キュア ~禁断の隔離病棟~の作品情報・感想・評価・動画配信

「キュア ~禁断の隔離病棟~」に投稿された感想・評価

hiroyuki

hiroyukiの感想・評価

3.3
全体的に好きな空気感は出てたんだけど、
正直『?』多めでスッキリはしない

このレビューはネタバレを含みます

ジャンルとしては、サイコスリラーらしいけど、個人的にはファンタジーホラーだと思う。
スイスの療養所に行ったまま帰らない社長を連れ戻すよう命じられた金融マンのロックハートが、自身も事故により入院を余儀なくされ、謎の美少女に関わったことではからずも療養所の不気味な正体に迫っていくことになる――

まず画がキレイ。スイスの大自然と領主城の姿を留めた療養所。地下水を飲料水や水浴にふんだんに用いた、さながらサナトリウムのような治療法。かつてこの城の主だったライヒマール男爵が血の純血を求めるあまり、自身の娘を花嫁に迎えたというおぞましい伝説が伏線となる。ロックハートはおとぎ話の王子のようにハンナを救いだし(自転車というのがいいよね!)、山を下りていくのだ。……が、あんなに都合よく脱出出来るとも思えなくて、もしかしたら途中からはロックハートの頭の中の幻想(願望)に変わったと見えなくもない。
そういう曖昧さは普段は好かないんだけど、この作品に限っては大丈夫だった。ウナギづくしはさすがにげんなりしたけど笑。
yuna

yunaの感想・評価

4.3
恐ろし過ぎた...!冒頭の不気味な音楽から良い。
何より映像が美しい。
独特な世界観に引き込まれてあっという間に終わってしまった...🥲💦
ここにいたら自分は病んでて病気なんだって本当に思い込みそうで怖い。

このレビューはネタバレを含みます

ずっと名前わかんなくて見られなかったやつ!!Twitterに感謝ですね

めっちゃパイカビ、下ネタ的にはパイブラ
土用の丑の日
映像、音楽、キャスティングにおいて満点をあげたいくらい。

ストーリーの雰囲気をセットにちゃんと上手く反映させられているというか、とにかく雰囲気も好きだった。

ただひとつ、ストーリーがよくわかんない。
駄目ではないし、それなりに良かったんだけど…
antaresu

antaresuの感想・評価

3.2
何回も途中で挫折しながら後半超えたら面白くなってきた。邦画の鬼畜のオルゴールの音を思い出させる切ないメロディーラインが画像を美しくさせる事を手伝ってる気がする。
一人旅

一人旅の感想・評価

4.0
ゴア・ヴァービンスキー監督作。

山上の療養施設を訪れた青年が体験する恐怖を描いたスリラー。

『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのゴア・ヴァービンスキーが監督を務めた日本未公開作品で、不気味な映像&世界観で観客を惹き込んでいく独特の作風が異彩を放っています。

NYの金融会社で働くビジネスマンの青年(デイン・デハーン)が、スイス・アルプスの療養施設に行ったまま戻ってこない社長を連れ戻すよう役員から命じられ、いざ件の療養施設を訪れるが、なかなか社長に会うことができないばかりか、やがて施設に隠された恐るべき秘密を知っていき―という僻地ホラー&スリラーです。

『シャッター アイランド』(09)を意識した作りの作品で、療養施設で青年が目撃&体験する奇怪な事象が果たして“妄想”なのか、それとも“現実”なのか―という現実と妄想の曖昧な境界で観客の興味を誘いつつ、二転三転する劇的展開と予想だにしない驚愕の真相で締めにかかります。

バスタブで蠢くウナギの大群、水槽で浮遊する半裸の患者達、“特別”とされる少女の存在、施設長らが摂取する謎の液体…と謎が謎を呼ぶ不気味な映像美が最大の見せ場となった病棟スリラーですが、約150分の上映時間はやや長すぎるように感じます。
Javier

Javierの感想・評価

3.1
ハイバジェットなホスピタル系謎解き映画
 
謎の精神病院系の介護施設的な隔離された世界での謎解きストーリー。

勿論ツッコミところは満載だ。
しかし、尺のわりには時間を感じない、テンポの良さはある。

映像かなりクオリティが高い。ロケ地も素晴らしいチョイスだが、どこからがロケでどこがVFXかオイラにはわからない。

心に訴えてくるパンチラインはないが、きっとメッセージは『欲』とのマネージメント、または『行き過ぎた資本主義への警鐘』と勝手に定義した。

アノビタミン剤より、田舎のバーのビールを美味そうと感じた作品かな。
hamoko

hamokoの感想・評価

3.7
無機質な清潔さと混ざる異質と院長のキモさ、うなぎ養殖

院長のキモさはさておき
怪しい精神(?)病院という設定がまず満点、大好き
白い服の患者たちが各々好きに過ごしている風景はシャッターアイランドを彷彿とさせる。

ジャケ買いならぬジャケ選びする側からするとちょっとB級チックにも見えるが、いざ開けると映像美がすごい。バッキバキにシャープな画面が良い。

こういう映画における主人公がまともな精神状態なのか否かが問われるシーンはとてももどかしくて見ているこちらも「いや絶対狂ってんだよ医者が!」と言いたくなるが、こちらも丸ごと騙されているかもしれない疑心暗鬼の波、初見のこの感覚がもう麻薬みたいに効く。

これ見ると水を飲むのをしばらく躊躇ってしまうこと間違いなし
彩

彩の感想・評価

3.6
シャッターアイランドと同じくらい好き
とにかく奇妙で怪しくて自分なら絶対足を踏み入れたくないな!
>|

あなたにおすすめの記事