言の葉の庭の作品情報・感想・評価

上映館(1館)

言の葉の庭2013年製作の映画)

上映日:2013年05月31日

製作国:

上映時間:46分

ジャンル:

あらすじ

「言の葉の庭」に投稿された感想・評価

リく

リくの感想・評価

4.0
音楽も良かったが、この映画の見所はやっぱり雨の表現が凄いことだと思う。

秒速五センチメートルと同じく切なさで一杯だけど面白かった。

このレビューはネタバレを含みます

「入野さんが好きなら」とおすすめされていた映画。
相変わらず美しく、私の知ってる新宿と違う……となる。しかしながら、雨が降ってる時に駅のホームから見上げた、どこもタワーのあの感じは私も見たことがある。どこか異空間に繋がっていて、吸い込まれそうなあの感じ。すごくわかる。そしてそこから、雨に閉ざされた物語が始まる。

最後に結局雪野先生が帰ることを決めたのは生きるためというのはあるんだろう。あの辺ではもう仕事できないだろうし、家のバックアップがないと苦しいはず。それをタカオくんはどうすることもできないし、高校捨てるわけにはいかない。そうなるよなと思う。

階段のシーン良かったなぁと思う。ああいう激昂、入野さんすごく人に訴えるところある……。あのシーンのタカオくんはたぶん天邪鬼だったんだと思ってるけど、実際どうなんだろう。

行きたいところがあるならば、靴がなくても走っていけ。
泥まみれでも、濡れても、怪我しても。
Suama

Suamaの感想・評価

5.0
鳴る神の 少し響みて さし曇り
雨も降らぬか 君を留めむ


鳴る神の 少し響みて 降らずとも
我は留まらむ 妹し留めば
好きなテイストではあるけど、
ストーリーに納得感がなかった。
雨の日しかサボらないとか。
あっさりくっついたり、最後はあきらめたり。
いしだ

いしだの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

なんて美しい映画なのでしょうか…
新海監督らしい映像美はもちろんのこと、主人公の若さというか、あの年代独特の力強さと無力さとがめちゃめちゃに綺麗。
御苑でビールとチョコレートつまみたくなる…

秦さんのRainがこの映画のために誂えたのではってくらいマッチしてて素晴らしかったです。
かとう

かとうの感想・評価

3.0
新海誠、これくらいの尺でファンタジー抜きの現実を描くのが最も受け入れ易く説得力があるのではないか。ある意味では男子高校生のファンタジー的作品ではあるのだけど、意外にもスッと入ってきたので、軽く観ることが出来て良かったです。
aoka

aokaの感想・評価

3.0
綺麗です。美しい。
映像も音楽も雨も。
ストーリーにはあまりグッとこなかったんだけど、もう一度観たらもっと何かを感じられるかも。
雨の日の深夜に観たい。
Helen

Helenの感想・評価

3.9
きれいだけど現実味があってよかった
映像、音楽、登場人物の心もぜんぶ美しい
ymsn64

ymsn64の感想・評価

3.5
新海誠の性癖を凝り固めた作品
絵は綺麗だけどちょいちょいザワっとする。
 やっぱり、こういうの好きなのねぇ。

 絵と音楽の美しさがとんでもないわ。

 加えて、伏線の在り方もなかなか美しい。

 こんなのは とんでもなく 夢物語に近い話 ですけれど、魅了されてしまいますわぁぁ。

 まあ現代風な言葉で言うと、いわゆる

 “ノスタルジー感 半端ねぇっ”

 とかいうやつですわよ。

 確かに みたものすべてが愛おしく、懐かしく感じてしまう 作品ですね。

 
>|