七年の夜の作品情報・感想・評価・動画配信

「七年の夜」に投稿された感想・評価


過去に囚われてストレスMaxな加害者
リュスンリョン

粘着質で凶暴で利己的な被害者の父親
チャンドンゴン

四面楚歌で苦悩する青年
コギョンピョ

少女への贖罪の意味で?少年に手を差し伸べる
ソンセビョク



本当に韓国の俳優さんって、老若男女演技がすごい。
最初の方はストーリーがよくわからない所もあり、⁇ となりながら観ていたけど迫真の演技に引き込まれてしまった…。



コギョンピョ…コインロッカーの女の時はクソ憎たらしい役だったよね💦

チャンドンゴン…VIP修羅の獣たち の時なんかあんなに乾いた雰囲気だったし

本当に『何やってもおんなじ演技』って人いないよね。
だから大好きよ、韓国映画🎦
BoltsFreak

BoltsFreakの感想・評価

2.8
もうちょっと韓国noirを楽しめると思ったのに意外とあっさりした内容だった
meran

meranの感想・評価

3.6
田舎町で起きた交通事故。少女を引いてそのまま湖に遺棄。

被害者の父の犯人探しと復讐。

ただ、その父がまたかなりイカれた男。

まぁまぁでした。
LNママ

LNママの感想・評価

3.8
とにかく重くて苦しい作品。
でも言いたいことが分かりやすいし、キチンと作られてる。
見て良かった。
Jiyong

Jiyongの感想・評価

3.0
他責すぎる男とトラウマで気が狂った男の話。
最後まで共感はできなかったし、可哀想だとも思わなかったけど、小さい頃から顔立ちが大人っぽいイレちゃんと好青年?のコギョンピョが可愛かった。

チャンドンゴン変なパーマかけてた。
だい

だいの感想・評価

3.5
ソン・セビョク観たさに観たらリュ・スンリョン苦しいムービーでした。

いろんな“呪い”の詰まったお話だったな。
ただ、チャン・ドンゴンのその部分が、察することはできるものの描き方が足りなかった気がした。
原作の方がだいぶエグく描かれているらしい。


ソン・セビョクは潜水士。
119ができる前、水死体を回収する生業があり通称“ワニ”と呼ばれる。
その家のこどもは12歳から潜ることを習い始める。

ワニの子が、ひとりの少年を生かすために今を生きてるってとこにぐっときましたね……
彼のおかげで救いのある結末になっていたかと。



⚾️追記 原作読んだよメモ⚾️
https://twitter.com/GoodyStudy/status/1358405515697508352?s=20
なにもすくわれない。ぐっと最後まで見てしまった。ずっとなんで虐待してたのにそこまで???って思ってたが最後にあかされる。重い
Yucky1018

Yucky1018の感想・評価

3.5
物語としては面白かったが、DVDジャケなんかで必要以上にチャンドンゴンを全面に出してる感じがして何で?と思った。
役柄としては割と酷い奴でラスト申し訳程度に同情の余地はあった、くらいだったがあくまでバイプレイヤーとしてちゃんと存在感があったし劇中ではむしろ主人公のおっちゃんの苦悩が描かれているのにな。
そういう意味ではチャンドンゴンの役柄は謎ばかりだったのでそちらをもう少し掘り下げてほしかった。
咀嚼しないまま消化できるかどうか。そこが分岐点だ。

本作のストーリーを単純にテキストに落とせば「復讐劇」に当たると思うのだが、その本質は復讐ではないと思う。資産家であるヨンジュは「そう決めたからそうする」というひどくドライで目的的な行動を起こしており、視聴者が非常に共感しにくい作りになっている。
しかし共感も理解も超越したところにヨンジュの特異なキャラクター性があり、その執拗な行動原理は昆虫を思い起こさせる。この「人の皮を被ったなにか」という存在を「理解しようとして失敗する」か「理解できないものとして受け入れるか」によって本作の捉え方が変わってくる。

対して咎人であるヒョンスは過去のトラウマ、家族との関係性、自己の罪と向かい合う実に人間的な存在として描かれており、本作のテーマは群像劇というより「穢れに魅入られた人間の苦悩」というスピリチュアルホラーとしての側面のほうが強いように思えた。
丁寧に描いた人間模様の中に落とされた一滴の漆黒の闇。それがそれぞれの日常を侵食し破壊していく。そういった構図だ。

ティールアンドオレンジをキーとしたコントラストの強い絵に、巧みなライティングワークが色を添える。カメラワークも練られており、とくに水回りのVFXは質が高い。役者陣のレベルも高く、リュ・スンリョン、チャン・ドンゴンの熱演は特筆すべきだろう。映画作りとしての質は実に高レベルだと言える。

総じてヨンジュのキャラクター造形を受け入れられるかどうかによってプラスマイナス1点前後の差が大きく開く作品だと思う。個人的には嫌いな作品ではないが、昨今の韓国映画の力作の中では見劣りしてしまうと言わざるを得ない。

というわけで韓国復讐物は他にもいい作品がいっぱいあるので、それらがオススメです!!!
saeri

saeriの感想・評価

3.6
後半壮絶すぎて息切れ多め
ソリの入ったドンゴン兄貴は珍しいので拝めて良かった
>|