殺戮にいたる山岳の作品情報・感想・評価

殺戮にいたる山岳2016年製作の映画)

사냥/The Hunt

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:93分

3.0

あらすじ

15年前に鉱業所で起きた死亡事故をきっかけに、今では誰も寄り付かなくなった山。その事故で重傷を負いながらも生き残ったムンは、空砲の銃を持って狩りを装い、毎日山の中を彷徨い歩いていた。一方山の持ち主でもある息子を事故で亡くした老婆は、偶然山の中で金脈を発見し刑事のパクに通報する。しかし、この金を横取りしようと考えたパクは、双子の兄に連絡をとり猟師を集め山に入る。そして、邪魔になった老婆を殺害し、そ…

15年前に鉱業所で起きた死亡事故をきっかけに、今では誰も寄り付かなくなった山。その事故で重傷を負いながらも生き残ったムンは、空砲の銃を持って狩りを装い、毎日山の中を彷徨い歩いていた。一方山の持ち主でもある息子を事故で亡くした老婆は、偶然山の中で金脈を発見し刑事のパクに通報する。しかし、この金を横取りしようと考えたパクは、双子の兄に連絡をとり猟師を集め山に入る。そして、邪魔になった老婆を殺害し、その孫ヤンスンにも襲い掛かる。そこに出くわしたムンは、なんとか猟師からヤンスンを守ろうとするが・・。

「殺戮にいたる山岳」に投稿された感想・評価

koma2chan

koma2chanの感想・評価

3.4
おばあちゃんが自分の山で金発見。
警察に金か確認し嘘つかれ横取りされちゃいます。
おばあちゃん探しに孫の良い感じにブスでちょっと足りないヤンスンが来るも、悪者達のおばあちゃん殺害中の為ヤバイ事に。
それを見ていたムンおじいちゃんが命がけでヤンスン助けます。
もう必死です。
ムンおじいちゃんがとてもカッコイイです。
漢です!
韓国の山岳版ダイ・ハード💖

お爺ちゃんが頑張ってましたよ👴
舞台は山奥です!
少女を守るため金目当ての悪党集団相手に、
お爺ちゃんが、たった一人で立ち向かう!

この時点で泣けるはずなのですが…
お爺ちゃんの動きは俊敏でキレッキレでした
腕っぷしも強くて心配無用だったみたい…。

守られる少女も生意気で可愛くない……。

むしろ悪党側に同情していた私が居ました💖

いったい、どっちが弱者か弱者か分からない?
いっそのこと、どっちも死🙆と思いました(笑)

普通なら年寄りと子供は応援したくなるけど、
こんなにも弱者?を応援したくない作品は
近年でも珍しいと思います😌💖
furu

furuの感想・評価

3.2
音楽とか映像はとてもいいんだけど、ストーリーが...。
最後がどうなるかもある程度想像できるし、ドキドキヒヤヒヤもあまりしない。
しかしこの爺さんカッコイイ。
あと、韓流映画には、ちょっと知恵遅れの子供がよく出てくるけど、なんか意味あるの?
山で金が見つかりそこによくおじいちゃんやおばあさんや娘と狩りのメンバーとで殺し合いになるお話
まぁ

まぁの感想・評価

2.4
人間には、本当に様々な「感情」「想い」があるんだな…と…改めて…☆

15年前の炭鉱事故で、生き残ってしまった一人の男性
vs
その山から出た「金」に群がる男たち
…なんだけど…

殆どのシーンがワンシチュエーション(山の中、銃撃戦)なので…う〜ん…(汗)

生き残ってしまった男性の「贖罪」
群がった男たちの「欲」「自分本位」
…それは…伝わってきたのだけれど…

ごめんなさい、眠くなった…(汗)

人物像の「掘り下げ方」…が…弱い…と感じた…(汗)

…男たちの「背景」…殆ど分からず…(汗)
(「良い話がある」…と聞いて、群がってきた男たちだから…そこは…詳しくなくて…良いのかな…笑)

主演のアン・ソンギ…やっぱり凄い「存在感」「貫禄」…彼の演技を久しぶりに観れて…嬉しかった…(o^^o)
suuuuuu

suuuuuuの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

山を駆け巡る銃撃戦
金の為に山に入るのに銃の装備するからこんなことに。猪を無駄に殺すなよ。
欲の為に人も殺せる悪役への嫌悪を準備される。
本当の娘よりも死んだ同僚に託された子供を守る理由がラストに明かされる。
息子がいること忘れかけてたから、一瞬わからなくなった。
炭鉱の事故時に、主人公を助けるために同僚が自分の身体を与えたことに気をとられ過ぎた。
チョ・ジヌンの双子設定は、殺したはずなのにまた来た!ってなるラストのためなのか。それだけかー。
おじいちゃんvs腐れ外道軍団。

これは負け試合間違いないだろうと思いきや、山に入れば腐れ外道軍団を相手に爺さんがゲリラ戦を仕掛ける。

韓国版ランボー、またはRE:BORNか?ストーリーは気にするな、感じるんだ!
ゲス野郎どもが山に集結する。とろけるような甘い蜜の山に蟻のように群がるのだ。しかし、正義に燃えるジジイが連中の前に立ちはだかる。ジジイ1人に何ができるの?ジジイ対ゲス野郎軍団の結末は?

山岳とは言えないハイキングコースの山に拍子抜けする。圧倒的戦力の差の戦いなのにジジイのゲリラ的戦術にきりきり舞いさせられて脱力する。ホースソルジャー(米軍騎馬隊)よりもジジイ1人の方が強い。そんなことあるかっ!と思わせつつ最後まで引っ張れる巧みな作品。

ゲス映画大国、大韓民国の名に恥じない作品。これもゲスい。がんばれ、ジジイ、骨はオイラが拾ってやるぜ!
Ideon

Ideonの感想・評価

3.0
15年前の炭鉱事故で部下を死なせたムンは、祖母と二人暮しになった部下の娘を、山にとどまり、ひそかに見守ってきた。ところが、その山から金が出ることがわかり、それを嗅ぎつけた悪党どもが集まってきた。彼らは、第一発見者の祖母と娘を殺そうとする。ムンは娘を守るため、一人、悪党どもに立ち向かうというお話。
おどろおどろしい邦題がついているが、ホラーではなく、サバイバルサスペンスである。この手の映画としてはありふれた展開なのだが、韓国の名優、アン・ソンギの重厚な演技で、見る者を飽きさせない。一枚看板、未だ健在である。面白顔のソン・ヒョンジュは、今回は主演ではなく脇を固めている。ムンが手を下したわけでもないのに、悪党どもがバッタバッタと倒れていくのが面白い。
SUPERTIGER

SUPERTIGERの感想・評価

4.0
チョイチョイもどかし〜場面があったッ!

あー
おじいちゃん頑張ってo(`ω´ )oッ!!!

しかし、
警察ほんとクソだなぁぁ笑

隠ぺい出来ると思ったのかね 笑笑
>|