
がとても癖になる作品だとおもう。
かめし

かめしの感想・評価

4.4
随分前の話ですが、この映画特集をテレビを見て気になり劇場へ…

冒頭からポカーンとスクリーンを眺め来なきゃよかったと後悔。ところが数十分後から劇場の皆から常に笑い声、最後にガチっと謎だった前半が後半笑いへと変わります。

上手くできた映画だ、すごいなと。
キャストも知らない方ばかりでですがこの物語の完成度映画終了後は思わず小さく拍手してしまいました。

ですがカメラワークがする走りながら撮っているシーンが多く少し酔うところもあります。苦手な方にはオススメしないかもです…。
脚本の素晴らしさに感動しました!ネタバレになるからレビュー書き辛いですが劇場でもDVDでも楽しめる作品ですね!
きえ

きえの感想・評価

4.0
これはもう今更レビュー書くまでもなく面白かったし笑った。

ただ前半は『評判いいから観に来たけど、何クソつまんないじゃん‼︎』と"その時"を待ちながら観てました。ガマンガマン...

そして後半!
遂にその時が!

映画制作の表と裏と言う単純なプロットが生む単純な面白さがこれほどストレートに人を笑わせるとは。場内一致で笑う笑う。幸せな笑いって腹から笑える事だと思うし、名も知らない隣の人の笑いを見て更に笑いが連鎖していく魔法みたいなもので、クスっでもウフフでもなくガハハハ…と笑えた作品っていつ以来なんだろうって思った。思いっきり笑うってスカーッとするね。

そして観終わると熱ーい感動が待ってた。映画制作を夢見る人達、素晴らしい映画を作り続けてる人達、映画を愛する人達…映画に関わる全ての人達に感謝の気持ちが湧いて心が熱くなった。気付いたら場内に拍手が沸き起こってた。私同様観客の気持ちは1つだったみたい。こんなに劇場が一体化した映画体験は初めて。

映画は映画館でなくても観れるしすぐレンタルにもなる時代だけど、こう言う体験は映画館でなければ味わえない。口コミで広がってあっという間に大ヒット。普段映画館に行かない人々を映画館に連れ出した功績は大きい!きえアカデミー賞的には功労賞をあげたい。
主人公だれだよ

いや〜わたくしの人生史上1番の名作でしたねえ
最初の30分は退屈で眠たくなったけど、その後からが本番だった
二回見ても面白いかもと思った
アマプラでレンタル
skyblueowl

skyblueowlの感想・評価

3.1
評判が上がる前に見たら、きっともっと楽しめた。

無意識に『ラヂオの時間』と脳内比較し、軍配は三谷さんに上がってしまう。
ちぼ

ちぼの感想・評価

3.6
うん、まあ面白かったけど。って感じ。最初のワンカットでもうダメ、酔ってそのあとまともに見れなかった。気持ち悪くて吐く寸前。
それでも途中ちょっと寝たりしてなんとか最後まで見たけど、確かに笑える、確かに誰が見ても笑える面白さはある。よくできているとも思う。
でもこの気持ち悪さを体感してまで見たいとも思わないし、「あれだけ大絶賛されてこれが興行収入30億…?」って感じは否めない。
三半規管弱い人は絶対見ないほうがいい。
ちよ

ちよの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

構成のカラクリが物語の大部分を占めてると思うのでネタバレ押しておきます。

こういう、1度本編を辿ってそれから振り返る構成って、別に真新しいと感じることはなかったんですけど。ただこれは映画で、そして本当にワンカット!そしてゾンビもの!!笑 これはやっぱりアツアツポイントですね(皮肉です)。

ゾンビものなのでグロいのかな〜見れるかな〜と思いきや、かなりのB級。(いやC級。。)まぁ劇中劇だからあえてなんでしょうけど。
この映画の良さは、一旦このどこか変な、そしてチャチなイメージのするフィルムを1本見終えて、あれ?それで?と観客が思うとこから始まる。後半はもちろんワンカットではない。笑

個人的には製作側サイドへの怒りと鬱憤をヒシヒシ感じた…恨みつらみ。笑顔を貼り付けたようなプロデューサーの顔がドンっと映るのも、制作側へのある種の象徴というか。製作への逆らえない立場と制作のプライド…
どっちかというと、なにくそ!!っていう制作の感情があらわに作られたフィルムに感じた。
私は私で熱くなりました。クリエイター、負けるな!!!笑
ヒヨコ

ヒヨコの感想・評価

4.3
最高に面白かったです!
最後迄、
見る側の手を引っ張って行くのではなく
おいでおいでと誘ってくる感じ
どうなるの、どうなってるのと
見てる最中に
見事に思考をフル回転してしまいます
途中落として行った荷物を
拾い上げた見る側に
それを荷物のままで残す事はなくて
見事にスッキリするくらい全部回収してくれた!
>|