山猫は眠らない4 復活の銃弾の作品情報・感想・評価・動画配信

山猫は眠らない4 復活の銃弾2011年製作の映画)

SNIPER: RELOADED

製作国:

上映時間:91分

ジャンル:

3.0

「山猫は眠らない4 復活の銃弾」に投稿された感想・評価

Ken

Kenの感想・評価

4.0
主役は息子にバトンタッチです。トムベレンジャーは出てきませんが、ミラーことビリーゼーンが再登場です。...ハゲちゃった。
Hich

Hichの感想・評価

2.9
 山猫シリーズ4作目。

 今作からトーマス・ベケットではなく息子のブランドン・ベケットの物語へと移っていきます。

 シリーズで今作と6だけトーマス・ベケットが出てきません。
しかし1のサブ主人公、リチャード・ミラーが出てきます。

 序盤、ブランドンはまだスナイパーとしてやっておらず、スナイパーとして目覚めるまでを描いています。

 もう少しインパクトのあるストーリーが欲しかったです。
次作で親父が帰ってくるとわかってるから楽しめるがリリース当時に見てたら少し物足りないと感じてたかと…
今回から息子が主役になったようです。
お父さんの少しもたもたした動きは少し限界かなと思っていたのでちょうど良かった時期ですね。
ビリー・ゼインも随分と役中で出世したようで、頼れる存在になっていました。
中尉役のヒロインもとても綺麗でした。

このシリーズも人気が出てきたのか今回は色々と予算をかけた感じにも見えました。
ただ、ほとんどのシーンはカメラを手持ち撮影のようで。
必要以上に画面が揺れて観ていて少し疲れました。
戦闘シーンだけならいいのですが。
カメラは固定して、切り替えなどでシーン回しをしてくれたら良かったと思います。
J四郎

J四郎の感想・評価

3.4
山猫シリーズ(っていうのか?)第四弾!
前作まで主人公だったトーマスの息子ブランドン・ベケットが登場。彼は国連軍の一員という面白い設定。青臭い熱血漢でこれまた違った味わいの作品を見せてくれます。

今回の舞台はコンゴ。農園を襲撃してきた恐ろしい敵に主の頑固オヤジもろともブラドンの仲間は皆殺しにされてしまいます。そして一作目以来のあのミラーが偉そうな教官となってカムバック!
イタリア人と呼ばれる凄腕スナイパーはどうやらこのミラーと因縁がある模様。

この回から主人公となるブランドン君はスナイパーはセコいからと毛嫌いしておりまして、あのオヤジですからねぇ行間を読めばなんとなく理解できます。このイケメンが登場したからか珍しくラブロマンスもありましたね。

相変らず低予算でチープな造りですが撮り方など毎回工夫しているのでそれなりに迫力がある戦闘シーンになってはいますね。特にまだまだ未熟なベケットジュニアと凄腕スナイパーの対決は面白かった。
マンネリ打破か主人公を若返りさせたのは一定の成功を収めています。
chip

chipの感想・評価

3.5
日替わり定食のような
山猫シリーズ
4つ目です!
このB級感が心地よい〜

前作から7年が経ち
今回からベケットの息子、
ブランドン・ベケットが主人公。
演じるチャド・マイケル・コリンズ…はじめまして、だけど…
細マッチョの優しい顔立ちのイケメンさん、♡
無骨な父と違って、美しい上官女性とのLoveもありました。


今回の舞台は
アフリカ、コンゴのジャングル。美しい夕日をバックに映る
キリンたちの姿は
ライオンキングを思い出しました。大自然の中のシマウマやサイ、ゾウの親子…🦣
雄大な風景がすばらしいです。


スナイパーとしてあまりに偉大な父親に反抗して、一歩兵として海兵隊に入ったブランドンが、
サプライズ登場のミラー大尉の指導で、スナイパーになって行く…
面白くなってきました。
1話目で、ミラーの指導者は、父ベケットでした〜!


ミラー役、ビリー・ゼイン
1話目から18年経って…
髪の毛がすっかり淋しくなっていたけど、いい味出してました〜
LOST

LOSTの感想・評価

3.4
名狙撃手を父に持つ国連軍ブランドン・ベケット三等軍曹らは、コンゴ民主共和国の反体制派領土で音信不通のベルギー人の救出任務に就く
ベルギー人の下へ辿り着くのだが、部隊はスナイパーによる待ち伏せ襲撃を受ける…

トーマスでなくその息子が主人公となり、ミラーも再登場
一作目を思い起こさせる場面もある

戦闘シーンは画面が揺れて少し目が疲れる笑

ブランドンは父との仲は良好ではなく、狙撃兵という職も好きじゃないと語るも才能はある模様

シリーズお馴染みのスナイパーとの対決もあるけど、父とは違う戦い方というのは良かった

ミラーの援護は安心感があった👍
Lie

Lieの感想・評価

2.5
ベケットさん、子ども…いたんですね。そんな素振りは無かった気がするのだけど。
息子が主役になってシリーズ初の恋愛要素が!(私は必要としていない!)と思ったら、一晩で終了した。さすがだよ山猫シリーズ。
トーマス・ベケットの息子ブランドンが主人公になり内容も一新。
これはこれで嫌いじゃない。
でもパパはやっぱり出てきて欲しい。
fishii

fishiiの感想・評価

2.9
新たなる山猫シリーズ。

撃たれる瞬間がリアルぽくて少し怖かったです。
>|