白鯨との闘いの作品情報・感想・評価

白鯨との闘い2015年製作の映画)

In the Heart of the Sea

上映日:2016年01月16日

製作国:

上映時間:121分

3.5

あらすじ

名著『白鯨』に隠され続けてきた衝撃の実話。 伝説の白鯨との死闘。生き延びる為に男たちが下した“究極の決断”とはー? 2000年度全米図書賞ノンフィクション部門受賞作品、渾身の映画化! 太平洋沖4800kmー死の海域で捕鯨船の乗組員達を待ち構えていた運命を描きだす真実の物語。『アポロ13』『ビューティフル・マインド』で2度のアカデミー賞を受賞し、『ダ・ヴィンチ・コード』といったサスペ…

名著『白鯨』に隠され続けてきた衝撃の実話。 伝説の白鯨との死闘。生き延びる為に男たちが下した“究極の決断”とはー? 2000年度全米図書賞ノンフィクション部門受賞作品、渾身の映画化! 太平洋沖4800kmー死の海域で捕鯨船の乗組員達を待ち構えていた運命を描きだす真実の物語。『アポロ13』『ビューティフル・マインド』で2度のアカデミー賞を受賞し、『ダ・ヴィンチ・コード』といったサスペンス映画でも大ヒット作品を送り続けてきた監督ロン・ハワードが新たに描きだす巨大な鯨と人間との死闘、そしてその先に待ち受ける“究極の決断”とはー? 原作は不朽の名作『白鯨』に隠された真実を描いたノンフィクション。21人の乗組員を恐怖のどん底に突き落としたのは、体長30メートルにも及ぶ巨大な白い鯨だった。伝説の白鯨との死闘の末、船を失った男たちと彼らを率いたリーダー、小説では決して描かれることのなかった真実の姿とはー?

「白鯨との闘い」に投稿された感想・評価

3D鑑賞。でっかいクジラがでっかくて楽しかったし、クジラの群れの画が観れて贅沢な気持ちになれた。お話は王道で目新しさはないけど海や船の画はうつくしく、捕鯨についてのヘンな思想の偏りもなく「当時こんな産業がありました」というスタンスで撮ってるのがいいなと思った。くりへむが銛投げたりマストのぼったり鯨にドーンされたりするのが楽しかったのでした。トンカチがあれば負けなかったのな。(2016/2/3
tento64

tento64の感想・評価

-
思ったよりトムホランドが良い役どころだった。映像表現はすごいけど、全体的に人物描写が大味。
みーる

みーるの感想・評価

3.5
公開当時から思ってたけど、邦題やり直し!
脚本ありきだとは思うけど、ロン・ハワードは手広く丁寧に描き過ぎな気がするなー…もうちょっと的を絞ってメインの人物はクリヘムかトムホのどっちかにしてしまえば良かった気がする。

と思いつつ、俳優陣が上手いわ豪華だわで、何だかんだ引き込まれてしまった。
特にキリアン・マーフィ。あれは凄い。
クリヘムのついていきたいアニキ感も凄い。
船長役の候補にトムヒが挙がってたとのことで、そのパターンも観たかったw

このレビューはネタバレを含みます

結果から言うと全くタイトルのような「闘い」にはなっていない。白鯨に一方的にやられます(笑)
三本足

三本足の感想・評価

2.0
8391/248

タイトル詐欺やな
相変わらず邦題がおかしい
コンプライアンスどーなってんだよ
白鯨との闘いてあんた
単なる怪物退治にきこえる

白鯨とは闘わない
そう思って見たほうがいい

嵐やクジラの群れや沈没
漂流や餓死や無人島サバイバル
海で起こる様々な出来事によって
成長していく男たちの勇気や誇りや考え方
生き様と
それを小説の元ネタにして
成り上がっちゃろうとゆう作家のお話
当時の
文豪ホーソーンを超えるような作家になりたいメルヴィンの出世作「白鯨」の元になった出来事と
取材時の裏エピソードてかんじ
隠されて来た真実のお披露目の瞬間
まあまあショッキング


小物がしぶい
食器やら皮財布やら
コンパス ディバインダー 海図
背の低い分厚いワイングラス
いたるところに彫刻

後半みんな髭ぼうぼうで誰が誰かわからん

やせたソーとスパイディ


無人島で
別れも言えず
仲直りもできず
恨みも晴らせない



1850年
マサチューセッツ州
ナンタケット島
宿屋を営む老夫婦の元に作家が訪ねる
最後の生き残りから怪物の話を聞くために

人間は未知なるものをどうやって知るのか
鯨油が街灯の燃料として重宝されて以来
世界的に需要が急増
男たちは捕鯨船に乗り込み
未知なる大海を目指した
恐ろしい生物が待ち受けてるとも知らずに

怪物は本当にいるのか
または海を畏怖させるための作り話か
その答えを知り
小説に生かしたい
タイトルは「白鯨」

作家ハーマンメルヴィル

宿屋は火の車
妻にも話したことはなかったが
大金を前に初めて口を開く
エセックス号の真実
それは2人の男の物語
ジョージポラード船長と
オーウェンチェイス一等航海士

船主メイソンとモラーは
他の船より生き残っていくために
エリート船長ポラードを雇う
が乗組員はボンボンに敬意を払わないので
腕利きのオーウェンを一等航海士にして
皆を従わせる考え
オーウェンは交換条件で引き受ける
エリートじゃない奴は自分の船を持たないと
金にならん

出航してすぐ乗組員の尊敬を得ていくオーウェン
が気に入らないポラード
注告も聞かず無理な前進で嵐を超えれず
皆を危険にさらした
不仲な夫婦は船を沈めることになる
引き返すか前進するか

乗組員
14歳二カーソン若き日の宿屋の主人
17歳バルジライ
二人とも孤児で早く一人前になりたかった
チャペル 船長の銛手もりて
ローレンス オレの銛手
ピーターソン二等の銛手 アイ サー返事
ヘンリーコフィン船長のいとこ


六点鐘
みみず

みみずの感想・評価

3.8
この映画は香港の航空会社の飛行機の中で観ました。昔は鯨油(げいゆ)が生活の基盤となるものだったなんて、恥ずかしながら知らなかったです。
命を懸けて海に出て行く男たちは、勇ましく見えるけれど、彼らの関係が不安定で、ずっとハラハラさせられました。
人間が絶望的な状況に陥ったときにとる行動が印象的で、目を背けたいと思ってしまうところもあったけれど、知れてよかったです。
ぷに

ぷにの感想・評価

3.8
クソ船長。漂流するとヒゲのびる。
あんまりクジラと戦ってない。
でもだいぶ面白かった!

このレビューはネタバレを含みます

2015年。原題"In the Heart of the Sea"。原作はNathaniel Philbrickの"In the Heart of the Sea: The Tragedy of Whaleship Essex"(2000)。1850年、作家メルヴィルがエセックス号の最後の生き残りを訪ね、1820年にナンタケットから出航し沈没した捕鯨船エセックス号の最後の生き残りから話を聞くという構成。"Moby Dick"(1851)の元となった話。船長と一等航海士の対立はロン・ハワードらしいプロット。
ayano

ayanoの感想・評価

3.8
なんかソー感強いし、クジラ好きすぎて逆にクジラ応援してしまう、、トムホ可愛すぎか、漂流だけはしたくないと思わされた
kanae

kanaeの感想・評価

-
迫力ある映像と漂流してからの人間たちのドラマもしっかり描いていたと思う。
>|