白鯨との闘いの作品情報・感想・評価

白鯨との闘い2015年製作の映画)

In the Heart of the Sea

上映日:2016年01月16日

製作国:

上映時間:121分

3.5

あらすじ

名著『白鯨』に隠され続けてきた衝撃の実話。 伝説の白鯨との死闘。生き延びる為に男たちが下した“究極の決断”とはー? 2000年度全米図書賞ノンフィクション部門受賞作品、渾身の映画化! 太平洋沖4800kmー死の海域で捕鯨船の乗組員達を待ち構えていた運命を描きだす真実の物語。『アポロ13』『ビューティフル・マインド』で2度のアカデミー賞を受賞し、『ダ・ヴィンチ・コード』といったサスペ…

名著『白鯨』に隠され続けてきた衝撃の実話。 伝説の白鯨との死闘。生き延びる為に男たちが下した“究極の決断”とはー? 2000年度全米図書賞ノンフィクション部門受賞作品、渾身の映画化! 太平洋沖4800kmー死の海域で捕鯨船の乗組員達を待ち構えていた運命を描きだす真実の物語。『アポロ13』『ビューティフル・マインド』で2度のアカデミー賞を受賞し、『ダ・ヴィンチ・コード』といったサスペンス映画でも大ヒット作品を送り続けてきた監督ロン・ハワードが新たに描きだす巨大な鯨と人間との死闘、そしてその先に待ち受ける“究極の決断”とはー? 原作は不朽の名作『白鯨』に隠された真実を描いたノンフィクション。21人の乗組員を恐怖のどん底に突き落としたのは、体長30メートルにも及ぶ巨大な白い鯨だった。伝説の白鯨との死闘の末、船を失った男たちと彼らを率いたリーダー、小説では決して描かれることのなかった真実の姿とはー?

「白鯨との闘い」に投稿された感想・評価

nagaoshan

nagaoshanの感想・評価

3.7
ロン・ハワード監督作品!

思いっきり、ジョン・ヒューストン監督の『白鯨』のリブートかと勘違いして放置してたのを思い出して鑑賞。
原作の作者メルヴィルの回想からの海難事故の実話…なんて。

めっちゃ大好物のサバイバル人間ドラマやったので嬉しかったですね。

サバイバル映画『生きてこそ』思い出して遥か昔にも、生きる為の極限の選択しとるなんて、凄い実話!(◎_◎;)

仲間を護り、縄張りを護る白鯨は恐ろしいというより、神々しくて、美しい…
それにしてもロン・ハワード監督の作品は外れがないなぁ😄

鯨🐋が食料ではなく燃料の為の捕鯨…
勉強になりました。

良か映画!
なべ

なべの感想・評価

3.6
原作『復讐する海 捕鯨船エセックス号の悲劇』を基に作られた映画で、このエセックス号の悲劇もまた実話を基に書かれています。鯨油を求めて航海に出た男達に起こった悲劇を描いた作品。

捕鯨途中に突如として現れた海の主“白鯨” 殺すぞと言わんばかりの圧倒的存在感と迫力は海の怒りを体現したかのよう。そして何より白鯨の最も恐ろしいのが “目” であり、人間を目で威圧するシーンは圧巻。

主演は『マイティソー』でお馴染み《クリス・ヘムズワース》そして乗組員役の中に『スパイダーマン』でお馴染み《トム・ホランド》が出演しております。marvelヒーローが2人も…。
kurin

kurinの感想・評価

3.4
白鯨との闘いから難破船サバイバルを描く。ヒーローを讃えないリアルさがあり。話は数年に渡るものとしてよくできていた。主題の暗さから人気はでなかっただろうと予想。当時の港まわりの美術は見事。クールな一作。

このレビューはネタバレを含みます

劇場公開当時、映画館で鑑賞。

鯨が好きだったので、観に行ったのですが、この映画の鯨は…怖かったです。

そしてそれ以上に、極限の状態に置かれた人間の生々しさが描かれ、観た後なんとも言えない気持ちになりました。

クリスヘムズワースはカッコ良かったです!キリアンマーフィもとても良かった✨
O平

O平の感想・評価

4.2
キリアンとクリヘムの目が青いこと
海みたいに青い

重い話
少々見てられないシーンもあった
追い込まれると人はああなるのか

鯨こわい
メルヴィルの白鯨は未読ですので無知全開の感想となります。
これってエドガー・アラン・ポーのナンタケット島出身のアーサーゴードンピムの物語まんまやんか。。。って思ったんだけど白鯨ってそういう原作なの?
鯨のデカさ怖さ、偉大さ、壮大さ、畏怖、それらすべて感じられる迫力。劇場で観たかった。
キリアンマーフィーが美しくて、、、クリヘムが霞んだ。キリアンマーフィーの最後のショットなんてあの蒼い目撮りたくて撮りたくて撮りたくてぇよかったでしょぉ?(≧∇≦)bって監督の叫びが聴こえたよね。
面白かった!
CGとわかっていても海、船、鯨の迫力、臨場感はすごいなぁと思った。ただ、邦題からイメージして観るとちょっと期待していた内容ではない方向に重点が置かれている気がする。やはり本来の「In The Heart Of The Sea」の方が人間模様としてしっくりくる内容だと思う。
生きる為に昔やっていたことを、映画という美化されたものでも知ることは大切だと思う。いい映画だった。
mushikera

mushikeraの感想・評価

3.0
鯨との戦闘シーンはほとんどなかった。
けど、迫力の鯨の映像は堪能できたかな。

白鯨との戦いというタイトルからのイメージとは違うストーリーで、
サバイバル的な要素に重きが置かれてる。

自分的には、どっちも中途半端だったかな。。
yokama

yokamaの感想・評価

3.6
メタルギアソリッドVも影響受けてますね。エイハブ、ピークォド…
>|