サロゲートの作品情報・感想・評価

「サロゲート」に投稿された感想・評価

K

Kの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

そもそもサロゲートに魅力を感じられなかったからか、世界観に入りこんでいけなかったけど、最後まで退屈せずに観られた。

戦場の兵士をゲーセン感覚で操作しているシーンは良かった。
kaz

kazの感想・評価

3.0
評価が低いなぁ。
結構、面白かったけどなぁ。

皆んな「ShiftとEnter」でガックリきてダメだったのかなぁ。

私は、ブルースのハゲ具合が観れたらいいや、くらいの綿あめみたいな気持ちで観たから良かったのかも知れないなぁ。

サロゲートという設定も、ラストの終わり方も私は好きだけどなぁ。

スカヨハの「ゴースト・イン・ザ・シェル」より全然こっちの方が攻殻してたけどなぁ。

星は3.7くらいつけてもいいと思うんだけどなぁ。


あと、サロゲート同士って快感を得られるのかしら。そこんとこどうなのかしら。
これは…。
設定と落とし所は好きなので+1.0点したい。

笑っちゃうシーンはまあまああった。Shift&Enterはさすがの僕でも擁護しきれない。なんなんだあれは。

フィンチャーが見込んだと言われているロザパイの目はすごく良かった。
まさき

まさきの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

多分一度観たことある。
最新機器大活躍なのは見てて楽しいけど、なぜかそんなにツボではなかった…
ラストのあれは、街中をどう大掃除するんだろう。
ゆき

ゆきの感想・評価

2.5
サロゲートっていう人間型ロボットの発想が今まで観たなかではなくて新しいって思った。
結構展開も面白くてよかった。
近未来における人間型ロボット(サロゲート)が人間の意志どおりに動く社会。
そこでは、サロゲート対ロボット嫌い人間の構図があった。

FBI捜査官として事件解決を図る男にブルース・ウィリス、その妻に(なんとあの『ゴーン・ガール』で物凄い存在感をみせてくれた)ロザムンド・パイク。

世界を変えたテクノロジーを作った男が自分で壊そうとする意図が分かりづらい。

しかし、ロザムンド・パイクは、感情を余り表面に出さない美しさがある素晴らしい女優である。
SF番長

SF番長の感想・評価

3.8
なかなか面白かった
少し展開が浅い気がするがアクションなどもよかった

多分、自分人間派w
近未来の🇺🇸アメリカ

近未来で人間の意思を受信し活動する代理のロボットを操り生活する時代背景。

ロボット🤖が殺されたのに遠隔で受信していた人間も死んでしまった!

操作を進める主人公は大企業と開発した博士にたどり着く!

黒い計画を阻止する事は出来るのか?

また息子を失い妻が人に心を開かず人間らしさを失いかる。
主人公は妻に人間の心を取り戻す事は出来るのか?


◉81点。 未来の仮説設定が面白かった。
テレイグジスタンス、拡張現実、VR技術の勉強として。
人間が間違った選択をすれば、世界はこうなる、と思わせるほどなかなか社会派な映画。自分の思い通りになる、安全なアバターでの体験ではなく、不自由で不便な生身の人間の体験に再度価値が見出されていくというのも興味深い。
現代のモノの価値そのものよりも、体験の価値が見直されている、回り回ってやっぱり良いよね!的な感じに似てるなぁ。

絵的にもアバターと人間の表現の比較も面白かった!ブルースウィルスのいつもの傷だらけの顔が引き立った笑
個人的にはアバターやロボットとの人間の共生のいい塩梅も見せて欲しかった。
初)とてもターミネーター3を撮った監督とは思えないSFの世界観も中々バッチリで良作でした。やはりロボット化は医療の分野で進んで欲しくものです。今作の様に究極的にロボットが人間生活に入り込めば没個性(薄っぺらい均一的な外見)のサビシイ社会になってしまうのかなぁ~と考えさせられました。Bウィリスもしっかりアクションしていたし、Jクロムウェルも開発者としての出演が定番で安心…ただ尺をもう少し長くしてサロゲートのある生活風景やロボット三原則との兼ね合いを整理して丁寧に描いて欲しかった…
>|