トレマーズ コールドヘルの作品情報・感想・評価

「トレマーズ コールドヘル」に投稿された感想・評価

食事中に見るものではない。
内容はやっぱりいつも通り面白いけど、グロい、笑

トレマーズ待望の続編。

今回は氷上からグラボイスが出現する設定という事で、期待値を上げて鑑賞!!

冒頭の雪山シーンから早速現れるグラボイス。
そしてグラボイス出現の報告を受ける、ちょっとお年を召したバート。
もうこれだけでワクワクする方も多いはず‥!

そしてヘリで現地へ向かう途中に、空から襲撃するアスブラスター。

もうここまでは完璧です!!!!
素晴らしいです!!


‥が問題はここからです!

氷上シーンがないじゃないですか!!笑
タイトルも『コールドヘル』とあり、氷上から出現するという新しいものを見せてくれると思っていましたが残念でした😅

その後も、実は主人公バートは病気に感染しておりグラボイスを生け捕りにして体内から血清を取り出さなければならない、というストーリーがでしたが、そこにフォーカスが当たりすぎて‥なんとも言えない感じでしたね〜😅

でも1作目からのファンを大切にしようとは作品全体から感じる事ができました😊✨
すずき

すずきの感想・評価

3.5
前作から数年後。
数々のグラボイズ事件を解決してきたモンスタハンター、バート・ガンマー。
しかし今は落ちぶれ、税務署に財産を差し押さえられ、久々に再開した息子ともギクシャク。
そこにグラボイズ退治の仕事依頼が!2人は現場であるカナダ北極圏へと直行する…

シリーズ6作目。
それまでのシリーズ知らなくても、用語解説を丁寧にしてくれるから安心。トレマーズ初心者がいきなりこの作品を見ようとは思わないだろうが。

期待値を低めに設定してたからか、結構楽しめた。
トレマーズ初代以降、微妙なシリーズだったけど、本作は初代に次いで面白い…かも。
勿論、初代との間は超えられない壁が存在するけれど。

北極圏に適応したグラボイズ、という事で、本作のグラボイズ何が変わったのか。
実はなんと、何も変わってなかった!あ、見た目だけちょっとカッコよくなった?
そもそも、氷の世界が舞台じゃなくて、完全に雪解けした北国、ってだけだからね、そりゃ変化無しですわ。
人によってはマイナスポイントかもしれないけれど、下手にギミック増やして滅茶苦茶にされるよりかは良い。
要は面白く出来てりゃいいんですよ。

倒れたバート・ガンマーを救う為、物資も足りない中、グラボイズの捕獲という高難易度G級クエストに挑戦する息子、という熱い展開も。
捕獲後の、必死なんだけど妙にほのぼのした死闘も可笑しい。

よろしくなかったのは、カメラワークのダサさ。
B級作品と言えど、芋っぽい、田舎っぽいダサさならトレマーズシリーズには合ってるかもだけど、カッコつけて失敗してるようなカメラワークはNGだ。

グラボイズの食べ残しの人間の破片、どれもこれも綺麗に衣服が脱げてるんだけど、そーゆーのに突っ込むのは野暮?
Keengoo

Keengooの感想・評価

2.4
目新しさがなんにもない。
昔は面白かったけどなんだかなーな作品。
B級映画の王道。
グラボイズの出演少ない?
3までかな。
シリーズも遂に6作目!
今度は北極圏に現れるグラボイズ!!

というのは最初だけで、後はいつもの砂漠仕様。詐欺じゃねえか!!

といって切り捨てるのも時期尚早。
『トレマーズ3』のとあるシーンを伏線(!)に、シリーズ皆勤賞のマイケル・グロス as バート・ガンマー親父がかつてない危機に陥る緊張感、そして、ガンマーJr. とのバディ感が楽しめる1本になっている。

加えて、謎の組織、親子の絆、まさかのヒロイン、といった要素がB級映画を盛り上げる。
「お前のタマは鋼鉄か!?」とハートマン軍曹並みに部下をしごき、その後もタマの固さに固執する、相変わらず熱いガンマー親父も最高。

前作に引き続き、続編請負監督:ドン・マイケル・ポールというのは心配の種だったが、テンポ良く98分と手堅く仕上げたことが、名誉挽回と言える出来に繋がったと思う。
またトレマーズのパチモン出てるよと思ってたら正統続編でした。今回は副題がコールドヘルということでついに寒冷地専用グラボイズが登場するのかとワクワクしてたんですが単に雪山にたまたま迷い込んだグラボイズでした。オープニング以外雪山の雪の字も全く出ねえ!!何がコールドヘルじゃあああああ!!!

まあ相変わらずのいつものトレマーズ節ですが今回のトレマーズは寄生型とゆう新たな設定もブッ込んで来ます。寄生された俺たちのバートガンマーさんが倒れる中、仲間たちがグラボイズ相手にゆるく奮闘するコメディモンスターパニックになっております。今回ケビンベーコンと関連するキャラが出てきますが新しいドラマシリーズとのクロスオーバーもありそう??

何はともあれこのシリーズはケビンベーコンよりもバートガンマー役のマイケルグロスが生きている限り続いていくと思います。私はこの愛すべきモンスター映画をずっと見守っていきたいと思います。
NIRA

NIRAの感想・評価

3.2
正直、前作は途中で眠くなるような出来だったのですが今作は原点回帰したような物語で私は大満足でした。
真新しい事をしようとして面白くないよりは良いなと🤐
トレマーズ1作目から繋がる部分もあり、シリーズファンへのプレゼントもありました。

今回はカナダの北極圏にグラボイズが出現するというお話。
これを撮影したのが南アフリカというのに驚きました。
冒頭の雪原も南アフリカの砂丘で撮っているなんて🤭編集って凄いですね。

監督こだわりのグラボイズの体液、俳優さんに何処で使うかは秘密にしていきなりぶっかけたりして楽しそうに撮影してらっしゃいました。
チャンの店がまた出てきたのも嬉しかったです。
もうトレマーズシリーズを作るのをやめた方が良いのでは…?

そう思うほどひどい出来の映画でした。

監督も才能無いのではないでしょうか。

思いきってやめるのも勇気です。
いかに生け捕るかという新味、過去作からのファンサービスもあるが、肝心の「音を立てればグラボイズが来る」法則がかなり曖昧で緊迫感に欠けた。切れ味のないモタモタした(の、割にやたらカットを割りたがる)会話も退屈。
このシリーズ大好きでずっと追ってる
過去作のオマージュがあったりで面白かった
>|