コロニアの作品情報・感想・評価

「コロニア」に投稿された感想・評価

歴史が葬られ、忘れ去られない為の事実の記録としての役割と、エンターテインメント性との融合が素晴らしい映画。

…怖い。
松本

松本の感想・評価

4.1
ダニエルを探すために脱出不可能なコロニアに入ったレナの度胸は素晴らしいし、何より史実に基づく物語ってのは驚きだった。
最後はアルゴを思い出したよ。
AKIRA

AKIRAの感想・評価

5.0
最後までハラハラして見ていた😨
物語としての部分はフィクションですが、コロニアはノンフィクションで施設が現実にあったなんて恐ろしいです。
あおい

あおいの感想・評価

3.2
国からも、世界からも黙認された魔窟…

エマ・ワトソン主演の実話スリラー。「コロニア・ディグニダ」の恐ろしさをまざまざと見せつけられる作品。エマ・ワトソンの演技も良く、実話とはにわかに信じがたくなる。

◎ストーリー
チリを訪れたドイツ人のカップル・レナとダニエル。ある日、荒れたチリの政情をカメラに収めていたダニエルは、警察に拘束されてしまい「コロニア・ディグニダ」と呼ばれる施設に監禁されてしまう。入ってしまっては最後と言われるその謎の施設に、レナは単身で乗り込み、ダニエルを救いに行くのだが…

ナチスとオウムが合体したみたいな最悪の収容施設「コロニア・ディグニダ」、やることなすこと全てが気持ち悪くて、恐ろしい。こんな施設をチリ政府は容認するどころか、密接に関わってたのが考えられん。しかも教祖みたいなヤツは、ナチスの残党。人の悪の側面だけが、膨らみ成長した様を見せつけられ、ただただ嫌悪感を覚えます。

どこまで事実に基づいているのか分かりませんが、「コロニア・ディグニダ」やチリの政情を少し知るにはもってこいの作品です。

Amazon Video#424
honaami

honaamiの感想・評価

3.8
この物語のどこからどこまでが事実なのかは分かりませんが、この施設が存在し、この集団が存在し、このような事が行われていて、この集団と大使館や政府が関わりを持っていたこと。は事実で
こんな野蛮な行為が平然と行われていたなんて恐ろしい。
この監督さんの映画では
ジョンラーべがありますが、あれは日本に関係する映画でとても観たい映画の1つです。
この映画のように見たら 言葉を失ってしまうんだろうな、、
チリでの実話がもと。スリルはあるけれど、あの施設そのものが実在し、その創始者であるシェーファーも実在の人物だという事実に恐怖した。
Miki

Mikiの感想・評価

3.7
衝撃が凄すぎて見終わった後コロニアディグニダめっちゃ調べた、恐ろしいわぁ、、

唯一のお気に入りシーンはケツ出しエプロン
Ultraxx

Ultraxxの感想・評価

3.6
エマワトソンを前面に押し出したパッケージだったので、これはあれかい?流行りの俳優さんの勢いを借りて一本撮ってみました的なやつかい?と思いつつ見てみたら、これがまたどうしてどうして、しっかり作り込まれてました。しかも史実を元にした社会派スリラー。なのに興収はイマイチだったようでパッケージで損してるなーと。
太晟

太晟の感想・評価

4.1
実話😱

緊張感MAX……

宗教的な洗脳無理……

エマ…ど根性

ブリュール…ど演技

大迫だけが半端ねぇーんじゃ
ねーんだよっっ!!
ー感想ー
きました、私の大好物、社会の闇を暴くシリーズでございます!!(普通ならば即殺されていそうな場面も逃げ切れちゃう雑さがなければ満点です💯)
実話に基づくのでメッセージ性が濃い作品ですが、最後まで何が起こるかわからない超スリル満点作品に仕上がってます!アクション好きな方、スリラーものが好きな方にもお勧めします!


ー考察ー
さて、この作品を観た方は鑑賞後にどのような感情を抱くでしょうか。「チリの独裁政権を許せない。」「ありえない、これだから発展途上国はダメだ。」そんな感情抱いちゃいますよね?
では「解決法は何ですか?」こう尋ねた時、もしかするとこのような返答をする方がいるかもしれません。
「他国の軍事的介入により民主主義を取り戻す。」
この作品を観た後ならば、思いついて当然の発言だと思います!そう思わせるほどあまりにも残酷な出来事だからです。
ですが、その解決案には問題点があります。失敗といえる前例があるからです。荒れに荒れはてた中東地域、ベトナムの惨劇は何が生み出したのでしょうか。
アメリカをはじめとする先進国の軍事的介入です!
他国が介入してしまうと、規模が膨れ上がり取り返しのつかない事態になりかねません。9.11の悲劇もその一例ですね。

ただ、だからといって放置するのもどうでしょう。先進国として無責任な態度ともとれます。どうするのが正解なんでしょう、あまりにも複雑すぎます。

私としては、介入か放置どれらか選ぶとすれば、「放置」が適切な選択だと考えます。冒頭のシーンを思い返してください。チリ国民が自国のために一致団結し、巨大な相手に闘う姿を。
その希望の光を信じて見守ることが我々にできることではないでしょうか!
自分の国は自分で変える!そうすることによって素晴らしい国家が生まれ真の平和が訪れると私は信じています。
多くの犠牲者がでるなか指をくわえて見ているのは心が痛みますが、それもその国の試練なのではないでしょうか!

過激な発言、失礼しました!!
>|