殺戮にいたる山岳の作品情報・感想・評価

殺戮にいたる山岳2016年製作の映画)

사냥/The Hunt

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:93分

3.1

あらすじ

15年前に鉱業所で起きた死亡事故をきっかけに、今では誰も寄り付かなくなった山。その事故で重傷を負いながらも生き残ったムンは、空砲の銃を持って狩りを装い、毎日山の中を彷徨い歩いていた。一方山の持ち主でもある息子を事故で亡くした老婆は、偶然山の中で金脈を発見し刑事のパクに通報する。しかし、この金を横取りしようと考えたパクは、双子の兄に連絡をとり猟師を集め山に入る。そして、邪魔になった老婆を殺害し、そ…

15年前に鉱業所で起きた死亡事故をきっかけに、今では誰も寄り付かなくなった山。その事故で重傷を負いながらも生き残ったムンは、空砲の銃を持って狩りを装い、毎日山の中を彷徨い歩いていた。一方山の持ち主でもある息子を事故で亡くした老婆は、偶然山の中で金脈を発見し刑事のパクに通報する。しかし、この金を横取りしようと考えたパクは、双子の兄に連絡をとり猟師を集め山に入る。そして、邪魔になった老婆を殺害し、その孫ヤンスンにも襲い掛かる。そこに出くわしたムンは、なんとか猟師からヤンスンを守ろうとするが・・。

「殺戮にいたる山岳」に投稿された感想・評価

ゲス野郎どもが山に集結する。とろけるような甘い蜜の山に蟻のように群がるのだ。しかし、正義に燃えるジジイが連中の前に立ちはだかる。ジジイ1人に何ができるの?ジジイ対ゲス野郎軍団の結末は?

山岳とは言えないハイキングコースの山に拍子抜けする。圧倒的戦力の差の戦いなのにジジイのゲリラ的戦術にきりきり舞いさせられて脱力する。ホースソルジャー(米軍騎馬隊)よりもジジイ1人の方が強い。そんなことあるかっ!と思わせつつ最後まで引っ張れる巧みな作品。

ゲス映画大国、大韓民国の名に恥じない作品。これもゲスい。がんばれ、ジジイ、骨はオイラが拾ってやるぜ!
Ideon

Ideonの感想・評価

3.0
15年前の炭鉱事故で部下を死なせたムンは、祖母と二人暮しになった部下の娘を、山にとどまり、ひそかに見守ってきた。ところが、その山から金が出ることがわかり、それを嗅ぎつけた悪党どもが集まってきた。彼らは、第一発見者の祖母と娘を殺そうとする。ムンは娘を守るため、一人、悪党どもに立ち向かうというお話。
おどろおどろしい邦題がついているが、ホラーではなく、サバイバルサスペンスである。この手の映画としてはありふれた展開なのだが、韓国の名優、アン・ソンギの重厚な演技で、見る者を飽きさせない。一枚看板、未だ健在である。面白顔のソン・ヒョンジュは、今回は主演ではなく脇を固めている。ムンが手を下したわけでもないのに、悪党どもがバッタバッタと倒れていくのが面白い。
モロ

モロの感想・評価

2.8
金を狙う悪い奴らとお爺さんとの戦い。お爺さん側のバックグラウドは描かれてるけど、ほとんど山中での鬼ごっこ。
タイトルと内容がマッチしてない。
韓国映画にしては残酷描写が少ない。
masa

masaの感想・評価

2.3
なにこれ…
なんか変…
でもなんかオモロい。
主役のジジィが、だんだん稲川淳二にしか見えなくなってしまい、もうダメ…笑

そして、強いんだか弱いんだかよく分からないジジィ。しかし敵が7人もいるのに一人で孫娘を守るため奮闘しているのだから、強いのだろう。このお爺が山で非常に頑張っているのだが、何故かいまいち入り込めなかった…

ある山を舞台に、すさまじい?死闘が繰り広げられるサスペンス。
金脈が発見された山を奪おうと所有者の家族に襲い掛かる人々に、一人の男が立ち向かう話。

敵も敵でチームワークが悪すぎでワケわからず、双子の設定の一人二役のキャラもほとんど意味がない。まぎらわしいだけ。

孫娘の子も、少女なのにお笑い芸人的な風貌で、感情がちょっとずれていて、こちらも感情移入できない。

でもなんか憎めない。
変な作品だ。
寂々兵

寂々兵の感想・評価

2.5
山に執着して彷徨しているジジイVS金脈を発見した猟師たちの戦いだが、いくら相手が多人数とは言え初めて山に入った猟師たちから地形に精通したジジイが逃げ隠れするだけというのはさすがに萎える。ジジイの凄さや森の怨念を映像で説明できず、下っ端に「何なんだあの爺さんは?」「しかし不気味な森だぜ」とベラベラ喋らせてしまう節操のなさ。チョ・ジヌンは好きな役者だが、映画史上でも類を見ないほど意味のない一人二役では。あと孫娘役のハン・イェリは挙動が横澤夏子に似てて腹が立ったのでさっさと撃たれろと思ってしまった。
じえり

