夜は短し歩けよ乙女の作品情報・感想・評価

夜は短し歩けよ乙女2017年製作の映画)

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:93分

3.8

あらすじ

クラブの後輩である“黒髪の乙女”に思いを寄せる“先輩”は今日も『なるべく彼女の目にとまる』よう ナカメ作戦を実行する。春の先斗町、夏の古本市、秋の学園祭、そして冬が訪れて...。 京都の街で、個性豊かな仲間達が次々に巻き起こす珍事件に巻き込まれながら、季節はどんどん過ぎてゆ く。外堀を埋めることしかできない“先輩”の思いはどこへ向かうのか!?

「夜は短し歩けよ乙女」に投稿された感想・評価

森見登美彦の世界観がものすごい
ナイスアジカン
manaaaax

manaaaaxの感想・評価

3.3
ロマンチストにはありがたい映画。
見どころがミュージカル調だったのは残念だったけど、いい言葉たくさんもらた。
こんな一夜、限りでも満足でしょ。

でもやっぱ有頂天家族が好きだなぁ
ikepiyoooo

ikepiyooooの感想・評価

2.0
小説の方がやはり、いい。
想像力掻き立てられるくらいが、よいな!
sa

saの感想・評価

3.8
小説のほうが好きだけど、ぶっとんだ映像は最高だし、四畳半のアニメからつづくキャラがたくさん出てきて楽しかった
Meg

Megの感想・評価

2.6
有頂天家族といい森見ワールド全開な感じ

原作を読んでた方がもっと楽しめたのかな~?
文学的な言い回しが好き
あと事務局長扮するリンゴ姫がお気に入りです
KIRYU

KIRYUの感想・評価

3.7
森見登美彦の小説で一番好きな話。
映画に収めるために色々省略してたりオリジナルがあったけど、ミュージカルを少なめにして九龍城が見たかった。
浅沼さんの声がよかったけど、星野源の演技は思ったより普通だった。というかただの星野源だった。
クライマックスのアニメーションはすごかった。けれどジョニーの意味わかるのだろうか笑
あおい

あおいの感想・評価

3.2
夜は短し恋せよ乙女!

中村佑介の絵が何とも言えない雰囲気を醸し出し、アジカンの主題歌で最後も盛り上げてくれるアニメ。

◎ストーリー
黒髪の乙女に想いを寄せる先輩は、長い長い京都の夜をひた走る…

あまりにも評価高くて、期待値が上げすぎたからかそこまで楽しめんかった。原作読んでた方が良かったんかな。

いかにあの独特な世界観がハマるかどうかが、今作を気にいるかどうかの分かれ目になりそう。自分はもうちょい真面目系な純愛ものを想像してたからあかんかったんかも。

ベースは恋愛ものやけど、ほとんどは京都舞台のドタバタファンタジー。冴えない先輩や黒髪の乙女、他のキャラにも魅力たっぷりで、中村佑介の絵もアジカンのパケ写とかで個人的にめっちゃ好きやねんけど、動くアニメには向いてないように感じた。

でもラストの展開にはときめいたし、黒髪の乙女みたいな素敵な後輩がいたらシンプルに羨ましいのは間違いない。あとやり直せるなら京大でのキャンパスライフも良さげやなって思った。

パンツ総局長のロバート秋山とロッチの2人には笑った( ^ω^ )
こんなに濃くて一晩だなんて、、映画の中のわりとぶっ飛んでる話だとわかりながらもなんか羨ましいなあと思った。文学的な言い回しの台詞とセンス溢れるアニメーション、、◎
TK

TKの感想・評価

3.6
小説の内容が映像化されたことで、より共通のイメージを共有することができるようになった反面、
各々が抱くこの小説のイメージの柔軟性が損なわれたようにも感じるが、
映画は映画として、小説は小説として認識すると、それぞれの良さを見出すことができると感じた。
chn126

chn126の感想・評価

4.2
四畳半神話体系がとても面白かったのでこれも見たいと思ってました

そしてやっぱり面白い!
普通のアニメに比べると世界観がかなり独特。だけど題材は普通の大学生の恋。しかも慌ただしいのにたった一晩の話!!

色使いとか背景とかお酒を飲む表現1つをとってもセンスの塊のようなアニメーションで言葉セリフもなんかいちいちセンスがいい。大人のおしゃれアニメってみなさん書いてたけどほんとその通り

さらっと言ったセリフで伏線回収しちゃうしセンスと勢いだけでなくちゃんと話が上手いことまとまってて素晴らしかったー
>|