空(カラ)の味の作品情報・感想・評価・動画配信

「空(カラ)の味」に投稿された感想・評価

瀬那

瀬那の感想・評価

4.0
とにかくもう、助けてと言えた主人公は偉い、偉すぎる

ないものじゃなくて今あるものを見つめられるようになった時、初めて空が綺麗な青色であることに気づくんだよなあってラストで思った
隣人

隣人の感想・評価

3.3
摂食障害を患っている人のための映画。
吐いてる人って意外といると思う。
食べたくて食べてるわけじゃないってことが、理解できる?
マユキ

マユキの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

今日より明日が良かったらいいな、の連続でギリ生きる人生キツイよね
主演の子の透明感に頼りすぎな気もするけど演出にキモさがなくて見やすかった
過食の描写が実体験と重なって個人的にキツい それぐらいリアルだった
ラスト家族との関係は多少改善したっぽいけど友達があのままなのがちょっと。マキさんとかなえには通ずるものがあると思ったからこそ余計モヤモヤ
本人より先に他人が泣くのは酷だと思った
まじそれしか感想ない
a

aの感想・評価

3.7
ないものを求めるだけよりも自分の持っているものを見つめ直すって1番今の私に必要なのかもしれない
a

aの感想・評価

5.0
よかった。
女優さんたちの演技がわざとらしくなく、何気ない日常というかんじで違和感なく観られた
マキさんのような今にも壊れてしまいそうな不安定な人ほど自分以外の誰かを助けたり気にかけたりしている、そういうところもとてもリアルに描かれていた気がします
椅子やリモコンをきれいに整えるの強迫性障害もあったのか、それとも摂食障害の人は完璧主義の人が多いというのを遠回しに伝えたかったのかな
考えすぎかもしれないけどひとつひとつの描写が丁寧でいいなと思いました
この作品に出会えてよかったです
じぶんにないもの、なくしたもののことばっかり考えてたらなくしてばっかりになるんだよね
摂食障害(精神病も)は一生付きまとうから、これから先もっとくるしむことがあると思うとみていてつらい

ずっと重い、あと後半、家族とすごくよくしてくれた友達はどうしたん
喜びも、悲しみも、苦しみも
おのおのにとっておのおので
他人から計り知ることはできないって
わかっているけれど、知っているんだけれどもね。
じぶんを赦して受け容れてあげることって
ほんと、むずかしくない?


エゴだ偽善だって言っても
じぶんのためにそれだけ考えてくれて寄り添おうとしてくれる人がいるって羨ましいな!って
俯瞰でみているからそう思えるんだろうなあ。

あるのになくて
やめたいのにくりかえして
埋めようとすればするほど穴が大きくなる。
その悲しみと虚しさが心に沁み込んで
雨の日に観るんじゃなかったなーー!!って思っています!!
リアリティーの追求が映画の枠を越えるくらいで、当事者だから分かる本当の姿がそのまま俳優に生き写しされている。特に家族が問題に直面するシーンの緊迫感や咽び泣きの様子は本物の感情が爆発していて凄い。有名な俳優が出ている訳ではなくても2時間夢中になってしまうストーリーは良かったが、天狗の仮面で踊るシーンだけはテイストが違っていて、よく分からなかった。皆、本当に生きている芝居が凄い。主人公が早い段階で友人に助けてと言える勇気にはびっくりするが、偶然理解者の女性に巡り会えたり、運が良かったと思う。ラストはインディーズらしさがあったが、間延びしてぼやけてしまっていた。

摂食障害の女の子のおはなし。
食べるか迷うあの時間、
食べた後の罪悪感、
残してしまう罪悪感、
誰にも言えないし、言いたくもないし、
理解してほしいわけじゃないけど
できることなら救ってほしい矛盾。
家族がなにもわかってない雰囲気、
”だいじょうぶ”の言葉が負担でしかないのに
連呼される空気感リアルすぎて吐きそう。

「なりたいように、なれればいいね」
なによりもこの台詞がいちばん好き。

あした、晴れ間がありますように。
>|

あなたにおすすめの記事