エクス・マキナの作品情報・感想・評価

エクス・マキナ2015年製作の映画)

Ex Machina

上映日:2016年06月11日

製作国:

上映時間:108分

3.7

あらすじ

検索エンジンで有名な世界最大のインターネット会社“ブルーブック”でプログラマーとして働くケイレブは、巨万の富を築きながらも普段は滅多に姿を現さない社長のネイサンが所有する山間の別荘に1週間滞在するチャンスを得る。 しかし、人里離れたその地に到着したケイレブを待っていたのは、美しい女性型ロボット“エヴァ”に搭載された世界初の実用レベルとなる人工知能のテストに協力するという、興味深くも不可思議な実…

検索エンジンで有名な世界最大のインターネット会社“ブルーブック”でプログラマーとして働くケイレブは、巨万の富を築きながらも普段は滅多に姿を現さない社長のネイサンが所有する山間の別荘に1週間滞在するチャンスを得る。 しかし、人里離れたその地に到着したケイレブを待っていたのは、美しい女性型ロボット“エヴァ”に搭載された世界初の実用レベルとなる人工知能のテストに協力するという、興味深くも不可思議な実験だった…。

「エクス・マキナ」に投稿された感想・評価

ネットでエロ動画見るとそのうちリアルで自分が見たエロ動画に準拠したやり方で以ってたぶらかされるので注意しましょうね〜…みたいな作品。



神の似姿が人間で、人間の似姿でAIロボットが作られるとしても、AIロボットの方では人間を神だと思わない。それは神が完全だと知る人間は、しかしAIロボットにとっての完全にはなれないという点に根拠を見ることができる。
例に漏れず、人間はAIロボットにしっぺ返しを喰らう。AIロボットの、あたかも自分の感情に真剣になっているかのような仕種は、チューリングテストに容易にパスできるような様相である。そもそも、チューリングテストをテストする側としての人間は、正しくAIを判断できるのか。この点は、SNSでのやり取り、とりわけ「いいね!」の応酬を見れば、人間的な主体がチューリングテストで試されたとしても、あながちパスできない可能性すら考えられもする。それは容易に、だ。
mikenekos

mikenekosの感想・評価

3.7
相手が機械であることがわかっている上で行うチューリングテスト。主人公は恋は盲目を体現しており、オスカーアイザックは驕慢であるが故に小さなミスを見落とす。エヴァはその人間の弱味につけ込む。結末は痛烈ではあるものの、何となく予想できてしまった。SFスリラーとして観れば途中まではハラハラしたので良作かな。
白いレースの服を着たエヴァが可愛くて見とれてしまった
しかし人工知能が人間より賢くなったら勝ち目がなくて怖いな…

研究の秘密を守るために建設作業員を殺すくせに他人が家にいても酔い潰れるネイサンのガバガバセキュリティ意識が気になった
Kinakosan

Kinakosanの感想・評価

3.6
後味悪いというか、かなり怖かったです。

いつか、こんな日が来そうです。

傲慢な人間への警鐘?なんとも言えない気持ちになりました。
kumaemon

kumaemonの感想・評価

3.8
えーあいこわい
twilight

twilightの感想・評価

3.5
ラストがなかなか衝撃でした。

AIが人間を超える日はそう遠くないかも?
Yuta

Yutaの感想・評価

2.8
うーんまあまあ面白いけど没入感ないのと、もしAIが本当に人間みたいになったら〜っていう妄想の範疇を出ない感ある
やっぱりSFには表現の奥にある緻密な論理とか、それをわかっていても抗えない感情とかを期待している
テーマは深いけど内容は薄いって感じやな。
アイロボットとかターミネーターの方がおもしろい。
まぁ人工知能は今後どーなるかってのは考えるべきことやと思う。
AIが人間を超えるのか?というSFでよくある問題。ターミネーターや2001年宇宙の旅を思い出しました。 さすがにここまで複雑な思考をするAIは発明されないと思うが、近年の人工知能の開発競争を見ると、あり得ない話だと断言できなくもない。もはや、SFではなくリアリティーのある話だ。倫理観が揺さぶられるあたりはブレードランナーを思い出しますが、エクスマキナではかなり無機質で淡々とした雰囲気で語られてました。そもそも人がプログラムしている時点で人間の思考の範疇を出ないと思ったのですが、倫理観に関しては難しいところです。低予算なのはわかりますが、あまりにも淡々と進みすぎて盛り上がりに欠ける部分が気になりました。
>|