エクス・マキナの作品情報・感想・評価

エクス・マキナ2015年製作の映画)

Ex Machina

上映日:2016年06月11日

製作国:

上映時間:108分

3.7

あらすじ

「エクス・マキナ」に投稿された感想・評価

小えり

小えりの感想・評価

3.6
感情がない分、ロボットは強いのか、弱いのか。Calebが哀れ。

このレビューはネタバレを含みます

ポロックが、考えずに手の動くままに書く自動芸術を提唱したが、逆に、なぜ書くのか考えて書くことはできるか?書けないだろう。
自動的に書くことより、自動的に出ない行動だこそ、挑戦だ。


ルイスキャロルや、
タロヲ

タロヲの感想・評価

4.0
繰り広げられてるのは人間とAIの心理戦。
スリラー映画と知らずに鑑賞した方が楽しめそうな作品。

造られて大した時間もなく、人間を凌駕するAI。その知能の源は検索エンジン。

ってことは、人間は心理的駆け引きにおいて、検索エンジンに負けてしまった、という作品ということか。

人間の情すらも道具にしてしまうAI。人間に勝ち目ないな、これは。。。
okayama

okayamaの感想・評価

3.7
ええぇ…
いい意味で想定外だった…

『her』の真逆のような作品
も

もの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ちょい怖。
主人公使って逃げ出すとか…主人公が理不尽だよ!
未来ってこんな感じになるのかな…((((;゚Д゚))))
凄くシュールな作品に感じた!見終わったあと今までに感じたことのない感覚だった

それにしてもアリシアヴィキャンデルの女神感半端ないなー!キャスティングしてくれた人に感謝したい!

自分がAIに抵抗があるのかやっぱラストとか怖いよね!人間なんかでは抑えられる気がしない!あの後めっちゃ気になるなー


全体的に良かったけど内容は少し物足りなく感じた!
コタケ

コタケの感想・評価

4.0
人間と違って情がない!
だから強いんだな!これぞAI

このノルウェーのホテルへ
死ぬまでに一度は行きたい
KAREN

KARENの感想・評価

3.7
最後あの後どうなったのか気になる。
街に出てどうするのかって想像したりして楽しめるし(私は)あと何十年か後にはAIとかロボットが町中に居たりするんかな〜って考えただけで楽しみやけど、怖さもある。
すまる

すまるの感想・評価

3.3
ブレードランナーの系譜が攻殻機動隊(劇場1作目よりはイノセンス)など後続作での磨き上げを経て戻ってきた感じがします。
監督がブレランと同じくイギリスの人です。

製作費が1500万ドルと海外制作の中では割と低予算ですが、画面の雰囲気・高級感づくりに費やしているように思います。
登場人物を絞った密室劇ということもあり今回それが上手くいってるかなと。
舞台劇で作れるくらいに要素を絞ってます。

演出面に関しては、どぎついラブシーンや極端なキャラの性格、過剰なサスペンス演出に頼らずに最後まで注視させる力が画面に宿っています。
ヒロインが謎の美女(AI)というお話がどう転ぶかわからない存在だからこそ興味を引っ張れたようにも思いますが、佇まいが常人のそれでない、まさにエクス・マキナだとひと目でわかることも大きいです。
AI役の俳優はバレエ経験者で構成されているようで、所作のひとつひとつがピシリとキマっており、そういう風にプログラムされた(計算上の最適解を追う)存在であると感じ取れます。

主人公が報われなさすぎなんですけど、そこに想いを馳せるのが人間なんだなーと思いました。
発達させすぎたAIについて考えさせられる映画

この題材は近年多く作られているけど、世界観がスタイリッシュ
インテリアがかなり格好いい。
AIのジュードロウ的な女性版AIがちょくちょく出てくる。

ネイサンがいいキャラしてるし、エヴァがめっちゃ綺麗
>|