言の葉の庭の作品情報・感想・評価

「言の葉の庭」に投稿された感想・評価

M

Mの感想・評価

3.0
“雨が降ったら、君はここにとどまってくれるだろうか”

“雨なんか降らなくても、ここにいるよ”


雨の日って 憂い帯びていて何と無く雰囲気が好きって方にも お勧め。
miniplants

miniplantsの感想・評価

2.3
新海作品あんまり好きじゃないかも…ストーリーがいまいち解せん。
miku

mikuの感想・評価

4.5
ORIGOの食器にオムライスを入れるとあんなに美味しそうなのね
雪野先生は無類のittaraの食器好き

全ての雨がみずみずしかった!
20170903
新海監督作品、「君の名は。」、「秒速5センチメートル」、「言の葉の庭」、「雲のむこう、約束の場所」と見た中で、個人的には本作がダントツに好きだなぁ。映像もストーリーもとても儚く、そして美しい。たまたま同時期に見たからかもしれないけど、恋ならぬ孤悲を抱えた男女がにれぞれ歩き方を見いだして行くにという意味では「LA LA LAND」と通じるものを感じた。また観たい。

20180413
年始にテレビでやっていたのを録画していたので再度見てしまった。やっぱりいい。抜群にいい。閉塞感の中の救いと映像美。様々な対比が美しい。「どうせ人間なんてみんなどっかちょっとずつおかしいんだから(0:10:00くらい)」「27才の私は15才の頃の私より少しも賢くない。私ばっかりずっと同じ場所にいる(00:28:17くらい」という二つのセリフは染みた。

このレビューはネタバレを含みます

少年と休職中のお姉さんとの雨の日だけの出会い。

SF感は全くなし。他の作品に比べて地味め

シンプルで良かった
最後も少しウルッっときました
綺麗でした、映像も、音も。お話はまさかのそう言う展開?!とビックリしたけど、2人のそれぞれの想いも切なくて苦いけど美しく思えた。主題歌のRainにもビックリ。
開始10秒ほど、池の水面で
新緑のもみじの枝が揺れるカットが激烈に美しい。環境音もヤバでボロボロ泣いてしまった
まだ物語が始まってないのに、ヤバい美しさにブン殴られる感じ
視聴から5年経った今でもあの瞬間を覚えてるし、自分語りになっちゃうけど背景を描き始めるきっかけになった思い出マシマシの作品

アフターエフェクトによる雨の空気感
光を受けた明るい黄緑色と影中の鮮やかな深緑
水に濡れた地面に映り込みの美しさ

どれもアナログでは出来ない表現で、尖ってはいるけどデジタル美術の最高到達点だと今でも思う。

内容自体は新海誠特有のクサさがあって、ムズムズしないではないけど好き

万葉集とかいう原始人ポエムや、2人のモノローグの応酬とか... かつてないポエマー感があった(好き)

BGMが最強にエモい。どんよりしてたり、リズミカルだったり。雨の音に見立てた?ピアノが心地よい

絵を描くモチベが消えるたびに観ては激烈に燃えてる

新海が長年言ってた「ジブリみたいな沢山の人に受け入れる作品を作ってみたい」てのは、「君の名は。」で実現したし、
またこういうバチこり尖った新海ワールドを作って欲しい
澪

澪の感想・評価

3.3
景色が綺麗。儚げでミステリアスなゆきの先生。雨の日は緑の公園へ。新宿御苑かな。
Nanako

Nanakoの感想・評価

4.0
傷を抱え生きていても、
それを癒す愛の力は本当にあるんだと
思わせてくれた。

絵と声優の声が美しくて好き。
たくろ

たくろの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ラスト、主題歌がかけだして、感情も爆発してっていうカタルシスが半端なかった。
雨粒、光、空気そのものとかがリアルじゃなくて美化されてる感じも大好き。
足を測るシーンが一番好き、fetishで、主導権の明示もバッチリで作品の中でかなり重要。
アニメ映画で一番好き
>|