じえりの感想・評価

2.9
金に目が眩んで殺人
ありがち設定ですが韓国映画のクズは本当にクズ
しかも刑事クズが多い



3333!
風来坊

風来坊の感想・評価

3.0
韓国映画は重い物が多いので個人的に観る時には覚悟が入ります。この映画も欲に駈られた悪徳刑事の蛮行が衝撃的だし、その後の血生臭い展開が重い。悪徳刑事は冒頭出てきた瞬間で悪徳と分かる演出は上手いなぁと思いました。

他の方も仰る通りハン・イェリの娘役には年齢的に無理があるけれど素朴な感じが良かったし上手かったです。韓国映画特有のハードな暴力描写も健在で欲に駈られた人間の姿に説得力を与えていますね。序盤から中盤までは緊迫感があって良い感じの展開。その後の戦いが一辺倒になってしまいちょっと飽きてしまう。このままサバイバルアクションで行くのかと思いきやいきなり始まる切ないお話し。この辺りが評価の分かれる所でしょうか?

真面目過ぎるというかもうちょっと映画的な脚色が欲しかったなぁと思うところ。アクションというよりは人間ドラマで中心で個人的にはちょっとガッカリした部分もあるのですが、俳優陣の熱演がなかなか見応えあって良かったです。
ise

iseの感想・評価

2.8
おじいちゃん頑張った。
最近の韓国映画は『韓国初登場第一位』の謳い文句が多い気が。
余り興味を抱けなかったがジャケット写真を見て“韓国初登場第一位”の謳い文句につられての鑑賞でした。

事故があった為閉山してしまった元鉱山跡地。事故が基で亡くなってしまった社長の母親の老婆が一人残っていた。

ある日、老婆が跡地から金脈を発見し、知人の刑事に相談する。刑事の男は欲に絡んで数人の男を集めて金脈を確認する。作業の最中、老婆は争いの末に命を落としてしまう。

劇場公開初日だけ観客動員一位だったのでしょうか???

更に老婆を探しに来た孫娘も事情を知って命を狙われるが・・・・・・

鉱山事故で命を取り留めた老人が孫娘を救うために孤軍奮闘する活躍を描いたドラマです。

ヒーローが老人の為派手なアクションが有りません。何を争って殺戮に至ったのか意味不明な銃撃戦が続くだけの少々物足りないアクション映画でした。
NAVY

NAVYの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

✨あるおばあさんが、失くした自分の息子の土地で金を発見し、ひとりの刑事に相談をしたところ、「これは金ではない」
と騙される

刑事はすぐに双子の兄に連絡を取り
「金が出たぞ」と報告する

貸金業者や仲間を引き連れて双子の兄が山にやってくる

金属探知機が本物の金であることを
証明したところを、おばあさんに見られて
「金ではないと言ったのは嘘だったのか」と問い詰められる

おばあさんの息子の土地であることを知ったメンバーは、不慮の事故も重なり
おばあさんを殺して山に埋めてしまう

主人公であるムンは、この場面を目撃し、
銃を持った敵メンバーに追われる

厄介なことにおばあさんの孫娘のヤンスンが、山に来てしまい、ムンはヤンスンを守りながら、敵メンバーと銃撃戦を交わす


評価が結構分かれるみたいだけど、
私は好きだった😆

私の中で韓国映画は最近来てるw

ツッコミどころもあるけど、それを楽しむのも映画の醍醐味かなぁと思う

まず、ムンさんがカッコいい
すぐに猪の睾丸を渡そうとしてくる嫌がらせは
ちょっとアレだけど、素敵♡

何かで読んだけど、ヤンスンの役の人、
結構なお年なのねw
違和感なく見れました(*´ω`*)

まさか、ジョンヒョンとヤンスンが血が繋がってなくて、ヤンスンとムンさんの実の息子のテグクが親子関係にあったとは‼️

そりゃムンさん、あれだけ必死でヤンスンを守るわけね
実の孫だもん

皆さん仰ってますけど、本当に双子設定いる(*´・д・)?w

あと、おばあさんが全然報われなかった
悲しかったなぁ
>|