未知との遭遇の作品情報・感想・評価

未知との遭遇1977年製作の映画)

CLOSE ENCOUNTERS OF THE THIRD KIND

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

3.5

「未知との遭遇」に投稿された感想・評価

Tom

Tomの感想・評価

3.5
何故だかワクワクと感動が止まらない。そんなSFへの想いをくすぐるような映画。
Hiromasa

Hiromasaの感想・評価

4.0
今見るとどうだかわからないが、ふしぎな感動を覚えた記憶がある。
ヒット作だが、いろんな意味で変な映画であるのは間違いない。
やまう

やまうの感想・評価

3.7
たった五音のメロディにこんな心震えると思わなかったけどこのTHE宇宙人的なフォルム派じゃないですすいません。

メッセージ観たくなる。
のゆ

のゆの感想・評価

4.0
音楽が素晴らしかったです。
宇宙船とのコンタクトでは、感動のあまり泣きそうになってしまいました。

AIでもそうでしたが、最初は少しホラーチックなんですよね。
トイストーリー3 なんて、ここのシーンをモロにオマージュしてました。
デヤッ

デヤッの感想・評価

3.5
全く古さを感じず、画面一杯の目映い光に惹き付けられた。終盤の良く分からない感じは、まさに未知との遭遇。
rrrdddyyy

rrrdddyyyの感想・評価

4.4
ファンタジー要素ありな宇宙人映画
SF好きの皆さんが観ているやつですね!

ちょいちょい雑なところがあっても良いやと思えるほど興奮する映像。
なによりこれがきっかけで今の宇宙人のイメージが作られているのが凄い、、、!
つまらなかった~。 当時としては斬新だったんだろうなとは思うけど。 映像と音楽で魅せる感じ?がキューブリックみたいだなと。
LaserCats

LaserCatsの感想・評価

3.7
確かオリジナル劇場版で。
丁寧に作り込まれた映画という印象を受けたが、ちょっと寝てしまった。真面目なものよりも「マーズ・アタック!」みたいなふざけた映画の方が好きみたい。
リチャード・ドレイファスは初めて観た「おつむてんてんクリニック」のイメージがこびりついちゃってまだ苦手。
タイミングの完璧さがスピルバーグらしい。
いろいろな解釈ができる映画です。
語らない量が絶妙なのだと思う。
MiYA

MiYAの感想・評価

3.5
久々の視聴。基本はファンタジーでしょうね。宇宙船のデザインもファンシーでキレイだし、宇宙人と音楽で会話するなんてロマンチックでよいです。その一方で、ほんとうに「未知なるもの」と遭遇しちゃったら人間おかしくなっちゃうんだよねぇという「リアル」が描かれています。このリアルとアンリアルのバランスがなかなかよいかと。

ただ、宇宙人たちが地球に来た目的はなんなのかがよくわかんないんですよね。アーサー・C・クラークの「幼年期の終わり」を彷彿とさせる話ではありますが、あそこまでの明確なビジョンは明示されません。もやもや。
>|