若おかみは小学生!の作品情報・感想・評価・動画配信

若おかみは小学生!2018年製作の映画)

上映日:2018年09月21日

製作国:

上映時間:94分

3.9

あらすじ

「若おかみは小学生!」に投稿された感想・評価

Jun

Junの感想・評価

1.5
評判高い本作ですが、僕には「気持ち悪い」の一言でした。

本作で出てくる中で一番大人で一番他者を思いやり一番苦労しているのが小学生2人なんですよね。大人はみんなこの子達に甘えている。

大人が誰もできていない理想像を子供に要求している様が狡すぎて気持ち悪い。これを文科省推薦なのも、きっと国中の公民館や児童施設、学校で流されて都合良い姿を押し付けられているんだろう。

子供に期待があるのなら、それは大人が示して真似したくさせなくては。教育の責任を大人自身が放り出している事の象徴みたいな作品。

ラストシーンの謎の終わり方や説教くささもきつい。

鈴鬼君がかわいい事以外は何も肯定できない作品でした。
理

理の感想・評価

4.0
めちゃくちゃいいお話だった。
おっこちゃんが強くて優しい子だった。
最後は涙なしでは見れないし、
誰も拒まないお湯にふさわしい、若おかみでした!
幽霊のみんなも憎めないいい人たちばっかりだったね。いつか生まれ変わって会えた時のお話が見たいなと思いました。
おっこの素直さがとても良かった 動きが丁寧で、どのシーンもよかった
予想を遥かに上回る良さ。
物語の見応え、主人公の成長、魅力ある登場人物。どれをとっても期待以上。
かなりお勧めできる作品。
約90分の中でおっこの成長が色々な所から感じ取ることが出来て、最後はやっぱり泣いてました。笑
そら

そらの感想・評価

-
水領さんとお買い物をしてるシーンが1番おっこちゃんが子どもらしく生き生きして輝いてた!✨

誰かひとりでもおっこちゃんに頑張りすぎなくてもいいよって言って欲しかった気も…。

このレビューはネタバレを含みます

小学生の若女将が労働に生きる価値を見出し、さらには両親が亡くなった事故の加害者を許すという話です。

ちょっとひとりに色々背負わせすぎじゃありませんかね。無言のグロさがありました。

中盤のお姉さんとお買い物に行くところが好きです。
wat

watの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

子供向け作品かと思いきや、大人が見ても十分面白く感動できる作品でした。映像も綺麗なのと、作品の時間も丁度良く最高でした。
絵的にはあまり好きではないけれど評価が高かったのでいつか観ようと思っていた作品。事前情報無し。

両親を突然の交通事故で亡くした主人公おっこが、おばあちゃんの温泉旅館の若女将として成長していく話。

出来すぎた話ではあるけれど、宿泊する人たちの思いや背景と、それを包み込む女将やおっこ。こんな温泉宿いいなあと思う。
最初は鬱陶しい感じのユーレイたちや小鬼、ピンフリがだんだん愛おしい存在に変わっていくのもとても良かった。

でもちょっと残酷でもある。
あやめ

あやめの感想・評価

3.8
小学生の時、小説で唯一図書館で借りてた
青い縁取りの本
あの頃は小説でも中にイラストがあるものしか読めなかったな〜
実際に最後まで読み切れた事なかったから、初めて物語の内容知ったけど
思っていたより遥かに良いお話だった
>|