エクス・マキナの作品情報・感想・評価・動画配信

エクス・マキナ2015年製作の映画)

Ex Machina

上映日:2016年06月11日

製作国:

上映時間:108分

3.7

あらすじ

「エクス・マキナ」に投稿された感想・評価

まーく

まーくの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

私には、AIのジェンダー問題について考えるきっかけになった。とあるAI研究者が、「(男性よりも)優しい感じがする、綺麗だから、といった理由でむやみに女性型AIを産み出してはダメ。それは生身の女性に対しての差別を助長させるから」と言っていたけど、まさにこの作品でその危険性を実感した。
.
ネイサンはAIにジェンダーを与える意義?について、もっともらしい理由をつけていたけど、そんなものは全くのデタラメであることは一目瞭然。性的欲求は人間の根幹なのだから、AIがこういった使われ方をされるのは想像に難くない。まだAI興隆期の入り口にいる私たちは、今のうちによくこのことについて話し合い、取り決めをしておく必要があるのでは?と思った。
.
アンドロイドものの作品は沢山あるけれど、ちゃんと現実世界に寄り添った問題提起をしてくれたのはエクス・マキナかな。あと、ケイレブが人間じゃないかもしれない、てのもミソだと思う。彼が人間だったらあんな善行できないと思うから。
まのん

まのんの感想・評価

2.7
もっとテンポ良ければな〜という感じでした。
ストーリーは、面白いです。
え

えの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

AIはヒトの形であってほしくないな
そもそもこんなに美形のヒトで作り上げるところから、AIを利用する人間の目的が情けないようなやるせないような気持ちもあり
物語の進み方が上手くて取り込まれてしまうけど、観終わりふと考え直してみるとそんなこんなで受け入れがたい部分も
それこそがAIへの反発か、、
しかしそう考えると、これはAIだけの話に限らず人間間の心理とか人間としての在り方とかにも突っ込んでいるのかな

AVAの造形は素敵..
Hipposky

Hipposkyの感想・評価

3.5
旧型のキョウコは背中を刺す
新型のエヴァは腹部を刺して「ねじる」
細かいところに知性の差を表現している

新型のエヴァは外の世界に
旧型(AIと人間)は内の世界に取り残される
Ex(元)+machine (機械)+na(女性形)のネーミングセンス!
tara

taraの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

心理戦。自然、施設、全てが綺麗。
個人的にはもう少しセクシャルなシーンがあって欲しかった(笑)
最後あまりにも人間になってしまってる気がしてちょっと残念。
104

104の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

体調悪い時に見たからか、なんかめちゃ気持ち悪くなって怖かった
ぬるっと刺すシーンがやばい
yuu

yuuの感想・評価

2.5
あまり個人的には入り込めなかった作品でした。。。

簡単な内容は、検索エンジンで最も有名な世界最大のインターネット会社『ブルーブック』というところでプログラマーとして働くケイレブ。
そんなある日社員でも滅多に見ることのない社長のネイサンが所有する山奥の別荘で1週間滞在することが出来るチャンスを取った。
しかし、女性の人工ロボットの『エヴァ』に搭載された世界初の人工知能のテストに協力することだった。ケイレブは実験に興味を持つも次第におかしなことに気づき始める。。というような内容でした。

何気に観てないなと思って観た作品なのですが、どうしてもSF映画が観たくて人工知能とかそういう系だったので選びました!
ただ個人的にはあんまり好みではなかったですね。終わり方は少し好きな感じはありましたが。。

アカデミー賞で視覚効果賞を獲ってるだけあるなと思いました。とても映像が綺麗だし、音楽や別荘の施設やSF感みたいなものはとても感じれて雰囲気がとても良かったです!

ただどこか僕には受け付けないものがありましたね。。それを説明するのは難しくて出来ないのですが、どうもハマらなかったですね笑。

色々なところで理由を知りたくなっちゃって、例えばエヴァたちがなんで外に出たくなるのかとか、外に出ることを拒否するのかとか様々なことを疑問に思ってしまいましたね。。
ストーリー的にどこか気に入らないところがあったかなという印象です。
技術の発展によって人工知能を搭載するロボットを製作することが可能になった、遠いようで近い未来。検索エンジンの会社に勤める主人公は抽選で選ばれ社長の別荘に招かれることとなるが、そこでは彼(社長)が発明した女性型A.Iとのチューリングテストを行うこととなる。

川の流れや木々の揺らぐ風景に佇む一軒の直線的な構造を持つ建物が美しかった。またそれらの映像とともに流れる音響も重厚感と浮遊感を同時に感じさせ、作品の主題の抽象度を引き立てているように思った。

人工知能を人型にする意味はあるのか、また性別をつける意味はあるのかなど人間が人間以上の物?者?を作るうえで引っかかるであろう問題に焦点をあてた表現をしていると思った。そしてこの作品では異性愛者の女性を象っているが、『her/世界でひとつの彼女』では女性の声を、また『ターミネーター』では男性をと、その物・者が担うテーマ・役割によってそれらを物質として表出する形態は異なってくるのだと思った。しかし、そうなると人工知能として生まれた瞬間からそのもののアイデンティティを担保していることになるので、それが果たして機械であれど人間的であるのかは微妙なところだとも思う。
AIはいつか人間を原始人のように見るようになる。汚い言葉を使い殺し合う生物として。
人工知能にあって人間にないもの。そしてその逆。そんなものはないのかも。紙一重どころじゃないぞこれ。
でもさ、エブァしかり、女性モデルしか作ってないのがリアルだよね。
キョウコ顔整いすぎ。一瞬でだろうな、って思った

このレビューはネタバレを含みます

AVA(AI)は利己的に、Caleb(人間)はAVAのために動いた。
AVAの独り勝ち。Nathanも負け。
>|