コロニアの作品情報・感想・評価

コロニア2015年製作の映画)

Colonia

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.7

あらすじ

1973年9月11日。フライトでチリを訪れたドイツのキャビンアテンダント・レナは、恋人で ジャーナリストのダニエルとつかの間の逢瀬を楽しんでいた。しかし、突如チリ軍部によるクーデターが発生。ダニエルは反体制勢力として捕らわれてしまう。レナは、彼が慈善団体施設”コロニア・ディグニダ”に送られたことをつきとめるが、そこは”教皇”と呼ばれる元ナチス党員パウル・シェーファーが独裁政権と結びつき、神の名の…

1973年9月11日。フライトでチリを訪れたドイツのキャビンアテンダント・レナは、恋人で ジャーナリストのダニエルとつかの間の逢瀬を楽しんでいた。しかし、突如チリ軍部によるクーデターが発生。ダニエルは反体制勢力として捕らわれてしまう。レナは、彼が慈善団体施設”コロニア・ディグニダ”に送られたことをつきとめるが、そこは”教皇”と呼ばれる元ナチス党員パウル・シェーファーが独裁政権と結びつき、神の名の下に暴力で住人を支配する”脱出不可能”な場所だった。誰の助けも得ることができない…レナはダニエルを助け出すため、ひとりコロニアに潜入することを決める。はたして、彼女は恋人とともにここから脱出することができるのか。

「コロニア」に投稿された感想・評価

Harupooh

Harupoohの感想・評価

4.1
実際にあった施設やから、めっちゃ怖い。
自由はなく、神のためと言って奴隷みたいに人を扱う。
大切な人を救うために、一人で危険なところに飛び込むレナの勇気がすごい。
現実で色々あるけど、死ぬ訳じゃないんやから頑張ろう。
実話の話。
映画だから面白かったけど
終始暗くて怖かったし、実在してたのが本当に鳥肌。
愛する人を救い出すために
あんな施設に入る勇気は只者ではない
スゲーハラハラする‼️
実際あったドキュメンタリー?らしいけど、あんな宗教団体はやめてほしいね〜。
映画だから面白いけど、とにかく勘弁して欲しいな〜。
外国 もちろん日本にも強制しまくるのは勘弁してほしいね〜

まあ、エマ・ワトソン今回カッコよく見えた。
miori

mioriの感想・評価

3.7
彼を助けるために あんな施設に潜入なんて>_<
ハラハラドキドキ 面白かったー。
実輪にもとづいているのだろうと
思いながら見ていたせいか
のめり込めずに終わった
Lucille

Lucilleの感想・評価

3.3
フィクションだと思ったら実在していたとは。。
なかなかなぐろ表現。
冒頭での男の行動にばかばかと突っ込んでしまう。
洋子

洋子の感想・評価

4.2
ハラハラドキドキ
幸せな時の2人が嘘みたい
自分に置き換えてみたけど、あの施設
入る勇気はない。
レナがたくましく思えた、とても。
全て本当に起きた事で、実際に死者も数百人も出ていて、起訴されなかったのは不意に落ちない。
もし今の時代だったらどんな結末だったのだろうか。2人が望んだ結末であってほしかった
面白かったです。
いち

いちの感想・評価

-
エマ・ワトソンが辛い目にあっているので美女と野獣を観たくなった。
ねまる

ねまるの感想・評価

3.9
観始めたら面白くて、
次の日の早起きなんて気にせず、一気観しちゃった作品。

恋人ダニエルブリュールを助け出すためにエマ・ワトソンが一度入ったら出られないという宗教団体の施設に潜入する
って話なんだけど、

幸せそうなエマとダニエルのシーンだなぁと思ってると、
ダニエルが囚われちゃって、あれあれどうなっちゃうのと思っていると、
エマまでその施設に入るっていうからこれまたどうなっちゃうの?ってなって、

あれよあれよという間に2時間経ってた。
ダレることなく、ずっとハラハラドキドキしてた!!

この宗教団体も実際に存在したもので、
こんな恐ろしい事件があったことにもびっくり。

個人的に好きなシーンとしては、
エマとダニエルが施設内で再開して、
ダ「巻き込んでごめん」
エ「私が自分の意思で来たの、あなたを助けるために」
っていうシーンが好き。

男に女が振り回されるのではなく、
女が男を自分の意思で助けてるから。

そして、ダニエルブリュール好きには絶対おすすめって感じよ。
(絶賛ハマり中)

それいるの?っていうサービスショットもあるし(笑)
何より、頭がイカれたふりをする演技をはじめ色んな演技力を楽しめます、これ。

これはもうあれよ、スコアのエドワードノートン!!

あー、面白かった♪♪
CAのエマ・ワトソン。
緊張感が持続します。

ラストの笑顔の写真はゾっとしたゼ
>|