フロンティアの作品情報・感想・評価・動画配信

「フロンティア」に投稿された感想・評価

2020.1006
監督ザウィエ.ジャン
出演カリーナ.テスタ
  サミュエル.ル.ビアン
大統領選挙の決選投票に揺れるフランスでは、各地で暴動が勃発❗️
そんな中5人(サミ、ヤスミン、トム、
ファリッド、アレックス)の移民家庭出身の
若者が混乱に乗じて銀行を襲いオランダに
逃亡する計画を立てるが計画は、失敗し
仲間のサミ(ヤスミンの兄)は、警官に撃たれてしまう😭ヤスミンは、負傷した兄
サミをリーダー格のアレックスと病院に
運んだ後に残りのメンバーと国境付近の
宿屋で合流する事になっていた‼️
しかし、その宿屋は、想像を絶する
異常者一家の棲家だった😱


設定は、「悪魔のいけにえ」と一緒かな❓純血と言いながらパパは、ヤスミンと元彼アレックス
の妊娠している子を自分の一族の子として
迎えると言うしどうゆう事、純血違うやん
パパの純血を護る為にお客様の味見と
子孫繁栄の女探し😰
ゲスい家族とヤスミンとの後半の怒涛の血みどろ対決⁉️

DVD
カンカンカンカンカンカンカン…
"純血に乾杯!"

"働け!!!"

【一言まとめ】
●容赦ないグロ描写が襲う!
●狂った家族系っていいよね
●隠された社会派メッセージも?


【感想】
《捌かないで〜!3貫》3貫目

 思わず呻いてしまう痛い描写もド派手な血飛沫も味わえる、仏流スプラッタ映画❗️

 イかれた家族系っていいですよね。可愛い所で言えば『アダムスファミリー』、王道なら『悪魔のいけにえ』、最近のホラーなら『レディ・オア・ノット』などなど枚挙に暇がありませんが、バラバラに個性的で狂った家族が出てくる作品は、それだけで面白いです。


 ただグロくて派手なだけでなく、暴動や選挙のショットを挟むことにより裏のメッセージを読み取らせようとしているように感じます。
 僕には、「騙され、力ずくで奪われ、働かされ搾取され、我慢できず反撃した末に民衆を待ち受けるのは…」という風刺に感じられました。

---
観た回数:1回
直近の鑑賞:レンタルDVD(20.09.25)
<概説>

ニューウェイブ・フレンチホラーにおける四大巨頭の一角。強盗した金に浮かれていた男女を、理不尽な暴力が地獄の底に叩き落とす純正スプラッタスリラー。

<感想>

「欧羅巴さんはえらい育ちがよろしいんどすなあ」

フレンチホラーでも特に陰惨というので期待して見たのですが、期待値が高すぎてついつい京都人の私が嫌味をこぼしてしまいました。この類型は米B級ホラー映画に頻繁に落ちてる印象。

ちなみに同格と語られる作品は他に

アレクサンドル・アジャ『ハイテンション』
パスカル・ロジェ『マーターズ』
ジュリアン・モーリー『屋敷女』

この中で『ハイテンション』は視聴済。
ひねりも効いていてよかったのですが、スプラッタ描写に関してはこれまた拍子抜けした記憶があります。

特にスプラッタがキツイとされる『屋敷女』も、この調子ですとやや期待値を上げるのに警戒することになりそう。『マーターズ』だけはなんやスプラッタにカルト色を混ぜこんで、よくわからんことになっているらしいですが。

ヨーロッパにおけるホラーの御国柄をもっと理解しないと、どれも消化不良を起こしそうです。こればかりは数見るしかない。
tofu

tofuの感想・評価

3.4
訪ねたホテルは食人一家の巣窟だった。
…というベタな物語。

ベタではあるものの、逆を言えば安定して観ていられるというもの。

まさにその通りで、冒頭からの展開こそモヤモヤするものの、食人一家の餌食となってからはワクワクが止まらない。

間違いなく『悪魔のいけにえ』にインスパイアはあるだろう。だがそれに甘んずることなく、フランス映画のぶっ飛び方を表現した成功例だと思う。

奇形な家族ではなく、ごく普通の男女(女性は結構美人揃い)なのもフランスらしいか。

肝心のゴア描写は血糊たっぷりで中々に痛々しく爽快😁
後の『ハイテンション』に影響を与えたのは間違いないだろう。

何度も見返したくなる一本がまた出来た
ゆゅ

ゆゅの感想・評価

3.8
人食い一家に捕まった若者4人。一人ずつ殺されていく中、ヤスミンだけが上手く逃げたし…が、逃走中、また、捕まってしまう。何度も顔面強打されながらも、その一家の女の子のサポートでうまく逃げたし。
そこから、超凄まじい。顔面血だらけ…
もう、狂気の沙汰、、。目の前で血だらけ顔面肉片飛んできたら、もう狂うしかないわ。
フレンチ・ホラーの容赦無いところが好きだ🪓
ヨーロッパ版「悪魔のいけにえ」的狂った家族出演のグロゴア全開映画

何回みてもやっぱりいいわぁ〜🐷
あーさ

あーさの感想・評価

3.1
フレンチホラー四天王3作目。
そこまで印象に残る感じではなく好みじゃなかったかも。ただ、この作品もそうだけど、全身泥まみれ血まみれになってて、女優さんの気がおかしくなっていく感じの演技が良かった。
最後助けてくれた女の子は、幸せになって欲しい、、、

このレビューはネタバレを含みます

ヤスミン、壮絶に殴られ蹴られでめちゃくちゃ可哀想だった。あんな勢いで顔面殴られたら私なら1発で気絶する…というかそのまま死にたい。
殴られ蹴られ汚物混じりの泥水に潜り肉片混じりの血飛沫浴びてヨロヨロガタガタになるのも嫌だけど、高熱水蒸気で顔面デロデロにされるのが一番嫌だな。とにかく痛みを感じる前に1撃で死にたい。

気狂い家族系スプラッターって逃げれた!と思ったら絶対連れ戻されるよね。こういうのたくさん見てるから、いくらピンチでも誰彼構わずその辺にいる人や車に助けを求めるのも危険だな!って思うようになってしまった。

あの気狂い家族の家系図がいまいちよくわからないんだけど、男はカールだけが実子で他の2人は娘たちの婿なのかな?家族内で殺り合ってくれると楽だよね。
助けてくれた女の子はあれからどうするんだろう。奇形子に喰われるか、奇形子たちと心中するか…?
りりな

りりなの感想・評価

2.5
最初のプロローグ長いかな
もう少し添削できたよねって感じ
キチガイ一家についてはこういう宗教とかに狂った一家いそうだなって思ったら気持ち悪くなってきた
一家の家長のじいさんが多分町とかでも見かけたらキモいって思うくらいにはキチガイだった
ああいうじいさん基本的にクレーム入れてくるから気を付けよ
何気にキチガイ一家のデブとその奥さん好きだったな
あてがわれただけとはいえ、おデブちゃんは奥さんの事を本当に愛してたろうし奥さんもおデブちゃんの事本当に好きだったんだね
主人公の女はうーん、ちょっとおバカさんだね
奥さんは可愛かったし幸せになってね
めり

めりの感想・評価

3.8
狂った一家に捕まってからの主人公のヤスミンの動きが常にゾンビ風もしくはなんかホラー映画に出てくる老人みたいな動きしてます。叫びまくるし首が小刻みに揺れてます。後半ずっとです。
>|