ヴァスト・オブ・ナイトの作品情報・感想・評価・動画配信

「ヴァスト・オブ・ナイト」に投稿された感想・評価

HOLO

HOLOの感想・評価

5.0
なんだこれ?10分以上に渡る電話交換や過去話のシーンなど喋ってるシーンばかりで派手さは欠片もない、でも面白い!
会話だけで物語のバックにあるものをどんどん膨らませる牽引力が素晴らしい。
謎をたくさん残したままにしてあるのも接近遭遇モノとして好きな形。
新しい映画なのに、めちゃくちゃレトロなSFを観てる不思議な感覚。
直接的な映像ではなく、主役2人を筆頭に会話をメインに進んでいく感じは好み分かれると思うが、
自分は何かが起こっているというワクワク感を味わえた。
kids

kidsの感想・評価

-
もともと自主制作で発表。インディ系の映画祭で話題をさらってアマゾンが権利を獲得したという経緯も話題。『トワイライト・ゾーン』風の導入で始まると、レトロなようなファンタジックなような色彩感覚のなか、1950年代の田舎町で起きる不可思議な出来事にラジオDJと電話交換手が巻きこまれていく。50年代の古典SFやデヴィッド・リンチからのダイレクトな影響はあるものの、ほぼリアルタイムで90分を駆け抜けるスピード感は今様。突然這うように低位置を動く妖艶なカメラワーク、長回しとジャンプカットの呼吸、ほとんどフェティッシュな50年代の美術へのこだわり(電話交換手の少女フェイがコードをガチャガチャ抜いたり挿したりする様が執拗に映される)。空の上にやって来た「何か」にどうしようもなく焦がれる若いふたりを、ロマンティックな一瞬のなかに封じこめてみせる。ノスタルジックと同時に新しい。アンドリュー・パターソンの名前は覚えておいたほうがいい。
おすん

おすんの感想・評価

2.9
50~60年代のドラマをそのままリメイクしたようなテイストの映画。
これが50年代に放送されていれば大ヒット間違いなしだっただろうなぁ。
1MD

1MDの感想・評価

3.5
フェイの可愛らしさは『散歩する侵略者』の長澤まさみに通じている所があると思う。頭でっかちになりがちなSFに血を通わせる肉体的な人間の存在感。
ひろ

ひろの感想・評価

2.5
ここの評価が高めだったので気になってたのをようやく見てみたけど自分には合わなかった。
交換手の女の子はいいんだけどDJの子が苦手。
確かに眼鏡率高い!
falcon

falconの感想・評価

4.2
いわゆるオールドタイプのSF。ストーリー自体はベタなので、展開は読めるけど、楽しめるところが多々あり。カメラワーク、音楽、ファッションなどなど、あらゆる箇所にセンスが光る!ラジオのような、会話劇でもある。
この監督が次回作を作ったら見てみたい!と思わせる作品。

このレビューはネタバレを含みます

妹とおばさんが可哀想だった😢
最初は不気味な雰囲気で良かったけど、だんだん降下したような。
ほぼ自主制作らしいけどまあまあ面白かった。
おばあさん、連れてってあげてたらもっとスコア上げてたのになあ。
zk

zkの感想・評価

3.9
1950年代ニューメキシコを舞台にしたSFミステリードラマ。
「空に何かがいる」
この言葉を聞いて高揚するSFファンにはオススメしたい一品。

スケールが小さいながらもそれを感じさせない物語の構成。それに加えて、インディーズならではの撮影の拘りがとても良かった。(できたら劇場で観たかった)

『トワイライトゾーン』や『Xファイル』のような懐かしい雰囲気を感じさせる一方で、ただそれだけの物には終わらすまいという監督のセンスがビリビリと伝わってくる。間違いなく今後注目していくべき監督の一人である。
>|