ハッピー フィートの作品情報・感想・評価・動画配信

ハッピー フィート2006年製作の映画)

Happy Feet

上映日:2007年03月17日

製作国:

上映時間:108分

3.2

「ハッピー フィート」に投稿された感想・評価

マット

マットの感想・評価

5.0
アミーゴスかっこいい。ラストシーンでマンブルの心の歌にあわせてたくさんのペンギンが踊るシーンが感慨深くて最高。
13年位前に貰ったDVDで観た。DVDがボロボロで後半が観れなくなってる程、子供達がよく観てた。小さい子だけじゃなく、大人しか分からない笑いと、感動と、懐メロで大人も楽しめる。『Sing』もそんな感じ。『Happy Feet』もノリノリのアニメーション映画だったの忘れてた。『Trolls』の他に、『Rio』もノリノリだった。つい、足でリズムを取ってしまう。やっぱり私はNo Music No Life体質なんだなぁと実感。

13年前は感動しなかったのに、今回観たらウルウル感動したのは、育児経験の後だからかも。ペンギン社会では、ママがフィッシングで、お父さんが(卵)子育て。動物の世界でいつも思うのが、誰が誰だかよく分かるなあと感心。

『Sing』でも使われた曲、ポールマッカートニーの「Golden Slumbers」と共に宇宙から地球、南極に入っていくシーンが好き。

Hugh JackmanがNicole Kidmanとmash-upデュエットで、Elvis Presleyのものまねで歌が上手くてビックリ。『The Ramen Girl』で西田敏行と好演したBrittany Murphyも、クイーンの『Somebody to Love』など歌って、上手くてビックリ。良い女優さんだったのに。

イライジャ・ウッドでホビットっぽいMumble。ロビン・ウィリアムズがRamón, Cletus, Lovelace、ナレーションといくつもこなしてる。メキシカンスパニッシュ訛りの英語を話すペンギン達が笑える。長老の声が、Hugo Weavingとは分からない。

いろいろ考えさせられる対比。父と子、母と子、マジョリティ対異端児、若者達対長老達、ペンギン対過酷な自然、ペンギン対人間。

「(人間が)Waste every living thing in their path.」 So true😩

親子、世代の意見相違は、リベラルVs.保守派で、スクールシューティングを止める為に銃規制をしようとする民主党と銃の権利を訴える共和党の意見の相違を思い出す。どっちが正論かは一目瞭然。オーストラリアが成功した様に、(銃の)刀狩り。

ダンスパフォーマンスで大勢の動きがシンクロ、一致するのって鳥肌だなあと『glee』でも思った。

映画の一番のメッセージ「Don't eat "Yellow snow"」😆

宇宙視点から地球をみるシーンで終わるのが良い。
北川

北川の感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

最初の方は南極の景色を綺麗に描いたCGや可愛い子ペンギンあたりは良いと思ったけど、成長したあたりからもぜんぜん盛り上がらないし面白いところがあまり無かった 歌もアレンジがあんまり良くないし、プリンスによる主題歌以外は使われ方も含めて魅力を感じなかった
とってつけたようなドタバタシーンも面白みに欠ける上、アザラシとシャチのシーンのラストの画が同じなのは流石にどうにかならなかったのか 登場人物も、造形とキャラクターがみんな魅力的じゃなく、感情移入できなかった 人間がどうこういう終盤の展開も強引で「?」という感じ
そして、テーマでもあるタップダンスだけど、アデリーペンギン達を南米のキャラクターにしてるなら、キャストを白人で固めたコウテイペンギン達はヨーロッパ系の人々になるわけで、そのコウテイペンギンが元は黒人の物であるタップを始めてみんなに布教するというのはポリコレ的にどうなんだろう
ジョージ・ミラーだしアカデミー長編アニメ作品賞獲ってるしでちょっと期待してただけに、だいぶ期待外れだったと言わざるを得ない
あと関係ないけど、大量のペンギンがダンスするシーンで、FireTV Stickが処理できないで毎回カクついた
日和

日和の感想・評価

4.5
なんかあんまり可愛くないペンギンがよくわからないけど踊る映画──
と思って敬遠してた公開当時(中学生)

ペンギンに興味を持って、いろんな文献や論文やらを読み漁ったり、水族館に通ったりする過程で、そういえばそんな映画あったなと思って鑑賞してみてびっくり。
すごい映画だった。
ペンギンの習性や彼らを取り巻く環境が、非常に丁寧に映画の中に落とし込まれている。
擬人化されたキャラクターとしても、心うたれるものがあるのではないだろうか。特に、世の中にうまく溶け込めずに苦しんでいる現代人が観たら。私は、主人公の葛藤と成長に感動し、勇気づけられた。

ただ、ペンギンに興味のない人がみて、そこまで読み取ってくれるかというと、難しいところかなぁと。
後半の展開は少し急で、でも、行動した先に未来があるというメッセージだろう。
私は好きです。
ゆら

ゆらの感想・評価

3.7
初見
かわいい!!!
強引なストーリーではあるけど、平和で幸せ。
ヒュージャックマン歌うますぎ

このレビューはネタバレを含みます

せっかくキャラも声も曲もいいのに全てが半端な感じがして惜しい。
良かったところが多い分、問題点が気になってしまう。
人間が問題ならシャチとか動物との戦いはそこまでいらないし、水族館からどう出てきたのかとか分からなくて後半が急ピッチすぎる。
最後ももっと歌って踊って盛り上げて良かったのでは?
曲者じいさんとかもちゃんと回収してほしい。色々半端。

英語版グローリアの声がすごく好き。
ako

akoの感想・評価

3.2
ペンギンが好きで、ずっと見たいと思っていたら地元の小さなプロジェクターで無料鑑賞イベントがあることを知り、行きました♪ その空間もとても好きで映画にのめり込めていたなあていうことしか覚えてないです😅たぶん、かわいかったし面白かった。ペンギン滑りはいつ見ても好きだなあ笑
最高満点

3回も見たw


フォローワーのみんな
ツイッターの方もフォローよろしく!!
ここ押すとリンク押せるよ
フォロバするよー
https://linktr.ee/verbonjoo
Yuta

Yutaの感想・評価

3.2
フィルマークスの評価低いな
なんでやろ
って前半思ってたけど、後半の流れで納得
無理矢理すぎ〜
あの終わり方でええんか?!
全て丸く収まってハッピー
みたいな感じやった
小学生の頃にめっちゃこの映画の名前聞いたことあって気になってた
小学生の頃に観てたら感想は絶対に違った
ペンギンちゃんとかシャチとか結構リアルに描かれてて、アシカなんか怖った笑
*
環境問題とか人間関係(ペンギン関係とも言うんでしょうか…笑)も濃く描かれてて大人も子どもも一緒に楽しめる映画やと思いました
襟

襟の感想・評価

-
所持

擬人化成功例の作品。
ペンギンを通して人間が見えると思いました。
主題がとてもエンタメで家族で観られる点と、メッセージ性がしっかりしている点を両立していることが凄いと感じました。
>|