コンタクトの作品情報・感想・評価

「コンタクト」に投稿された感想・評価

映見

映見の感想・評価

3.6
個人的にSF映画は苦手なのですが、ヒューマンドラマよりなので見やすかったかな!?

20年前の作品だけれども、今見てもリアル感がある!
plantseeds

plantseedsの感想・評価

4.2
『異星人とのコンタクト』

名匠ロバート・ゼメキス監督作。
意外と知られていない名作。

<少女のころから、宇宙の謎にのめりこんでいた主人公エリナー・アロウェイ。その創造性を発揮し、見事科学者になった彼女。
彼女はその創造性、独創性を生かし、「未知の生命体」とのコンタクトを図る研究を重ねていた。
世間や、周囲の冷ややかな目線をはねのけ研究を続ける彼女は、ついに異星人からのメッセージと思われるものを、受信することに成功する。
快挙達成と思われたが、これがのちに物議を呼ぶ引き金になっていく…>

最近話題になった映画「メッセージ」に雰囲気が似ていますね。
内容は全然違いますが、宗教や哲学といった、私たちの生活とリンクするテーマを使っているので、興味深い内容。

印象的なのは、「現代の抱える孤独」について。

20年も前の作品ですが、今の現代が抱える問題となんか、今も昔も変わっていないなあと(笑)

宇宙という壮大な視点で、いろいろ考えることができるというか、大局観をもって様々なことをみれる作品。

この作品の核心的な部分ですが、
「絶対的な孤独というのはない」ということに、気づかせてくれた作品でした。

どんなに今のちっぽけなことも、大局観をもってみれば取るに足らないこと。
視野を狭くせず、忘れずにいたいですね。
インターステラーを観る前に観ておいてよかった。個人的にこちらの方が好みです。
旨味

旨味の感想・評価

3.9
僕はロードムービーに限らず外国の良い景色が見たくて映画見てるとこあるんやけど、ニューメキシコのVLAの画は本当に素晴らしい。

あと、マシューマコノヒーが若いので、「相対性理論で年齢がズレちゃう!」感出てた。インターステラーの方を先に見てたから余計やね。あとマシューマコノヒー全然口閉じひんね?

あと、ベガのシーンが、僕の超好きな漫画で、夢の中で9万光年の彼方から天の川銀河を眺めるシーンとそっくりなんやけど、この映画が元なのかな?
そのへんも見ててドキドキした。

ほんとに現実路線で突き詰めると「信じる/信じない」の話になってきちゃうし、サイエンスが宗教に食われちゃうんじゃないかとヒヤヒヤしてた。
けど良かった。ちゃんと証拠があって。
いいSFを見た。
TICTAC

TICTACの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ロバートゼメキス監督映画の良さがわかってきた
じっっくり描いていくんだけど心を掴まれる瞬間が不意に訪れる
「オッカムのカミソリ」ってロバートゼメキスの映画そのものやな
シンプルイズベスト

ジョディーフォスター良かったーー
いろんな表情が見れてそれだけでも十分最高

CGは今見ると少しぎこちないけど、ストーリーが凄く好き

下請けの北海道が!!声出たわ(笑)

コンパスが隠し球かと思ったけど特に触れられなかったな〜

神様を信じない科学者は信じられないか…
宗教って科学と同じくらい人間の歴史に影響を及ぼしてる

マシューマコノヒー
インターステラーとは立場逆転で送り出す側でしたね

そういえば『フォレストガンプ』でも大統領の映像合成してたな
m

mの感想・評価

4.9
子供の頃観た時は理解できなかったけど、これ程凄い映画だったとは。先見の明があり過ぎた、早過ぎた傑作。
今観ると、ゼメキス監督が後に手掛ける「ザ・ウォーク」との共通点があって興味深い。
あー

あーの感想・評価

3.3
BSプレミアムシネマにて

宇宙人とコンタクトを取るというSF。

宇宙からの暗号により製作した宇宙船?に乗る。
その時メディアが『日本はパイロット候補者は出さず、製作の下請けをする』って言ってて、戦争に加担はするが兵士は出さない日本の姿勢を表したかったのかと想像した笑
この映画の好きなところは科学vs宗教が描かれているところかな。
天使と悪魔も面白かったし。

だから割と好きな映画です。
konkon

konkonの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

電波天文学者のエリーが宇宙からの電波をキャッチしたところはワクワクした。
でもその後実際に宇宙に行くまでが長い…というか盛り上がりに欠けてしまってトーンダウンしてたんだけど、その後のエリーのワームホールとベガでの体験がジェットコースターみたいで目が離せなかった。
証明は出来なかったけど人生観を変えた宇宙での出来事が、これからのエリーの挑戦を支えてくれると思う。

いまいちノレなかったインター・ステラーとメッセージをもう一度観たい。

それにしてもマシュー・マコノヒーの色気たるや…たまたまSINGの後に続けて観たので、マコノヒーの声にやられました…

カール・セーガンの原作も読んでみたい。
jam

jamの感想・評価

3.0
あまり集中して観れなかったー。。。
途中で何度も寝てしまったー。。。。
あの台詞は好きなんだけどなぁ。
スペースがもったいないっていう。
Taul

Taulの感想・評価

5.0
愛とSFとロマン。ゼメキスではBTTFに続いて好きな作品。
オープニングの宇宙から少女の瞳への変化で心掴まれ、そこからドラマとロマンの世界にどっぶりとつかれる至福の作品。

なお、『インターステラー』でノーラン&エマ・トーマス夫妻と共に製作に名を連ねてるのはリンダ・オブストは、この『コンタクト』の製作総指揮である。
>|