エクス・マキナの作品情報・感想・評価

エクス・マキナ2015年製作の映画)

Ex Machina

上映日:2016年06月11日

製作国:

上映時間:108分

3.7

あらすじ

検索エンジンで有名な世界最大のインターネット会社“ブルーブック”でプログラマーとして働くケイレブは、巨万の富を築きながらも普段は滅多に姿を現さない社長のネイサンが所有する山間の別荘に1週間滞在するチャンスを得る。 しかし、人里離れたその地に到着したケイレブを待っていたのは、美しい女性型ロボット“エヴァ”に搭載された世界初の実用レベルとなる人工知能のテストに協力するという、興味深くも不可思議な実…

検索エンジンで有名な世界最大のインターネット会社“ブルーブック”でプログラマーとして働くケイレブは、巨万の富を築きながらも普段は滅多に姿を現さない社長のネイサンが所有する山間の別荘に1週間滞在するチャンスを得る。 しかし、人里離れたその地に到着したケイレブを待っていたのは、美しい女性型ロボット“エヴァ”に搭載された世界初の実用レベルとなる人工知能のテストに協力するという、興味深くも不可思議な実験だった…。

「エクス・マキナ」に投稿された感想・評価

巧

巧の感想・評価

4.1
人工知能を持ったロボットが題材のSFスリラー映画です。

低予算映画らしいですが低予算を感じさせないとても素晴らしい映画です。
撮影されている家の中やロボットの形などもまったく低予算感を感じさせないかなりすごい作りです。

アリシア・ヴィキャンデルとドーナル・グリーソンとオスカー・アイザックの3人のキャラクターが主要人物となりストーリーが進んでいきますが3人の演技は素晴らしかったです。
特にアリシア・ヴィキャンデルの演じた人工知能のロボットの演技は圧巻でした。
見ている側はロボットと分かりますが顔の表情と話し方でロボットのような人間のようなどっちともわからないような演技です。今までのアリシア・ヴィキャンデルの演技で1番素晴らしかったと思います。

ストーリー自体にかなり興味深さがありSF映画ですが本当にありそうな信憑性のようなものも感じられました。

ラストシーンまでの脚本もかなりしっかり作り込まれておりとても素晴らしいSFスリラー映画です。
キョーコ役のソノヤミズノさん、まさか本当に日本人の血が入っているとは思いませんでした!
そしてAva役はスウェーデン人?なんと!
Naoki

Naokiの感想・評価

3.6
“人間とマシンとの線引きをなくすということは、男たちと神々の間にある境界線を覆い隠すということだ”
2018年4本目
これはイギリスでのキャッチコピーなんですが、“人間と神々”でなく“男たちと神々”としたのが実に面白い表現ですね。
この映画の本質をド突いてる笑
女性が観たらどう感じるのか非常に興味があります笑

「One.」

いや〜難しいですね〜。
ところどころ不気味な違和感もあり、ミステリー要素も結構あって凄い面白かったけどラストにどんなメッセージが含まれているのか読み取れなかった…この未熟者め…
でも観終わった後の、「え、なにこれどいうこと?」みたいな余韻味わうのは好きなので、ある意味好きな映画。

とりあえず「AIは恐い」です。笑
いつまでも自分の思い通りに動いてくれるとは限らない。
機械にはいつか何かしらのバグが生じるのだから…
AIが自分の意思を持ったらもう人間と同じだよなぁ。
今後この映画の内容が実際に起こる可能性があると思うと怖くてたまらん。

アリシアヴィキャンデルの美しさはハンパない…やばい

【『わたしを離さないで』の脚本を務めたアレックス・ガーランドが初監督を務め、第88回アカデミー賞視覚効果賞を受賞したSFスリラー。人間と人工知能が繰り広げる駆け引きを少ない登場人物,舞台設定や目を引くビジュアルで描く。美しい女性型AIのエヴァを、『リリーのすべて』でオスカーに輝いたアリシア・ヴィキャンデルが演じる。IT企業の社員と社長を『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のドーナル・グリーソンとオスカー・アイザックがふんする。】

このレビューはネタバレを含みます

エクス・マキナは、機会によって。の意味。映像とアリシア・ヴィキャンデルが美しい。マイクロ・エクスプレッション、チューリングテスト(エニグマにも出てきた)興味もった。ネイサン死亡後のsession7→これはネイサンによる実験ではなく、エヴァによる実験だった!(そしてチューリングテストを受けてるのは、観客)と思わせるシーンに鳥肌だった。ブレードランナー2049などに通じる、AIを軸に人間とは?、科学は人を滅ぼす?といったテーマやフェミニズムなどを考えさせられる映画。また観たい。
設定(のスケール感)とCGのバランスが良く、この類のSFでは珍しく世界に入りこめた。
この世界では生きていけない彼女を示唆する最後のワンカットをみて、それまでの爽快感がどこかに行ってしまった アンドロイドと共存することは不可能なのか
konomo

konomoの感想・評価

3.3
WOWOW録画。
とても美しいSFスリラーだった。観る側の思考をぐらぐらと揺さぶる。
「ビジュアル優先」なきらいはあるけれど、これ位綺麗ならいいか。

しかし主人公が「いい人」ゆえにああいう運命になってしまったのは切なすぎる。あの後なんとかなっていて欲しい。
マト

マトの感想・評価

4.0
AIとかロボットとか。一定の不穏さを保ったまま最後まで。最初自分が思ってたことを主人公自身が劇中で検証し出してて、見事に予想を裏切られた。先が読めない展開というのはいいものだ。
キョウコ役のソノヤ・ミズノがなかなかの存在感。それからあの社長なぁ…なんか今の時代ほんとにこういうやつが世界を牛耳ってそうな気がして胸クソ。
一瞬軽井沢を彷彿とさせる別荘のような研究所

入った瞬間これは何か起きるって感じでしたね〜

裏を読んで裏の裏を読んで、結局ドア開けただけか笑笑

それにしてもブルーブックって名前、、、
ダサすぎ😂
刺繍屋

刺繍屋の感想・評価

4.2
想っていた以上に良く出来た作品でした。

いろいろ書くとネタバレになってしまうので詳しくは書けませんが、誰の言葉が真実で何が現実なのか、キャラクターの造形も上手いのと相まって、そういったサスペンス的要素も有り、割と静かな作品ながら演出も巧みで最後まで目が離せず、惹き込まれるように鑑賞しました。

途中で薄々変だとは思ったのですが、ああいったラストに到ると思わなかったです。
僕は主人公と同じ男性なのでケイレブの気持ちはわかりますが、あの行動は女性から見たらどう見えるのでしょうね?
“やっぱり男はバカだ”って思われるのでしょうか?( ̄▽ ̄;)

いろいろ考えさせられる作品でもありますが、エンターテイメント性も高い作品でも有りますので興味のある方は是非鑑賞してみて下さいね
>|