オートマタの作品情報・感想・評価

オートマタ2014年製作の映画)

Automata

上映日:2016年03月05日

製作国:

上映時間:109分

3.0

あらすじ

2044年、太陽風の増加により砂漠化が進んだ地球。人類存亡の危機の中、「1.生命体に危害を加えてはいけない」「2.ロボット自身で、修理・修繕をしてはけない」というルールが組み込まれた人工知能搭載ロボット“オートマタ”は人間に代わる労働力として必要不可欠となっていた。しかし、オートマタを管理するジャックは、絶対に変更不可能とされていたルールが破られたことを知る。その真実に辿り着いた時、人類の繁栄は…

2044年、太陽風の増加により砂漠化が進んだ地球。人類存亡の危機の中、「1.生命体に危害を加えてはいけない」「2.ロボット自身で、修理・修繕をしてはけない」というルールが組み込まれた人工知能搭載ロボット“オートマタ”は人間に代わる労働力として必要不可欠となっていた。しかし、オートマタを管理するジャックは、絶対に変更不可能とされていたルールが破られたことを知る。その真実に辿り着いた時、人類の繁栄は終焉を迎え、人工知能の時代が始まる…。

「オートマタ」に投稿された感想・評価

出来が半端では面白くならないという近未来SFの難しさを知った。
こっち系をテーマとして扱うには底が浅すぎた…AI系の映画は良作が多い分見劣りしてしまった
眠かった.. 主人公と1人のアンドロイドに焦点あわせる為にわざとそうしたのかもしれないけど どんどん失速していく
自我に目覚めたけど子孫を増やせないアンドロイド達が生み出した子は いい感じにキモカワでした 全編通して序章的なのが退屈なのかも..
仁

仁の感想・評価

2.5
アンドロイド、AI系の映画で使われ尽くしたと思われる設定、内容なので既視感がある。ストーリーや展開に抑揚もないのでダルーっとした印象。
かっこ

かっこの感想・評価

3.0
B級感あふれるスペイン産SF。
設定や街並みはブレードランナーリスペクト。
ビニールのカッパの音、降りしきる酸性雨の音が心地よい。
遠景なんかは結構出てくるけど、結局の舞台は小さくまとまっているのもB級感を補強してる。
ブレードランナーを始めとして、二番煎じ感強めなのもB級感。
その上、人間とAIの関係性なのか、それをすっ飛ばして人間とは何かなのか、シンギュラリティなのか、結局主題が中途半端。
とはいえ、B級感あるSFは好きなので楽しく観られた。

オートマタたちのぎこちない動きが、今の時代だからか妙にリアルに感じた。
人間の作る量産型なんてそんなもんだよなあ、とか。
一方で、終盤に生まれるあの子は妙に生物的で、それがAIの結論なのか?と疑問が生じたけれど、その唐突感がまたB級っぽくてよい。
kururi

kururiの感想・評価

3.7
人類の終末 の割には何だか緊迫感のない人類。
点点だけのロボットの顔がとても表情豊かに見える不思議…ロボット界のモナリザ⁉︎
Abu

Abuの感想・評価

4.2
めちゃくちゃ良いじゃないですか!
スペイン匂むんむんの近未来AI物でした。
このイベリア半島臭が堪らん人にはもってこいじゃないかな?!
なんとなく後回しにしてたんですが観てよかったわ!!
tomo

tomoの感想・評価

2.5
Hulu吹き替えで鑑賞。手塚アトムも含め、何百回と見た設定。丁寧に造られてる感じはするんですが、尺が長いのもあり退屈な映画でした。
ソウゴ

ソウゴの感想・評価

3.1
映画的AIとして見たら、そう悪くはないけどそれとは別に中身を見たらもうちょいなんかあっただろと…
まんまブレードランナーに思ったのは僕だけ???
近未来SFというよりもヒューマンドラマ。
ジャンルきっかけで観たらたしかにもん足りないかもしれない。
けどすごくよくできたストーリーだと思う。
ロボットSFにありがちなドンパチアクションや近未来の映像美はないけど、汚染された地球、自我が目覚めたロボ、主役の心境、いい感じに味出てました。

ただ規模が小さかったのは否めない…
>|