夜は短し歩けよ乙女の作品情報・感想・評価

夜は短し歩けよ乙女2017年製作の映画)

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:93分

3.6

あらすじ

「夜は短し歩けよ乙女」に投稿された感想・評価

mino

minoの感想・評価

2.8
昔の記憶。
くにゃくにゃしてて気持ち悪かった。

もともと荒唐無稽な話を、具体的な画で見せられて悲しくなった。

映画見たあと、小説を読みたくなった(おいらの妄想力の方がおいらに合っている。当たり前かw)

星野源はいなくても大丈夫。

そんな感じ。
scotch

scotchの感想・評価

3.0
???独特の世界。合わなかった。
まず絵がダメだった(もちろん個人的好みの問題です)
京都の大学生の夜通し飲み歩き?恋ばな?話もさっぱり…何が面白いのでしょうか(笑)
芸術家向きの作品のような気がします。凡人の私には理解不能でした。
れん

れんの感想・評価

3.5
ご縁の物語"ナカメ作戦"

一夜とは思えない長い長いまるで1年にも思える夜

不思議な世界観、不思議な夜が繰り広げられる

"たまたま通りかかったものですから"
"それは奇遇だな"
lui

luiの感想・評価

3.0
★不思議な世界観にハマる人はハマるかも★

森見登美彦のベストセラーをアニメーション化した作品。
単色塗りでユニークな色遣いが多く、原作の不思議な雰囲気を上手く表現できています。

森見さんの作品は独特な言い回しが多い印象ですが、それが星野源さんの声にぴったり!

ただ、ハイスピードで訳もわからず進んでいく感があって、わたしはちょっと苦手でした。

ミュージカルのシーンと、アジカンのエンディングテーマは素敵。
RiHo

RiHoの感想・評価

4.5
森見さんと中村さんが好きだからな。
このタッグは、四畳半で見てたから間違いないし、アジカンも好きだし。
私の好きが詰まった作品だったな。
off

offの感想・評価

4.0
また原作読みたくなった
影響されて赤玉ワインと電気ブラン飲んだよ
ゼロ

ゼロの感想・評価

4.0
一晩に起こる京都の物語。

原作は小説家・森見登美彦さんの作品ですが未読です。映画としては、上映時間である93分をスピーディーに駆け抜けています。

物語としては、1年前から同じクラブの後輩である「黒髪の乙女」に恋をしている「先輩」が先斗町で、酒の席、古本市、学園祭と不思議な夜を過ごすことになります。

先輩は星野源さんが声優をやられていて、文学的な青年の役柄に合っていつように思えます。声優として上手いかは置いておくとして、拙い感じの喋り方が本作品には合っていたと思います。

原作の表紙にもなっている中村佑介さんの絵柄を完全表現し、アニメーションとしても癖のある雰囲気があります。昨今の絵柄とは一線を画しており、演出方法も独特であり、物語を加速しているのか、拒否反応を起こすか両極端な評価を得られそうですね。

京都には妖怪が住んでいるような摩訶不思議な住人と出会い、先輩と黒髪の乙女が距離を詰めていくのは良いかと思います。学園祭の演劇は少しくどい印象もありますが、バカを本気でやる青春ファンタジーな感じもあり好きでした。

たまにはこんな作品があっても良いんじゃないかと思います。
原作に忠実だし舞台となる京都や先斗町にも思い出はあるんだけど、あんまり…
せいけ

せいけの感想・評価

4.0
先輩のナカメ作戦は片想いしたことある人んら誰でも似たようなことは考えたことがありそう
いまいち一歩踏み出せない雰囲気と星野源の声が相性すごくいい
ドラッキーな映像演出は観ていて癖になる
極端に早口なセリフ、テンポ、キテレツな映像はハマる人とそうでない人の差は激しそう
単純に見ていて楽しかったが、原作の方が恋愛の距離感というところをうまく捉えていたとは思う
YUZO

YUZOの感想・評価

3.8
最初から最後までずっと楽しませてもらえた。もともと原作は読んでいて森見先生の描く世界観はカラフルでポップすぎて場面展開についていけないことがあったけど、この映画を観ることで原作の理解が深まり、原作を何倍も楽しむことができる作品に仕上がっている。

森見先生の描く登場人物はイラストレーター中村先生のデザインも相まって、一人ひとりキャラクター設定が際立ってるけど、それらが時に踊り、時に歌いとスクリーンを存分に駆け回る姿が愛さずにはいられない。
映画を観て原作をもう一度読んでみようと思った。
>|