ペンギン・ハイウェイの作品情報・感想・評価

ペンギン・ハイウェイ2018年製作の映画)

上映日:2018年08月17日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

あらすじ

小学四年生の少年アオヤマ君は、一日一日、世界について学び、学んだことをノートに記録する。利口な上、毎日努力を怠らず勉強するので、大人になったときにどれほど偉くなっているか、見当もつかない。そんなアオヤマ君は、通っている歯科医院の“お姉さん”と仲がよく、“お姉さん”はオトナびた賢いアオヤマ君を、ちょっと生意気なところも含めかわいがっていた。ある日、アオヤマ君の住む郊外の街にペンギンが出現する。海の…

小学四年生の少年アオヤマ君は、一日一日、世界について学び、学んだことをノートに記録する。利口な上、毎日努力を怠らず勉強するので、大人になったときにどれほど偉くなっているか、見当もつかない。そんなアオヤマ君は、通っている歯科医院の“お姉さん”と仲がよく、“お姉さん”はオトナびた賢いアオヤマ君を、ちょっと生意気なところも含めかわいがっていた。ある日、アオヤマ君の住む郊外の街にペンギンが出現する。海のない住宅地に突如現れ、そして消えたペンギンたちは、いったいどこから来てどこへ行ったのか…。アオヤマ君はペンギンの謎を解くべく研究をはじめるのだった。そしてアオヤマ君は、“お姉さん”が投げたコーラの缶が、ペンギンに変身するのを目撃する。ポカンとするアオヤマ君に、笑顔のお姉さんが言った。「この謎を解いてごらん。どうだ、君にはできるか?」“お姉さん”とペンギンの関係とは?そしてこの謎は解けるのか?少し不思議で、一生忘れない、あの夏の物語。

「ペンギン・ハイウェイ」に投稿された感想・評価


主人公のキャラクターが圧倒的にいい!

それと、登場人物すべてが「それぞれのキャラ感に沿って」本筋に関わってくる巧さにやられた…。

アニメキャラはステレオタイプになりがちだけど、この作品は、ひとりひとりが人間らしい。

行動にちゃんと動機付けがある。

そこが際立って良かった作品だった。
ヒツジ

ヒツジの感想・評価

3.2
映像とおねショタは満点で露骨な性表現に頼らずにフェティシズムを掻き立てられる描写は一見の価値あり

ただしストーリーは2時間というアニメ映画にしては長めの尺を取っておきながら間延びしたシーンが多いからか起承は良いのに転結部分があまりにも雑に感じた
bandovi

bandoviの感想・評価

3.6
ペンギンに乗って街を疾走するシーン、鳥肌たった。


瑞々しいジュブナイルが、森見登美彦特有の「ペンギン」「お姉さん」「海」「ジャバウォック」といった語彙で描かれる。
それを見事アニメーションで繊細な絵に落としこんでいて素晴らしい。

森見作品だから観に行ったという人でなければ荒唐無稽さに賛否両論なのでは。

勝手な解釈で少年期の一夏の冒険に意味合いをつけることはできる気がするけど、無粋。感じるままに受け取っておけばいい。


…クソ評論おじさんレビュー風じゃん。笑
面白かった〜〜
まむむ

まむむの感想・評価

3.3
原作は読まずに観賞。
森見登美彦ワールド全開の摩訶不思議なひと夏のジュブナイル、といったところか。

とにかくペンギンとハマモトさんが可愛いかったなー。

蒼井優の"おねえさん"もいい感じだった!

あと、主役のアオヤマくんの声がバイプレイヤーズのジャスミンこと北香那でビックリ!巧すぎでした。
カモメ

カモメの感想・評価

4.2
前評判仕入れず見に行きましたが、とても良かったです。
SFジュブナイル的ストーリーに、お姉さんとの初恋。アニメ映画としての完成度は高く、ストーリーは王道なんですが、SF作品としての面白さも持ち合わせており、普段アニメを見ない層の方にもオススメ!
ペンギンのデザインが無表情なんだけれど愛嬌のある感じでとてもかわいい。グッズ化しやすそうだなぁ、なんて思ったり。

○学者肌で日々の疑問を研究するアオヤマ君。ある日突然町にペンギンの群れが現れる怪事件が起こり、それを「ペンギン・ハイウェイ研究」として調査をする。憧れの歯科医院のお姉さんとペンギンの関係に気づきさらに調査をすすめるが……。

