ペンギン・ハイウェイの作品情報・感想・評価

「ペンギン・ハイウェイ」に投稿された感想・評価

kaoruco

kaorucoの感想・評価

3.8
甘酸っぱいようなほろ苦いような、それでいて爽やかな、複雑な余韻を残す夏の終わりにふさわしいファンタジー。宇多田ヒカルの歌もその雰囲気によく合っていて印象的。理屈で読み解く物語ではなく、純文学の味わいを感じた。
主人公の北香那さんが完璧に男の子の声で驚き。
ono

onoの感想・評価

4.1
ダントツぐさっときたセリフが
アオヤマ君『大人になるまであと3750日、どんだけ立派になっているか想像もつきません』
白風

白風の感想・評価

3.5
アニメーションが美麗。
ストーリーもSF・セカイ系などの要素がいい具合に混ざっていて面白い。
純粋に楽しむこともできるし、何かの比喩かとあれやこれや考察することもできる良い映画だった。
kome

komeの感想・評価

3.5
日常の至る所に別世界への入り口が隠されてるのは『夜は短し歩けよ乙女』と一緒。その別世界が絶妙に狂ってていいな〜。
同じ森見登美彦原作でも作り手が変わるとこんなにも印象変わっちゃうのかぁとも思った。
comasako

comasakoの感想・評価

3.8
あんな素敵なお父さんいたら、そりゃあ、こんないい子に育つよねぇ。
わりと大人な切ない話だった。
この謎は解けなくてもいいと思った。
怒りたくなったらおっぱいのことを考えれば良いんだ。心が平和になるからね
M川A氏

M川A氏の感想・評価

4.0
泣いた...
でも説明しすぎ。しかも全部は説明しきれてないからいっそ全部省いて、超感覚映画にして仕舞えばよかった。終盤が物語としてのまとまりを求めてしまって残念。
しかしキネ旬ベストテンは硬いのでは?と思ってる。
お姉さーん。ジュブナイルの入れ物に大人の考える子供の入った作品。面白いよ。
リョウ

リョウの感想・評価

3.9
ごりごりSF、ときどきオッパイ

少年の一夏のSF大冒険。
街に突然ペンギンが現れるという可愛い設定だが、しっかりとSFしていて驚いた。『新世紀エヴァンゲリオン』や『涼宮ハルヒの憂鬱』などのSFアニメの系譜であると思う。またSF要素以外にも、少年の年上女性への憧れや、子供の大人に負けたくないという反抗心なども描いており、ジュブナイル作品としてのレベルも高い。
なんだかんだ、毎年夏に観たくなってしまうジュブナイルSFアニメに仕上がっている。
公開初日初回に観させていただきました。他の方々も仰られているように、この作品はその世界観を純粋に感じることで楽しめるんじゃないかなと思った。
>|