走れ、絶望に追いつかれない速さでの作品情報・感想・評価・動画配信

「走れ、絶望に追いつかれない速さで」に投稿された感想・評価

wadahiro

wadahiroの感想・評価

3.4
中川龍太郎監督作。映像美。
涙をボロボロ溢しながらご飯を食べるシーンが良かった。
太賀凄い役者だな。
たーこ

たーこの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

正直なところパッとしない。でも、最後あたりでそのパッとしない所がよかったなと何でか思った。

やっぱりこういう影のある、思い詰めている役が太賀くんピッタリだな。いつもはクズい役多いと思ってるけど、薫との関係性がとても心地よかったんだとすごくわかった。

1番印象に残ってるのは、りかこと話している時に、「あいつ、本当はどんな奴だったんだろうな」って言ってるところ。1番近くにいて、1番わかっていたはずなのに、知らないところで突然いなくなってしまった友人をとても遠くに感じてしまった瞬間だったんだと思う。

鼻すすりながらごはんを頬張るシーンもよかった。生きてるんだ〜って感じられる。

やっぱり太賀くんすごい。
四季

四季の感想・評価

3.0
途中で何回も止めようかなって思ったけど、
仲野太賀さんの芝居を観ていたくて、
気づいたら最後まで観てた、

薫は希望を抱いて飛んだのかなー、
って思ったよ、

太賀さんって本当にすごいな、
なんなんだ!
憧れちゃう、
さくら

さくらの感想・評価

3.8
悲しい時のあったかいご飯って本当しみるね

太賀くん本当最強
ORIRI

ORIRIの感想・評価

3.5
悲しいも寂しいも温かいご飯食べればなんとかなる
りりも絶望に追いつかれない速さで走ろ
Yuta

Yutaの感想・評価

4.0
とても良かった。

わんわん泣きながらご飯食べてるシーンが良かった。
再生というかスタート地点というか起点、軸になってると思う。

同監督作品は、銭湯とか古い家屋のシーンが多いと思うのだけれど心に染みる。
表情と情景と音で魅せるような作品
台詞でわかりやすくしないぼやっと柔らかな作風は私たちの気持ちの折り合いの付け方と重なるようで、優しさを感じた

アートとして空気感を感じれない人には退屈かも
いぬ

いぬの感想・評価

3.3
綺麗!
泣きながらご飯食べるのしぬほどわかる
人の死すら尊重したくなるよな
まつ

まつの感想・評価

4.0
刹那的な映像が美しい。
これ見てると死にたくなる。
主演の演技力と映像の空気感は言うことがないだけにもっと作品なんだよねこれは。勿体ない。ほんとに。
tea

teaの感想・評価

3.6
太賀さんの演技が素晴らしかったです!
泣きながらご飯を食べるシーン、表情やしぐさまで素晴らしかった。
一つ一つ演技をしている感じではなく、役そのものでした。
>|