アドリフト 41日間の漂流の作品情報・感想・評価・動画配信

「アドリフト 41日間の漂流」に投稿された感想・評価

かつ

かつの感想・評価

3.0
実話やからこそ怖いと思ったけど、作品自体の展開の仕方があまり好まないと思った。。

ヨットの上で41日間も過ごすって屈辱でしかない、、
やのに未だに海で活躍してるって根性あるわ!!

海の上で助けを待つ映画はいろいろ見てきたけど、サメが出てこないから安心して見れる作品って印象。。
記録。
大いなる自然の猛威に対するは、大きな愛と逞しさ。
漂流後の絶望的で過酷な状況と、漂流前の2人の出会いや幸せな日々を交互に展開することで、双方が強く印象づくナイスな構成に好印象。

でも「41日間の漂流」てサブタイトル付けた邦題はどうなんすかね。インパクトあることは間違いないんだけど、41日で助かるのが見る前から分かっちゃう。まぁ実話だからちょっと調べれば分かるんだけどさ。
ばーら

ばーらの感想・評価

5.0
ただの遭難映画ではなく実話。

ストーリー展開も衝撃なところあり!(笑)

見応えあります!

色々考えさせられる愛もある映画です。

60点
新作DVD📀

1983年、知り合ったばかりのタミーとリチャードは、ヨットに乗り込みタヒチからサンディエゴへと向かい出航⛵️
だが週間後、記録的なハリケーンに遭遇し巨大津波に飲み込まれてしまう🌊
船室にいたタミーはしばらくして目を覚ますが、ヨットは操縦不能となる😨
負傷したリチャードを助けるためにも、タミーはセーリングの知識を総動員し陸を目指すのだが...⛵️

いきなりの遭難シーンで始まってストーリーは数ヶ月前に遡りますと
この種の遭難ドラマによくあるパターンと思って観始めたら
案の定、時系列が過去・現在と交互に飛んでいく展開...🌀

思うにこの種の手法は
本作のような遭難ものに限っては
サバイバル・シーンの緊張感がラブロマンスのエピソードでシラけてしまい逆効果...😓だらだらと進む展開の末に訪れる結末にも大して驚かなかったし...🤷‍♂️

実話なので仕方がないかもしれませんが、映画としては退屈し過ぎました😓

2018年製作なので、コロナ禍で上映される新作がないために、お蔵入りしかけたものが急遽劇場公開されたのではないかと思われる、残念な作品でした😓
まゆげ

まゆげの感想・評価

3.6
予告観た瞬間に、あ、観たいと思ってたのでいつの間にかレンタルにきていて良かった。

時系列が少し面白い映画で、予備知識なしで観た方がいいし、実話ということで深刻な感じで観ていた。

ネタバレ要素が強いのであれですが、こういう映画は大好きなので個人的には面白く観れました。

エベレストの監督はかなりリアルに再現したしていて好きです。
最初からオチと展開は読めるけど、そんなことどうでもいいくらい、入りこめるスケールに終始手に汗を握った。これが実話という点がすごい。24歳でこんな経験をしたなんて。自然の美しさと恐怖を見事に描いている
ヨットで夫婦仲良くサンディエゴまで行くぞ♪
だが、突然の大型ハリケーンに襲われる。
ヨットはボロボロになり夫も瀕死の重傷を負う。
果たして主人公は無事に生還することができるのか…?



実話に基づいた物語。
ハズレくさいな~と思って鑑賞したが意外にも良かった!

広い海に取り残される主人公の奮闘を描く。
平穏だった頃の回想も挟まれるので落差がエグい…

海しか見えないのでド派手な展開はありません。
これがフィクションならば盛り上げ要員としてサメが出てくるだろう(;´∀`)

邦題ネタバレしすぎだろ問題が気になりますが、壮絶で見応えある映画となっています。
一応ヌードあるけど主人公がカワイコちゃんではないので有難くはないです。
涼

涼の感想・評価

4.0
レビューと評価イマイチ何ですが自分は結構好きな作品でした😊
実際にあった話でタミーという女性は家出をしてタヒチに一人で自由気ままに暮らしますがある日そこでリチャードという世界一周をするという夢を持った船乗りと出会いタミーも船の知識を持っていたのもあって二人は意気投合し婚約します。
知り合いの老夫婦に頼まれ自分らのヨットをアメリカのカリフォルニアまで回航してほしいと頼まれ謝礼金やファーストクラスで飛行機のチケットもくれると言うのでオッケーを出し二人で旅にでます。
行く途中で船が嵐に遭い大破してしまい冒頭はタミーがその大破した船の中で気を失って揺られてるシーンから始まり漂流してる場面と二人の出会いやデートシーンなど船が嵐に飲まれるまでの場面が交互に挟んであります。
タミーとリチャードはお互いを信じて思い合っていたからタミーは生き残る事が出来たし二人の絆が物語の合間で垣間みる瞬間がいくつもあったので自分はラストでなんか切なくなってしまいました😭
エンドクレジットのタミーは事故後も力強く生き今も船に乗り航海しているというコメントに感動しました。自分は実話モノ結構好きなのかも。
ChieP

ChiePの感想・評価

3.4
冒頭。いきなり「遭難後」から
始まって・・・「何コレ?」って
なったけど。

海洋パニックというよりは、
ラブストーリー好きな人が観たら
泣ける?と思われる実話基、
な作りになっていた。

作り方としては、ある意味斬新で
なかなか良かったけど
パッケージは「赤い夕陽の海」に
して欲しかったな(^ー^;)

山で遭難しかけた人は、
また山に登るし
海で遭難しかけた人は、
また海に戻るのね。
Adele

Adeleの感想・評価

1.0
実話だし、41日間も漂流してたのだから、かなり過酷な物語と描写を想像していたんだけど、主人公2人の出会いから婚約に至るまでのラブラブストーリーも盛り混ぜながらの展開なので、さほど過酷感は伝わってこない

タヒチから米国・サンディエゴまで豪華船を届けるまでに嵐に遭遇するのだが、その嵐に遭遇するシーンも割と短めであっさり終わってしまうし、少ない食料や水分問題もあまり描かれない

41日も漂流してたのに、リチャードのヒゲが全然伸びないのは不自然じゃない?と思ったが、その謎はラスト20分くらいから解き明かされる

今作は41日間の過酷な漂流物語やハラハラする嵐との遭遇を期待していると肩透かしを食らうかも…
個人的にはラスト、なんだか救われない気持ちになってしまい、物悲しくなってしまった

あまり面白くないというレビューもありますが、そもそも面白い題材の映画ではないし、実話で淡々と進むので盛り上がりに欠ける部分は否めません

しかし、わたしは主役のサム・クラフリンとシャイリーン・ウッドリーが好きなので、2人の魅力でなんとか観れました
映画に全く関係ないことだけど、わたしもタヒチのような南国でサム・クラフリンのようなイケメンと恋に落ちてみたいです
以上、失礼しました…
>|