シスターの作品情報・感想・評価

「シスター」に投稿された感想・評価

14歳が撮った映画として売りにしてたが
それを考慮するのはフェアではなく普通にB級の作品として鑑賞したが大して引き込まれなかった。

POVとドキュメンタリーぽさを混ぜてはいたがグロさや残虐な表現など特になく監督が14歳だからその表現ができなかったのか演出の面でも制限されて出来上がった作品のようにみえてイマイチだった。

しかし14歳で音の演出や何より1作品作り終えるのは凄いと思った。

大人の事情が絡まなくなりもっと殻を破れるようになったら素晴らしい作品ができるとおもう。

B級の中での話ですが
14歳が撮った本格ホラーなんて触れ込みがあればついつい観ちゃうもんだけどがっかり。子供ならではのデタラメでバカバカしいんだけどちょっとだけ「おっ、これは」と思わせるヘンテコ映画を期待してたらPOVを中途半端に使った単純に出来が悪いだけのホラーだった・・・。
トマト

トマトの感想・評価

3.0
監督が14歳ということですが、そこを考慮するのもフェアじゃないよなぁと思いつつも「これ14歳かぁ…」と思いながら見てました。
ブツブツのカットとか気になる部分はあれど、怖いっちゃ怖い。ただ怖いところのピーク?が肩透かし食らった感がありますね。キルシーンを見せないとことか。血の量とか。悪魔になんかされてる人が「なにも見えない!」とか「血だらけだ!」みたいなシーンはよかった。
画がなんか安っぽい気はするものの、POVだとそんなに気にならないです。
話は凡です。ビックリするとこ多くて怖かった。
horahuki

horahukiの感想・評価

2.8
養子として家に迎えた双子の少女が突然取り憑かれたようにおかしくなり、周りの人が次々に失踪し始めるサスペンスホラー。

監督が撮影当時14歳だったというのが驚きです。14歳でこんなの撮れるのが単純に凄いと思うんですけど、それ以上にどういう経緯で映画撮らせてもらえることになったのかが気になる。めっちゃ実家が金持ちとか、製作会社の重要なスポンサーの家の子とかなのかな。

あらすじ…
里親として双子の少女を家に迎え、最初は3人で楽しく暮らしていたが、ある日を境に双子の様子がおかしくなる。それと同時に、家の近くで気味の悪い男を目撃するようになる。里親を取材するテレビスタッフが来て、インタビューしてる時に、いきなり里親が失踪。いったいこの家で何が起こっているのか…という話。

フィルマの評価も低いし、監督が14歳ということでダメダメなポンコツ映画かと思ってましたが、これが割と面白かったです。

演出や構成がうまくいってるかというとかなり微妙で残念な出来なのですが、物語自体はしっかり考えられていて、少なくとも14歳で撮ったとは思えないクオリティ。

まず糸電話を使った暗闇演出が面白い。一本の糸で、暗闇が広がる彼方と繋がってしまったかのような恐怖シーンはナイスなアイデア。かなり唐突ではありますけどね。カメラの端に突然現れる謎の男の映し方も、明らかに場違いな異物感を纏っていて不穏な空気を醸成するものとして凄く良い。

ただ気になるところも多かったです。まず、シーンの繋ぎ目が雑過ぎて見づらい。それぞれのシーンがどこかで見たことあるようなものばかりで、今まで見た好きなホラー映画の好きな演出を乱雑に繋ぎ合わせただけのような印象を受けます。ひとつひとつのシーンに脈絡がないんですよね。双子の少女以外の登場人物たちは、どっか行って戻って来ての繰り返しで、リレー形式で次々に変わっていくのですが、特に良い効果を生んでいたとは思えず、まとまっていない印象。

ただ、それぞれの演出は最低限のツボを押さえてるものが多くて良かったです。でも好きな演出をコピーしてるようなもんなので監督の力量かどうかはちょっと微妙ですけどね(^_^;)恐らく、めちゃくちゃホラー映画が好きなんだろうな〜と思います。14歳でこんなの撮れるのなら将来有望ですね。いずれ大傑作を撮って欲しいです♫
雰囲気は良いと思うし、14歳の監督と聞けばなかなかによく出来てると思う。
しかし、ホラー映画という目線で見ると恐怖を感じる場面はほとんど無かった。
SAVE

SAVEの感想・評価

-
14歳監督作のフレンチホラー。
シナリオは悪くないものの、POVを多用しすぎて苦手な人は酔いそうだったり、シーンの切り替えが多すぎて展開がわかりづらい、登場人物がそれなりに多いのに説明不足でキャラが薄い……など、全体的に見づらい映画でした。
でもまだ14歳、これから沢山映画を撮って、実力をつけて、何年か後にでもリメイクしてほしい。
殺るシーン見せない(笑)
POVに悪酔いしながら…
ブチブチ‼カットが切れるから内容が入ってこない(-。-;)

酔い止め💊飲めば良かったか
( ´༎ຶㅂ༎ຶ`)
nG0

nG0の感想・評価

2.4
ぶつ切りカットが多くて10分ごとに「お前誰?」状態になる。
プロット自体は悪くないから全編POVにすればそれなりに観れたかも。

14歳の監督のわりにはよく出来てると思った。10年後にセルフリメイクしてほしい
Naoya

Naoyaの感想・評価

1.7
姉妹のアナとエミリーを養子に迎えた女性。母になるという夢を叶えて幸せの絶頂にいたが、姉妹の様子に異変が現れ始める、フランス産のホラー作。序盤の不穏な雰囲気は良いが、その後はワンパターンかつ、恐怖描写がチープ。ホラーとして、不穏さを難しくし過ぎている感があり、展開が悪い意味で読めない内容で、軸がブレているように感じてしまう。ネイサン・アンブロジオーニという、弱冠14歳の新人監督が手掛けた作品であり、意欲的な場面は伝わるが、王道ホラーとしての単純さがあると良かった感はある。(DVD)
粗があろうが、
自分が14歳の時にこれを撮れるのかと
考えてみると、
この監督は凄いと思いました。

既存の作品に似てるから
ダメ というより、
"似てる"というレベルまで
ホラーとして作り上げれてることのが凄い。

中2で映画撮って、
観てもらえるってすごいなぁ、、。

ありがとうございました!
>|