白鯨との闘いの作品情報・感想・評価

白鯨との闘い2015年製作の映画)

In the Heart of the Sea

上映日:2016年01月16日

製作国:

上映時間:121分

3.5

あらすじ

名著『白鯨』に隠され続けてきた衝撃の実話。 伝説の白鯨との死闘。生き延びる為に男たちが下した“究極の決断”とはー? 2000年度全米図書賞ノンフィクション部門受賞作品、渾身の映画化! 太平洋沖4800kmー死の海域で捕鯨船の乗組員達を待ち構えていた運命を描きだす真実の物語。『アポロ13』『ビューティフル・マインド』で2度のアカデミー賞を受賞し、『ダ・ヴィンチ・コード』といったサスペ…

名著『白鯨』に隠され続けてきた衝撃の実話。 伝説の白鯨との死闘。生き延びる為に男たちが下した“究極の決断”とはー? 2000年度全米図書賞ノンフィクション部門受賞作品、渾身の映画化! 太平洋沖4800kmー死の海域で捕鯨船の乗組員達を待ち構えていた運命を描きだす真実の物語。『アポロ13』『ビューティフル・マインド』で2度のアカデミー賞を受賞し、『ダ・ヴィンチ・コード』といったサスペンス映画でも大ヒット作品を送り続けてきた監督ロン・ハワードが新たに描きだす巨大な鯨と人間との死闘、そしてその先に待ち受ける“究極の決断”とはー? 原作は不朽の名作『白鯨』に隠された真実を描いたノンフィクション。21人の乗組員を恐怖のどん底に突き落としたのは、体長30メートルにも及ぶ巨大な白い鯨だった。伝説の白鯨との死闘の末、船を失った男たちと彼らを率いたリーダー、小説では決して描かれることのなかった真実の姿とはー?

「白鯨との闘い」に投稿された感想・評価

『白鯨』のモビー・ディックの方が恐ろしかった。
海のサバイバル冒険譚としては良かったが。


トム・ホランドが成長して、ブレンダン・グリーソンっていうのは衝撃(笑)
原作のスピンオフみたいな感じだったけど、リメイク前の前作に比べて確かに映像的にもストーリー的にもリアリティが増してた、だいぶエグかった✨
あれ映画館で観たら凄かっただろうな💦

アクションやファンタジーと言うよりかは伝記みたいな
まちこ

まちこの感想・評価

3.0
クリヘム目的で借りてきたはずだったんだけどね、
トムホヨがにんじんスムージーみたいな
ゲロ吐いた瞬間から保護したくて仕方なかった。

温かい家に連れて帰って、
飲み物もご飯も好きなだけ食べさせて、
ふわふわのお布団で寝かせないといけませんおばさんになれる。

白鯨のネチネチとした攻撃には
口が塞がらない。何者なんだ奴は。
じゃん

じゃんの感想・評価

3.8
海の美しさ、恐ろしさ、人の欲望、生きるための極限状態での行動…
すごい見応えで、すごく見ていて苦しくなりました。

あとクリス・ヘムズワース 海が似合いすぎる…かっこよかったです
MasterYu

MasterYuの感想・評価

3.0
題材となるのはハーマン・メルヴィルの「白鯨」。
そこに記されなかった隠された真実とは・・・・、というふれ込み。
凄くあっさり内容を書いてしまうと、白鯨に襲われ海を漂うことになった船員たちが、どのようにして生き延びることができたのか?という感じ。
退屈な展開に陥りそうな題材ですけど、監督のロン・ハワードは全体を上手くまとめていたように思われますね。
アクションアドヴェンチャーではありませんから、ひっきりなしに白鯨と闘うなんてものを想像しちゃダメですよw
極限の状態でどんな判断を人は下すのか?下さねばならないのか?そういった所謂「業」をメインに据えた映画です。
クリヘムはなかなかの好演。
ついついソーの面影を追ってしまったりしますけど、まったく違うタイプのキャラをきっちりと演じ切っていました。
白鯨の原作者であるハーマン・メルヴィル役に、007でQを演じているベン・ウィショーが出ていたのは、「おっ!」と驚くと共に嬉しかったですねぇ。
またアメコミ的に注目すべきは、新スパイダーマンを演じることになったトム・ホランドも出演していることでしょうね。
変にお涙頂戴する構成でもなく、サラリと作っているようで、それでも観た人をちょっと考えさせるという印象ですね。
クリヘム演じる一等航海士と白鯨との最後の接触のシーンで、ロン・ハワードは何を表現したかったのか?
その解釈の違いだけで、作品の評価も大きく変わってくる。そんな気がします。
ErnieHoyt

ErnieHoytの感想・評価

3.0
あの名作の本がこの物語でインスパイアされたとも言われてます。話の元になったのは”復讐する海 捕鯨船エセックスの悲劇”という本。その捕鯨船が白鯨にやられ、乗組員が90日の残酷なサバイバルの話です。当時でそういう仕事する人も凄いなと思う。面白い映画でした。でまた邦題に愚痴が始まる。これは白鯨の闘いじゃねーよ。まるで”白鯨 ~Moby Dick~”でも使いたかったんじゃないと疑問に思う。原題は「イン・ザ・ハート・オブ・ザ・シー」。これは人間対鯨ではなく海の同真ん中でどうやって生き延びるかって話だ!
あぷ

あぷの感想・評価

3.4
名著と言われる「白鯨」は未読。予備知識ゼロでの鑑賞。

人智を超えた神の化身の如き大鯨を追うみたいな話なのかと思いきや、想像を超えた壮絶なサバイバルドラマに絶句…。いやはや凄かった…。

これ船長役の候補にT.ヒドルストンの名前も挙がっていたそうな。
ソー&ロキのコンビとスパイディの共演があったかもしれないと思うとなかなか面白い。
なつ

なつの感想・評価

3.7
実話。。。

海の怖さ、生への執念

鯨油の歴史について知りたくなった
トムホがでてる
これが実話?と驚く。
一人また一人と死んで行く。
議会では隠蔽するように言われる。

白いマッコウクジラ「モビィ・ディック」
群れを離れ一匹で追いかけてくるときは
すごい恐怖を感じる
横山

横山の感想・評価

3.0
ロンハワードだけど学校の課題として鑑賞

マイティソー×スパイダーマン×スケアクロウ×Qって言うクソな感想でごめんなさい
>|