白鯨との闘いの作品情報・感想・評価・動画配信

「白鯨との闘い」に投稿された感想・評価

メルヴィル著「白鯨」の映像化ということで期待値はとても高い作品だったが総合評価としては凡作と言わざるを得ない。
ストーリーは原作を忠実に再現しておりとてもよくまとまっているが、航海のシーンではCGの荒さが目立ち、2016年の大作とは思えないほどチープである。
carin0122

carin0122の感想・評価

3.5
キリアン先生のために見たけど図らずも無茶苦茶泣いてしまった。
白鯨読もうかな。
なかなか面白かった。

しかしヘムはスタイルがいいなぁ…そしてムホくんが可愛くて可愛くてだな…めちゃ漂流してんのに一ミリも髭生えてなくってアカチャン!!!!!!!
ピーキーブラインダーズのアーサーも出てて豪華キャスティングでした
人間の欲望に任せた行動の先にあるものを唐突に突き出されるかのように現れる白鯨の強さ、美しさがある。

もりを打つをやめてしまった理由が考え深い。
m子

m子の感想・評価

3.5
クリス・ヘムズワース目当てで見ました笑
やっぱりかっこいいです

心ワクワクという話では無いです。暗い話はあまり好きでない私ですが、何故かもう一度見たくなるような気持ちにさせてくれました。
もっとこの作品の背景や、原作を知りたいと思います。
mi

miの感想・評価

5.0
ハラハラドキドキ
スリリング満載

鯨怖い🐳

2020年13本目

Netflix
ソーとスパイダーマンのコンビ😅

石油のない時代 鯨油の価値 高

サバイバル>白鯨との闘い

2020 70本目
当時の捕鯨方法をどれだけ忠実に表現出来ているのかは知らないけれど、いかに命懸けだったかが伝わってきた。
傷心し、痩けてゆく姿はずっと忘れられないし、役者達の役作りの努力を感じた。彼ら以外にも、作品全体にかなりのリアリティを感じられた。

鯨の群れに囲まれながら、(漁で使う小型の)船よりも大きな鯨を捕らえるという図は正に死と隣り合わせ。長期間を海上で過ごす過酷さも、生々しい程にリアル。
主観的なカメラワークが臨場感を上手く演出させていたと思う。


そして最も驚いたのは、この経験をしてもなお友の待つ島へ向かったオーウェンや、白鯨を仕留めに海を渡った船長。船乗りは一生船乗りなんだなぁと感動と衝撃を受けた。(大抵は絶対船乗れない身体になると思う)
K

Kの感想・評価

3.5
ハーマン・メルヴィルの小説「白鯨」ができるまで。

19世紀、油を鯨から取っていた時代の話。海の真ん中で巨大な白鯨に襲われ生死を彷徨う長い漂流を経験をした乗組員たちの壮絶な経験を描いた小説のさらにその裏に秘められた、彼らが生きるために下した悲しい決断など、小説の土台となった壮絶なストーリーが迫力の映像とクリヘムのイケメンによって蘇る。

クリヘムのイケメンがとにかく止まらなかった!
uknmr

uknmrの感想・評価

1.5
ろくでもない映画だった。制作意図が読み取れなかったのかもしれないけど、白鯨は乱暴過ぎる。
白鯨との立ち合い、白鯨の目を見て畏敬と畏怖の念を抱き、銛を下ろすシーン良かった。

トムホの涙目「ごめんなさい」がインフィニティウォーのシーンと重なる…。

海洋恐怖症の身としては怖かったのでスコア3.5です。
>|