つむぎのラジオの作品情報・感想・評価

「つむぎのラジオ」に投稿された感想・評価

Takahiro

Takahiroの感想・評価

3.5
誰しもが自問自答するもう1人の自分、心の声があると思う。
それをラジオと置き換えるとわかりやすく良い表現だなと感じた。
人と人の関わり方が気薄になってきた現代ではつむぎの行動は賛否両論あると思うが、空回りしても、結果、他人を傷つけたとしても、誰かに幸せになって欲しいと誰もが願い行動すれば、きっとみんな幸せになれる。そう感じられた作品。
shihoon

shihoonの感想・評価

-
つむぎ役の子の
ナチュラルな存在感が好きだった

真っ直ぐでかわいいお話
私をくいとめて、ちょっと思い出した
#サンクスシアター にて
Shiori

Shioriの感想・評価

2.5
うーーーん正直かりんとう無しには耐えられなかったです
題材はおもしろいはずだし、こよりとつむぎって名前は綺麗なんだけどなあ
どちらが主人公でどちらが病気なのかも曖昧(こよりも相当だと思う)、演技というより滑舌の拙さ…きびしかったなあ
違和感の正体とそれがきっかけで起こる出来事の展開がなんというか美しかったな
コロナの影響とはいえ配信楽しー!
Masashi

Masashiの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

シンプルな作品だが、構成と演技力、絵作りで人を引き付けるそんな作品でした。
前半に張った伏線を後半に回収するというオーソドックスな展開だが、わかりやすくて、とてもよかったです。
主人公のつむぎが精神病を患っているというギミックは中盤で明らかになり、この仕掛けによって私はより本作に引き寄せられました。
米澤成美さんのねっとりとした演技も良かったです。
是非、見てください!!!
shihong

shihongの感想・評価

2.7
順に結末に繋がれる構成はキライじゃないです。
ゲロはキライです。

つむぎが主役なのかこよりが主役なのか微妙。

チャプターで分けてるんだろうけどちょとこより寄りになっててそうすると主題からみると感情移入し辛くいつまでも鼻ほじりながらみてる傍観者でしかいられなく。
まぁ冒頭でゲロばっかだったからゲームしながらみちゃったけど。



わたしが邦画があまり好きじゃ無いのは役者さんに因るところが大きいのだな。。
細部が気になったり。演技とか。
まぁあとスタイリストとかヘアメイクとか。
Yuumi

Yuumiの感想・評価

3.4
記録整理

2019年に劇場公開されましたが自分は2018年のdonation theaterにて鑑賞

結局劇場では観られなかったのでうる覚えだけど、木場監督の独特の世界観が好きで本作も不思議な空気が流れていたのを覚えています
つむぎ役の長谷川葉生さんが
とにかく素敵で透明感があって大好き
シエン

シエンの感想・評価

3.0
洋画のCG盛り沢山映画を見飽きてきたっていう人には新鮮に思える映画かも。
重めのテーマだけど、ほんわか観れる感じです。
「カメラを止めるな!」のあの映像のトーンが好みな人は観やすいかな。

個人的には絶対オススメ観てほしいとはならなかったですが、邦画のインディーズに興味がある人は一度観てみてもいいかもしれません。

つむぎの弟役の方のコンビニレジ打ちのシーン面白かったです。
TEN

TENの感想・評価

2.3
はじめはなんだかよくわからず
観るのを止めようかと思ったくらい
4つの話でつなぎ、視点を変えることで同じ場面の意味が分かる
こよりとつむぎは小さい頃にはよく遊んでいた仲
つむぎは小さい頃の後悔を引きずっていた
つむぎの頭の中にはラジオが流れていて、その声に導かれるようにこよりの恋を応援していた

よく分からなかった謎が解けたくらいで、それ以上のものは特に感じず
tkato100

tkato100の感想・評価

4.1
頭の中で勝手に鳴り響く自分だけのラジオ



みんなそれぞれ自分の中の価値観に照らして正しいと思う言動をしている

幻聴って程でなくても内なる良心の声っていうのはある


でも視点が違えば、他の人の立場から見れば余計なお節介だったりもするし、取り越し苦労の勘違いだったりも


それでも真心からの思いは最後にはきっと届くというあったかい話🥴でした😊
>|

あなたにおすすめの記事