言の葉の庭の作品情報・感想・評価・動画配信

言の葉の庭2013年製作の映画)

上映日:2013年05月31日

製作国:

上映時間:46分

3.6

あらすじ

「言の葉の庭」に投稿された感想・評価

nini

niniの感想・評価

-
全てが美しい。これから暫くは雨が降る度に思い出すんだろうなあ。

このレビューはネタバレを含みます

小説で読みましたが、最初は取っつきにくい感じですが、徐々に物語の関係するキャラの心情をよく分かりました。
しかし、牧野は殺すと思いました。
物語は、全ての登場人物の心情を知れるのは凄いわ
はるじ

はるじの感想・評価

5.0
ストーリーは近距離で見て、映像美を感じてほしいです。3D的なリアルさはないですが、アニメすげえって感じます。
映像が美しい…!!!!雨の一粒一粒の動きを見るために巻き戻して何度も見たりしちゃいました。
mi

miの感想・評価

4.3
短いのもあって心理描写はちょっと雑だしストーリーは割と王道だけど結構すき
KokiM

KokiMの感想・評価

3.5
金麦。

夏の恋愛って感じでいいね。

新海誠監督はこの頃から綺麗な風景多いのね。時間が短くて気軽に観れた
Y

Yの感想・評価

-
あまのじゃくだから観たことの無かった新海誠作品を初めて観た。
絵と台詞と音楽すべてが美しかった。
僕も年上のお姉さんと近しい関係になりたいでひゅ

いや、そんな映画じゃないよ!w

雨が好きな主人公。雨が降ると学校をサボって庭園で靴職人になる夢を叶えるべく靴のデザインを考えるのが好きだった。そこにある日、1人の女性が来る様になる…

この舞台設定は中々良い
出会うはずのない2人が2人きりで出会う、という特定のシチュエーションを作りつつ、内側にこもる2人の心情も表現している

ラストで2人がくっついてハッピーっていう安易な終わりにしなかったのは英断
そういう描き方が現実の苦さを出してる。でも、演出が良いのに、感情的にさせてボロボロ台詞で言わせちゃったりするのは説明的
繊細なドラマと映像美で人気を集めるアニメーション作家・新海誠監督が、現代の東京を舞台に描く恋の物語(5作目)。

靴職人になりたい15歳の高校生タカオ(声:入野自由)は、雨が降ると学校をさぼって公園(新宿御苑)で靴のスケッチをしていた。
ある日、謎めいた27歳のユキノ(朝からチョコをツマミにビールを飲んでいる、声:花澤香菜)と出会い、雨の日だけの再会を繰り返すうち、どうしようもなく好きになり、ユキノも心を通わせていく。
やがて、どこかで会ったことがあるこの女性が誰か分かり……。

「子どもの頃、空はもっと、ずっと近かった。だから、空の匂いを連れて来てくれる雨は好きだ。雨の朝はよく……」
「私ね、うまく歩けなくなっちゃったの」
「歩く練習をしていたのは、きっと僕も同じだと今は思う。いつか、もっと、もっと、遠くまで歩けるようになったら、会いにいこう」

~万葉集の短歌(柿本人麻呂)~
 「雷神(なるかみ)の 少し響(とよ)みて さし曇り 雨も降らぬか 君を留めむ」
~雷が鳴って雨が降ってくれれば、あなたを私の側に留めておくことができるのに~
「雷神(なるかみ)の 少し響(とよ)みて 降らずとも 我は留らむ 妹し留めば」
~雷が少し響いて、雨なんて降らなくても、あなたが望むならここに留まろう~

梅雨の始まる5月に始まり夏が来て、最後は雪の季節である翌年2月で終わる、繊細で純粋なラブ・ストーリー。
人生を進めなくなった恋人に靴をプレゼントしたくなるかな?
東京の街並みの詳細な描写は見事だが、それ以上にシーンの8割を占める美しい雨の映像に引き込まれる。
omatcha

omatchaの感想・評価

3.3
足のサイズ測るシーンが官能的で好きです

2021 No.177
>|