オートマタの作品情報・感想・評価・動画配信

「オートマタ」に投稿された感想・評価

Monique

Moniqueの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

なんでこんな評価低いの!?というのが第一印象。
バンデラスも良かったけど、AIの人間に対しての立ち位置がなかなかない描写で面白かった。
何考えているかわからないところが、人類には理解できないレベルに達したんだな、とという感じ。
SFなんだけどSFじゃない。
最後のシーンは、人類の終わりを悟ったヴォーカン一家が海を見ながら安らかな最期を迎えるに一票。
街に戻ったとて、おそらく命はないだろうし。
なおき

なおきの感想・評価

3.0
ストーリーに関してはもう一要素あればなーという印象

人工知能に関する映画ではあまりみない?いい意味で近未来感のないロボットだった

映像の写し方や、ストーリーの主人公の立場だったり個人的に第9地区を彷彿とさせる場面があった
シンギュラリティもの。か? 生き残ってたそがれを生きている人類の、ここよりも良い場所があるはずという閉塞感とか、良い部分はあったのにチープな筋書きで終わってしまった感かなー。
砂漠化に対抗しようとオートマタを開発したのはどこまでは本気だったのか、最初から希望を持たせるためのおためごかし、その理想もなく単なる金稼ぎだったのか。とか子供を希望するか否かの社会感とか、がもー少し描かれてたら面白くなりそうなのにな…。
Hk

Hkの感想・評価

2.9
ストーリーはあまり印象に残らなかったが、背景や空間がシーンをそれぞれ鮮明に映し出していて心情なども伝わってくるものだった。拘りが多い
終わり方綺麗すぎる、よすぎる。全体的に暗いけどプロトコルの内容、経緯が面白い。人類が存在した証拠としてAIだけが存在するようになってしまったら悲しい。
mittsko

mittskoの感想・評価

-
あんまり面白くないのよね、コレ…(´・ω・`)

どこかで観た表象と物語の単なる数珠つなぎ… 加えて、こんなにもカネをかけたハードSFなのに(ロボットの造形、表現が素晴らしい!)「海」「家族」「友愛」といった古典的な主題を描くというミスマッチ… ブロックバスターを狙って脚本を繰り返しリライトしたらこうなっちゃった、結果としてスッカスカのお話になっちゃった、っていうパターンじゃないかな 残念この上ない

バンデラスの熱演がかえって虚しい…

なお、台詞は英語だが、スペイン・ブルガリア資本でブルガリアのスタジオにて製作されたんだという

※ アマプラをTVキャストして鑑賞。二度目、以前BSで観た

このレビューはネタバレを含みます

アントニオ・バンデラスって良い意味でも悪い意味でも少し大味なイメージだったのだけど、この映画ではとてもよかった。感情移入をしにくい個性を堅実に演じているように感じられた。

そもそも、この映画はとても地味。

太陽の影響で環境が悪化──からの人間の窮地を救うために作られたのがオートマタ。このオートマタには二つの原則があって、1)生物を傷つけてはならない。2)機械が自分自身を修理してはならない。という2原則。

有名なアシモフのロボット3原則が「人間への安全性、命令への服従、自己防衛」なので、少しズレている。特に「命令への服従」という真っ先に盛り込むべきポイントが欠落しているのは、従順性が「当たり前だから」なのか、「この物語を成立させるため」なのか。

どうも後者の方に見えて仕方がないのだけど、その辺のメカニズムについては作中であまり語られていないように思った。自己修復がいけないことだというのは繰り返し語られるし、根幹に関わっているポイントでもあるけれど、曖昧なままというのは少しズルい。

メインテーマは地球の覇権を握る種族の交代というところなのだと思うけど、序盤のサスペンスシーンでも中盤の放浪するシーンでも誰も肝心なことを言わないから、終盤でそうした話が出てきたときに「ああ、そういう話だったんだ」というズレを感じてしまう。

便利な道具から意思を持った個に変貌するロボットたちに比べて、人類代表の不甲斐なさがすごいし、ロボットはロボットでぜんぜん話が通じない。その割に主人公を連れ歩く。主人公は主人公でなにかに突き動かされているようだけど、その説明もない。その辺りのいちいちが見ていて少しストレスになる。

ハリウッドの明快さばかりが正義ではないとも思うけど、説明不足や語りの順番の誤りで解りにくいのは違うと思う。解らないから面白いという作品もあるけれど、AIや人間とロボットという内容であれば、ある程度の明快さは必要。

ゴキブリロボットの造形はかわいいと思いました。
しー

しーの感想・評価

2.2
すごい、この状況で生き残れるのってあと3人ぐらいしか思い浮かばないんだけど、3人ともスキンヘッド笑
バンデラスもスキンヘッドにしといて正解だったよね。

内容は哲学か宗教学を学んだブレードランナーかぶれの大学生の卒業制作みたいでほのぼのします。

仮面を捨てる感じとか、厨二っぽくて好き。AIが生み出した新しい生命よりもバンデラスの生命力の方が驚異的だったので、この勝負人間の勝ちってことでよくない?
non

nonの感想・評価

3.5
【2016年レビュー】
アントニオ・バンデラスってめちゃめちゃ濃いイメージだったけれど、今作では渋い感じでなかなかよかった。人間の知能を上回る人工知能を持ったロボットに荒廃した地球の設定って何となくありがち。でも、知能だけじゃなく感情も垣間見えたり、ロボットたちが作り出したロボット(見た目は微妙だけど)が何となく可愛いかったりで、殺伐な流れになり過ぎてなくてよかったかなと。 

人間なんて野蛮な猿だよ。
でも、人間には愛と希望があるんだよ。
It was slightly less than ok. Yes; there are some SciFi world going on, Yes; there are some human drama going on, but still something is missing in this movie. Weak story, and weak composition. It definitely was watchable, but no more than that.
>|