私が見に行った回はファミリーが多かったのですが、小さいお子さんには内容を理解するのは難しいかも。けれど、ペンギンが出てくるだけで可愛いですし、小さいお子さんにはSFというよりファンタジーとして見えて楽しいんじゃないかなぁと思いました。

主人公のアオヤマ君は聡明で頭もよく冷静な観察眼も持っていて、口調は大人びていて、けれど年相応の子供っぽさや下心だったりも持っている。そんな自然な描かれ方が良かったです。
ネタバレになるので避けますが、彼の人生哲学を友人のウチダ君に語ったシーンでは、短いながら真理が詰まっていてツボでした(笑)
パンフレットでは、劇場ではちらっとしか見れなかったアオヤマ君の研究ノートの数々が見れるのでオススメです。

スタジオコロリド制作ですが、エンディングではプロダクションI.Gやシルバーリンクなどのスタッフの名前もあり、日本のアニメーションの集合という感じ。
トレイラーの映像や、ポスターにもなっている大量のペンギンに乗った二人が駆け巡るシーンは鳥肌ものでした。
日常が舞台なので、途中までは作画すごいなぁ~と思う事はそこまでありませんでしたが、ラスト付近の力の入れようはすごい!
c191m

c191mの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

自分もよくこんなことしてたなあ、というノスタルジーから、どんどん妄想空想が広がっていってファンタジーに飲み込まれる感じ
ペンギンの描写が最高すぎて劇場売店でぬいぐるみを買ってしまいました

「海」の正体の説明がざっくりしてた気がするけど、SF映画インターステラーで簡単な説明がされてたやつですね
moi

moiの感想・評価

3.8
小説を昔読んでて、映画化をとても楽しみにしてた作品!あのペンギンとコーラの場面を、アニメで色も動きもついたかたちでみられて感動。
お姉さんが終始よい。かわいすぎる。
一生忘れられない、夏の思い出なんだろうなぁ。
UNO

UNOの感想・評価

3.7
‪『ペンギン・ハイウェイ』‬
‪怒りそうになったら“おっぱい”のことを考える、心穏やかに。子ども達の好奇心は懐かしく、ファンタジーとの融合も良い塩梅。不思議な体験を経て、少年は大人の階段を登る、淡く切ないジュブナイル。忘れられない夏、忘れられないお姉さんのおっぱい💯夏の終わりに相応しい。‬

このレビューはネタバレを含みます

爽やかかつ考察の深みを両立させた珍しい作品だった。
かなり難しいことをやっているし、それを映像化してんのは凄い。なのに直感的に感動もできる。
クライマックスはペンギンの物量と動きに圧倒される。

序〜中盤で少しボーッとする間延び感みたいなのがあったが、後半すごい。
『夜は短し歩けよ乙女』に続く、原作・森見登美彦×脚本・上田誠のタッグ。ただ制作は、長編作品初となる“スタジオコロリド”という見知らぬ制作会社。そのため、鑑賞前は一抹の不安があったものの、それは杞憂に過ぎなかったよう。
真夏の青空が眩しすぎる、正統派なSFジュブナイル映画。そして、瑞々しく美麗で、それでいて滑らかに動く作画が気持ち良い。新たな夏の定番映画といえよう。

ちょっと背伸びしがちな小生意気な主人公“アオヤマ君”、そんな彼のモノローグではじまるのが小気味良い。彼が未知のことを純粋に探求する姿は胸が躍るものがあった。
そして、そんな彼が特別な想いを寄せる“お姉さん”。このキャラクターがとにかく素晴らしい。自然体な振る舞いに見え隠れするミステリアスさ。大人の余裕さ。声を演じる蒼井優のいやらしくなさ。この絶対的な“お姉さん性”、とにかくすべてが良い。絵も美し過ぎないのも良い。エンドロールで気づいたのだが、キャラクター原案が久野遥子とのことで納得。

ストーリーは、町に突如現れたペンギンたちの謎を追う冒険もの。次々に起こる不可解なできごとに、純粋な好奇心を持って挑む姿は痛快。ただ、クライマックスの展開はちと情報量が多く、着いていけない部分があった。いつしか、自分から少年の頃ばりの柔軟さが失われてしまったのかもしれないと少々気落ちしてしまった。
>|