アップグレードのネタバレレビュー・内容・結末

アップグレード2018年製作の映画)

Upgrade

上映日:2019年10月11日

製作国:

上映時間:95分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「アップグレード」に投稿されたネタバレ・内容・結末

よくある血なまぐさい展開のアクション映画と思っていたら全て説明が付く『未来世紀ブラジル』みたいなバッドエンド
AI搭載最強男になって復讐する男の話。
と見せかけて結局AIが肉体を乗っ取ろうとしている。
いい奴も悪い奴もみんな死ぬ。
スカッとするシーンも胸糞シーンも混在した普通に楽しめる作品。
2021/05/18

こんなもん、すきじゃー!!
特に動きが最高。人間がしない効率的?なアクションがよかった。好物。いいですねー。
殺されかけた男が、AIチップを埋め込まれてパワーアップ!悪人どもに復讐する話かと思いきや・・・。
埋め込まれたAIが自我を持っていて主人公に協力する展開は予想外で面白かった。四苦八苦しながらステムとやり取りする主人公の姿は、マーベル映画の『ヴェノム』を思い出した。
お約束通りの結末も○。
序盤からずっと感じていた嫌な予感みたいなのを終盤でキレイに回収してて、キレイすぎてちょっとつまらなかったかな こういう作品観るとオチから考えたんだろうな〜〜って思ってしまうのやめたい
暗黒SFだー。初めは体内に組み込まれたステム(学習型小型コンピュータ)と宿主のやり取りを面白がっていたけど とんでもないホラーだった。ステムは自身を増殖していくのだろうか。宿主を変えてどんどんアップグレードしていくのだろうか。意思を持ったコンピュータの目的ってなんだろう?
エクスマキナ同様、
いつかAIに支配される時が来るのだろうか…。
5月23日にアップグレードを見ました。内容が、AIが暴走し車が事故を起こす。その後、殺し屋たちに妻を殺されて、自分も大怪我をしてしまう。その後、AIを埋め込む。その後、それ事故が意図的にやったものでは、ないかとAIがいい犯人を探すと言った内容です。
アクションシーンも派手で、脚本がとても良くて、面白かったです。でも、ラストが本当に胸糞悪いです(いい意味です)最後のシーンを簡単に言うと、すべてAIが仕組んだことで、主人公は、自分物もAIを壊そうとしますが、自分だけ死んでしまいAIだけが、自分の身体を使って生きていく。といった感じです。
最後に、PG12ですが、めちゃくちゃグロテスクなので、見る際には、度胸が必要です。(そこまでいらないけど笑)
(これは、個人の感想です。)
いやー!面白い。
近未来
ご主人は、化石燃料の自動車の整備士
しかし
時代は、自動運転の時代。
奥様は、IT企業にお勤め。
2人は襲撃され、妻は死亡、グレーは、四肢不随に。そしてグレーは、AIチップを埋められ復活した。超人的な動きになった。
監督は、リーワネル インディアスの方
主演は、ローガンマーシャルグリーン
90分と観やすいね。
敬愛するリー・ワネル作品ですありがとう

カクカクしたAI動作のカメラワークすき。

IoTの先はこうなるだろうなあが沢山詰まっている。
近未来の描写が実現するであろうものばかりでとんでもなくリアル、不自然さがないのがいい。
さすがにくしゃみはびびったけど

あとワクワクしてたら突然のゴアでビックリした笑

デジタルはアナログに勝てない
人間はデジタルに勝てない
>|