ザ・ブリザードの作品情報・感想・評価

「ザ・ブリザード」に投稿された感想・評価

ハンス

ハンスの感想・評価

3.7
面白かった。夜や嵐の暗いシーンが続くが、その分ライトや港の明かりの光が映える。
アメリカ沿岸警備隊の史実に基づく救助劇映画。

前提知識なく、B級感溢れるジャケと「ザ・ブリザード」というタイトルで勝手にパニック映画だろうと思って観始めた。

オープニング、あれ?シンデレラ城?え?ディズニーなの?ってことでまず驚き。

次に「この物語は事実である」のテロップ。ん?これB級パニックじゃないの?ってなる。

話始まる。あー、やっちまったな。全然思ってたのと違うやつやん。
と諦めて鑑賞。

史実ものなのでエンターテイメント色は無し。
荒れ狂う海での救助劇だからそれなりに迫力はあったし映像も凄かったんだけど、なにせB級パニック脳の状態だったもんで入り切れず。

結論。ジャケとタイトルが悪い。

普通に良く出来た作品だとは思いますが、そんなこんなで自分的には低評価作品となってしまいました。残念。
りーん

りーんの感想・評価

3.6
海の男がかっこいい!
嵐の中、折れた半分の船を沿岸警備隊の4人がボートで捜しに行く。
完全なキャスト目当てだったけれど、けっこう見入った。
残骸の中で試行錯誤する船員たちの姿や、荒波にもまれながら前へ進み続ける4人に目が離せない。
冷静に船を動かすケイシーさんがかっこよすぎ。
彼を支えるジョシュ・スチュワートさんの控えめな存在感もすごくいい味。まさか出てるとはびっくり。
クリパさんはひたむきな役柄が似合うなぁって。ベン・フォスターさんがいちいちいい表情する。
あと船首キツすぎる…
はる

はるの感想・評価

3.5
映画としてはまずまずの面白さやったけど海の男達はやっぱりかっこいいなぁ
実話かと思うとほんまにすごい
papapaisen

papapaisenの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

なんでこんなに評価が低いんだと思わせるシーンもあるけど、基本何故か盛り上がらんかったから妥当だった。実話と考えると壮絶すぎてこれほんまなん?ってツッコミいれたくなるぐらいやけど。ディズニーが綺麗に作りすぎたかなぁ。
実話としてはバーニーもすごいが、浅瀬に乗り上げたシーノートさんもすごい。
キャスト何気めっちゃ豪華。エリックバナの無駄使い。
ほんでそれぞれの人間関係がわかりにくい。過去に何があったとか誰が誰を嫌ってるみたいな説明が不足してる。
1番ムカついたのは熊女。なんやねん、乗り込んで邪魔すんなや。あれはフェミニズムとか女性活躍を取り入れたとかじゃなくてただただ自己中迷惑女。
ぴぽぱ

ぴぽぱの感想・評価

3.7
沿岸警備隊史上最も称えられた救助を基にした実話!
劇場鑑賞したかったんですけど、3Dでしか公開してなく、泣く泣く諦めた作品だったので念願の鑑賞でした😭
久々にスピーカーを付けての鑑賞で、案の定迫力満点だったので、劇場鑑賞できなかった後悔がさらに深まりました😅💦
JACKMAN

JACKMANの感想・評価

3.5
真面目なクリス・パインってのも…
「サス」を越える場面はリアリティがあり見応えあり。
山

山の感想・評価

4.0
長ったるく感じるシーンもあるが救助シーンはハラハラして面白かった
zony

zonyの感想・評価

2.5
記録

これが実話ってすごいな

クリス・パインかっこいい
凍てつく海での奇跡の救出ミッションを描く実話を基にした感動アクションー。っていうフレコミです。
ものすごい大波が、ザッパン、ザッパンとスリル満点💯
監督はクレーグ・ギレスピー。主演はクリス・パイン、ケーシー・アフレック等。
嵐の中で、ペンドルトン号が真っ二つに裂けたシーンが凄くて、アワアワと、物語に釘付け。(;´゚д゚)ゞ
個人的には、クリス・パインが、最初は優男過ぎたので、大丈夫なのかい?ってなります。
恐らく実物のバーニーも草食男子って感じで、彼女の方が、肉食系だったのね。(^^;
個人的には、ただ救助を待ってるだけじゃなくて、可能性を信じて頑張る機関士のシーバード(ケーシー・アフレック)の方が、魅力的に見えたんだけどー。
何度も大波にのまれて、やっとこさ、ペンドルトン号にたどり着いた時、ウルっときました!恐らく漁港にたどり着いた時よりもここが感動のツボよね。
舵もとれなくて、無線も通じなくて、羅針盤もなくなって、よー頑張りました❗
実話って思えなかったけど、エンドロールで実物の登場人物達の写真みて、リアルに感動が増しました。
ヒロインの女優は可愛かったけど、実物はジャイ子みたいだだったので、思わず紅茶をふきました。(^^;
>|