終点の作品情報・感想・評価

終点2018年製作の映画)

Final Stop

製作国:

上映時間:9分

3.5

あらすじ

「終点」に投稿された感想・評価

2019年--本目
ええおじいさんや、、、
この男の人にも優しいところがあるのですね〜

ショートフィルムも投稿できるのか
白

白の感想・評価

1.5
こういう視野狭窄なカメラワークはドランやラースローでお腹一杯
totoruru

totoruruの感想・評価

3.4
緊張と緩和。



青年の凄まじい緊張感。

対象的な老人の優しい微笑み。


何気ない優しさが、心を解し、人を救う。



ショートフィルムながら二人の演技が素晴らしい。



こんな出会いがあるから、まだ人生捨てたもんじゃないよね😊
一時の感情に任せ暴れ、その情動は沈静化する。
怒りを抑えるのに6秒だが何秒だか待てばその感情が収まると聞いたが。このようにして傷つけられた人の気持ちというのは何秒待てば良いってもんではない。同じ人間という人が傷ついた者に寄り添い助け合っていかなければダメなのだと電車の中で見て思った。終点まではまだ遠い。
TS

TSの感想・評価

-
たった9分しかないのですがもの凄い緊迫感でした。爆弾を仕込んで列車に乗るひとりの男。終点でスイッチを作動し心中しようとするのですが、途中で乗車してきた老人に声をかけられ焦る男。同じアラビア語を喋るため同族意識を覚えたのでしょう。怒鳴ってでもこの老人を途中下車させないと。。主人公の男の不満と優しさが葛藤する中々の作品だと思いました。
まさにFinal Stop。優しさで救える世界がまだ残っていると信じたい。
Asuka

Asukaの感想・評価

-
みた、の記録。
9分にいろんな思いが詰まってて、改めて映画っていいなあとなった。
Yuta

Yutaの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

自爆テロを起こそうと電車に乗り込む若者の話。現実でも、こんな風に踏み止まれたケースってあるもんなのかなぁ。
テロに限らず会話して心通わせるってのは大事やなと思うのでした。
ふとした優しさが、頑なな人の心を溶かす。

彼の人生はまだ終点じゃない。
Tom

Tomの感想・評価

3.5
終点というタイトルが重たい。この世界に映画を通して思いを訴える。映画の役割はエンターテイメントではもうないのかもしれない。短い時間に監督の思いが詰め込んである。それがショートムービーの味だよね。
>|