劇場版メイドインアビス 深き魂の黎明の作品情報・感想・評価

劇場版メイドインアビス 深き魂の黎明2020年製作の映画)

上映日:2020年01月17日

製作国:

上映時間:105分

ジャンル:

4.1

「劇場版メイドインアビス 深き魂の黎明」に投稿された感想・評価

揚石

揚石の感想・評価

4.9
とても良かった。
ただもうちょっと尺を取れなかったのかだけ…それほどもっと長く観たかったです。
ラティ

ラティの感想・評価

5.0
初めてアニメ映画で泣きました。
とても壮大で作画も良いので
見ていて飽きるときが無かったです。
この世で一番好きなアニメ作品。
アニメシリーズの続きなので、アニメ1クール分見てから鑑賞することをオススメします。
登場キャラクターの設定がしっかりされており、それぞれの物語が交差している。
冒険ファンタジーだが、きらきらしているものばかりを見せる作品ではないことが、この作品の魅力でもある。
原作は漫画。こちらも大変オススメします。
風神

風神の感想・評価

4.0
テレビ版の続きが気になって劇場へ。
リコはあんまり好きではないが
ナナチとレグが好きなのでOK!

話的には、お約束の
かなりキツ目なお話。
まぁ、それを楽しみに観る訳ですが。

同時上映の短編が
ほっこりしてて良かったです!
テレビアニメシリーズの劇場版ですね。

探窟家のリコ、レグとナナチとは、第六層を目指すため、第六層への入り口がある第五層の住居兼研究所であれ前線基地、イドフロントに辿り着く。
そこにはボンドルドと言う、全身をパワードスーツに覆われた男と、その娘であるプルシュカと出会う、が、しかし、ナナチとボンドルドは何か浅からぬ因縁があるようで.......と言う話です。

名画座で、何度か掛かっていて、最終日だったので、慌てて観て来ました。
テレビアニメの方は未見で観ました(笑)
テレビアニメシリーズの方は人気ある作品だったのかは知りません!(`・ω・´)
なので、分からない箇所がいくつかありました(^◇^;)
テレビシリーズ観ていた方が乗りやすいと思います。そりゃあそうか(笑)
そのせいもあってか全体的には普通という印象でした!
ただ、見てみたら、絵柄に似合わず結構ハードな話だったので、ビックリしました!(笑)

主人公のレグが、アイアンマンみたいな両腕がマシンなんですが、片腕取られたり、その描写もかなり攻めてたり、バトルシーンも迫力があったり、プルシュカの生い立ち等々、見るべき所はあると思いました!

まず最初にテレビアニメシリーズを見てから観るのがオススメです‼️
tigh

tighの感想・評価

4.5
ある意味で奇跡的な作品。「ヘレディタリー」や「ミッドサマー」のアリ・アスター監督はもともとかなりドギツい悪意のある作品を長編を撮る前から作っていた。「ドッグヴィル」や「ダンサー・イン・ザ・ダーク」のラース・フォン・トリアー監督も精神状態がちょっとアレだけど、両者とも狙いすました悪趣味が人に与える影響を知的に察知しているクリエイターだと思う。
でもこちらはまたちょっと違った場所から発生した類稀な悪意。というのも、こちらの悪意は恐らく作者の歪んだ性癖からきている。この作者は、可愛い男の子や女の子が好きだ。もちろん微笑ましい意味ではなく恐らく性的に好きだと思う。それ自体は別に悪じゃない。ロリコンだろうとなんだろうとそれは個人の性的嗜好だし、そういった欲望を他者に強要しない限り生まれ持ったものという意味でLGBTと似た括りだと思う。
ただ、もっと凄いのはこの作者、恐らくそんな可愛い男の子や女の子が、精神的に、肉体的に、最も苦痛や悲しみを受ける時にその欲望が刺激されているであろうこと。いやー、すごい。そして何よりも特筆すべきことは、それが極めて蠱惑的に観客を惹きつけてやまないということ、どうであれ、感情が揺すぶられるということが、それだけでとんでもない快感でもある、それを見せつけられる。
ようするに自分も、このストーリーがどこに向かうのかだけではなく、
このどうしようもない不快感や悪趣味が、どこまで自分の感情をゆさぶる絶望的な状況を作り出してくれるのか、それを心の底から求めてしまっている。
eemq

eemqの感想・評価

5.0
はじめてアニメ映画で泣いた。ボンドルドが幼いプルシュカにかける言葉が暖かくて真っ直ぐで、泣いた。
キャラデいいし絵も動くし話も面白いしちょいちょい挟んでくる笑いも寒くないし、ほんといいアニメだな。最後の方でプルシュカの過去をしっかり描いてくれたお陰で完成度が高まった。あれがないと良くあるご都合アニメになってしまうところだった。しかしシンガポールの劇場は冷房効きすぎててそれどころじゃなかった・・
konitaro

konitaroの感想・評価

5.0
黎明卿ボンボルド以上に、ヤバい思想を持った悪役は観たことがありません。。
超鬼畜であると同時に人間の業そのものというかんじ、、

観終わったあと立ちあがれないレベルの怪作でした。アニメ観てからの鑑賞がおすすめ。
友人が見に行きたいとのことだったのでアマプラで全話見てからの参戦。
原作は読んだことあるからわかっていたけど映像でより地獄が濃密になっていた。
友人は見終わった後溢れさせたがってたからひどいブラックジョークだと思いながら僕もゲラゲラ笑ってた。
映画のレビューっていうか見終わった後の友人のレビューをしてるけどまあ気にすることじゃないので省く。
見る地獄が好きな人におすすめのファンシーな映画です。
>|

似ている作品