夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

上映日:2017年04月07日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:93分
    監督
    湯浅政明
    脚本
    上田誠
    原作
    森見登美彦
    キャスト
    星野源
    花澤香菜
    神谷浩史
    秋山竜次
    中井和哉
    甲斐田裕子
    吉野裕行
    新妻聖子
    諏訪部順一
    悠木碧
    檜山修之
    山路和弘
    麦人
    中岡創一
    コカドケンタロウ
    あらすじ
    クラブの後輩である“黒髪の乙女”に思いを寄せる“先輩”は今日も『なるべく彼女の目にとまる』よう ナカメ作戦を実行する。春の先斗町、夏の古本市、秋の学園祭、そして冬が訪れて...。 京都の街で、個性豊かな仲間達が次々に巻き起こす珍事件に巻き込まれながら、季節はどんどん過ぎてゆ く。外堀を埋めることしかできない“先輩”の思いはどこへ向かうのか!?

    「夜は短し歩けよ乙女」に投稿された感想・評価

    京大生必須単位ということでレイトショーにて鑑賞

    1年のような1晩、1晩のような1年をすごす黒髪の乙女と先輩の姿がとても素敵

    左京区でくらす僕には
    あ、ここまんま!!
    という描写ばかりで、あれほど非現実的な作品なのに、どこか現実的に感じられた。
    観る前に、青春恋愛小説を元にアニメ化、との情報を得ていたので、ピュアな恋愛ものを想像して見たのですが、
    恋愛だけではなく、人間とはこんなに滑稽なものだという事をコミカルに、ファンタジックに描ちた映画で、いい意味で予想を裏切ってくれました。
    台詞のここそこに文学的な要素が垣間見え、かと言って普遍的なテーマの上で喋っているので共感することができました。声優さんのキャスティングが素晴らしく、違和感は全く感じず映画の世界に没頭できました。もしDVDがリリースしたら買いたいです!!
    独特の語り口調が気持ちいい。
    世界観の統一性、主人公のダメさ加減もすき。
    原作未読なせいか、深く理解できない点も多かったが、世界観を楽しむならアリ。
    原作未読ですが、最高でした!
    星野源さんってことで、この既視感は逃げ恥(?)という妄想シーンもちょいちょいあり、それが100万倍ハイセンスでアーティスティック。京都&京都大学愛に溢れた作品でした。大学人としてはすごく羨ましい。カクテルが飲みたくなるし、総長カレー食べたくなる。名言たくさんあったから、原作も読もうっと。
    ずっと待っててよかった……………よかった……………
    カメオ出演もめちゃくちゃ嬉しかったです……
    晴天のへきれきー♪
    面白かった❗ゲリラ演劇「偏屈王」がミュージカル仕立てなのがツボだった。
    先輩より黒髪の乙女が主役だったのがちょっと意外。小説は先輩目線だから、もっと先輩のじたばたが見たかった気もした。
    >|