ペンギン・ハイウェイの作品情報・感想・評価

「ペンギン・ハイウェイ」に投稿された感想・評価

ふーが

ふーがの感想・評価

3.7
しっかりした甘酸っぱさと映像化したがいのあるクライマックス。
KentO

KentOの感想・評価

3.1
わすれとった

愛すべき森見登美彦作品ということで…

「出木杉くんのものがたり。」

なるほど、確かにそうかも
もがみ

もがみの感想・評価

3.1
ペンギンは可愛かったし絵が綺麗だった。
謎な点がたくさんあってこの伏線はどこで回収されるのか、と思いながら観てたら謎は謎のまま終わってしまった、、、
なんでもかんでも分かりやすい答えを求める大人へのアンチテーゼなのかな笑
頭を柔らかくしてから観ることをおすすめします。、
hanz1013

hanz1013の感想・評価

4.5
「青山くん」と「お姉さん」とその周りで起こるペンギンにまつわる不可解な事象の謎を解いていく話。

少年がめちゃくちゃ賢すぎるのでどこか感情移入できずイラッとくるかと思いそうだがそんなことは一切なく、「おっぱい」に興味深々という設定のおかげでとても親近感があり憎めないキャラクターになっている。

またお姉さんも突出して美人というわけではないけれど(青山くんがそう感じているように)とても魅力的だ。

「 The 女は愛嬌 」な映画だった。
振り返り記録。
「出来杉君がお姉さんと一緒に冒険する話」との前評判を聞いて、俄然興味が湧いていた。

以下、気になる点など。

・本作の舞台がいつの時代なのか少し気になった。映画公開時である2018年と同じか、その少し前であろうと思うが、主人公たちが何か物事を調べようとするときにインターネットが全く出てこないのが若干不自然に思えた。

・アオヤマ君のお父さんは、一体何者なんだろう。アオヤマ君にノートの使い方や思考法を教え、静かに見守るスタンスはとても素敵だ。

・後から原作を読んだのだが、文章の「ちょっと長いな」と思う部分が映画ではそぎ落とされており、とてもテンポの良い映像化作品となっていた事が分かった。
シオリ

シオリの感想・評価

3.5
タイミングよく時間が空いたので、行ってみたかった出町座で観た。
何というか色んなものを想起させられる映画。監督のフェティッシュが詰まってるんだろうなあ。あと、『台風のノルダ』にやたら似てるなと思ったらスタジオとキャラデザが同じ人でした。
とりあえず蒼井優は最高ね
もろふ

もろふの感想・評価

3.0
原作を見ていないからか、正直よく理解ができなかった。
ペンギンが可愛らしかった。

このレビューはネタバレを含みます

元・図鑑大好き(かつペンギン大好き)少年の僕からすると、めっちゃくちゃ"分かる"映画だった。

子供ながらの探究心が、めちゃくちゃディテール豊かに描かれていた。
特にアオヤマ君のノートの表現には感激した。
一見雑然としながらも、フォーマットやアイテムそのものに1本しっかりしたこだわりがあるのがビシビシ伝わってくる。"分かる"…!!

見守る(多分昔は同じような子供だったんだろう)パパ達の姿勢も素敵だった。自分にもこういう素敵な"先生"がいて、思い出してグッと来た。

結末をいえば、アオヤマ少年達と同様、ヘンテコ現象のほとんどは最後まで全く解説なし。
「ペンギン・エネルギー」とは何か、「お姉さん」は結局何者なのか、「世界の穴」はなぜこの町に、なぜ空いたのか、、観客にも子供たちにも分からないままだった。

個人的には、それが良いと思った。
子供の頃、気になったこと、夢中になって調べたこと、そのモチベーション…
子供の"研究"なんて、ちゃんとした設備がない以上限界があって、謎のままフェードアウトしていくもの。
自分もそうだった。

でも、その中で出会った人、思想、成長、悩み…があって、それは今の自分を形成している大事な要素だと思う。

「子供時代の、未熟だけどキラキラした"研究"過程はムダじゃない」というのが、1つのメッセージな気がする。

また、ヘンテコ現象の解明には至らなくても、アオヤマ君は明らかに成長して、最後にはずっと分からなかったある真理に辿り着く。
希望があって、忘れてた純粋な少年心を思い出させてくれて、素敵なラストだった。
久野美咲オブザイヤーの一本です。

アオヤマくんのおっぱいに対する純粋な興味。
この映画におけるお姉さんとおっぱいはアオヤマくんの成長を測る基準です。
「お姉さんのおっぱいは気になるがオカンのはどうでもいいのはなぜだろう」という問いへの答えを一夏の冒険を経て成長したアオヤマくんは見つけます。

っていう映画を夏休みにファミリーに向けてぶっ込んでくるの割とチャレンジだなって思いました。

オチに関してはあのオチじゃないとアオヤマくんが博士を志す理由がなくなるのであれでいいんだと思います。
全部解決したらそれで終わっちゃうので。
名作は総じて謎を残し観客に咀嚼させると相場が決まってるのです。(多分)
モコ

モコの感想・評価

2.0
最後まで何も分からないまま終わってしまった。
この映画のテーマってなんなんだろう?


他の人のレビュー見ると、何か感じ取れた人はきっと楽しめたのだろうなぁ…と
みなさんが感じ取っていることは同じなのかな…私も分かりたいよ…
>|